We are Pathfinders!#10~PFキャンペーン『ザ・ペナルティメイト・トゥルース』第ニ話「少年は荒野をめざす」前篇~

 蒼い野獣が寝返りを打つと、父が消えた。
 蒼い野獣が欠伸をすると、村が燃えた。
 涙の雨では燻り消せず、哀れな父は戻らない。
 誰もいなくなった島の真ん中、残るのは野獣の目覚めだけ。

 デリリウム島には、我々の世界でいうカレンダーや時計という概念がない
 小さな島の、さらに限定された居住空間で完結した生活においては、年月という長いスパンでの時間間隔が意味それ自体を持たないのだ。せいぜい、太陽が何回沈んで上ったか、季節がまた巡ってきたか、そのような曖昧な認識が関の山であった。
 故に、ヘシオドスの住人も、子供達も、一体どれだけこの生活が続いているのか、正確に把握している者は一人もいない。たしかに、幼少の思い出はあれば、当時の彼らを覚えている人はいる。しかし、あの階(きざはし)岬やハゲワシ海岸の砂浜を蹴って走った日、パラソルに連れられて口笛草原へ薬草(という名目の雑草)を採取に行った季節、クリフとラムダ、今は亡き長兄マンジェロも含めて、兄弟そろって眠ったのはいつまでだったか…それがいつのことだったか、応えは夢のように曖昧模糊としたものとなるだろう。

 比較的はっきりしているとすれば、ガルボが結婚したのが最近であるのは間違いない。あれから巡った季節は、彼らの息子の成長から逆算すれば、そう多くないはずであった。村人全員で祝福した様や、夢病に苦しむ人々も珍しく明るい顔だったのは、今も鮮明である。
 …いや、HAGEでHIGEのこれでも24歳とエルフの幼女と非常にアレな組み合わせではあるのですがメーカーバンダイのキャラゲーでファミコンぐらい危険です。ゾーラのPL氏はなけなしの500円でディスクシステムのゼルダを『パトレイバー』と書き換えて友人と遊び「えっ何この空気?」と気まずい思いをしたとか。今度串食いに行きましょう(全然関係の無い私信)。
 さておき、そんなめでたい舞台においても、父はどことなく怯えているような気配だった。考えてみれば、クリフは覚えている時から、「何か」に脅かされている素振りがあった。

 さて、ゾーラたちが北の林の遺跡で奇妙な球体を発見し、村に上がる火の手と、父のいた場所に残る血痕を目の前にした少し前。
 ヘシオドスの子供たちは全員が父に伴われて林に向かったワケではなく、何人かは村に残って普段どおりの仕事に従事していた。
 今回から参加する新PC・ペス=カトーレもその一人。

●ペス=カトーレ(ノーム/秩序にして中立/バード2/19歳/♀)
筋力】4 【敏捷力】16 【耐久力】15 【知力】16 【判断力】8 【魅力】18
習得呪文:(0レベル)サモン・インストゥルメントフレアメッセージライト(1レベル)キュア・ライト・ウーンズヒディアス・ラフター
特技:《戦闘発動》
特徴:〔収集家(外れたボタン)〕〔やけくそ〕

メリケン人・HAGEでHIGE・マッチョウィメンウィズフィストとあまりの色気の無さを危惧して投入された、PFから萌えキャラ化せしノームの娘っ子。が、せっかくのロリギャル設定もパンキッシュで半分が金髪半分が緑髪とゆう外見でもう台無し。
 得意技は戦闘中に突然一人芝居を始めて味方勇気付ける恐ろしい子。ちなみにアコーディオン奏者でもある。
osorosiiko.jpg
戦慄するラムダ母ちゃん、ではない。
 初期パーティにウィザードもクレ公もローグもいないとなめくさった構成を全てカヴァーするバードはまさに理想系…なのか? キュア系呪文しか使う余裕がなさそうなのがちょっぴり寂しい。あとご覧の通りの【筋力】が超アツイ
 演劇の師匠はオークの司書ポール。豊富な読書量で優良な台本を提供してくれるが、腹が減ると手近なページをひっちゃぶいて満たすため、しょっちゅう内容をキンクリしやがるのが難。

 彼女らが残されたのは、北の林だけでなく、島全体が異様な雰囲気に包まれていたため。ひょっとしたら、林以上の危機が村に迫るかもしれない、そんな予感がひしめいていた。
 そして緊張した時間が続く中、畑仕事を手伝っているガルボの嫁に、フラリと近付く影があった。
 黒い外套を頭から被り、一人は片目の潰れた、もう一人は斜めに傷の入った仮面をつけた異様な二人組。その後に、同じように黒衣の連中が続く。
 隻眼が嫁に問う、「クリフはどこだ?」と。彼らの異常さを察して、嫁の前に男たちが立ち塞がると、
もうひとつ、お嬢ちゃんの内臓の味が知りてぇなあ?
 叫ぶや否や、懐からショート・ソードの二刀流を一閃
 臓物を噴出しながら倒れ伏す二人を前に、ショート・ソードに付着した血を舐め取り
んん~、やっぱり言葉が通じる奴じゃねえと殺すのは面白くねぇ。命乞いや呻き声を理解できねぇからなぁ! たまらねえなぁ、人殺しってなぁ!
 歓喜する隻眼の仮面の横で、もう一人の長身の仮面が悪態をつく。
おいダルジャン、遊びでチマチマ殺してるんじゃねぇ。俺たちに命じられたのは、コレだろう
 外套の間から飛び出す、鱗持つ触手。それが巻きつくと、瞬時に立木は業火に包まれていた。
ヒャーハハハ! 燃えろ燃えろォ、燃えちまェェェ!
 火を纏った倒木で家が砕け、悲鳴の上がる中で哄笑する長身の仮面。同時に、背後の黒衣が燃え上がると、中からは炎を吹き上げる髑髏が出現。PFにて追加されたスケルトンのテンプレート、バーニング・スケルトンである。
burning_sk.jpg
4eから拝借した画像。燃えろファイヤー!
 他には、フードを外した者の頭部には小さな角と邪悪で剣呑な瞳が備わる。こちらは版が変わるごとにトンデモ形態変化を遂げる来訪者、ティーフリング。そして、嫁に向かっては、隻眼のマントの下から落としたヴェノマス・スネークが襲い掛かる!
 使い手と思われる隻眼の二刀流にはグレヴェンが、火炎使いにはパラソルが止めに入り、その間に部下たちはカトーレと、そして急行したゾーラたちが迎撃することに。

 さて、先手を取ったヴェノマス・スネークは早速カトーレに接近。で、カトーレの武器は? クロスボウです。まあ、そりゃそうだよな(クロスボウは【筋力】ペナルティが適用されないので)。暫くの間は必死で毒つきの噛みつきから逃げ回りつつ、ゾーラが助けに来てくれるまで射撃を続けるハメに。
 一方、[火]への抵抗持ちで、バーニング・スケルトンのオーラを気にせず急所攻撃を狙える、と思っていたティーフリングは1ラウンド目から怒りに燃えるガルボの一閃で斬殺。それはもう何のために出てきたの? ってくらいに。
 が、問題はここから。続けざまに放ったバーニング・スケルトンへのグレソとバッソの妙な手応えの無さに、剣士二人に困惑が走る。
 そう、これぞ低レベルアンデッドご用達の武器タイプ依存のダメージ減少。スケルトンはダメージ減少/殴打持ちで、殴打武器を所持しているのはベベのみ。その上素手攻撃のためにオーラのダメージも受けるため、下手をすると毎ラウンド3d6の[火]ダメージを浴びることになる(オーラで1d6、スケルトンの攻撃で1d6、自分の攻撃で1d6)。
 いや、別に狙ってやったワケじゃないんですけどね。気付きはしたけど流しただけで。
 隣接するだけでダメージ、二回攻撃の爪にも追加[火]ダメージと脅威度+1と思えない高火力に、一話とはうって変わった大苦戦。その上破壊されると“灼熱の死”で範囲に1d6[火]ダメージと最期まで苦しめ、ガルボに至っては気絶寸前まで追い込められていた。

 なんとか部下は撃退したものの、鎧を着込むヒマもなく戦いに出ていたグレヴェンは二刀流を受け流しながらも、外套から突き出る爬虫類か昆虫じみた節足の爪を何度も浴びて血まみれ、パラソルも使い魔に足止めさせながら、怪我人の救助に手一杯であった。そしていつの間にかクリフの家にはティーフリングが潜入していた。
 彼が家から飛び出してくるのを見て、黒衣の連中は姿を消した

 村の惨状は目に余るものがあった
 ろくな抵抗も出来ないまま殺害された人々の死骸が横たわり、その中にはガルボの結婚を祝福した者も含まれていた。周囲は火に包まれた跡も生々しい家屋から、今も炭化の臭気が立ち上る。重傷のグレヴェン、パラソルの治癒呪文は底を尽き、負傷者には応急手当がやっと。
 この苦境に、思わず「マンジェロがいれば…」と長兄の名が漏れる。
 マンジェロヘシオドスの子供達の中でも最年長で、同時に最も優秀な子供だった。クラスはパラディンでルックスもイケメンだ。ゾーラたちにとって良き兄貴分だったが、海難事故のために行方不明となっていた。
 また、この場にいないといえばラムダもそうであった。腕利きのローグである彼女がいればもっと被害は防げたはずなのだが、襲撃があっても姿を見せなかったらしい。と、すれば林で別れて一人で何処かへ向かってから、音信が無いことになる。
 もっと深刻なのがクリフである。待っていたはずの場所に血痕、しかも消息を絶ったとあれば、何らかの危機が迫ったのは確実だが…ひとまずは、彼が向かったであろう場所や襲撃理由の手がかりを探るため、ティーフリングが荒らした家を捜索することに。
 戸棚中の書物や容器が片っ端から荒らされた部屋には青い塗料がブチまけられ、不吉な三日月を描いていた。これは前回のボガードが所持していたシンボルと関係があるのではないか…と探ると、やはり奥まった場所に、同じく青白い月が表紙にあしらわれた書物が見つかる。“青い野獣”に関する記述と賛美の言葉が並ぶその本は、“蒼ざめた月(ペイルムーン)経典”と名付けられていた。
 ボガードが発した「裏切り者」という単語、そして黒衣の連中が示す青白いシンボル…父はあの集団と何らかの因縁があったのではないか?
 燃える村、消えた父、舞い降りた蒼い月のシンボル
 海洋の底で蠢いていた謎は、今、ゆっくりと島に爪を立て始めていた。

 …つづく。


ガラスの仮面 46 (花とゆめCOMICS)ガラスの仮面 46 (花とゆめCOMICS)
(2010/10/29)
美内 すずえ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM カードゲーム モンスター・コレクション ザ・ペナルティメイト・トゥルース メタリックガーディアン N◎VA UC パラサイトブラッド 音楽 大槻ケンヂ エッセンシャル  筋肉少女帯 PU MTG ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ Season8 UE 風神録 漫画 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Princes_of_the_Apocalypes ウォーハンマー Season6 Season4 リプレイ UM アニメ 永夜抄 Season7 東方領土研究会 サタスペ クトゥルフ2010 DMG EXTRA 紅魔郷 パズル Bestiary ゲーム PHB クトゥルフ2015 Season11 死の国サーイ 伊藤勢 R&R 真・女神転生 天羅万象 妖々夢 椎名誠 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM シナリオ MC ファンタズム・アドベンチャー スティール・ボール・ラン Season5 Season9 機動戦士Zガンダム Season3 Forge バキ 世紀末古代災厄公社伝説 奇想コレクション シオドア=スタージョン UA コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す レッド・ノベンバーを救え! フィリップ・K・ディック Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン CRB タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード Volo's_Guide_to_Monsters 番長学園!! キャッスル・レイヴンロフト シャドーオーバーミスタラ リボルミニ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮 映画 Expeditions プロモカード 五つの風 UCa サタスぺ ジョジョリオン 特撮(バンド) フンタ パンデミック 電車 シャドウラン アリアンロッド ダンジョン・コマンド ラス・オヴ・アシャーダロン d20モダン 異色作家短篇集 真夜中の探偵 三国志 東映特撮YouubeOfficial レイトショウ T&T ACG 雑記 手塚治虫 ダークブレイズ Temple_of_Elemental_Evil 即大休憩 快傑ズバット 機甲猟兵メロウリンク メガテン アルフレッド=ベスター 装甲騎兵ボトムズ FEAR VGtM ドラスレ フレドリック=ブラウン そっとおやすみ ウルトラマン 異色作家短編集 エンゼルギア MM2 Out_of_the_Abyss セブン=フォートレス 三上寛 当方領土研究会 クソコラ コズミック・エンカウンター ガントレット・オブ・フールズ イベント 幻想少女大戦 Starfinder 魔獣使いの少女 キャット&チョコレート ラフカディオ・ハーンと四つの顔 鉄腕アトム ゲーマーズ・フィールド ラクラク大統領になる方法 東方領土研究会会報 モンスター画家 ジャングルスピード 火の鳥 Pit 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ クトゥルー神話 カットスロート・プラネット ストーンオーシャン ミストグレイヴ 島本和彦 バイブルハンター ポケットの中の戦争 ログ・ホライズンTRPG 刺青の男 都筑道夫 レイ=ブラッドベリ アーカム・ホラー パラノイア 革命万歳 スティーヴン=キング 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード