We are Pathfinders!#281~パスファインダー・アドベンチャー:ルーンロードの帰還~

 いよいよ明日に迫ったパスファインダーRPG(カタカナ表記にして日本語版浸透を小賢しく謀る)ビギナー・ボックス、新渡戸稲造と消費税分の小銭掴んでゲムショップに走る覚悟はできておるかね!? え? もう5千円札は樋口一葉になってる? すまんねオッサン新紙幣に慣れてなくってついつい最近まで使ってた旧紙幣を……え? 一葉になってからもう14年?
 気まずい空気が一瞬流れたが、今を遡る事二週間ぐらい前にパスファインダーRPGじゃないけどパスファインダー関連商品が出てたのは当然鍛え抜かれたパスファインダー協会員ならご存知の通りであるし、買ってなかったらガルト送りになる厳罰が執行されるのは既に通達済みである故、未購入者はショップ開店と同時に駆けこむ事。アナログゲームを取り扱ってる店は大体昼時開店なのが難点であるが昼休みとか営業回りとか上手いこと隙をついて入手してちょうだい。
 値段はだいたい諭吉(こっちは今も諭吉でいいんだよな、よし)一枚とちいとばかし張るが、これもパスファインダー振興のため、ふるさと納税みたいなもんだと思ってくれや! 俺達の心のふるさとがパスファインダーって意気でな(いい事言った調のムカつく顔で)。当然私はガルト送りは泣いて拒否ったため、発売直後新宿イエサブで討ち死にし「やべえそんなに在庫ねえのかよ」と慌ててR&Rステで確保しました(Amazonでも一瞬で在庫がハケたようで、一度は復活しするもまたまた出品頼み)。財布にダメージで別の意味で泣きましたが。
 そういえば何を発売したのかまったく触れてねえや。
 パスファインダー アドベンチャー:ルーンロードの帰還


 見た感じ「え? これがビギナー・ボックス?」という感じの外装、もしくはパスファインダーRPGアクセサリーorシナリオ集と見まごうてもおかしくないので、なんでえ発売日超前倒しかよ! とかビギナー・ボックス前にこんなグッヅを発売してくれるとはイキなはからいをしてくれるぜ! などと喜び勇んで購入すると、
1510545163077.png
 となるので注意。
 ゲーム自体が面白い上に、ビギナー・ボックスとセットで買うとすごくいいアクセサリーになるんで間違って買ってしまってもあまり問題が無いというのが、二重に困る。

 『パスファインダー・アドベンチャー:ルーンロードの帰還』はパスファインダーRPGを題材にしたカードゲームである。今となっては何だか懐かしい響きのあるデッキ構築型ゲームだ。……仕方ねえじゃんよ2013年に出たゲームなんだから。あの頃はまだデッキ構築型バブルが日本でも弾けてなかったし。そげな時代が時代な上に何事もでっけえ米国産、きょうびの省スペース省コンポーネントにまっこうから刃向かう総勢500枚以上のカードにd12~d4のダイス付属(実はd20は使わないのだ)、それにしてなおスペースの余る巨大な箱は、これより追加される拡張パックを収納するためというとことん懐の広いゲームなのだ。これだから金と時間と土地が有り余っていてTRPG専用ガレージを地下に持っていて金曜の夜にはホームパーティを開いてしまうような人種は(ど偏見)。
 R&Rのパスファインダー特集号の記事でチラと触れたがゲームの目的はプレイヤーは一人一PCを担当して、悪党を一丸となってとっちめる協力型ゲーム。PCはアイコニック・キャラクターでおなじみのあの人たちで、基本セットではビギナー・ボックスのヴァレロス君、エズレンおじいちゃん、キーラ&メリシエルのレズカップル、それにシオニ・レム・ハルスク(prdjで言うハースク)君を使用できる。残念ながらアミリたんやリニたん、セイジャン(サジャン)、シーラは追加パックを買わないと使用できないので今後の展開を期待しよう。
 PCには元ネタ同様【筋力】【敏捷力】【耐久力】【知力】【判断】(【判断力】のみは力抜き)【魅力】のパラメータ(特性値と呼ぶ)が設定されており、それぞれ振るダイスが指定されている。例えば、ヴァレロス君なら最も得意な【筋力】はd10を振れるが、やや苦手な【知力】【魅力】はd6、最も苦手な【判断】はd4しか振れない、他はd8など。また特性値を使った際に固定値が乗ることがあり、ヴァレロス君は【筋力】による〈近接〉判定なら+3、【魅力】による〈交渉〉判定なら+2、という具合に。これは基本攻撃ボーナスや技能ランクみたいなものだと思えばよし。ゲーム中何らかの判定を求められた時には、指定された特性値のダイスと、判定に応じた固定値を加え、DC以上であれば成功。
pac_vale.jpg
こんな感じにキャラクターごとのカードが用意されているのDA!
 各PCは自身のデッキを指定された枠…武器や防具、呪文、道具、お助けキャラの仲間、万能振り足しの祝福…内で構築し、ここから手札にする。この作り方がTRPGのPC作成っぽく、おすすめのデッキは指示されているものの、かなり自由に組むことができる。なんせ500枚もカードがあるから選択肢はべらぼうに広く、武器ひとつ選ぶにも安定の《長剣》と《木の盾》で攻防を張りつつ《短剣》で二刀流を差し込めるようにしても良いし、男の一発《両手斧》に命を賭けても良い(当然、これで追加されるダイスはd12だ)。同様に呪文も好きな判定に+1の《ガイダンス》、DC10までの戦闘を回避できる《スリープ》、山札操作の《オーギュリィ》(イラストのヤケクソっぽさが素敵)など、うまいことTRPG中の効果を落とし込んでいる。クラスの傾向再現もなかなかうまく、ファイターのヴァレロス君に比べてウィザードのエズレンは手札が多く選択肢が広いが、使い捨てのカードが多いせいで死にやすいとか。またソーサラーのシオニは呪文をデッキに戻す判定に自動的に成功する(呪文使用回数が多い)ものの、手札の上限の将来性がエズレンに比べて少ない(呪文レパートリーが狭い)、と秘術二クラスの違いを表現している。余談ながらエズレンおじいちゃんはその運のなさのせいか、祝福が初期デッキに1枚もない。加えて、お助けキャラの仲間はNPCとの「コネ」と考えると、単なるデッキ構築ではなく、そのPCの個性や物語性を表現することとなり、より愛着が持てることだろう。
 対してPC達が取り組む冒険は、シナリオカードに指定された「施設」カードごとに作られたデッキで示され、PCがひとつの施設を探索するごとにそのデッキの一番上のカードを公開。そこで怪物が出て来れば戦闘で討伐、罠などの障害が発生すれば特性値の判定で回避、アイテムや呪文、仲間、祝福ならそれを獲得するための特性値判定を行い、成功すると手札に加えられる。そうして起きるなんやかんやを解決しながら、施設ごとに指定されたトリガーを満たすと、施設を閉鎖する判定が可能になる(例えば、《農場》はランダムに召喚される怪物を討伐すると閉鎖できる)。閉鎖された施設のデッキは取り除かれ、それ以上探索することはできない。
 この閉鎖を行う理由はシナリオのボス「宿敵」を追い詰めるためであり、宿敵はボスの割にフットワークが軽く、普通に施設のデッキに潜り込む。いきなし探索一発目から《ブラックファング》に出会うことだってあるワケだ。しかもこのにくいあんちくしょう、一度倒してもまだ閉鎖されていない施設があると、そこに逃走してしまう。完全に駆逐するためには、逃げられる施設を封鎖して無くしてからでなければならない、という寸法。一応、宿敵を倒せばその施設は閉鎖されるのだが、そうすると施設内に埋まっているアイテムや仲間が巻き添えを食って二度と入手できなくなってしまうので二重に迷惑な話である。なお、宿敵が別の施設に逃げる際、宿敵の逃亡先でない施設のデッキには祝福カードが加えられる=最初から祝福のない施設であれば、そこ以外の施設に宿敵は逃げたことになる。これが宿敵を追い詰めるための足跡となるので鳥獣用。祝福カードはタイムリミットを示しており、初期山札のとは別に積まれた30枚が一回行動するごとに一枚ずつ公開され捨てられていき、これが尽きるとガメオベラ(GAME OVER)となる。
 シナリオにはクリアした際の報酬が設定されており、カードをデッキに加えられる他、特技に習熟できることがある。この特技はキャラクター・カードのチェックボックスで示されていて、これを埋めると特性値の固定値や手札の上限が増えたり、特殊能力が解禁されたりする。PCは同一キャラクターで次々にシナリオを攻略していくことを想定されているため、この成長の記録が要求されるのだが、カードに直接書き込むのはヤ&消えたら困る、という人はキャラクターシートが公開されとるので印刷して使うといいだろう。この辺の要素はD&Dボドゲの『Temple of Elemental Evil』に影響を与えたのかもしれない。……あのシリーズ好きだったんだけど音沙汰ないっすね。

 協力型ゲームであるが、この種のお約束としてソロプレイも可能故、早速最初のシナリオ『山賊の災い!』に挑戦してみることにした。(ソロプレイの場合)《森》《波止場》《農場》を荒らし回る信用詐欺手口で知られた盗賊団ツァルニ……山賊の割には込み入った手を使う奴らだな……の頭領、ユブライル・ウヰスキーを討伐するのが今回の目的である。
pac_yubu.jpg
なかなかのシブメンであるが、戦闘前に手札を2枚デッキの底に埋めさせるやり手だ。
 使用キャラクターは初心者の味方にして重戦士スキーとして彼を選ばずして誰を使おう、ファイターのアイコニック・キャラクターであるヴァレロス君でキマリだ。一部では「PFのファイターは特技の組み合わせを熟慮しないといかんので初心者向けではない」という意見もあるがそそそそそんなことはなかとよ!(数値がベタ上がりするだけのビルドでもそれなりに強いし) カードゲームの武器は公開するだけでダイスを追加できる恒常型なので、これは自信を持って初心者向けと言えよう。たかだか賊の一人や二人いやさ三人(施設デッキがみっつなのでユブライル&山賊×2が手勢)、片手でひねって泣かせてやりますよマジで(マジン節)。
 さて、早速各種山札を用意して最初の手札を引くのであるが、例によって3回マリガンして土地一枚というくそ引きを発揮し、手元に武器カードがロクに来やしねえ。各々PCに設定された得意な種別カードが来るまで引き直せるから、ここはどんどん入れ替えましょう。《神々の祝福》は万能のダイスボーナスだが、手元に置いておきたいのは使いべりしない武器カードよ。てなわけでマリガンを繰り返してやっとこさ手元に《長剣》を引き入れ、いざムヒョップと冒険に繰り出す。
 どこを進むか考えた所、とりあえず武器や道具が埋まっている《農場》より進めることに。では最初のカードは、っと……
pac_syogun.jpg
 いきなし難敵《将軍》と遭遇。ウギャアー!
 《将軍》の討伐DC9だがはこれにシナリオの章番号が加わり、現在1なのでDCは〈戦闘〉で10、しかも特殊能力で出目-1されて実質10。基本的に〈戦闘〉は【筋力】の〈近接〉判定によるどつきあいで、ヴァレロス君の場合は1d10+3。出目で7以上を出さなければならないきっつい勝負。
 しかし慌てず騒がず、ここはさっき手にした《長剣》を公開して+1d8。さらにこれを捨て札にすることで+1d6にて判定、見事に《将軍》を撃退することに成功! あんだけ欲しがってたのに、そんなにホイホイ武器を使い捨ててしまっていいのかって? しんぱいごむよう、ヴァレロス君は捨て札にした武器を山札の一番下に戻す(これを再装填と言う)特殊能力があるので、すぐにまた手札に引き入れることができるのです
 DC10の強敵をこうも軽々倒せてしまうとは…HO、HO、HO、たかだかDC10の宿敵ユブライルを討ち果たすなどハーフリングの足毛でコヨリを作るぐらい楽勝ですZO。これはサンドポイントの平穏待ったなし!
 ところでさっき再装填した《長剣》はいつ補充できるんすかね? 捨て山にある《神々の祝福》よりは先に手札に来るんでしょうけど……(ルール確認)。
・毎ターン手札制限までPCは山札からカードを引かねばならない
・山札からカードを引けなくなったら死亡(ライブラリーアウト制)
・捨て山に行ったカードはそれっきり
( ゚ω゚)
(目の前に積まれた捨て札の山)
 ……ま、まあヴァレロス君の能力あらば山札が尽きる事はないから、この勢いに乗って次々と他の施設も閉鎖してしまいましょうムハハ。《長剣》は手札から消えたけど《片手剣》(〈近接〉判定に+1d6、捨てるとさらに+1d6)はあるしね!
 こういう書き方をするとこのバカはもうじきくたばるんだな、と読者の方々は思うかもしれないがその通りで、そんな甘い考えをフンサイする苦難が次々にヴァレロス君に襲いかかる。道具と仲間目当てで踏み込んだ波止場では障害カードにもまれ施設特性の武器の判定-1に苦しめられ、討伐が閉鎖条件の《山賊》すら取り逃がす始末。
pac_sanzoku.jpg
それにしても頭の悪そうな顔である
 挙句、遭遇するのは一枚しか収録されてない《スペクター》。ウギャアー!
pac_spec.jpg
 と言うか武器しか使えないヴァレロス君に武器では討伐されない(デッキに戻る)とかどないせえっちゅうねん!
 ほうほうの体で逃げ出して《森》へと身をひそめるも、ここが怪物に次ぐ怪物の襲撃で、次々と手札は削られていく(このゲーム、怪物討伐に失敗した場合DCと出目の差分値がダメージとなり、そのぶんの手札を捨てないといけない)。ここも《山賊》なり宿敵なりが出れば閉鎖できるものの、そやつらは影も形も見えず、さもなくば【判断】もしくは〈生存〉でDC6に成功しなければならない。
ヴァレロス「っていうかオレカード無しだと【判断】d4しか振れないんですけど」

戦士ヴァレロス憤死……於惨土歩院都(さんどぽいんと)

 やはりルールはちゃんと読んでから始めないといけませんねガハハ。というかこのマニュアル妙に読みづらいような…元の文章やレイアウトからしてこうだとすると、かなり難あるなァ(ぶつぶつ)。
 さてゲームのセオリーも体でわかったところで再チャレンジ。手札の重要性を知ったからにはおさおさヒケを取りませんよ! 相変わらず武器カード初手に無いけどまあ我慢。ではあらためて《農場》でデッキを肥やすか……。
pac_yubu.jpg
 初手から宿敵出現。ウギャアー!
 手札を再装填されても、このシナリオではその分ドローできるんでデッキの回転ができるぶん有難いぐらいですが、それはそれとして回転させても手札は悪い。止む無く《祝福》を切ってこれを突破。かくて一度はユブライルを撃退したのですが、野郎奴とっとと《森》か《波止場》に逃げ込みやがります。そして《農場》からは一枚の道具も仲間も引き入れることが出来ず閉鎖……
 泣く泣く《波止場》に向かうことに。《森》の閉鎖条件や武器の効かない《スペクター》、まだ見ぬ《ゴースト》《シャドウ》(しかもこいつらDCは《スペクター》を上回るクセに2枚も収録されている)との遭遇を考えたら、何としても仲間なり道具なりは貯め込んでおかなくてはなりません。せっせとデッキを掘り進めていくと、おお来ました《助祭》のカード!
pac_josai.jpg
じゃっかん養豚場のブタでもみるかのように冷たい目と感じるが頼もしい仲間なのに違いはない!
 これで《スペクター》相手にも2d4で対抗できるようになり、《神々の祝福》まで突っ込めば多少撃退の目が出てきた。〈交渉〉の得意なヴァレロス君は彼女をなんとか味方に引き入れ、次なる第一歩を……。
pac_uragiri.jpg
 これまた一枚しか収録されていない《裏切者》と遭遇し、手札唯一の仲間である《助祭》が捨て札に。
 しかも《波止場》の武器に-1ペナルティのせいで討伐に失敗した。
 そして直後《スペクター》出現。
attoutteki.jpg

1380196060470.jpg
 これ以上探索しても《スペクター》に遭遇したら身が持たん、というワケで泣く泣く《森》へと矛先を変える。苦手な【判断】であるが、戦闘外のダイスを一気に強化する祝福のタイミングを狙って(《神々の祝福》は祝福デッキより公開された祝福カードと同じ効果としても使える)判定するしかありませんな…とか思っていたら、ユブライルとまた遭遇

┌┴┐┌┴┐┌┴┐ -┼-  ̄Tフ ̄Tフ __ / /
  _ノ   _ノ   _ノ ヽ/|    ノ    ノ       。。
       /\___/ヽ
    /ノヽ       ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl  
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ

 手札2枚が再装填され、戦略滅茶苦茶にされながらも、なけなしの《神々の祝福》を突っ込み何とか叩き返す。ああしかしこれで閉鎖がまたも遠のいてし、モウター……と思いきや、宿敵を討伐した場合は、閉鎖条件を無視することができるのでした!
 最も苦手な【判断】判定を回避できたことであるし、これは風が来ている! 残すところは《波止場》のみ、ユブライル・ウヰスキー! この風はお前を私の方に引き寄せてくれるぞッ!! ただ《波止場》は武器の判定に-1とヴァレロス君と至極相性が悪いのが問題ですが。
ヴァレロス「それにこの中にはアイツもいますしねえ」
???「ほうほう、一体誰の事を話しておるのかね」
pac_spec_02.jpg
ヴァレロスギャーッ! 出たぁー! な、何とか追い払った……くそ、デッキ枚数も少ないしユブライルが出てきてもおかしくないのに」
???「おやおや、その怪物とやらはこんな顔をしていなかったかね」
pac_spec_02.jpg
ヴァレロス「ヒィイーッ今度は手傷まで! さっきからなんでデッキの一番上が毎回《スペクター》なんだァッ!
pac_spec_02.jpg
スペクター「どこへ行くのかねヴァレロス君、さあ君の大好きな武器耐性だ……」
ヴァレロスうぎゃあああ!!!

 デッキの残り枚数5枚でまさかの《スペクター》初手四連発をお見舞いされ、ヴァレロス君のデッキはもうズッタズタであった。とうとう禁断の秘奥武器を捨て札にして再装填のジリ貧補給線にまで手を染めるハメに。しかし耐え難きを耐え、忍び難きを忍び続けたその克苦奮闘がついに報われる時が来た! 五度の《スペクター》に怯える震える手で公開した施設デッキのカードは、宿敵《ユブライル・ウヰスキー》!
 そして手札は万全の体勢、《長剣》に《神々の祝福》、それにヴァレロス君のお家芸である二刀流を再現できる《短剣》まで!
ヴァレロス「これはルールを読み込まずに祝福を捨てまくった分!」
(《長剣》で+1d8)
ヴァレロス「次は《森》の【判断】判定で詰んだ分!」
(《短剣》を捨て札にして+1d4)
ヴァレロス「初手で《スペクター》遭遇四連発の分!」
(《神々の祝福》で+1d10)
ヴァレロス「そしてこれは…オレの…オレの…このオレの怒りだあああ――ッ! これも! これも! これも! これも! これも!」
(《長剣》を捨て札にして、さらに自身の【筋力】〈近接〉1d10+3)
 2d10+1d8+1d6+1d4+3という、DC11(《波止場》の修正コミ)に対してあまりに無体な怒涛の滅多切りによって哀れユブライルはボロ布のように刻まれ、御縄となった。
 なんか怒りの大半はユブライルと関係ない気もするが、まあ最終的な怒りの矛先になったのが運の尽きと言うか人間やっぱり正しく生きていかなきゃいけませんね!
 かくて見事シナリオを成功したヴァレロス君は報酬の道具カード一枚をデッキに加え、次のシナリオ『毒虫閣下』に挑むことができる。
 さてひとしきり遊んでみての感想、文中で強調したようにこのゲーム、パスファインダー要素の落とし込みがうまく、パスファインダーRPGや他のファンタジーTRPGを遊んでいるなら、あの冒険してる感の再現度に感心するはず。特にPCの選択やデッキ構築がまさにTRPGにおけるキャラメイクのようで、プレイグループで遊んでいるパスファインダーRPGのPCを再現するような作成をすると一風変わった楽しみ方ができるだろう(「僕のPCはウィザードだからエズレンを選ぼう、それに推奨デッキ・リストには入ってないけど《メンディング》はいつも準備してるしな」という具合に)。PCには仲間と同じ施設にいると得られる特殊能力なんかも用意されており、多人数で遊ぶのが楽しみ。
 それに美麗かつ豊富な各種カードはもちろんのこと、物語カードの充実ぶりは単なる目的を記載されたアイコンに留まらず、背景情報が練り込まれ、これだけでシナリオが組めるぐらい……まあ、元からアドベンチャー・パスの『ルーンロードの帰還』が元なんだから、これに感動していては主客転倒なのであるが。あそうそう、どう見てもニュージャージー州に出現するリーズ・ポイントの怪物のアレもちゃんと収録されてますよ(超強い)。
 仲間カードはサンドポイントのNPCが含まれていて、ビギナー・ボックスを遊ぶ際には小道具として重宝することだろう。というかこのカードゲーム自体がまるまるパスファインダーRPGの小道具として便利なことこの上ない。NPCカードとアイテムカードとモンスターカードがいっぺんにセットになってるわけだからね(おまけで舞台と罠のカード付き)。オフラインセッションを主軸としているパスファインダー協会員の方々には強くビギナー・ボックスとセット購入をオススメしておこう。繰り返しますが仮に購入せぬ場合ガルト送りの処遇が待ってますからね。
 お値段の方は安かねえんだけど大元からして割と値が張るんで、翻訳だとかアレコレの条件を考えると実はそれほど変わってないのかもしれない。むしろ日本語版だと一枚一枚が結構いい値がするプロモカードが12枚も入っているので、総額を考えると日本語版の方が安いぐらいだったりする。そのプロモとは聞いて驚けゴブリンPCのテュプ君や『We be Goblins!』のザロンゲルッ子プーグ君の仲間カード、ゴブリン魂の一柱ホースチョッパー(武器に習熟「していると」戦闘のDCが上がる珍武器)、サンドポイント周辺のゴブリン族、鳥食(は)み族の王冠など、ゴブリン好きにはたまらないゴブリンのゴブリンによるゴブリンのためのプロモカードだ……そんなもんいらないから値段下げろって? まあそう言うない。
 ゴブリンの人と認識されるのが将来の夢の私としてはテュプ君で遊ばざるを得なかったのですが、『山賊の災い!』に取り組んでみたところ、ちゃんとルールを読み込んでいたにもかかわらず普通に敗死しました。d12の出目が悪すぎたのと、呪文の再装填判定に失敗しまくったのが主原因ではありますが、術者は呪文を使ってしまうと必ず手札が減るのがあまりにもつらあじ。一度死んでみて、武器を公開するだけで効果を得られる、かつ捨てても100%回収のヴァレロス君の強さは初心者向けどころか最強クラスのPCだったのではないか、と認識することに。
スポンサーサイト

テーマ : カードゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
R&RにてパスファインダーRPGのサポート記事を担当させていただいております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルフ神話TRPG クトゥルー キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 APG ACG サプリメント MM SW2.0 カードゲーム モンスター・コレクション ザ・ペナルティメイト・トゥルース UC メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド 音楽 エッセンシャル  一発ネタ 大槻ケンヂ UE PU 筋肉少女帯 MTG 漫画 ブレイド・オブ・アルカナ Season8 風神録 バカゲー キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 UM 覚醒篇 中堅PC 野望のルーツ ウォーハンマー Season6 GM Princes_of_the_Apocalypes Season4 永夜抄 アニメ Season7 リプレイ クトゥルフ2010 サタスペ 東方領土研究会 ゲーム Bestiary EXTRA PHB DMG 紅魔郷 R&R パズル 真・女神転生 クトゥルフ2015 伊藤勢 椎名誠 妖々夢 死の国サーイ Season11 天羅万象 UA ガンダム NEXT PSYCO-GUNDAM スパロボ 地霊殿 シナリオ MC Season9 Season5 機動戦士Zガンダム ファンタズム・アドベンチャー スティール・ボール・ラン Season3 奇想コレクション シオドア=スタージョン バキ Forge 世紀末古代災厄公社伝説 フィリップ・K・ディック 好きなTRPG コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す Season12 空中庭園エリュシオン レッド・ノベンバーを救え! キャッスル・レイヴンロフト Volo's_Guide_to_Monsters ナイトウィザード シャドーオーバーミスタラ 番長学園!! タイム・オブ・ティアーズ・アゲン CRB 映画 特撮(バンド) Expeditions UCa プロモカード リボルミニ フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮 サタスぺ 電車 ジョジョリオン パンデミック 五つの風 手塚治虫 機甲猟兵メロウリンク FEAR パスファインダー・アドベンチャー 異色作家短篇集 ラス・オヴ・アシャーダロン 雑記 ダンジョン・コマンド T&T ビギナー・ボックス d20モダン 即大休憩 Temple_of_Elemental_Evil シャドウラン 装甲騎兵ボトムズ アルフレッド=ベスター メガテン 三国志 ACG 真夜中の探偵 アリアンロッド ダークブレイズ 快傑ズバット レイトショウ 東映特撮YouubeOfficial カットスロート・プラネット ストーンオーシャン 幻想少女大戦 ドラスレ 異色作家短編集 ウルトラマン 当方領土研究会 Out_of_the_Abyss フレドリック=ブラウン スティーヴン=キング クトゥルー神話 ミストグレイヴ バイブルハンター 島本和彦 MM2 セブン=フォートレス OA ルーンロードの帰還 2nd カードランカー Starfinder そっとおやすみ 三上寛 エンゼルギア クソコラ VGtM ポケットの中の戦争 ログ・ホライズンTRPG ゲーマーズ・フィールド Pit ジャングルスピード モンスター画家 Role&Roll イベント パラノイア キャット&チョコレート ラフカディオ・ハーンと四つの顔 魔獣使いの少女 ラクラク大統領になる方法 東方領土研究会会報 刺青の男 レイ=ブラッドベリ アーカム・ホラー 革命万歳 都筑道夫 キテレツカップリングパーティ 火の鳥 鉄腕アトム ガントレット・オブ・フールズ 絶体絶命 コズミック・エンカウンター 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード