D&D4e余話#123~D&D Encounters Season8:第9回レポート~

設問:“ド低脳”という言葉が問題となりました。ではこれを差し障りのない表現にした場合何になるでしょう?

答え:クサレ脳ミソ

 デーモン・スパーを踏み越えた我々は3レベルを迎えていた。
 今回のSeasonはラスト前にレベルアップとか良心的だなぁ。安心して一日毎パワーを解放できる。…遭遇はいつも通り、決して良心的とは言えませんけど。でも面白いからいいや。
 ちなみにアースドメイン・クレリックの場合、3レベルになると1ターンの間全てのダメージへの抵抗5を与えるオーラ2を取得する。うん、使ってる俺が言うのもなんだけど、デザインした奴ぁまごうことなきクソ野郎だな!
 さて、向かう先に見えてきたのはものものしい門、ザジフェアリンと呼ばれる防壁。
 高さ15フィートの岩棚に挟まれた通路には鉄格子が落とされている。また、岩棚の上には衝立や矢狭間があり、中に入ると良好な遮蔽を与える胸壁。予想通りと言っちゃなんだが、またドラウの射手がいそうな配置だなぁ。矢そらしの盾を借りててヨカッタ。
 鉄格子は二重となっていて、側には開閉を操作する巻き上げ機を設置されてるんだけど、そこに座ってるのがこいつ。
ogre.jpg

 はい、オーガ(別名オグレ)です。
 …確かこいつ、4eだとがっつり脅威度が上がってませんでしたっけ? 3.5eなら確か脅威度3だったから十分戦えるんですけど。
ゼラ「でも3eの頃も適正なレベルのPCをグレートクラブで即死させたりしてたよな」
 ええ、ごもっともで。
 つってもよくよく考えてみたら、ハグの女王やらデーモソの魔王やらごっつい肩書きとツラ構えでありながら、レベル自体は対処可能という連中も体験済みだから、こやつもそうなのかもしれない。てか、そうでなくって戦わせるつもりならこのクソデザイナーと叫ぶだけの話だし。
 よくよく見てみると、そのオーガには頑丈な鎖の付いた足枷が嵌められており、また本人自体は至ってやる気のないダラプセ状態でぐうたらしていた。何をするでもなくただ座り込んで、時々手近な岩を掴んでは壁に投げつけ、砕ける様を見てバカ笑いを上げている。ぐうたら記念日も真っ青のぐうたらぶりです。
 すると奥から「うるせーぞクズ野郎! 岩投げ遊びはやめろ!」とオーガに匹敵するようなドラ声が。それに対してクズ野郎呼ばわりされたオーガは「うるせぇ、クソ野郎! 俺は退屈なんだよ!」と意に介した様子もない。ちなみに、声質は二人ともクリソツ。よーく鉄格子の先を覗いてみると、もう一体クズ野郎呼ばわりされたのとクリソツなのが。ごへぇー。
 ただ、オーガはご覧の通りのぷっせり具合のため、門番というわけではない。むしろ、ドラウに奴隷として拘束されているようで、話の持ち込み方によっては言いくるめることも可能かもしれない。あんまり知性的なヒマ潰しをしてるわけでもないし。
 てなわけで、ドラウであるゼラをジェイルレン一派と見せかけて通ろうとすることに。
 クズ野郎は他のドラウと区別がついてないようだが、それでも「でもお前以外は違うみたいだしなぁ」とドラウ以外のメンツを見てツッこむぐらいの知性はある。ちなみに、幸いなことにカタコトぐらいの共通語は喋れた。良かった、巨人語しか喋れなかったら詰んでいたところだ。
 これに対してゼラは、「あー、その、我々は仲間を慰労に来たサーカス団なのだ」と言って、技能チャレンジに〈軽業〉判定をしてみせる。確かに瞬間移動(ヴァルナエ、セルバ)、猛獣使い(ステイシー)、小人(ロックパワー)とサーカス団向けの構成だな。我がサーカス団をぜひご覧下さい、ワニ女もお見せしましょう(残念、ドラゴンボーンはいない)。もっとも、サーカスが何かをクズ野郎は理解していないようだが。まぁプロトカルチャーみたいなもんだと思っとけ
 ステイシーの〈運動〉判定によるクマーとの曲芸や、食料と見られて焦ったロックパワーの〈地下探検〉で食わせたキノコ(「俺は石ノームだから硬いぞ」)で注意を引くと、彼は何もしなくても飯を食わせてくれるこの状況に割と浸っている様子。命じられた時に格子を上げ下げすればいいだけなので、これはこれで悪くない生活カナーとさえ思っているとか。こ、こいつ(巨?)人生をなめくさっておる…巻き上げ機を操作するだけで食っていける、そんな簡単なお仕事で世の中渡っていけたら、今すぐ紹介してほしいわ! じゃなかったアンダーダークくんだりまで降ってこんわ!
 もっとも、彼とて奴隷としてこのままでいるとダメになりそうなんで(いや十分ダメのダメダメっぽいが)、鎖を外して出られるなら出ていきたい。それに、奥にいるクソ野郎はドラウから直々にいい餌を貰っているのも気に食わねえ。クズ野郎はそのおこぼれを頂戴しているのが面白くなくて、「俺の気持ちなんかあいつにわかりゃしねぇんだ!」と岩投げでストレス発散していたのだった。図体がでかい割にはセンチメンタルな輩であった。きっと夕暮れの河原で石を投げるさせてみたい。
 なお、クズ野郎クソ野郎という呼び名は翻訳の通りらしい。おかげでセッション中「クズ野郎」「クソ野郎」などとじゃっかん不適切な単語が頻発していて、外から来た人に聞かれないかちょびっと不安であった。
 じゃあ鎖を外してあげるからそこ通して、と頼む(まだ信用してないのと、誰も〈盗賊〉を取得していなかったので言うだけ)と、手前の鉄格子は開けてくれたが「俺はともかくクソ野郎が納得するかなあ」とのこと。クソ野郎の方は割といいもん食ってるので彼よりドラウへの心証は悪くない。
 ならば、とゼラが物凄い跳躍で鉄格子を飛び越えて「我々なら自由にできる!」とアピール。また、セルバはライトを唱えて雰囲気を盛り上げつつ、瞬間移動のマジック(要はフェイ・ステップ)でサーカス団らしさを魅せる。なんか本格的にサーカス団みたいになってきたな、我ら。これにはクソ野郎も瞠目し、鉄格子を開けてくれることに。さらにヴァルナエは〈歴史〉でオーガのこれまでの活躍を語り、こんな所で朽ち果てる存在ではない! と焚きつける。…が、クソ野郎は「しかし実際負けて囚われちまってるしなぁ…」と煮え切らない。
 諦めるな! 希望はまだそこにある! などとやってる間に、鉄格子の奥から足音が。ドラウの神殿守備兵(テンプラ)と、矢狭間から顔を出した射手が開いた鉄格子を見て仰天していた。
何をやってるんだ、貴様ら! さあ、こいつらを排除しろ!
 命じられ、仕方なく武器に手を伸ばすオーガ。いくら味方をアピールしても、拘束された状態では逆らっていたら身を守る術がなく、これはやむを得ないだろう…ドラウぐらいなら簡単にボコれそうな気もしますがそれはそれ。

 オーガは1ターン目は武器の準備をするだけで、その場から動くこともできないので、まずはクソ野郎から離れるべく後退。クマのオーラの中に入って陣形を整える。続くターン、ついにクズ野郎のグランドスラムがロックパワーに炸裂! 直撃したら気絶確定のダメージであったが、クマーのおかげで高まったACで半減ダメージ、さらにヴァルナエの与える抵抗及び一時的hpで重傷状態手前に抑える。その間にステイシーがクズ野郎の鎖を解こうとしたことろ、なんと出目20で見事に成功。「ありがとうクマの人よ」と感謝してクズ野郎は元気いっぱいに去っていった。なんか前回のゴブリンとかやばい者を次々解き放っている気がするが、まぁSeasonが終われば恥のかき捨てである(俺がクズ野郎だった)。駄賃に一発ぐらい殴っていってもらえると助かるのだが。
 さて、最大の脅威は去っていったものの、正面から続くテンプラの増援に、遮蔽を得ての射手の攻撃は厄介極まりない。と、ここでゼラが先程の芸当の再現。[構え]を含めて凄まじいジャンプで胸壁に取り付く。接敵されてしまった砲撃役なんぞ惨めなもの、慌ててレイピアに持ち替えるも、たちまちナマス切りとなった。こうして一体を葬ると、再度怪鳥のような跳躍で逆側の射手へと襲いかかる。この冒険が終わったら本当にサーカス団やらねえか、と言いたくなるような体さばきであった。負けじとステイシーも岩壁にとりつき、本人は登攀に失敗するも、乗り越えたクマプソが射手に押しやりを敢行、落下ダメージで痛手を与えていた。こちらも見事な猛獣使いぶりです。
 狭い通路で切ったはったをしていると、なんかさらに怪しげなドラウの御仁が。こやつはドラウの呪文紡ぎ。能力はよくわからんが、名前から察するに重さ17kgのベースを片手で持ち歩くぐらいの怪力だな? なんだっけあの琴光喜みたいな名前の、ああコトツムギ? そんなしょうもないボケ殺しとばかりに登場するなりレビテートで5マス上空に浮く ( Д ) ゜ ゜
 ご、5マスですか…マトモな射撃戦力は、マジック・ミサイルぐらいしかないんですけど。ついにオレのハンド・クロスボウを使う日が来たか。と、覚悟完了してたら、考えてみりゃセルバはEnchantのメイジでしたね! Enchantの学生の呪文は、上空の敵に触れることが出来るのか? 出来る、出来るのだ。ヒプノティズムで恐怖6マスの横滑りによって味方のど真ん中に着地させると集中砲火をお見舞い。挙句、もいっぱつ放たれたヒプノティズムにより、操られたテンプラ、+4のボーナスを得て呪文紡ぎを撲殺。登場するなり浮上→着地→昇天とセミの一生みたいな奴であった。

 最後のテンプラを倒すと、約束通りクソ野郎の鎖も外して解放してあげる。助ける義理はなくても、お互いドラウに恨みを持つ身だしな。動けないんだからマジック・ミサイルを撃ち続ければ倒せそうではあるが、ドラウを呼ばれそうだし、それ以上にあの岩の遠投、20マスぐらい届きそうだし。冒険者稼業たるもの、義理を欠いちゃあおしめぇよ。
 門の先を見ていると、そこには衛兵所が。戦力の配置し直しのために設置されていたようで、道理で増援が次から次へと来ていたはずだよ。また、大休憩を取るのにうってつけの空き家も発見。これで、最終チャプターを迎える準備は整った。ジェイルレン一派との決着が待ち受ける(はず)の次の遭遇でまた会おう!


RDF強きを求めし者 範馬勇次郎 通常版・怒髪天 ドハツテンVer リアルディティールフギュアRDF強きを求めし者 範馬勇次郎 通常版・怒髪天 ドハツテンVer リアルディティールフギュア
()
SpiderWeb

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM カードゲーム モンスター・コレクション ザ・ペナルティメイト・トゥルース メタリックガーディアン N◎VA UC パラサイトブラッド 音楽 大槻ケンヂ エッセンシャル  筋肉少女帯 PU MTG ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ Season8 UE 風神録 漫画 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Princes_of_the_Apocalypes ウォーハンマー Season6 Season4 リプレイ UM アニメ 永夜抄 Season7 東方領土研究会 サタスペ クトゥルフ2010 DMG EXTRA 紅魔郷 パズル Bestiary ゲーム PHB クトゥルフ2015 Season11 死の国サーイ 伊藤勢 R&R 真・女神転生 天羅万象 妖々夢 椎名誠 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM シナリオ MC ファンタズム・アドベンチャー スティール・ボール・ラン Season5 Season9 機動戦士Zガンダム Season3 Forge バキ 世紀末古代災厄公社伝説 奇想コレクション シオドア=スタージョン UA コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す レッド・ノベンバーを救え! フィリップ・K・ディック Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン CRB タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード Volo's_Guide_to_Monsters 番長学園!! キャッスル・レイヴンロフト シャドーオーバーミスタラ リボルミニ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮 映画 Expeditions プロモカード 五つの風 UCa サタスぺ ジョジョリオン 特撮(バンド) フンタ パンデミック 電車 シャドウラン アリアンロッド ダンジョン・コマンド ラス・オヴ・アシャーダロン d20モダン 異色作家短篇集 真夜中の探偵 三国志 東映特撮YouubeOfficial レイトショウ T&T ACG 雑記 手塚治虫 ダークブレイズ Temple_of_Elemental_Evil 即大休憩 快傑ズバット 機甲猟兵メロウリンク メガテン アルフレッド=ベスター 装甲騎兵ボトムズ FEAR VGtM ドラスレ フレドリック=ブラウン そっとおやすみ ウルトラマン 異色作家短編集 エンゼルギア MM2 Out_of_the_Abyss セブン=フォートレス 三上寛 当方領土研究会 クソコラ コズミック・エンカウンター ガントレット・オブ・フールズ イベント 幻想少女大戦 Starfinder 魔獣使いの少女 キャット&チョコレート ラフカディオ・ハーンと四つの顔 鉄腕アトム ゲーマーズ・フィールド ラクラク大統領になる方法 東方領土研究会会報 モンスター画家 ジャングルスピード 火の鳥 Pit 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ クトゥルー神話 カットスロート・プラネット ストーンオーシャン ミストグレイヴ 島本和彦 バイブルハンター ポケットの中の戦争 ログ・ホライズンTRPG 刺青の男 都筑道夫 レイ=ブラッドベリ アーカム・ホラー パラノイア 革命万歳 スティーヴン=キング 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード