銀河アズマのバカゲーとそれ以外だいすき#10~2017年新春グレートガンブロー企画・邪悪寺院、再び~

 D&D界隈でEEと言えばエンジョイ&エキサイティングではなくElemental Evilの略、つまり『Temple of Elemental Evil』=『元素邪霊の寺院』! みんな知ってるね。というか3eシナリオの『邪悪寺院、再び』のタイトルがまんま『Temple of Elemental Evil』だったと今更知りました。原文にどこにも「再び」の字はないんだけど、味のある訳やね。

 あと新春企画と銘打ってあるけど既に出しそびれた年賀状はおろか冬休みの宿題期限すら仏契り(ぶっちぎり)の日付になってからの投稿私の憤りはもはや我慢の限界! と超人始祖に粛清されても文句は言わず三杯目はそっと出す適度なふてぶてしさを2017年も維持していきたいと思うゴーナドゥーア信徒であった。

BBAスキー改めラットシャドウ(以下ラ):2017年最初の記事は今年もやってきましたD&Dボドゲ、約一年越しの『Temple of Elemental Evil』の攻略です。タイトルは100%勢い任せなのであんまり気にしないで下さい。
知人氏改めバロウィン(以下バ):まあ年によってはドラコリッチに食い殺されたの一行で済ませたりしておったがね。
:実際あまり見所もなく、レイスやガゴに襲われ追われていたらドラコリッチに遭っちゃってそのままシバウ一直線という絵に描いたような敗北パターンだったので仕方ありますめぇ。
:しかして『Temple of Elemental Evil』はカネで買うレベルアップなど、キャラクターの引継ぎを前提としたキャンペソ仕様なのでこうして繰り返し遊ぶことの意義はより強まったと言えようて。ちゃんと前回の結果も途中セーブしてある故ブツの購入もできればミッショソ失敗しても安心よな。
:さて選択キャラクターですが、本作ではローグを選ばなければイデオンのBメカ左シートが指定席の輪廻に捕われるという脅迫を受けているので、小生引き続きライトフット・ハーフリングのローグ、ラットシャドウで。
:まあ、踏んだら4点ダメージの罠トークンがスタートタイルいっぱいに配置されるのを見ては、それはな。で、当然我も回復役のゴールド・ドワーフのクレ公、バロウィンを継続して使用するぞ。
:重戦士スキーのボキとしてはファイターなど使ってみたいものですが。こやつ18からクリティカルとかスッゲヱレベルの高いチャンピオンじゃねっすか
:戦術ダイスを持ち出すわけにもいかんから、妥当な戦士の道の選択と言えるのではなかろうかね。
:それにしても、なんでPCのツラ構えがどいつもこいつもびみょうに景気悪そうなんスかね
:昨今のTRPGはデフレ傾向に入っておるからな。EEも例外ではないということよ。
EE_01.jpg EE_06.jpg
3e時代のフィルボルグ(右)にクリソツ(5eだとマンモス西みたいになってたが)。

:今回はエア・エレメンタルをブッチせよという極めてワカりやすいミッショソである。
:エレメンタルというと前作ドリッズドでしょぼいウォーターがいたりしたけど、5eではサイズの区分が無くなり大型サイズオンリーとなったから、ボスとしての風格十分ですな。……ただ、なんかイラストやフィギュアだと溶解液を吐くウルトラ怪獣みたいなもっさり造形ですな。ゾウのうんこみたいな外見とか失礼な事言われそうな。
EE_02.jpg
月怪獣ペテロがそんなことを言われていた記憶が。
frn1507031700006-n1.jpg
ちょっと上海株暴落で呆然とするおじさんぽくもある
:掴みどころのない体と顔の表現がイカンのかのう。実際に戦う段となると、ACはべらぼうに低いしhpも10どまり、攻撃力もわりかしフトゥーとこのシリーズと思えん大人しさ。百連練磨の我らが片手でひねってくれようかねマジで(マジン節)。
:hp10点ポッチならダメージを上げるパワーを優先しておきますかな。ではいつも通り、僕が罠トークンを2個除去して自分と知人氏の道を確保しつつ探索……うっ、いきなり2EXPの大物、ノールの弓兵だ。
:ダメージは大したことないが射程がべらぼうに長い上にhp2点なのでちょいと時間がかかるのだね。
:しかも攻撃ボーナスも高めだし……ううっ予想通りブッスリ突き刺さってしまった。
:ダメージ2点与えるパワーはあるかね?
:ショートソードで味方が隣接してれば一気に2点与えられるんですが、そうすると知人氏が探索できず遭遇カードを引かないといかんのですよう。
:正直遭遇カードはモンスター以上に悪い結果になると散々目にしているからな……ダメージ自体は低いことであるし、無理に畳み掛けようとせずクロスボウを射返しつつ探索しようぞ。うっ、見慣れに見慣れた光景であるが黒タイル
知人氏が引くタイルニアイコール黒タイルとはいい加減学習しましたが、いざ目にすると何度見ても正月早々ブルーな気分になりますな。
:なななななんの、同じカードが出たら初めて害を被る効果だし。しかし開いたタイルは罠トークンがごっちゃりか。
:そっちに向かってトークンを除去したいところですが、移動速度の都合上それでは探索ができんタイ。仕方ない、弓ノールを排除しつつ別所の探索を……うっ、外した上に次の敵がトログロダイト。隣接されたせいで次の攻撃に不利が乗ってしまった。
:弓ノールの攻撃はこっちが引き受けてもいいんだが……。
:しかしコイツ、行動にしっかり「hpが低いヒーローを狙う」と書いてあるので、被弾が続くおいどんが喰らうしかないのですよ。げぐぐ、早くもhpが重傷値(懐かしい単語)に近付いておる。
:あわ、あわわわ。しかもこっちにも弓ノールが出現して同時起動しよる。君確か2点ダメージを与える無限回パワー持ちでなかったかね。
:アレ味方が隣接してないといけないし、この位置取りではノールを倒せても遭遇カードを引かねばならんぬです。しかもトログロダイトのせいで不利が乗ってて泣きっ面に継続的ダメージというザマ。
:クロスボウを射返して弓ノールは倒せたが、これはそっちと合流してhpを回復させた方がよさそうだ喃。
:ぼきゅも追加のアクションの有利で不利を消してトログロダイトは倒せました。そして、次に出てくるのは……あ、ドッペルゲンガーだ。強制的にスタートタイルに戻されるから、これはンまいこと合流できるかもしれません。
:しかし、おかげでそっちに湧いていたクリーチェルの処理がおっつかんのう。敵が来る前にどんどん探索を進めていくしかないか。
:ぐわ、そう言った矢先にレザーパンツ&ギザギザソードが正装な『ラスタンサーガ』を髣髴とさせるウォーター・カルトが! コイツに殴られると1タイル強制移動なんで全然探索が進まNEEEEE!!
:ヒイイ~こっちは2ダメージのアース・カルトが。は、早く君の2ダメージパワーで始末してくれたまえよ! 朕は、朕は死にとうないー!
:混乱して一人称まで変わってますが、こっちはこっちでエア・カルトの目潰しクロスボウでまたも不利を喰らって罠トークン除去もままならねえんですYO! いつになったらエア・エレメンタル出現ポイントは出てくるんじゃー!
:タイルの数からしてもうそろそろ出てきてもいい頃なんだがのう。こっちは一日毎パワーまで切っているというのにまったく敵の撃退ができておらん。
というかボキ今回のゲームで無限回パワーが2ダメージ与える条件(味方が隣接している場合)一回も満たしてないんですけお!
:予想以上に隣接し合って探索するという条件が厳し過ぎるのだね……おお、やっとのことでエア・エレメンタル出現ポイント! 取りあえず同じタイルに入らなければ1ダメージで済むので、これで何とか騙し騙しやり過ごしたいところだが。
:その戦法だと探索ができないから遭遇カード祭りになる上に、倒し切れなかった後続が続々と押し寄せてきているのですな。とうとうドッペルゲンガーまで追い付いてきよった。なんかエア・エレメンタル出現ポイントを開いたら出てきたブラス・ドラゴンは助けてくれないんですか!(そういう指示があるのです) 希望はないんですか!?
攻撃手段が書かれてないのでただ単に逃げるだけさね。こやつを逃がすとボーナスが乗るらしいが今はそんなこと言ってる場合じゃないだろう! とブラックエンジェルスの雪藤さんよろしく説教されても仕方ないそしてこの諦念……。
EE_03.jpg
AC15にhp3点もあるんだから噛みつきぐらいしてくださいYO! チックショウこうなったら強引にでも突撃して一日毎パワーをブチ込むしかない! ついにシナリオ開始以来やってきた隣接してる味方がいるとダメージアップ効果、一挙4ダメージ与えたらぁ! ……失敗。
:それでも2ダメージは与えたが未だエア・エレメンタルのhp半減すらしとらんのよな。そしてとうとうエア・エレメンタルの攻撃で我プセQ~。
:嗚呼、とうとうなけなしの回復力が底を尽いてし、モウター。そしてぼきゅもエア・エレメンタルの猛攻に四方どころか六方いやさ七方(エア・エレメンタルだけで二方)塞がれた状態で生きていられるわけもなく昏倒。
:つまりは我のターンでエア・エレメンタルを1ターンで倒さねば敗北必至、そして本シリーズにそんな断末奥義は搭載されていないのであるからしてこれにて終了!(擦)
:ザネンム・ネーン。
EE_04.jpg
見よこの絶望的状況

~戦い終わって・神々の黄昏~
:序盤で処理し損なったモンスターに結局追い詰められるという常套失敗パターンに陥ってしまったさな。
:間合いが空いてしまったが故に感覚を忘れていたのもありますな。やはり攻撃ボーナスの高いレイピアと、火力より多数の敵を一掃できる面の攻撃を取得しておくべきであった。
:しかして前回とも同じ感想であるが、レイヴンロフトなどで味わった「っていうかさ~(REDさん調)これクリアするの無理竜なんだけど」という程の絶望は感じなかったので、必ずやリベジソ決めて夜露死苦と行きたいというのが年始の所信表明といったところかね。
:正直に言うと戦術云々より僕の攻撃が半分近く外れていたことが失敗の原因であろうことを最後に書き添えておきます。

※おまけ。
 『Temple of Elemental_Evil』でAmazonで検索したら出てきた情報。D&Dがレゴと提携してたなんて知らなかったそんなの。
 ところでエレメンタル・カルトにこんな「いっき」みたいな恰好した老人いましたっけ? メカ系ビーストはいないといったらウソになりそうなのが判断難しい。
EE_05.jpg


スポンサーサイト

テーマ : ボードゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント ACG APG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース モンスター・コレクション カードゲーム メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 エッセンシャル 大槻ケンヂ  筋肉少女帯 PU 一発ネタ MTG ブレイド・オブ・アルカナ 風神録 Season8 漫画 UE キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 バカゲー 中堅PC 覚醒篇 GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC シオドア=スタージョン UA 世紀末古代災厄公社伝説 Forge 奇想コレクション バキ フィリップ・K・ディック レッド・ノベンバーを救え! Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す シャドーオーバーミスタラ ナイトウィザード タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト 番長学園!! フンタ 電車 レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) CRB 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード