D&D4e余話#136~D&D Encounters Season9:第8回レポート(最終回)~

 女子会完結!
 2Season続いたヴァランとの因縁もついでに(えー)。

 いやーあっという間でしたね。予告通り、本Seasonは全8回なんで、これにて最終回。というかこんな実験Season長期でやられてたまるか…ゲゲフソ。
 最終回は人数調整のためゼビス君と共にいつもと違う卓の救援に。

・シュバルツ(ドラウ/♂/スカウト/ブレガン・ドウェイアゼ)
・ネヴァン(ドラウ/♀/ドルイド/メラーン家)
・シンドリナ(ドラウ/♀/キャヴァリアー/メラーン家)
・ハイン(ドラウ/♂/メイジ/ゾラーリン家)

 総勢6名と今までにないほど充実したこの戦力! 毎回毎回防衛役がいないと嘆いていた日々がウソのようです! すいませんね狂信者のヘンな奴が新入りで。
 すべての黒幕はジェイズレッド・チョールスシンであることが判明し、メラーン家を名乗っていた、そう、名乗っていた! 許すまじき女司祭どもも抹殺したことだし、後は首魁のヴァランを倒せばメンゾベランザンの騒乱も終結だ。まあ、ヴァランと与して“蜘蛛の枢密院”を煽り、クーデターを画策していたクソ野郎がどの家系か、って問題は残ってるんだがね。あ、ゴールドスタインの所属してるメラーン家のワケはない。長らくロルス様の御意思を賜り、かつメンゾベランザンの基礎を築き上げたメラーン家が、何故そのような薄汚い反逆者のマネをできようか!? それに疑った時点で思考犯罪に相当するからな!
 ヴァランが来ると予想される方角を調べたところ、そこには細い地下への階段が。降っていった先は納骨堂で、壁に穿たれた壁龕のデザインから察するに、悪臭街区ができる以前から設立されていたいにしえの建造物である。経年を示すがごとく、通路にはあちこちに巨大な蜘蛛の巣が張り巡らされている。どうも我らの接近は把握されているようで、階段を下り切る頃には、つながっている廊下の奥で走り去る足音が聞こえていた
 ところで彼らの去っていったのと逆の方向にはロルスの祭壇がしつらえてあるのだが、ナニやらそこから茶色い煙が広がってきている
 すわまた判定ナシのペナルティか!? と身構えるも、よーく考えたらロルス様の祭壇なんだよな。てーことはコレっていい兆し!? などと思っている間にも、悪臭混じりの煙はどんどん拡散していく。
 やがて煙は絶え間なく流動する、可塑性を持った怪物の姿を取った。8本の巻きひげをくねらせ、ギラギラした一つ目を光らせる様は、さながら高さ7フィートもの肉のロウソクのようである。
↓こんなの
yokuroru.jpg
 キモッ! なんですかこの神話的生物は! 見ているだけで正気度が減りメシがまずくなりそうだ! ちょっとちょっと、CoCd20ネタはPFに譲ってたんじゃなかったのかよ!
 と思ったら、コレはロルスの侍女が変じたデーモンで、名前はヨックロール。じっと見てみりゃ、肉の間から、チラリとドラウの女性の姿も確認できる。なんだ我らがロルス様のしもべでありましたか。先程は失礼なことを言ってすいませんでした。なんならジュースとか買ってきますよ
 発生回路も不全っぽいヨックロール様は親切にテレパシーで意志を伝えてくれる(こいつ直接脳内に…!)。
女神の前に申し開きをせよ
 ヨックロール様はいかにしてロルス様の御意思に従うのかを聞きたいそうだ。内紛に対してどう対処するか、そして男性の地位向上とも取れる“魔の織り”への処置をどうするか、質問のポイントはココらへん。
 そんなことどーでもいいから強い奴を殺りたい、と答えた戦闘狂のゼビス君は「熱くもなければ冷たくもない、唾棄すべき輩め」と早速不興を買っていた。ゼビス君、ボッシュートです! とばかりに、セーヴ終了の弱体化を被る。彼宗教じゃなくて殺傷衝動(キラーインスティンクト)に従って生きてるもんなあ。またドラウ社会にて善属性と生きづらいシュバルツも制裁を食らっていた。
 他の方々はつつがなく答えてロルスの祝福を貰っているのを見て、ムムこれはうまく答えねばと意気込む。つってもゴールドスタインのキャラ的にいつも通りの返答をするだけなんですがロルス様は絶対です、市民! 疑うことは思考犯罪に相当する! あ、“魔の織り”に関してはそれがロルスの御意思とあらば遂行するのみ、しかしそれに乗じて己の地位を欲さんとする“蜘蛛の枢密院”は過ぎた要求というもの。役立つならともかく、徹底的に素性は洗い直すべきでしょう。
 てな具合で石川グルグル目で主張してみたところ、「特に信仰篤きもの」と評価された。ヤター
 祝福と共に、何かひとつ質問に答えてくれるオマケつき。うーんラスボスのデータとかを知るのがお役立ちでしょうが、敢えてメラーン家として為すべきことがある。てか会合の時渡された使命を忘れてた。
ヴァランと手を組み、クーデターを企んだ輩はどの家でしょう?

A.ゾラーリン家
(ネタバレ防止のため反転)

 へー、ほー、ふーん。そーおなんだぁー。
 ま、全てが終わった後アシュアラ様にご注進ということで。
 なお、ヨックロール様との交信は一瞬のことで、煙が晴れた時にはまだ立ち去る足音が響いていた。それだけ、神性との接触は短時間で終わっていたのだ。流石は神話的生物だな。ありがとう偉いけどキモい方。
 そして、しばしの時が過ぎてから、足音は数を増して戻ってきた。階段を上ってくるのは呪詛騎士二人、そして巨大な鉤爪と鱗じみた肌を持つ異形のドラウ。ヴァランの家系はドラゴンの血を引くもので、奴は特に色濃く特徴が出たドラゴンブラッデッド・スペルスピナーレビテートと遠隔攻撃を得意とする砲撃役。
 いよいよ全ての黒幕とのご対面というわけだ!

 開幕と同時に、ゴールドスタインは呪詛騎士&スペルスピナーの待機する階段へPhantom Chasmをブッ放す。これで呪詛騎士は転倒、浮いていたスペルスピナーも地面に叩き落とされる。その隙に、シンドリナやシュバルツに前線を構築してもらう。さらにBlissful Ignoranceで減速状態を与え足止めに徹する…が、実は細い通路を埋めてしまって、その先から砲撃役のスペルスピナーがガンガン撃ってくるので良し悪しだったりした(;´・ω・`) ダメージが集中しまくったシンドリナには申し訳ねえっす。
 そして、通路の奥からついにヌッと姿を現した首謀者、ヴァランキタ━(゚∀゚)━!
 君のことはPCは知らないがPLはよく知っているぞなんてったって1Seasonかけてびんぼっちゃまのイメージを刷り込まれたからな。あの時は強い奴との対決を全力で避けるダメ野郎で終わってしまったが、流石にSeasonを改めた今、きっとラスボスらしい風格を身につけてきたことでしょう。いいだろう、その意気を買って胸を貸してやろうじゃないか!(超上から目線)
 モンスター識別の結果→単独じゃなくて精鋭
 別に何も変わってませんでした。
 得意技も戦法も前とおんなじまんまです。
 所詮びんぼっちゃまはびんぼっちゃまだったか。てか、やっぱり新しいのは部下の方か
 もっとも膠着した戦線に、さらに範囲攻撃のスパイダーウェブを撃たれるのはかなりキツイ。ゼビスやネヴァンは到着が遅れ、やむなく呪詛騎士と砲撃はシュバルツ&シンドリナで引き受けることになってしまう。その上DMの出目は唸りまくり、クリティカルを連発し、敢え無く二人はダウン。ネヴァンがマルチクラスで三発目の回復パワーを隠し持っていたからいいものの、かなりの激戦の様相を呈してくる。
 とは言えこちらもゴールドスタインのFreezing Burstの出目が良く、次々とPhantom Chasmのエリア内に引っ張り込んでは転倒を誘い、その後をネヴァンとクマプソが叩いていく。それにシュバルツ、シンドリナ両者も倒れたのが不幸中の幸い、スペルスピナーやヴァランの遠隔攻撃に対してはペナルティを与えて、クマのオーラと合わせて見事回避。コレを契機にジワジワと戦線を前に進め、ゼビスのエルドリッチ・ボルトの援護射撃もあって、ついに呪詛騎士とスペルスピナーを突破。ヴァランの喉元に全員で襲いかかる。
 これまでの集中攻撃の恨みを晴らさんとばかりに、呪詛騎士で受けた盲目もなんのその、シュバリエのホーリィ・スマイトが直撃し、さらにハインも持ってたPhantom Chasm幻惑+転倒の鬼コンボ発動。そこにシュバルツ、ゼビス、ネヴァン&クマが殺到。必死でPush付の杖を振り回して距離を取ろうとするヴァランであるが、完全な包囲網からはもはやのがれることはできんぞ(byくらやみ団。ドラウだけに)。集中砲火のシメはまさかのクマ張り手
gurizuru.jpg
 見事なグリズルスラップを浴びて、車田ぶっ飛びで絶命するヴァラン。さらばEncounters史上類を見ないダメなラスボスよ。君の強敵との戦いを避けることに全力を尽くす、味のあるキャラを俺は忘れない。

 かくしてメンゾベランザンを襲ったクーデターの危機は去った。問題はまだまだ山積みだが、“魔の織り”や“蜘蛛の枢密院”、♂ドラウの地位向上についてはアレでナニがソレだからねーフフフ。メラーンの家柄を落とすことなく任務を達成できたので、ゴールドスタインは愛情省にて精神的矯正の任務に戻ります
 6話でSeasonのノリと狂信者キャラのエンジンがかかってきた感じで、終盤はかなりノって遊べました。もうちょっと早目にキャラと設定を掴めてればいいんですが…っちゅうか全員ドラウで悪属性推奨と開幕からしてハードル高かったんで、馴染むのに時間を要しました。評価点云々も、結局PLのメンゾベランザンやドラウ社会への知識で左右されるところが多かったのは難点ですねえ(故に俺は狂信者キャラでつっぱねた。『1984年』曰く、「無知は力なり」は本当だった)。あと、遭遇の難易度のせいでロールプレイしてる暇がなかった。頼むから当たり前のように2Dダメージが飛んでくる環境はちょっとは考えて欲しい。
 今回の、お互いの立場と対話を焦点に当てて、ガワを変えれば一般向けでも色々面白いことはできそうです。もっとも実験的なSeasonだったからこそ、でしょうが……ところで、次のSeasonでは1遭遇につき1レベル成長するらしい

( ゜ω ゜)

 …真剣にEncountersがどこへ向かっているのか(そしてタイトルからして敵はまたドラウ臭い。またかよ)わからなくなってきたけど、とにかく本Seasonお疲れ様でした。序盤アレな感触だったものの、つかみがわかってからはもしかしたらオレのencountersPCの中でも1、2を争う濃いロールプレイをできた気がします。だがジェームズ・ワイアットには謝らないよ!
 そして、次のEncountersでまた会おう!

 ~THE END~


一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
(2009/07/18)
ジョージ・オーウェル

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM カードゲーム モンスター・コレクション ザ・ペナルティメイト・トゥルース メタリックガーディアン N◎VA UC パラサイトブラッド 音楽 大槻ケンヂ エッセンシャル  筋肉少女帯 PU MTG ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ Season8 UE 風神録 漫画 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Princes_of_the_Apocalypes ウォーハンマー Season6 Season4 リプレイ UM アニメ 永夜抄 Season7 東方領土研究会 サタスペ クトゥルフ2010 DMG EXTRA 紅魔郷 パズル Bestiary ゲーム PHB クトゥルフ2015 Season11 死の国サーイ 伊藤勢 R&R 真・女神転生 天羅万象 妖々夢 椎名誠 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM シナリオ MC ファンタズム・アドベンチャー スティール・ボール・ラン Season5 Season9 機動戦士Zガンダム Season3 Forge バキ 世紀末古代災厄公社伝説 奇想コレクション シオドア=スタージョン UA コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す レッド・ノベンバーを救え! フィリップ・K・ディック Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン CRB タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード Volo's_Guide_to_Monsters 番長学園!! キャッスル・レイヴンロフト シャドーオーバーミスタラ リボルミニ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮 映画 Expeditions プロモカード 五つの風 UCa サタスぺ ジョジョリオン 特撮(バンド) フンタ パンデミック 電車 シャドウラン アリアンロッド ダンジョン・コマンド ラス・オヴ・アシャーダロン d20モダン 異色作家短篇集 真夜中の探偵 三国志 東映特撮YouubeOfficial レイトショウ T&T ACG 雑記 手塚治虫 ダークブレイズ Temple_of_Elemental_Evil 即大休憩 快傑ズバット 機甲猟兵メロウリンク メガテン アルフレッド=ベスター 装甲騎兵ボトムズ FEAR VGtM ドラスレ フレドリック=ブラウン そっとおやすみ ウルトラマン 異色作家短編集 エンゼルギア MM2 Out_of_the_Abyss セブン=フォートレス 三上寛 当方領土研究会 クソコラ コズミック・エンカウンター ガントレット・オブ・フールズ イベント 幻想少女大戦 Starfinder 魔獣使いの少女 キャット&チョコレート ラフカディオ・ハーンと四つの顔 鉄腕アトム ゲーマーズ・フィールド ラクラク大統領になる方法 東方領土研究会会報 モンスター画家 ジャングルスピード 火の鳥 Pit 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ クトゥルー神話 カットスロート・プラネット ストーンオーシャン ミストグレイヴ 島本和彦 バイブルハンター ポケットの中の戦争 ログ・ホライズンTRPG 刺青の男 都筑道夫 レイ=ブラッドベリ アーカム・ホラー パラノイア 革命万歳 スティーヴン=キング 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード