D&D4e余話#86~D&D Encounters Season6:第13回(最終回)レポート~

 いよいよ妖精境を巡る大冒険、終焉の時がやってまいりました
 思えば都市間戦争回避のため、駆け落ち男女を追跡していたかと思ったら、気付けば水晶窟から妖精境を股にかけ、ついにはハグの居城と来たもんだ。いやあ、成り行き任せでここまで来ちゃったけど、人間(人型種族の意)やれば何でもできるもんですね! チャプター2での発言「追い詰められた人間は何すっかわからねっど」は意外と的を射ていたのか。
 そんなこんなでついに迎えた最終回、果たして我々は無事フェイワイルドから帰還することはできるのか!
 

 噴水の仕掛けで上がった二階、ここにソリスが待ち受けてるハズ。フ、今更あんな鬼女なんざ恐れる俺じゃあないぜ! だってカルゴン3レベル(4レベルかも?)だったらしいし! ってことはソリスもそこまで無体なレベルじゃないんだろう。もう無闇やたら脅えることもないってワケだワッハッハ!(今までのEncountersで体験した数字を度外視した強さをまるっきり忘れている発言)
 さて、目の前に広がるのは左右に緑の庭園を設けられた小部屋。四方には像が設置されていて、視界と移動を妨げている。…俺、ソリスは怖くないって言ったけど、狭い部屋は怖いんだ…(毎遭遇狭いマップで例外なく酷い目にあっている)。
 そして我々を殺し屋みたいな目で睨んできているのは老婆にジュリアナの姿が混じったあしゅら男爵状態のソリス…ではなく、黒髪の美しいハーフエルフ、さながらカヤウェインそのものの女性! 奈弍威!?
 見れば左手の庭園には地に伏しているジュリアナが! まさか完全にソリスはジュリアナからカヤウェインを取り込んだのか? これがカルゴンの言っていた「手遅れだ」ということか!
 カヤウェインそのものの姿と化したソリスは「最早我々に争う理由はない」とカンペキに我々を見下して言ってのける。魂を掌握しきった彼女にとって、既に目的は果たされたのだ。ウオオなんてことだ! まるで俺たち秘宝を揃えたアポロンを前にするSaGa2パーティ!? しかしまだ希望はそこにある! アポロンはめがみのしんぞうを見落としていた! だからソリスも…えーと…出任せで適当なネタを振ってるとオチをつけるのに困るなぁ
 もしもこのまま黙って帰るなら、百療泉の水を飲ませるぐらいの温情は与えてやる、とのたまってますよこの女。
 我々の返事は?
「バカメ!」
(このセリフ、「答えは“バカめ”だ!」だと一挙品位が落ちます。注意)
 この冒険者が最も好きな事のひとつは、自分で強いと思ってるやつに「NO」と断ってやる事だ…!
 貴様俺が何のために週イチ通いまでして死線をくぐるようなマネをしてきたと思っているのか。決してマゾであるから…いや実際かなりそうなんだけど…あ、いや、それだけじゃあなくって、この苦境の数々を越えた先に都市間戦争の回避という成果を掴み取れるからと信じてのこと。他人からお情けで叶えてもらえる望みなど、そんなカタ…カタストロフというか…そう、カタルシスのない結末など願い下げだ!
 大体貴様の言っていることは「世界の半分をお前にやろう」と同義、ゲーマーである我々にそんな申し出は通じぬわ! どうせ飲んだところで画面が暗転してOPに戻されるんだろ。
 ベロベロビィー! お前は早く年増園に帰れーぇ!
 我々の返事を聞くと、ソリスは憎々しげに顔を歪め、呪詛を吐く。
「愛と信仰が鍵だったこのフェイワイルドは完全に私の手に落ちた。善き感情など、何の価値も無くしたということを、地獄で思い知るがいい!」
 庭園には毎度おなじみジボートの切り裂き屋が登場。今Season中最多出場モンスターです、お疲れ様です地元の人。
 ジュリアナは幸い死には至っていないが、早く手当をしなければ危ない状況。打開する方法は「ソリスを倒せ!」まあ、いつも通りってことだな。
 さあ、最終決戦の幕開けだ!

 ソリスの攻撃はねじくれた杖、コンペリング・スタッフを命中させた敵を横滑りさせ、指定した一体に攻撃させるor遠隔攻撃で大ダメージ+5マス横滑りのナイトメア・チャームが基本。これをリチャージ・パワーのナイトメア・コンパルジョンで連射してくる。
 さらに、チャプター2で2レベルの貧弱なボウヤであった頃の我らにいきなりブチかまされた範囲攻撃、ナイトメア・デザイアも健在だ。
 何より問題なのは彼女のオーラ。3マス以内で行動を開始した場合、2マス横滑りさせられた挙句、指定した一体を攻撃せねばならない! …つまり撃破役のトスガやディヴィールが近くに居た場合は…(ゾーッ)。
 コンペリング・スタッフはともかく、オーラは手の打ちようがないので、ソリスズ・ブラッドストーンの魔力で「味方同士の攻撃を外れやすくする」を一刻も早く発動させねばならない! 一同必死のイニシアチブは、なんとか先手を取ることに成功。早速機動させたディヴィールに、ソリスは「忌々しいガラクタが!」と吠える。
 撃破役の一翼、トスガはならば近寄らなければいい話、とロングボウで距離を取ろうとする…が、部屋の端に到達した瞬間、逆方向の端へとテレポートさせられる! この部屋はソリスの魔力で逃走を封じられており、部屋の端に入ると反対側へと瞬間移動してしまうのだ。止む無く、ソリスのオーラ内で移動を終了せざるを得ない。それでもしっかり庭園への扉を閉めることで、ジボートのアドバンテージを奪うことは忘れていない
 先手のチャンスを逃すまいと放ったベルゴスのディスラプト・ショットは、なんとアクション・ポイントをつぎこんでの二連射両方外れ。アリスのホーリィ・スマイトで幻惑状態にすることはできたが、時間稼ぎにしくじったのはかなりの痛手だ。
 周囲を固められたソリスは瞬間移動パワーのドリーム・ステップでディヴィールともども一挙テレポートし、さらにディヴィール以外には不可視状態。アクション・ポイントを投じてナイトメア・デザイアを炸裂させる。トスガとアリスが直撃を受け、痛恨の“動けない状態”に! アリスはフォーチュン・カードでテレポートして何とか間合いを詰めようとするが、なかなかセーヴに成功できず、ソリスをオーラに収められない。
 しかし我々も押されているばかりではない! たとえ不可視状態となっても、位置さえわかっていれば戦いようはある! 視認困難のペナルティを抑えるアイムド・ショットをベルゴスは発射してダメージを稼ぐ。その一方で、カラクーリの恐怖のスカルド・パワーが爆発。この遭遇の間オーラ内にいた全てのモンスターは戦術的優位を提供し、その上効果を終了させる代わりに、ダメージを受けた一体を幻惑状態にさせる理不尽詰め。なんじゃそりゃー!
 DMはおろかプレイヤーまで絶句させる猛威に反撃に転じる我々…といきたいところだけど、トスガは動けないままでの戦いを強要され、前線のアリスとディヴィールは、何故か味方への攻撃に限って派手なダメージを叩き出す。ベルゴスはジボートやソリスの呼び出したトゥイク・ブライトの雑魚にグサグサ刺されていた。痛ぇ。おまけに操られたカラクーリのムチでクリティカルを叩き出されるし。な…殴ったね! 親父にもぶたれたことないのに! きれいな姉ちゃんの鞭ならいくらでもぶたれたいけどね(高田純次風)。
 アホなこと言ってるがソリスのダメージ自体大したことないのがまた腹が立つ。ディヴィールの攻撃だけでアリスは50点以上のダメージの名声点がもらえそうだった(このシナリオだけで80点ぐらい喰らったらしい)。フォーチュン・カードで操られた瞬間武器をロングボウからロングソードに切り替え、ダメージを最小限に抑えるなど必死の努力はするが、まあ焼け石にウォーターってもんでしょうな。他卓ではヴィシャス・ウェポンがクリティカル・ヒットしてコンプリートデス&除去まで一直線、6人中5人が気絶などもっと悲惨だったとか。
 しかしソリスにとって不幸だったのは、室内の彫像の位置と、コンペリング・スタッフのタイミング。壁と彫像のため奥にいるPCは完全遮蔽となって、ナイトメア・チャームの対象とすることができない。一方、前線ではコンペリング・スタッフが命中したのに味方が倒れていているせいで殴る相手がいない。こうなると、ただの威力のない近接攻撃。仲間割れの不発が続く間にダメージは着実に積んでいく。
 フォーチュン・カードが尽きかけるという前代未聞の接戦の果てに、ついにディヴィールのムーンファイア・ブレードがソリスに致命の一撃を与える!
 ソリスからカヤウェインの姿が剥がれ、露になった醜いハグの本性も崩れ落ちていく。
ああ、カルゴン! 私がデヴィルならば、地獄で一緒となれたものを…!
 それがフェイワイルドをも支配した野心高き“夢の女王”ソリスの最期であった。

 ソリスの死によって解き放たれた光が、丸天井から滝のように降り注いでいく。その光を浴びて、ジュリアナも一命を取り留めたようだ。前回のバッファローマンことカルゴンと合わせて悪魔将軍倒した後みてーだな。
 ジュリアナの倒れていた右手には、いつの間にか赤と白の薔薇に囲まれた、白いドームがあった。そこには見覚えのある茸の輪が。やがて、輪の中からはラグナルとウーマが現れる。ソリスの呪いから解放されたことで、二人ともこのフェイワイルドを自由に移動する術を思い出したのだ。ラグナルは「こん畜生、やりやがったな」と笑い、ウーマも静かな微笑みをたたえている。
 ソリスを打倒した我々に、約束の百療泉の水を飲ませよう、とドームの中へ案内する二人。ドームは内部からのみ外を見通せる構造で、大理石の石棺が安置されている。また、こんこんと湧き出る噴水があって、そこから流れる水が水路を通り、滝のようになって周辺に回っていくようだ。この噴水が百療泉で、水を飲めば願いが叶うというワケ。
 まずウーマがその証明として水を飲み、我々をフェイワイルドから脱出させることを願う。すると、木々の中から緑の仮面に植物の服をまとったエラドリンに、木と花のドレスをまとった輝く女性が。彼らこそアーチ・フェイの二人、オランとティアンドラである。WOW、代理人だけじゃなく本人まで。
 二人は「「すばらしい働きをした」」「「さあ、水を飲む自由を」」とサラウンドで我らに勧めてくれる。が、先だって協力者のラグナルとウーマも飲むことに。ラグナルは水を飲むと「権勢と自由が欲しい」と要求。て、アンタいきなりナニ言い出すの! ソリスを倒して平和を取り戻したと思ったら、よもやこんな所で権力争いボッパツ!? まあこの人バービーグだしね。ライトカオスの思考じゃそうもなりますか。いや、カオスは4eから悪属性のみになったはずなんですけんど
 ラグナルの要求にオランは「権勢はやろう。が、自由はやらんぞ」と言い放ち、彼をこの次元界全体を守る存在と変える。即ち、ラグナルの姿は消えていき、肉体を捨てた、フェイワイルドと一体化せし守り神となったのだ。ウーマもまた、フェイたちの面倒を見るロザラインの香りとなることを望み、風の中へと消えていく。
 後は残された我々の望みだ。望みがなんでも叶う、うーんなんていい響き! 「いくらでも出す!? その言葉生まれて始めて言われた!」 「俺も!」と思わず上級ボーガー的な反応も漏れて出る。
borg.jpg

トスガ「よし、それなら全能力値を+6してくれ!」
オラン&ティアンドラ「残念ながらその望みは泉の力を超えている」
 (´・ω・`)ショボーン
 やっぱり森羅万象のコトワリに逆らうような願い(過去を変える)や、邪悪な願いはダメなようです。っていうか過去改変話は亡霊旅団だけでお腹いっぱい胸いっぱいだよ
 じゃあその代わりに、とトスガはモアビューティな姿になることを望む。何が代わりなのかよくわからんが、自称ヒロインだからな彼女! トスガの容姿は時を経て神秘的な美しさを持つようになり、一ヵ月後には【魅力】準拠の判定全てにボーナスを得るようになる。…より美しくなるって、なんかマッチョ雑誌に乗ってる女性ビルダーみたいな姿を連想してしまうんですけどネ
 続いてアリスの願いは必殺のカワイイオーラ、スパルバインド・ビューティの対象を敵だけでなく、味方にまでかかるように! これぞアドバンスド・スペルバインド・ビューティの誕生! うわあ! ゲーム的に全く意味が無いがアリスにときめいてしまう! もえええっ!
 ネタが二発続いたところで、ディヴィールはフェイへの偏見を取り除いてほしい、と極めてまっとうな願い。土地全体の感情を変えるようなことは難しいが、その一端として、と動物たちと喋れるフレイ・スピークのパワーを与えられる。この力があれば、人間とフェイトの仲立ちをする存在として進んで行けるかもしれない。
 ベルゴスは今回の件が片付いたら失業状態なので、とびきり危険で楽しくて報酬の高い仕事を求める。その仕事を成功できるようにと、強力なマジック・アイテムを頂戴した。
 トリを務めるカラクーリ、取り出しましたるはフェイワイルド本。え? 呆気にとられる一同を前に力説するカラクーリ、この本に載ってる公式NPCのエラドリンの姉ちゃんと会わせてくれ! 会った後はねるとん紅鯨団のノリでデートに誘うから!
 あまりの迫力にアーチ・フェイ二人はじゃあセッティングするだけするんで後は君の話術に任せる、と言ってみたところ、ものすごい〈交渉〉の出目で彼女のガードをブチ抜き、見事デートにお誘いすることに成功。しかし井之頭公園デートのノリでカワウソに同乗させたりしたので、多分結果はごめんなさいだぁ! だったんじゃないかと。
 しかし一人ぐらい空気を読んで「ギャルのパンティをおくれー!」と言うかと思ったのだが。誰も言わないなら俺が言うか、と考えはしたけどそれってドラウの仕事じゃないよな。ハーフオークの仕事だよなぁ。
 ともあれ、めいめいの願いを叶えてもらい、オルランドとジュリアナの二人も無事確保。二人がこれからどうするか、生家に戻るか、はたまたフェイワイルドで暮らすのか。それは彼らの親たちに対する説得次第であるが、最早我々の手から離れた問題だ。そして、願いを叶えてもらった英雄たちの次なる冒険も、それは別の機会に語られることであろう。
 かくして、未知と驚異に溢れた妖精境探索は大団円を迎えたのであった
 冒険をご一緒した皆様、お疲れさまでした。幸い一人の脱落者も出さずに冒険を終えられたことはまさに僥倖。毎度毎度新鮮な笑いを提供して下さったロールプレイと、無限軌道SSXな我らの行動を上手く制御してくれたDMに最大級の感謝を!
 そして…Season7の遭遇にてまた会おう!

~THE END~


DRAGON BALL DVD BOX DRAGON BOXDRAGON BALL DVD BOX DRAGON BOX
(2004/07/07)
野沢雅子、鶴ひろみ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM カードゲーム モンスター・コレクション ザ・ペナルティメイト・トゥルース メタリックガーディアン N◎VA UC パラサイトブラッド 音楽 大槻ケンヂ エッセンシャル  筋肉少女帯 PU MTG ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ Season8 UE 風神録 漫画 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Princes_of_the_Apocalypes ウォーハンマー Season6 Season4 リプレイ UM アニメ 永夜抄 Season7 東方領土研究会 サタスペ クトゥルフ2010 DMG EXTRA 紅魔郷 パズル Bestiary ゲーム PHB クトゥルフ2015 Season11 死の国サーイ 伊藤勢 R&R 真・女神転生 天羅万象 妖々夢 椎名誠 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM シナリオ MC ファンタズム・アドベンチャー スティール・ボール・ラン Season5 Season9 機動戦士Zガンダム Season3 Forge バキ 世紀末古代災厄公社伝説 奇想コレクション シオドア=スタージョン UA コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す レッド・ノベンバーを救え! フィリップ・K・ディック Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン CRB タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード Volo's_Guide_to_Monsters 番長学園!! キャッスル・レイヴンロフト シャドーオーバーミスタラ リボルミニ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮 映画 Expeditions プロモカード 五つの風 UCa サタスぺ ジョジョリオン 特撮(バンド) フンタ パンデミック 電車 シャドウラン アリアンロッド ダンジョン・コマンド ラス・オヴ・アシャーダロン d20モダン 異色作家短篇集 真夜中の探偵 三国志 東映特撮YouubeOfficial レイトショウ T&T ACG 雑記 手塚治虫 ダークブレイズ Temple_of_Elemental_Evil 即大休憩 快傑ズバット 機甲猟兵メロウリンク メガテン アルフレッド=ベスター 装甲騎兵ボトムズ FEAR VGtM ドラスレ フレドリック=ブラウン そっとおやすみ ウルトラマン 異色作家短編集 エンゼルギア MM2 Out_of_the_Abyss セブン=フォートレス 三上寛 当方領土研究会 クソコラ コズミック・エンカウンター ガントレット・オブ・フールズ イベント 幻想少女大戦 Starfinder 魔獣使いの少女 キャット&チョコレート ラフカディオ・ハーンと四つの顔 鉄腕アトム ゲーマーズ・フィールド ラクラク大統領になる方法 東方領土研究会会報 モンスター画家 ジャングルスピード 火の鳥 Pit 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ クトゥルー神話 カットスロート・プラネット ストーンオーシャン ミストグレイヴ 島本和彦 バイブルハンター ポケットの中の戦争 ログ・ホライズンTRPG 刺青の男 都筑道夫 レイ=ブラッドベリ アーカム・ホラー パラノイア 革命万歳 スティーヴン=キング 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード