TRPGこぼれ話#160~年末特別企画・TRPG音楽祭「古くさい恋の唄ばかり」~

 冬だ! 12月だ! 年末だ! 2012年最後のスカム(※)ロックGM、銀河アズマだぁ! だぁだぁだぁ…(セルフエコー)
※アボレスの奴隷の半魚人ではない
 2012年は私にとっていつにもまして音楽を耳にした年だった気がします。
このミュージシャンって他にどんな曲やってるんだろ?」とCD探して回るなんて、十年ぶりぐらいかもしれない(私は曲自体にグッと来ても、ミュージシャンに興味を持つことはあんまりないタイプだった)。
 きっかけは引越しで利用できる図書館が変わった時かな。蔵書のマニアックさでは前の方が優れていたけど、規模が大きくなり、視聴覚資料も充実していて。で、そこで数年越しの洋楽CDを聞きました
 確か十五年近く前にAerosmithを試しに聞いてみたけどよくワカらず、それからしばらくしてQueenに触れ「スゴイんだけどスゴさがうまく理解できない」もどかしさでやっぱワカんねーなぁ、と敬遠してさらに数年経過した今年。ふと聞いていたDeep Purpleの“Highway Star”で時速60kmで駆け抜けるほどの衝撃を受けた。モッツァレラチーズを単品で食ってた億泰みたいなツラだったのが、「ウンまああ~いっ!」になったワケです。都合よく図書館にロックバンドのアルバムが多数用意されていたので“Highway Star”の収録されてた『Machine Head』を借りて、さらに片っ端から聞いていったところ、さらに後方にフッ飛んだ。以後、片っ端から洋楽のCDを聞いていき、「スゴイけどワカらない」が「ワカらないなりにスゴイ」にちょびっと前進した気がします。親父(の世代)が夢中になるわけだ…ま、私の親父はクラシックかブルースかフォークでしたけど。
 ちなみに、曲を見れば選ぶ基準はすぐにバレると思います。まあ、私現役のジョジョリオンですので、そういうことだ。
 それにまさかこのトシになって筋少にハマるとも思ってなかった。とっくに成人を過ぎてあの歌詞とサウンドに夢中になれるというのは、我ながら人生X年いまだ厨二病まっさかりと宣言しているようでちょっと気恥ずかしいものもある。違うもん、本格的に聞くようになった契機は空手バカボンだもん! と強がってみても、結局サヴカルチャの臭いは脱しておらんな。でもイイものはいつ触れたってイイ、これは万物の真理なんだから、厨二だろうとサヴカルだろうと全肯定するよあたしゃ。仲直りして再開してくれてヨカッタ(『新人』を聞いてニコニコしながら)。
 今回は年末特別企画として、そんなミュージックシーンを、しかしTRPGブログなんだからTRPG的な話題に絡めつつ紹介していきたいと思います。正直TRPG要素はオマケで、ただ単に私の好きな音楽をくっちゃべりたいだけかもしれない。あと、残念だけどヤング向けの曲や玄人さんを唸らせるような曲はこれっぽっちもありません。メンゴ。でも、大好きなものを語るのって、心の健康にすごくいいことだと思うんだよね。てなわけで、私こと銀河アズマが選んだ2012年の音楽に少々お付き合い下さい。

●The Court of the Crimson King including The Return Of The Fire Witch and The Dance Of The Puppets(King Crimson)
クリムゾン・キングの宮殿 (ファイナル・ヴァージョン)(紙ジャケット仕様)クリムゾン・キングの宮殿 (ファイナル・ヴァージョン)(紙ジャケット仕様)
(2006/02/22)
キング・クリムゾン

商品詳細を見る

・ブッ飛んだのがDeep Purple、一番好きになったのがEarth, Wind & Fireなら、TRPG的な一曲はコレだ!
 あの一度見たら忘れられない漫☆画太郎的衝撃のアルバム・ジャケット、『クリムゾン・キングの宮殿』のトリを務めた曲。流石はプログレッシブ・ロックの大御所、この「何かが始まる」感、シビれますね。『2001年宇宙の旅』の“ツァラトゥストラはかく語りき”に匹敵する。
 聞いてるだけでなんだか壮大なキャンペーンのOPシーンが妄想できそうだ。

○The Destruction Of Sennacherib(モデスト=ムソルグスキー)
ムソルグスキー:展覧会の絵ムソルグスキー:展覧会の絵
(2011/09/07)
アバド(クラウディオ)

商品詳細を見る

・一曲目が「何かが始まる」に対して、こちらは「何かが起こっている」感のスゲエ曲。“禿山の一夜”“展覧会の絵”で有名な方ですが、最も魅せられたのが邦題“セレナヘリブの陥落”。これ、何が凄いって、初めて聞いた時セレナヘリブの名前も、どうやって陥落したのかも全然知らなかったんですけど、ただ聞いてるだけで、セレナヘリブという都市の規模や様相、住んでる人、そして迎えた悲劇と破滅、そういうイメージが勝手にドカドカ浮かんでくるんですね。いや当然想像だもんですから史実とは180度違うでしょうが。
 ただ音と旋律の羅列を6分間聞いただけで、まるで脳内に映画一本分のような光景を想起させる。いやー、これは凄いよ。

●ミッドナイト・サブマリン(HARRY)
〈ANIMEX 1200シリーズ〉(11) 未来警察ウラシマン 音楽集〈ANIMEX 1200シリーズ〉(11) 未来警察ウラシマン 音楽集
(2003/09/25)
TVサントラ、かおりくみこ 他

商品詳細を見る

・タツノコの十八番だけあって、これぞヒーローソングと拍手を送りたくなる『未来警察ウラシマン』主題歌。
 それにしても、このOP、センスの塊である。大胆な原色で描かれる画面、ロダンの“考える人”にお手上げさせちゃう、拳銃にそっと手を触れると指鉄砲に変化して握手、この小粋な発想の数々はとても文章で語り尽くせない。見てもらってグッときてもらうしかないんすよ。ちょっとシャフト演出に通じるものがある。
 そのOPを盛り上げるのが、軽快な演奏と裏腹にしっとりとした歌声。決して燃える歌い方ではなく、むしろ静かに歌い上げてるのに、聞いてるとグイグイ体と心が引っ張られていくんですねえコレが!
 一番燃えるのは二番の歌詞、自然と涙落ちてくるけれど、君は未来選んだ冒険者~。TRPGのPCといえばサイバー戦士でもなければ異能に目覚めた学生でもなく、剣と魔法の「冒険者を思い浮かべる古典的TRPG野郎(オレだ)にとって、最高のスタートソングです。

○愛はカッコわるい(パーキッツ)
とんでぶーりん DVD-BOX PART.2とんでぶーりん DVD-BOX PART.2
(2002/09/27)
白鳥由里、渕崎ゆり子 他

商品詳細を見る

・ブタ顔の主人公で人気が出た稀有な作品、『とんでぶーりん』主題歌。少女漫画のキン肉マンといえようか。いや違うな。
 魔法少女モノの女の子が変身する姿とは、フリフリキラキラのカッコイイものですが、それを逆手にとって変身後の方がカッコ悪くなるという発想が素晴らしい。そんな等身大の不格好な女の子ってコンセプトにガッチリはまったタイトルと歌詞がまたジーンとくるんだなあ。聞いてるだけでその作品が自然と出てくる、アニメ主題歌はこうでなくっちゃ。
 普通なら、それも子供向けならいっそう尊ばれる言葉「」を、「カッコわるい」と断言する勇気、こりゃなかなかできるもんじゃないです。でも考えてみたら、恋人にせよ友人にせよ家族にせよ、誰かのために必死になってる姿というのは、他人から見たらひどく滑稽で、みっともないものなのかもしれません
 うーむこのチャップリンの格言にも通じる人生の機微、子供向けアニメでなんちゅう歌詞を書くのか。ちょっと紙っぺらのキャラクターとダイスの出目に一喜一憂するTRPGと通じるものがあるかもしれない。それでも「大好き」な気持ちは変わらないから、真っ直ぐな瞳を見失わないでと後押しするラスト、いやもう勝てません、白旗。アンタが大将!

●夢もひとつの仲間たち(水木一郎)
スーパーヒーロー・クロニクル メタルヒーロー主題歌・挿入歌大全集 IIスーパーヒーロー・クロニクル メタルヒーロー主題歌・挿入歌大全集 II
(2004/02/18)
テレビ主題歌、串田アキラ 他

商品詳細を見る

・『特警ウィンスペクター』といえば、宮内タカユキ氏の「あ~あああ~あああ~あ~」(北の国からではない)だけに非ず! 2012年、東映特撮YouubeOfficialで最も年甲斐なく筆者の血を沸かせたレスキューポリスシリーズの先駆け、その中から取り上げるのは仲間との魂の絆を謳った傑作。
 哀愁と重厚を両立させたビートに、鬼才・山川啓介氏の作詞とアニソン界の帝王・水木一郎兄貴の歌唱が絡み合う、「戦い~の~つ~らさ~も~勝利のよろこびぃッもぉう~」このクドい発音が熱くて熱くても~たまらんっす。

○人生劇場(村田英雄)
決定盤 村田英雄大全集決定盤 村田英雄大全集
(2009/02/18)
村田英雄、コロムビア女声合唱団 他

商品詳細を見る

TRPGに必要な心意気って、この歌で大体語り尽くされている気がする。

●失恋レストラン(清水健太郎)
俺たちの失恋ソングス~男泣き編俺たちの失恋ソングス~男泣き編
(2003/01/22)
オムニバス、織田裕二 他

商品詳細を見る

・その昔、狂ったようにGMをやってた頃(今もか)、この歌を歌われて、サビの「ねェンマスター、ねェんマスター」で何とも言えない気持ちになったのを覚えている。後年同じことをしてみたら、反応悪かったです。おしり

○戦え! おたキング(辻谷耕史)
おたくのビデオ DVD Special Editionおたくのビデオ DVD Special Edition
(2000/02/25)
辻谷耕史、桜井敏治 他

商品詳細を見る

サヴカルチャに生きる者、これを聞かずに死ねるか! オタクが「おたく」であった頃、冒企的に言うと「ヲタク」どもの熱き咆吼。オタク文化って全肯定するより、このぐらいアングラ臭させつつ礼賛する方が俺は落ち着くなぁ。っていうか辻谷耕史さん(歌唱)田中公平さん(作曲)に藤原いくろうさん(編曲)庵野カントク(合いの手)、何やってんすか!?
 開き直りというにはあまりにも雄々しい、「おたくと呼ばれる時がいつか来る」「人生の何もかも捨てちまったぜ!」という断言が気持ちよくも心強いぜ! …でも、やっぱりこうなっちゃ人生楽しいけどオシマイだぁ、という自制心も捨てちゃいけないわな。

●ノーヒットノーラン(BUMP OF CHICKEN)
FLAME VEINFLAME VEIN
(2004/04/28)
BUMP OF CHICKEN

商品詳細を見る

・オッサンがBUMP OF CHICKENを聞いてたらちょっと痛々しいかもしれんが、でもいい曲なんでねえ。特にプレイヤー向けの歌ですな。
 この曲を選んだ理由は、歌詞の一節が全てです。
 誰だって、スポットライトを浴びる、PC1の時は訪れる。
 例えそれがお遊びの、仮想世界の物語だって、やってきたPC1的な立場を回さなきゃいけないのは怖いんです
 好きな時に好きなことをして続けてきたTRPGだけど、人と付き合う以上、結局のところ何らかの期待と責任を背負う宿命からは、趣味だろうとなんだろうと逃れられないんだなァ。無意識に、そんな事実を自覚してしまった時、イヤホンから流れてきてほしい応援歌です。

○ベティー・ブルーって呼んでよね(筋肉少女帯)
キラキラと輝くものキラキラと輝くもの
(1996/12/09)
筋肉少女帯

商品詳細を見る

・TRPG者として、死んだ少女が蘇る怪奇世界“ハッピーアイスクリーム”や、シニカルに世界を虚構と断じる“ペテン”、響く曲はいくらでもあるけど、TRPG的な一曲であるのなら、イチバンはコレです! こっちはGMに向けての選曲。
 これはもー、大なり小なりお話を書いてる人間なら、無敵の呪文みたいな曲ですねわたし一人の胸しか打たない物語でも、たった一人の胸を打つんだから、全ての人に届く力がある。こんなことを言ってくれる人が傍にいてくれるなら、恐れるものはもう何もありません。その人のためだけにでも、書き続ける価値はありますよ!

●二軍選手(さだまさし)
夢の吹く頃 プライス・ダウン・リイシュー盤夢の吹く頃 プライス・ダウン・リイシュー盤
(2004/06/30)
さだまさし

商品詳細を見る

・前の歌が「続ける」人向けなら、こっちは「続けていく」人向け。私はこの歌ほどTRPGを愛しているとはとても言えないけれど、でも見習うぐらいの気持ちで続けてはいきたいです。
 好きなことに対して、誰しも、それが一瞬であっても本気になる時というのはあると思います。とはいえ、その本気を現実にしようとすると、とてつもなくリスキーで、果てしなく面倒で、それも未来のない選択であると気づく日も遠からずやってくる。
 まっとうに生きてる人なら好きなことは好きなことで置いといて、メシ食う手段に別の道を探すことでしょう。それはそうで、いつ訪れるかも、いつまで続くかもワカらない花道のために、自分の才能と運と直面しながら戦い続けるなんて道を選ぶのは、よっぽど奇特な人と思われる
 そういう不条理な世界を全部受け入れて、それでもなお好きなことを続けている歌の中の「僕」と「彼」は、どんなスターにも負けないスーパーヒーローだな。

○絶唱カラオケマン(山本まさゆき、ピンク・ピッギーズ)
<NEW BEST ONE>タイムボカン・シングル・コレクション′75~′92タイムボカン・シングル・コレクション′75~′92
(1999/08/04)
TVサントラ、山本正之 他

商品詳細を見る

・私にとって歌うこととは、好きな行為のかなり上位に位置する。とはいえ音楽の成績が大体“2”であった筆者の歌唱を、カラオケという密閉空間で聞かされ続ける方としてはたまったもんじゃあるまい(そしてこの曲、私のカラオケの定番であったりする)。
 歌う方歌われる方どっちもニコニコ楽しめるはずが、人と心の持ちようによっては気まずい凶器と化す、ちょっと置き換えてみるだけで何かに通用しませんか?
 吟遊GMよ、陶酔PLよ、コイツを聞いて、物語に酔うんじゃなく自分に酔ってることに気付いて目を覚ませ!

●微笑みの出発(本位田牧)
〈ANIMEX 1200シリーズ〉 (53) 超光戦士シャンゼリオン 音楽集 (限定盤)〈ANIMEX 1200シリーズ〉 (53) 超光戦士シャンゼリオン 音楽集 (限定盤)
(2004/03/17)
TVサントラ、本位田牧 他

商品詳細を見る

・大トリに選んだのは、『超光戦士シャンゼリオン』のED。
パラサイトブラッドのキャンペーンのEDテーマでもいいなぁ」という理由です。なんだかねえ、やってることはバカっぽいのにテーマはすごく暗い所とか、ノーテンキラキラを演じながら、どっかしら虚しくて寂しそうな主人公とか…今やってるパラブラと、重なるところがあるんですよねえ
 無論、曲自体大好きなのは言うまでもありません。もしかしたら、特撮部門の好きなEDテーマでナンバーワンかもしれない(アニメ部門『乾いた大地』、ドラマ部門『哀しい人』)。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ PSYCO-GUNDAM 地霊殿 ガンダム スティール・ボール・ラン ファンタズム・アドベンチャー 機動戦士Zガンダム シナリオ Season5 Season3 MC Season9 奇想コレクション Forge UA シオドア=スタージョン 世紀末古代災厄公社伝説 バキ フィリップ・K・ディック Season12 レッド・ノベンバーを救え! 好きなTRPG 荒野に獣慟哭す 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 Volo's_Guide_to_Monsters シャドーオーバーミスタラ タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 特撮 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 五つの風 プロモカード 映画 快傑ズバット 雑記 T&T FEAR d20モダン ダンジョン・コマンド ダークブレイズ アリアンロッド メガテン Temple_of_Elemental_Evil ラス・オヴ・アシャーダロン 機甲猟兵メロウリンク 即大休憩 シャドウラン 真夜中の探偵 ACG 東映特撮YouubeOfficial アルフレッド=ベスター 異色作家短篇集 レイトショウ 装甲騎兵ボトムズ 三国志 手塚治虫 VGtM Pit ジャングルスピード ゲーマーズ・フィールド ドラスレ Out_of_the_Abyss モンスター画家 東方領土研究会会報 三上寛 エンゼルギア 火の鳥 セブン=フォートレス 当方領土研究会 クソコラ MM2 ラクラク大統領になる方法 ウルトラマン イベント パラノイア 革命万歳 ラフカディオ・ハーンと四つの顔 魔獣使いの少女 コズミック・エンカウンター アーカム・ホラー キャット&チョコレート キテレツカップリングパーティ 都筑道夫 刺青の男 レイ=ブラッドベリ 絶体絶命 ログ・ホライズンTRPG ガントレット・オブ・フールズ 島本和彦 バイブルハンター 幻想少女大戦 スティーヴン=キング フレドリック=ブラウン ミストグレイヴ クトゥルー神話 ポケットの中の戦争 そっとおやすみ 鉄腕アトム カットスロート・プラネット ストーンオーシャン 異色作家短編集 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード