カードゲーム百態#04~お世話になったカード・《リザードマン斬込隊》~

 唐突に始まった、カードゲームにおける思い出の一枚を紹介するコーナー。
 デュエリスト・ジャパンを眺めていたらカードゲーム爛熟期が懐かしくなったので。あの頃はMTGの大ヒットを受けて右も左もカードゲーム化、EVATCGやらバキTCGやらバスフィッシングTCGやらそれってカードゲームにする必要あんのか、というものまで出ておったもんじゃ…と思いきや、いまだにトレーディングカード自体は新作発表を続けているようなので、意外と侮れない(オモチャ売り場に行くと新番アニメのカードがあったりしてビックリする)。
 筆者がメイン戦場としていたのが『モンスター・コレクション』だったのは以前書いた通り。今でこそTRPG者として吹いておるけど、一昔前はモンコレ・ファイターと二束の草鞋を履いていた。ううっ、しかし今見てもこのモンコレ・ファイターという単語はダサイ。あの頃TCGにつぎ込んだ金があれば外車の一台や二台買えていたものを…うそ。それに、どっちみちTRPGに投入していたから大して状況変わらんかったろうな。
 で、まずモンコレを始めるきっかけとなったカードが、今回取り上げるコレ。

kirikomi.jpg

 最初に作ったデックは先行チャージ。小細工考えず先行取れば攻撃力二倍、の爽快感に魅力を感じた。てかTRPGでも基本的に同じ。頭使わず腕力でブチのめすキャラの方が好きだ。だから戦士が魔術師の荷物持ちに成り下がるTRPGとかは死ねばいいのだ。あっ言葉乱れてスイマセン。
 ただ、当時隆盛を極めていたバードマン(速さでは最強)デックは作らなかった。誰もがやってるはやりもんなんて面白くねーやぁ、という反骨心とやっすいプライド(大体こういう論理のオタクは群れからはぐれる)、それに相性の悪い相手にはどうにもならない、というハッキリした弱点が気に入らなかった。MTGでも赤を使いながらエンチャント破壊は常備したくなるクチだ。
 てなわけで、自然と作るデックは二番目に速いオークデックとなった。
 リザードマンじゃねぇのかよ! とおっしゃるかもしれないが、それというのもバードマンやオークと違って、その当時リザードマンの大将がてんで使えない奴だったのですな。どのぐらい使えないかっていうと、標準アクションでマジック・ウェポンシールド・オヴ・フェイスを使うファイターみたいなもんだと思って下さい。この《リザードマン斬込隊》は、オークの補強で入れていたので、メインとは言い難いかもしれない。
 それでもモンコレで最も思い入れがあるカードと言えばコレ、を上げるのは、そのポテンシャルの高さにある
 2レベル2/1と標準的な能力値に、イニシアチブ+1とアイテム1、カード1枚でかなりのアドバンテージを稼げる。《欲深き皇帝》不在の場合は《オーク長槍隊》ぐらいしかイニシアチブ+を持ってるユニットがいなかったので、穴を埋められる存在は不可欠だったのだ。また、基本的にアイテムは1が上限だったので、スペルに頼らないデックで《魔力のスクロール》《封印の札》とアイテムによる対抗回数を稼ぐ意味でも重宝する。
 先攻チャージ以外でも、「アイテムも使う」「先攻であることに特にデメリットはない」デックを作るときには、しばしばこのカードのお世話になっていたものです。後々、使えるリザードマンの大将が出てきてマトモなリザードマンデックが組めるようになってからも、先でも後でも戦える(中途半端とも言う)種族だったので、じゃあ先とって殴ればいいじゃん、と一翼を担うユニットでありました。
 そのクオリティの高さは、同性能の《オーク長槍隊》に先んじて『放浪王の帰還』で再録されたことからも証明済みである…まぁ『放浪王』自体がかなり微妙なカードセットであったことをさっぴいても…屁のように使えなかった大将、《碧鱗の王》もいっしょに再録されてるセットという時点で推して知るべし
 ビジュアルとして、眼帯+日本刀と今までに無いアバンギャルドなリザードマン像なのも高得点。
 …とは言え、モンコレも後半になってくるとカードパワーが上がって、イニシアチブ+1よりはもっとメリットのあるユニットも出てくるし、そもそも戦闘スペルの対抗数(1ユニットにつき2~3枠は当たり前になってた)に上限が1のアイテムでは対処しきれず、必然的に先を取って殴り飛ばすデックとユニットは淘汰されていくワケですが。


モンスター・コレクションTCG トライアルデック 海皇竜 (カドモス)モンスター・コレクションTCG トライアルデック 海皇竜 (カドモス)
(2012/07/28)
ブシロード

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : モンスターコレクション
ジャンル : ゲーム

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【カードゲーム百態#04~お世話になったカード・《リザードマン斬込隊》~】

 唐突に始まった、カードゲームにおける思い出の一枚を紹介するコーナー。 デュエリスト・ジャパンを眺めていたらカードゲーム爛熟期が懐かしくなったので。あの頃はMTGの大ヒットを受けて右も左もカードゲーム化、EVATCGやらバキTCGやらバスフィッシングTCGやらそれっ?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 ACG サプリメント APG MM SW2.0 カードゲーム ザ・ペナルティメイト・トゥルース モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA UC パラサイトブラッド 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 一発ネタ PU 筋肉少女帯 ブレイド・オブ・アルカナ MTG 漫画 UE 風神録 Season8 バカゲー SF キン肉マン ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 野望のルーツ Season6 GM ウォーハンマー UM Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season7 Season4 アニメ リプレイ 東方領土研究会 サタスペ クトゥルフ2010 PHB DMG EXTRA ゲーム 紅魔郷 パズル Bestiary 妖々夢 R&R 伊藤勢 Season11 椎名誠 天羅万象 真・女神転生 クトゥルフ2015 死の国サーイ PSYCO-GUNDAM ガンダム UA 地霊殿 スパロボ NEXT Season9 MC Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season5 スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ バキ 奇想コレクション 世紀末古代災厄公社伝説 Forge シオドア=スタージョン 好きなTRPG レッド・ノベンバーを救え! コードウェル城奇譚 空中庭園エリュシオン 荒野に獣慟哭す フィリップ・K・ディック Season12 シャドーオーバーミスタラ 番長学園!! CRB タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード Volo's_Guide_to_Monsters キャッスル・レイヴンロフト 特撮 映画 UCa プロモカード 五つの風 パンデミック 電車 リボルミニ サタスぺ Expeditions レジェンド・オブ・ドリッズト フンタ 特撮(バンド) ジョジョリオン ダンジョン・コマンド 雑記 ラス・オヴ・アシャーダロン 東映特撮YouubeOfficial d20モダン ダークブレイズ Temple_of_Elemental_Evil 手塚治虫 異色作家短篇集 装甲騎兵ボトムズ 機甲猟兵メロウリンク シャドウラン アルフレッド=ベスター 真夜中の探偵 三国志 アリアンロッド メガテン FEAR 快傑ズバット レイトショウ T&T ACG 即大休憩 ストーンオーシャン カットスロート・プラネット イベント フレドリック=ブラウン 異色作家短編集 ドラスレ ウルトラマン スティーヴン=キング 島本和彦 ポケットの中の戦争 クトゥルー神話 ミストグレイヴ バイブルハンター 当方領土研究会 Out_of_the_Abyss そっとおやすみ Starfinder OA パスファインダー・アドベンチャー VGtM クソコラ MM2 セブン=フォートレス 三上寛 エンゼルギア ログ・ホライズンTRPG 革命万歳 ゲーマーズ・フィールド Pit ジャングルスピード モンスター画家 幻想少女大戦 ルーンロードの帰還 パラノイア キャット&チョコレート ラフカディオ・ハーンと四つの顔 魔獣使いの少女 ラクラク大統領になる方法 東方領土研究会会報 都筑道夫 刺青の男 レイ=ブラッドベリ アーカム・ホラー キテレツカップリングパーティ 絶体絶命 火の鳥 鉄腕アトム ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード