D&D4e余話#138~D&D Encounters Season11:第1回レポート~

 EncountersのSeason11、『常闇の戦』開幕!
 このSeasonは今までのレルムを舞台にしたシリーズの最終章でもあるんだヨ。時期的にはキ(ピー)ガイ魔術師が吟遊してたりヴァランがやっぱりダメだったりしてた頃から、数年後。メンゾの騒動がひとまず終結し、地上侵攻へと舵を切ることになったってーことは、どうせドラウが出てくるんだろうな('A`)
 シリーズ総決算ということで、形式からしていろいろと型破りな本Season、その実態はどんなものだったのか? 結果をごろうじろ。

 予定通り使用PCはゴブリン/ヘクスブレードのおじいちゃん、ダーヨ。ボケちゃってるので(【判断力】8)あらゆる判断基準がフォースの正邪になってる。
 他のPCは、

クトヴァ(ジェナシ/ウィザード):燃えろファイヤー! な火のジェナシ。さては貴様ダーレス神性だなッ!
ドリュー(ヒューマン/マーシャル):Fokで再録されてヨカッタね! 昔懐かしの【筋力】型ウォーロード。
リリエッタ(ドラゴンボーン/ウェポンマスター):メリケンサック代わりのスパイクト・チェイン(流血してます)が、拳を放つと展開して間合い武器となる、超怖いアンドロメダ瞬みたいな竜人。
エレナ(ヒューマン/キャヴァリアー):相変わらず勇気キャバ嬢のイニシアチブは凶器だぜー!

 ご覧の通り、防衛役が2枚とちょっと珍しい編成。いつもは指揮役と並んでの不人気ポジなのにな。
 舞台は北方のシルヴァリームーン地方。春の終わり、”光る森”付近のクイーヴァー村にPCたちは逗留していた。
 クイーヴァーは民兵の護衛する治安良好なところで、シルヴァリームーンの宿場町でもあり、かなり発達した村となっていた。中でもPCの宿泊する”鳴く雄鹿亭”は名物宿で、なんとこの時代には珍しい熱い風呂完備、羽毛の枕、クマプソのカーペット、壁にはシカの頭部の剥製、とさながらホテルのような豪華旅館であった。
 スゲエ! オラファンタジーTRPGで遊んできてこんなに豪華な宿泊したことねえ! っていうかリアルでもしたことねえ! なんかもう冒険なんかほっぽりだして永住したいぐらいですYO! ちょっと家賃聞いてきます。
 んがー、そんなパラダイスに現在オカルトじみた噂が立っていた。夜更けになると、村を横切って、幽霊じみた何かが森の方に抜けていくのだという。村人の間では「オラ確かに見ただー」この幽霊騒ぎがもちきりで、すっかり怯え切ってしまっていた。
(´・ω・`)・ω・`) キャー
/  つ⊂  \  怖いー
 まあレルムなんだから幽霊の一匹や二匹出るっしょ、と言いながらもおじいちゃんは「よし地獄のヘクスブレードにしなくて正解だった([死霊]に抵抗持ってそうだから)」とか早速引け腰なことを考えていた。
 幽霊の目撃情報の始まりは5日前、ちょうど村祭りが雄鹿亭で行われていた。かなりへべれけになっていた村人が酔い醒ましの帰り道の途中、鎧を着込んだ痩せた男がスーッと通り過ぎるのを目撃したという。この証言はかなりの数に上っており、ただの見間違いってわけではなさそうだ。
 一方、村長さんに相談に行ってみたところ、彼はオバケは信じてないものの、森の奥に曰くつきの廃墟があることを教えられる。その廃墟はメスグリストといい、かつてトウム神の師、ヘルム神を祀るパラディンの集会所であった。しかし、舞台が3eから4eになる際、色々アレなことが(ゲーム内外で)あってヘルム神は殺害されてしまう。崇める神を失ったパラディンは自然と解散し、やがてメスグリストは廃墟となってしまったという。フーム、だとするとその一員という可能性はありうるな。
 それとは別に、森を警備しているドルイドから、例の幽霊も見たが、影のような存在が出没しているという情報が入ったそうだ。その風体は肌の黒いエルフ…まあドラウでしょうな。やっぱりねー。なんか、こうも事あるごとにでしゃばられると、某アイドルグループがドラマやら映画やらに不自然に出演してるのを笑えなくなってくるな…失敬、言葉が乱れた。
 さて、この時点で選択肢は三つ。

1.廃墟へ直行する
2.幽霊のルートを調べる
3.幽霊の跡をつける

 幽霊が出てくるのは日暮れからなんで、まだ時間はある。とはいえ、いきなり1はないでしょう。ドラウがうろつくような森に、いきなり突っ込みたくねェ~。それに迂闊なことすると幽霊と交戦する可能性もありそうだしな。アイツ非物質的かもしれないし(亡霊旅団のトラウマ)。かと言って、出てくるまで待つってのも時間がもったいないから、妥当に2で話は進む。
 早速幽霊の足跡を探りに出る我ら、
リリアナ「そういや幽霊に足があるのか」
 ってそれじゃ落語ですやん。酒に酔ったらカニだってまっすぐ歩くんやで? 西洋幽霊だしな。
 幽霊の出現は南の方で、それから北東、クイーヴァーを抜け、松林へと向かっていくという。方角的には、確かにメスグリストの廃墟に向かっているな。
 そのルートを辿っていくと、次第に森は小さな家ほどもある幹の松林で、鬱蒼とした雰囲気に変わっていく。そして、大きな道は二手に分かれていた。分岐点には、小さな人影が。こんな場所には不釣合いな婆さんがいる。状況が状況ならお前のようなババアがいるか! と北斗神拳が炸裂したところだが、こう見えて割と理性的な我々は敬老精神を発揮して様子を尋ねてみる。
 すると老婆は、老婆とは思えないほどの大声で我らに問いた。
「左は果実と澄んだ水があり、日は十分に差し込み、地面は柔らかい。危険もない安全な道。右は暗く危険で、迷い込んだ者のために柵をめぐらす悪党のいる道じゃ。そして戻り道はない。さあ、どちらを選ぶ?」
 いきなり判断基準のない二択キタ━━!
 こんなことを質問を投げかけるバアさん、貴方は何者? 森の妖精さんだったりするなら、もうちょっとメルヘンな方がイイなあ(ゴブリンが言うな)。
 情報もなんもないので、たずね人ステッキ方式にでも頼るっきゃないが、どうせならなんかありそうな方=危険があるぞ、と警告された方を進む。ていうか俺ら観光に来たわけじゃないしな。苦しい道は進んで選ぶもの、休息の許されぬ運命(さだめ)を恨むな。ここが雨だという事は、どこかが晴れだという事だ(覚悟のススメ)。
 おっと、幽霊についても一応聞いてみると、
ジャハールは誓いを立てていた、クイーヴァーをヘルムと共に守ると。ヘルムは見張る者、そのヘルムが死んで、ジャハールは永遠に見張らねばならなくなってしまった。誰が彼に休息を与える?」
 と謎めいた返事。話の筋からしてジャハール=幽霊だろうか?

 警告された右の道を選んだものの、結局コレといった危機もないままに行軍は続く。
 そんな中、フト道の先を見てみると、件の幽霊がスーッと我々の前を通り過ぎていった。で、出ーたー(((( ;゚д゚)))。まあ、別に我々に危害を加えるわけではなく、というかかなりアウトオブ眼中な様子で過ぎてったんですが。また、幽霊の出てきた場所を調べると、木の根元から右手用の篭手=ヘルムの紋章がしつらえてあるヘッドバンド・オヴ・パーセプションが掘り出された。ますます幽霊=ジャハール説が固くなってきたな。
 コッソリ跡をつけていった結果、やはり幽霊は着実に廃墟に近づいている。このまま尾行すれば真実も見えてくる…と思っていたところ、前方から何者かの話し声が聞こえてきた
 ここはゴブリンだけに〈隠密〉自慢のおじいちゃんの出番。単独で接近し、話の内容に耳をそばだてる。ちなみに内容は共通語だった。嗚呼よかった。
 話し声はしゃがれ声が二つに、なだめるような柔らかい声が一つ。
それはいつの話だ?
たった今だって言ったろ
もう間もなくだ、友よ
こそこそしてはいられん、略奪しているのも本来は俺たちのものだ
しかし常闇族は里にはいない。ハラワタ族と赤牙族に、常闇族が加われば…
蜘蛛女王は私をお待ちなのだ…
 断片的な会話が示すように、そこにいたのはオーク二人と黒いローブの男。オークの片方は臓物のような輪っかで作られた首飾りを下げ、もう片方は赤く塗られた牙をアクセサリにしている。で、ここに常闇族が参加するワケか。なんか『のび太の日本誕生』みたいだな(それはクラヤミ族)。そして黒いローブは、

    /             \
    l    で こ の. も  |
    l    き と. が は.  |
    ヽ   ん は れ や  |
    / .  ぞ    る  `../
    |     ゚        \
    \ ___          |
      /::::::::::::::\       |       
    /::::::_:::::__::| _  _/
   `ーヽ:::ヽ_|:::|_/:|   )ノ
      〉::::::::::::::::::|
     /:::::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 藤子的に考えるとこうなるのだが、いや普通にドラウですよ? っていうか一話からして出てきやがったな。早速再訓練して《Blindfighting Warrior》と《Blindfighting Sentinel》取るか? あ? と、いきなり俺の中でストレスゲージと怒りゲージがマッハで振り切る。そんなに嫌いかって、べらんめえ、こっちだってドラウ死ねの一心で2Season戦い続けてきたんだよ
 彼らは常闇族が到着次第、シルヴァリームーン近隣のウィンターエッジ攻撃を開始するらしい。おおおおいいきなり火急の展開じゃないっすか。ドラウは去り、しばらくオーク二人は愚痴っている。今が奇襲のチャンスといえばチャンスだったが、しくじって事態を急がせるようなことにはしたくないので、敢えて見逃す。
 というか、戦闘になったらきっと1ターンはおじいちゃん一人で戦うことになりそうだったんで、勝つ自信が無かった。相手が雑魚2体だったとしても戦いたくねえ。オークの突撃を2回喰らったら死ぬからな。そして死に際の一撃までコンボです(赤箱セッションで学習した)。
 だが前向きに考えよう…良い面だけを。オレたちの存在は奴らに気づかれていない…しかも計画を知られたことも…それはかなり良い面だ…このまま行くぞ!
 と、ツェペリ家に伝わるポジティブシンキングとタフなセリフで速やかに幽霊の追跡を再開。とりあえずウィンターエッジには仕事が終わり次第早馬を飛ばしてもらうことにしよう。つーか第1チャプターの1回目、いきなり常闇族が合流して襲撃とか凄い巻き展開ありえねーよなあ。

 だいぶ距離を引き離されたものの、幽霊の後ろ姿は見失わずに済んだ。行き着いた先は、確かにメスグリストの廃墟だ。彼は積もった石塊の中、落とし戸を開けるような仕草をすると、スッと沈み込むように消えていった。
 …そんな空気を読まず、せっせと廃墟を捜索している先着者どもが。口汚いドワーフをリーダーに、せっせとヒューマン二人が瓦礫をどかし、エルフは黙って周囲を警戒している。
 えー君たち一体何をしてるのかね? と聞くと、「ここは我々の縄張りなんだからさっさと失せろ!」と凄んでくる。感じ悪いなぁーこいつら! 悪しきフォースに囚われておるぞ。彼らは冒険者崩れのならず者で、廃墟の噂を聞きつけ、遺物探しに乗り出してきたんだそーだ。まあこっちから非難する謂れはねーけどそれにしても腹立つな。お前が悪しきフォースに囚われてるって? でも元ネタのおじいちゃんも修行始めて数分で「こいつには我慢強さが足りない」とかぬかすような気短だったような。
 前Seasonだったら一も二もなく精神的矯正してやるところをグッとこらえるこう見えて紳士的な我ら、邪魔する理由はないが貴様らに指図される義理もない、とドリューが〈威圧〉で凄んだら、案外アッサリ引き下がった。なんだただのヘタレか。というか寡黙なエルフの大物感はなんだったんだ!
DM「彼女はエルフ訛りが酷かったんで、共通語を喋りたくなかっただけです
 こいつら戦っても雑魚クリーチャーでした。

 幽霊の消えた所を調べると、確かに落とし扉が。非物質的だけあって、やってたのは仕草だったんですね。ちゅーことはやっぱり非物質的クリーチャー確定かヒィイ。
 降って床に足をつけると、まるで霧のように埃が舞い上がる。絨毯は形だけが残り、木扉も老朽化と腐食ですっかりボロボロになってしまっていた。放棄されてから相当の年月が経つのだろう。
 石扉は無事存在しており、まずはそちらから調べてみる。あ、PFキャンペーンの反省もあって、ちゃんとトラップ感知ぐらいはしましたよ
 揃って〈知覚〉が苦手なだけで。我々、エッセンシャルなら大抵存在する【判断力】型キャラクターがいのだな。おじいちゃんも〈盗賊〉で罠を解除するのは得意だが、見つけるのは苦手なんだ。ボケてるし。
 案の定、足を踏み込んだリリアナが飛び出したスピアに串刺しにされるところだった。踏み板で作動する罠と気付いた我らは、リリアナが床をスパイクト・チェインで叩き、飛び出した槍をドリューが叩き折る、という手で突破する。その間に「罠の発見なら〈盗賊〉でいいっすよね?」とさりげなく〈知覚〉判定を拒否した提案が飲まれ、おじいちゃんが踏み板のあるポイントを見抜いた。
 その先は広い部屋となっていて、火種もないのに延々と燃え続ける火桶が燃えている。元ヘルム神殿とは思えない、不浄な輝きだ。〈魔法学〉〈宗教〉で調べてみると、部屋に満ちる邪悪な気配も、コイツが原因。こんなもんはさっさと消すに限る。また、小部屋ではさらに大きな、さながら地獄のような炎が。その中では、角と鈎尻尾を持つ小さな影が踊っている。このインプ、「オイラの名前が当てられたら、去ってやってもいいぜー」となかなかファンキーなことをぬかしよる。Encountersでリドルとはなかなか無謀キャプテンな注文だな、いいだろう、その勝負のった!
「最初の字は数字だ。二つ目は最初の数字に6を足した数字。そして三つ目はイロハの七字の中に、そして最後はイロハの24番目だ
 ん?
「ちなみに、ヒントはもうすぐ五十郎だ」
「椿三十郎そのまんまじゃねーかー!」
 コレ、英語圏じゃないと絶対わからないリドルだったのでアレンジした、とのこと。
 正解はズバリ四十郎です。原語だと「最初の文字と最後の文字を足したのさ→STARTの最初と最後→ST」とかなかなか膝ポンなシャレが効いてるらしいっすよ。
 インプを退散させ、部屋にスカッとサワヤカな空気が訪れたのを実感しつつ開いた奥の部屋では、幽霊が水盆を前に跪いて、必死の祈りを捧げているようだった。そこは清浄な空気に満ちていて、水からも神聖なるものを感じられる。恐らく、生前はここで儀式を行っていたんだろう…ただ、幽霊なので、水をすくう仕草をするばかりで、目前のガラス瓶に気づいていない。なるほど、落とし戸の仕草はこの伏線だったのか。
 そこで彼に代わって瓶で水をすくってあげると、柔らかい光が宿り、なんと一日一回ポーション・オヴ・ヒーリングとなる”ヘルムの涙”に変わった! うおおおスゲー!  旧き元素の目のマジックアイテム化なんて比べ物にならない奇跡だッ!
 そして、幽霊はそれを見届けると透明になっていき、微笑みながら消えていった…うーんいいことをした後は気持ちがいいなあ。

 そんなイイ話に浸っていたら、いきなり地震が。泡を食って飛び出してみたら、外ではとてつもなく巨大な割れ目ができて、その中から糸のように闇が染み出していく。その闇は空へと伸びて、やがて糸を編むがごとく巨大な漆黒の闇の帳と化していった。
 Season1発目のシナリオで強襲起きちゃいました。正直Encountersをナメていた。
 いやオレたちの仕事はあくまで幽霊騒ぎの収束で、見過ごしたからこうなったからってオレたちのせいじゃないよ。責任の所在をハッキリさせるより先に、まずは狙われたウィンターエッジを助けに行くべきだろう!(`・ω・´)キリッ
 というわけで、次回は恐らくウィンターエッジの防衛戦?
 お気づきの通り、今回は戦闘遭遇ありませんでした。最大2回はあったらしいんですが、思いの外理性的なパーティだったそうで、全部回避ルートを進んでいたそうな。あと、技能チャレンジ方式ではなく、ヘンな言い方だけど普通のTRPGっぽい探索だった。かなり自由な技能の使い方を許されています。これは来るべきNEXTを見定めたシナリオと技能の使い方ではないか、とDMの弁。
 俺としては全然アリなやり方、というか今まで何でやんなかったんだ、ってぐらいです。技能チャレンジより好みだなあ。てか、別に技能チャレンジがあるからって囚われず、ギミックを自由に使ってシナリオを回したってイイと思うんですがな。サタスペでだって、普通のTRPGみたいなリサーチはやってやれないことはないんだぜ?
 そんなこんなでいつになく先が気になるSeason11、次の遭遇でまた会おう!


映画ドラえもん のび太の日本誕生 [DVD]映画ドラえもん のび太の日本誕生 [DVD]
(2002/07/17)
大山のぶ代、小原乃梨子 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM カードゲーム モンスター・コレクション ザ・ペナルティメイト・トゥルース メタリックガーディアン N◎VA UC パラサイトブラッド 音楽 大槻ケンヂ エッセンシャル  筋肉少女帯 PU MTG ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ Season8 UE 風神録 漫画 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Princes_of_the_Apocalypes ウォーハンマー Season6 Season4 リプレイ UM アニメ 永夜抄 Season7 東方領土研究会 サタスペ クトゥルフ2010 DMG EXTRA 紅魔郷 パズル Bestiary ゲーム PHB クトゥルフ2015 Season11 死の国サーイ 伊藤勢 R&R 真・女神転生 天羅万象 妖々夢 椎名誠 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM シナリオ MC ファンタズム・アドベンチャー スティール・ボール・ラン Season5 Season9 機動戦士Zガンダム Season3 Forge バキ 世紀末古代災厄公社伝説 奇想コレクション シオドア=スタージョン UA コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す レッド・ノベンバーを救え! フィリップ・K・ディック Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン CRB タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード Volo's_Guide_to_Monsters 番長学園!! キャッスル・レイヴンロフト シャドーオーバーミスタラ リボルミニ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮 映画 Expeditions プロモカード 五つの風 UCa サタスぺ ジョジョリオン 特撮(バンド) フンタ パンデミック 電車 シャドウラン アリアンロッド ダンジョン・コマンド ラス・オヴ・アシャーダロン d20モダン 異色作家短篇集 真夜中の探偵 三国志 東映特撮YouubeOfficial レイトショウ T&T ACG 雑記 手塚治虫 ダークブレイズ Temple_of_Elemental_Evil 即大休憩 快傑ズバット 機甲猟兵メロウリンク メガテン アルフレッド=ベスター 装甲騎兵ボトムズ FEAR VGtM ドラスレ フレドリック=ブラウン そっとおやすみ ウルトラマン 異色作家短編集 エンゼルギア MM2 Out_of_the_Abyss セブン=フォートレス 三上寛 当方領土研究会 クソコラ コズミック・エンカウンター ガントレット・オブ・フールズ イベント 幻想少女大戦 Starfinder 魔獣使いの少女 キャット&チョコレート ラフカディオ・ハーンと四つの顔 鉄腕アトム ゲーマーズ・フィールド ラクラク大統領になる方法 東方領土研究会会報 モンスター画家 ジャングルスピード 火の鳥 Pit 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ クトゥルー神話 カットスロート・プラネット ストーンオーシャン ミストグレイヴ 島本和彦 バイブルハンター ポケットの中の戦争 ログ・ホライズンTRPG 刺青の男 都筑道夫 レイ=ブラッドベリ アーカム・ホラー パラノイア 革命万歳 スティーヴン=キング 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード