見た映画#04~オーシャンズ11~

 TRPGっぽいぞと薦められた

『オーシャンズ11』

オーシャンズ11 [Blu-ray]オーシャンズ11 [Blu-ray]
(2010/04/21)
ジョージ・クルーニーブラッド・ピット

商品詳細を見る

 を見たけど、メイキングのコメントを聞いて自分なりに「あっこれはTRPGだ!」と思いました。

 曰く、この映画は準備を描いた映画である
 物語はカジノ3つぶんの資産を収めた金庫破りなんですけど、総時間のほとんどは金庫破りまでの準備に費やされていますそれこそ4分の3は準備
 ここにTRPGに通じるモノを感じました。GMもプレイヤーも、セッションを開始していきなりなじめるほど器用じゃない。自己紹介や導入、リサーチ、ダンジョンアタックなど、様々な過程を経てストーリーやキャラクターに入り込んでいくモノです。さらにその果て、長い苦難を乗り越えてセッションの目的を達成したとしても、迎えるエンディングは総セッション時間に比べると実に短いモノでしょう。そう考えると、TRPGはささやかな満足のために、長い長い準備をしているようなモノと言えるかもしれません

 『オーシャンズ11』はこの準備のひとつひとつが有機的に絡み合っていて、無駄な用意がひとつもない。さらに描写が丹念かつ丁寧で、これもメイキングで語っていたように視聴者はまるで自分が12人目の参加者のような気分になれます(ここもTRPGっぽい)。準備の成果が明かされた時は、バジャーやモロイ兄弟といっしょに「なるほど」と感嘆することでしょう。
 そもそも導入からして「大きな目的のために、各々の道のプロフェッショナルが集められる」と、『七人の侍』形式でTRPGっぽいのですが。FEARゲーの固定パーティにこだわらないシステム、特に『トーキョーN◎VA』。さすがにカジノ3つ分の金庫破りとなると集められる人数も多くて、覚えるのが大変です。数が多いだけ説得力も増すのですが、ルパン三世ぐらい少なくしてくれねえかなあ。なかなか顔と名前が一致しなくて…イカサマボクサーとか仲間と会話したかも曖昧です。
 また、リサーチの重要性を非常に強く訴えているのもTRPG的。目的達成のためには、重要人物、実地の構造はもちろん、見張りの交代時間や嗜好、癖まで調べ上げる様からは、潜入操作における情報収集のイロハを学べることでしょう。
 そしてこの連中の準備が軽妙で、総時間のほとんどが費やされてるにもかかわらず全然退屈しません。特に額いっぱいのシワが熟年の冴えを感じさせるジョージ=クルーニーと、青さを感じさせるけど行動力あるブラッド=ピットの中核コンビがステキ。音楽もオシャレな雰囲気を盛り上げてくれ、サントラ欲しくなりました。
 ちなみに、『N◎VA』っぽいとは言いましたが、どちらかとゆうと『d20モダン』っぽいかもしれません。図面を元に金庫を再現する地道な工作は“出目20”だな、とか、ここぞという時はヒーローポイントをつぎ込んだな、とか(カードの回りに左右されるより、こちらの方が映画的かも)。オーシャンを尋問するチンピラの三人目がオーシャンの昔馴染みだったのを見た時は、「あっ『d20モダン』のカリスマ・ヒーローだ!」と確信しました。《助力獲得》ってやつですな。確かにあの口の上手さとスカウト能力、そして采配はカリスマ・ヒーローでなきゃありえない。

 ここからはオチに関わる話なので、知りたくない人は注意。
 物語こそ金庫破りですが、クルーニー演じる主人公・オーシャンの真の目的は、実はカジノのオーナーに寝取られた妻テス(ジュリア=ロバーツ)を取り戻すためだったりする(当然これを知ったブラピとの間にひと悶着がある)。逃げた女を取り戻すために超厳重な金庫破りを計画するとゆう、趣味の良い内容の割には実に悪趣味な話です。その上、ハリウッド映画はラストで仇に一撃して、キスで終わるモノですが…一応、この映画も該当するっちゃするけど、この一撃のやり方が。オーナーが盗んだカネと引き換えに、テスを売った様を彼女自身に監視カメラで見せるという代物。作中の「このホテルでは誰かが見ている」通りになったワケですけど、陰湿ですなあ。それでいてムショにブチ込まれるところでテスを駆け寄らせ、「そんなに長くない、三ヶ月か半年後だ」と吐いちゃうオーシャンはいい根性している。
 まあ、奥さんもラストシーン(テロップの“三ヶ月か半年後”は爆笑した)で、「嘘つき」呼ばわりする彼に「泥棒」と返しているので、お互いワカっているんでしょうがね。まったく食えない夫婦だことで。

 一番好きなキャラクターは、胃潰瘍持ちで引退したソール=ブルーム。頭の薄くて、腹の出た老年が窮地の仲間を救うため、汗まみれで仮死の演技をするところは笑っちゃうんだけど迫真の名シーン。
 一番好きな場面はオーシャンの出所後、ディーラーのフランクを本名で呼びかけ、「人違いです」と答えられながらも、その後会う約束をするところ。非常に短い、これだけのやりとりで「フランクが偽名を使う、カタギの人物ではない」「オーシャンとは本名を知られるほどの仲」「オーシャンは彼を誘うつもり」こんなに情報が詰まっている、本作を象徴するイキなシーンだと思っています。なお、フランク役のバーニー=マック氏は2008年に他界しています。合掌。
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ PSYCO-GUNDAM 地霊殿 ガンダム スティール・ボール・ラン ファンタズム・アドベンチャー 機動戦士Zガンダム シナリオ Season5 Season3 MC Season9 奇想コレクション Forge UA シオドア=スタージョン 世紀末古代災厄公社伝説 バキ フィリップ・K・ディック Season12 レッド・ノベンバーを救え! 好きなTRPG 荒野に獣慟哭す 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 Volo's_Guide_to_Monsters シャドーオーバーミスタラ タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 特撮 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 五つの風 プロモカード 映画 快傑ズバット 雑記 T&T FEAR d20モダン ダンジョン・コマンド ダークブレイズ アリアンロッド メガテン Temple_of_Elemental_Evil ラス・オヴ・アシャーダロン 機甲猟兵メロウリンク 即大休憩 シャドウラン 真夜中の探偵 ACG 東映特撮YouubeOfficial アルフレッド=ベスター 異色作家短篇集 レイトショウ 装甲騎兵ボトムズ 三国志 手塚治虫 VGtM Pit ジャングルスピード ゲーマーズ・フィールド ドラスレ Out_of_the_Abyss モンスター画家 東方領土研究会会報 三上寛 エンゼルギア 火の鳥 セブン=フォートレス 当方領土研究会 クソコラ MM2 ラクラク大統領になる方法 ウルトラマン イベント パラノイア 革命万歳 ラフカディオ・ハーンと四つの顔 魔獣使いの少女 コズミック・エンカウンター アーカム・ホラー キャット&チョコレート キテレツカップリングパーティ 都筑道夫 刺青の男 レイ=ブラッドベリ 絶体絶命 ログ・ホライズンTRPG ガントレット・オブ・フールズ 島本和彦 バイブルハンター 幻想少女大戦 スティーヴン=キング フレドリック=ブラウン ミストグレイヴ クトゥルー神話 ポケットの中の戦争 そっとおやすみ 鉄腕アトム カットスロート・プラネット ストーンオーシャン 異色作家短編集 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード