好きな歌#02~喝采~

 以前、「どうして歌謡曲ってああも悲しい歌詩ばっかりなんだろうか」という疑問を提言した。
 昭和30~40年のヒット曲集のCDを聞いてて確信した。
 こんなに負の念が渦巻く音楽ジャンル、歌謡曲以外にそうそうねぇ。別れとか破局とか挫折とか死とか、即死級のネガティブチャネルエナジーが飛び交っている。特に死。デスメタルかよってレベルで死が出てくる
 外国人が聞くと演歌はロックに聞こえるんでウケが良いと言うが、あの歌詞はロックっていうかパンクだよ。反社会反道徳の極みだよ。
 個人的にロックというのは実らない恋やうまくいかない世の中をケッ飛ばして「負けてたまるか、俺はまだ負けてない!」という反骨心を歌うものだと思っているんだけど、歌謡曲だと既に負けてるからね。実らない恋ならいっそ殺してとか死ぬわとか。『昭和枯れすゝき』なんて「貧しさに負けた いえ 世の中に負けた」なんてド直球で出だしから負けてるじゃねえか! 負けた自分を歌うのはそりゃロックじゃなくてパンクの領域ですよ! ついでに言わせてもらうと、オーケンも思ったらしいけど、なんでそういうことを歌にして聞かせるのよ!? 聞かせてどうしろってのよ!
 歌謡曲というのは日本語独特の世界であり、決して日本語以外ではできない世界であり、剛柔を多様な表現で演出できる複雑な言語だからこそあの世界は成立する、と考察するワケですが、その妙なる言語で人生に打ちのめされて敗北した悲哀を歌われたんじゃ、聞いてる方はいろんな意味でたまんねえわな。実際たまんねえ。なんであんなに後ろ向きな歌詞と曲調なのに心に響くんだろうか。やっぱり日本人に染み付いた負け犬根性なのだろうか。
 オレ的に一番やばい歌詞の歌は『お金をちょうだい』と『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』が二大巨頭なのだが、昭和30~40年代のCDを聞いてる中で発見したこの曲も相当やばい。

喝采(ちあきなおみ)


 最初は流し聞きをしている中で「お、なんかこの曲心に残るな」程度だったんですが、繰り返し聞いている内に曲の内容を理解していって、こんな顔になって
1421301186405.gif
 こうなった。
60dc7723.gif
 これはやばい。第14回日本レコード大賞を受賞するのも納得であるが、審査員から「もう決まったかと思ってたのに悩ましい曲を書かないでよ~」とボヤかれたエピソードもワカる。作曲した人も「まさか」の受賞だったそうだが、その気持ちもワカる。
 これ程までに人の心をズッタズタにする歌、そうそうありませんよ。
 別れた想い人を置いて恋の歌を歌う歌手の元にやってきたのが、想い人の訃報ですよ。想い人の死に流す涙さえ忘れた歌手が、いつものように、「それでも」恋の歌を歌うですよ。
 この時点でもうマッスルスパーク天と地が極まっているのに、それでタイトルが『喝采』。そんな歌い手が恋の歌で浴びる『喝采』。もうアロガントスパーク入ってるよ。必ず殺すと書いて必殺だよ。
 しかも歌い出して数節で入る手紙に黒い縁取りというくだりが、もう開幕必殺技。これで筆者は完璧に打ちのめされた。この言葉を「変えろ」と言われてもガンとして変えなかった作詞家の姿勢は全肯定されるべきであるし、「これがこの歌詞の核だから」という訴えも
1456669329257.jpg
 と百万回首がもげるほど同意ヘドバンする。黒い縁取りなんてぇ単語、この曲で出さなきゃ音楽業界の歴史で二度と出てこない可能性ありますよ。『イタコLOVE』まで待たなきゃいけないよ……ってかこの曲が元ネタだろうなあの歌詞は。
 一番もキツイが二番もまたキツイ。暗い待合室、一人座っている自分の耳に、想い人を置いてきた自分の恋の歌が響く、もうやめてくれってレベルでキツイ。
 歌詞もベタ褒めしてますが、こんな歌詞に悲哀たっぷりの曲調を乗せるでなく、穏やかな、っていうかのどかで明るいとさえ言える調べを合わせたというところがまた歌謡曲ならではのニクさ。想い人との過去の別れと、この世との別れが重なる複雑でどうしていいかわからない感情を、実に淡々と優しく歌い上げる、冷徹なアイロニカルは和製音楽と日本語じゃなきゃあできない地獄のコンビネーションですよ。ほんとに歌謡曲は地獄だぜ。一種、キツイ歌詞には明るい歌を合わせるという、北斗の拳的もしくはススムちゃん大ショック的発想を感じる(生々しい話ほどデフォルメされた絵でやれ、突拍子もない話ほどリアルな絵でやれ、という指針)。
 ちあきなおみさんと言えば、直球のやばい歌『夜へ急ぐ人』、一方こちらは変化球のやばい歌、力の2号技の1号って感じ。やっぱり、素晴らしい作品凄い作品というのは、人を引かせるぐらいのパワーが無いと、人の心をズッタズタにできる感性が無いと、人の心を動かすことはできないんだって思い知らされますね。
 自分もそういう人の心をズッタズタにするようなものを作ってみたいな、とは常々思っているんですが……特に自分と接点の多い娯楽のTRPGで、他の参加者の心をズッタズタにするようなことをしちゃ、色々マズイわな。
スポンサーサイト

テーマ : 70年代 歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ PSYCO-GUNDAM 地霊殿 ガンダム スティール・ボール・ラン ファンタズム・アドベンチャー 機動戦士Zガンダム シナリオ Season5 Season3 MC Season9 奇想コレクション Forge UA シオドア=スタージョン 世紀末古代災厄公社伝説 バキ フィリップ・K・ディック Season12 レッド・ノベンバーを救え! 好きなTRPG 荒野に獣慟哭す 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 Volo's_Guide_to_Monsters シャドーオーバーミスタラ タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 特撮 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 五つの風 プロモカード 映画 快傑ズバット 雑記 T&T FEAR d20モダン ダンジョン・コマンド ダークブレイズ アリアンロッド メガテン Temple_of_Elemental_Evil ラス・オヴ・アシャーダロン 機甲猟兵メロウリンク 即大休憩 シャドウラン 真夜中の探偵 ACG 東映特撮YouubeOfficial アルフレッド=ベスター 異色作家短篇集 レイトショウ 装甲騎兵ボトムズ 三国志 手塚治虫 VGtM Pit ジャングルスピード ゲーマーズ・フィールド ドラスレ Out_of_the_Abyss モンスター画家 東方領土研究会会報 三上寛 エンゼルギア 火の鳥 セブン=フォートレス 当方領土研究会 クソコラ MM2 ラクラク大統領になる方法 ウルトラマン イベント パラノイア 革命万歳 ラフカディオ・ハーンと四つの顔 魔獣使いの少女 コズミック・エンカウンター アーカム・ホラー キャット&チョコレート キテレツカップリングパーティ 都筑道夫 刺青の男 レイ=ブラッドベリ 絶体絶命 ログ・ホライズンTRPG ガントレット・オブ・フールズ 島本和彦 バイブルハンター 幻想少女大戦 スティーヴン=キング フレドリック=ブラウン ミストグレイヴ クトゥルー神話 ポケットの中の戦争 そっとおやすみ 鉄腕アトム カットスロート・プラネット ストーンオーシャン 異色作家短編集 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード