カードゲーム百態#11~モンコレ思い出のだめカード~

 T&Tボックス版発売に続いてモンコレ公式大会開催決定! SNEは一体何年前に生きてるんだよ!? もうTRPGバブルもTCGバブルも弾けてるのよ!?
 ともあれ、折角公式大会再開とゆうのであれば、この際筆者が未だにモンコレについて抱いている、解けない謎について解明してほしい。それは『空中庭園の降臨』に出てきた《ハングリー・ローカスト》の存在だ(カードの効果はコチラ)。
 どこぞで聞いた話だと、弱いカードが生まれてしまう原因は「開発段階で壊れていたので下方修正したら弱くなり過ぎていた」「想定していたギミックがゲームと噛み合っていない」「メカニズムが複雑すぎた」……大体こんな具合だった気がする。
 《ハングリー・ローカスト》は恐らく「想定していたギミックがゲームと噛み合っていない」ためにダメカードと化したケースだとは思う。が、今考えてもこの《ハングリー・ローカスト》のどこにモンコレスタッフの意図していたどんなギミックが秘められているのかサッパリ見当がつかないこのカードはデックに入れていても何もしない。ただただ、内容がわかるんで安心して配置できる代理地形というだけだ。
 一応、『空中庭園』には配置した代理地形の内容によって効果が左右される《春の息吹》というカードがあったのだが、そいつとのコンボを考えるなら《虹蛇ユルング》というもっと汎用性が高く、かつ有効なコンボとなるカードがある。そもそも、《春の息吹》を交えたコンボが悠長な割に効果が限定的でかつ大して有効でもないという容赦なく悲劇的な揺るぎない事実もあるんですが(実体験。すげえ弱かったんです)。また内容のわかる代理地形というなら、《底なし沼》というカードがあった(現在とは効果が全然違う)。極稀の、デッキに1枚制限の《春の息吹》と《ハングリー・ローカスト》なんて狭い狭いコンボより遥かに手っ取り早くそれに近い効果を上げられた。
 インセクトである強みを活かす? うむ、当時インセクトは素殴りしか能のない奴が多くて軽んじられがちだったが、基礎能力だけは高めだった。同じインセクトであるなら、2レベルで1レベル並かそれ以下の戦闘力であるコイツよりデック投入価値が低い奴を探す方が難しい属性であることを活かすのならカードプールはもっと広がるんでますますコイツの存在価値は薄れていく。
 結局、安心して配置できる代理地形という以上の価値を、筆者には見出せなかった。コイツをデックに入れて得られるのは、貴重な60枚の枠を1枚でも割いてまで「ああデックの要が代理地形にならずに済んで良かった!」という安堵の気持ちを買える、それだけだ。でも、たった数枚のカードが代理地形の下に沈んだせいで勝てないデックは《ハングリー・ローカスト》なんか入れなくても、キーカードが山札の底にあった時点で勝てないだろう。それよりは、代理地形の下や山札の底にいくばくかのキーカードが沈んでも戦える、複数の勝ち筋を用意したデックを作る方がゲーマーとして腕を積めるし、《ハングリー・ローカスト》を活用するより数段カンタンだと思う
 レアカードではなくコモンなのでダメージは一見低いように見えるが、クソレア満載で名高い『空中庭園』もコモンカードには割といいカードが見受けられるのであんまり救いでない、っていうかそうでなくともこんな存在意義のワカらんカードに枠を割くなと結局ハラは立つのであるが。何故4つ目のカードセットと場数を踏みながらこんなカードが生まれてしまったのか、現在に至るも有効な使い道は知る由もない。あんまりにも用途が不明過ぎるせいか、モンコレwikiにさえ簡素なデータを記載するに留まっている。当時の開発スタッフと直接お話ができたら聞いてみたいもんである。
 まあ、あまりにも謎過ぎるせいで耳目を集めただけに、特殊能力の対象にならないという《鏡蟲》アンチとして生まれた割に「《鏡蟲》で対象とするのはプレイヤー」というルール裁定のせいでまさかの機能不全、ただでさえクソレアなのが超クソレアの地位に転落した《ガルーダ》とかよりはマシな余生であろうか。余談ながら《ガルーダ》に限らず、前述の通り『空中庭園』がクソレア満載なら『魔道士の黙示録』も相当ひどいもんで、重儀式以外が殆ど幸せにならないという、早過ぎるモンコレのカードパワー暗黒時代であった。言うても『魔道士の黙示録』には当時有名美少女イラストレーターを起用した《花園の歌姫》が収録されていたので、クソカードが山と積み上がるのを承知でガチャを回し続ける廃課金よろしくパックを剥いていくモンコレ・ファイターも後を絶たなかったと思われる。いくらイラストが良くても能力がクソな《ゴモリー》(『空中庭園』収録)まで来ると流石に騙されなかったようだけれど。
 モンコレ思いでのだめなカードというと、《ストーン・クラブ》に《グリズリー》、《レモラ》となんか後攻向けユニットが次々に頭に上る
 その筆頭、《ストーン・クラブ》は古参ユーザなら忘れ難いユニットではないだろうか。チャージ持ちだけを殺す……いや殺せないこともある3点という難しいセンのダメージに3レベルという大きさに見合わない能力、そもそもディフェンダーを持ってるのにその攻撃力を眠らせてまでチャージ持ちに3点ダメージを与える価値があるのか……と、カードパワーの低かった当時からしてツッコミ所満載。ムリクリ特殊能力「カニばさみ」を活用しようと《名馬「ワールウィンド」》でチャージを与え、これまたクソレアとして有名な(の割に二度も再録された)《ラスト・エンペラー》で防御力を3にして倒す遠大な、あまりにも遠大過ぎて対戦相手が寝そうになるコンボも編み出されたりしたが、ンな面倒なことをせずとも《ラミア》《ピクシー》でも《ポイズン・トード》《ナーガ》でコンボは組めるワケで。《ハングリー・ローカスト》程ではないけれど、何もかもに漂う中途半端さのため一部に熱烈な愛好家を生んだとか生まなかったとか。
 結局《ストーン・クラブ》本体に救済の道はなかったのだけれど、愛好家の熱意が伝わったのかモンコレ2にて変種とも言える《ハンマー・クラブ》が登場。オルバスのシオマネキパンチのようながっかりカニパンとは違う進化形を見せてくれた。また『モンコレナイトTCG』では基礎能力の高く、使いやすい後攻向けユニットにリブート。そしてTRPG『六門世界2E』にて強固な壁となるLサイズ召喚獣として花開くことになるのであった。《ストーン・クラブ》愛好家の暗い青春も終わったね。
 一方、《グリズリー》もだめなチャージ殺しであるのだが、即時召喚できる軽さとイニシアチブ操作能力のためか、あまりディスられることもなければ《ストーン・クラブ》ほど熱烈な愛好家を獲得することもなかった。こやつもTRPGだとかなり強い。
 最後の《レモラ》は『魔道士の黙示録』のダメさを象徴するような使い勝手で、ディフェンダーの攻撃力6点を放棄してまで戦闘スペル使いを行動完了にするだけ、そう、戦闘スペルを打ち消すんでもなくただ行動完了にするだけという仕事のしなさは《ストーン・クラブ》を彷彿とさせた。おまけに能力値までソックリ。ただ、ほとんどダメなだけで終わった先達と違い、この《レモラ》にはもう少し見せ場があった。当時横行していた《髑髏の騎士》や《サイクロプス》に対しては、奴らのサイズの大きさ故に行動完了にするというこの効果が激烈な嫌がらせになったのだ。戦闘スペルは通せるとしても、4レベルや6レベルが行動完了になって攻撃力や特殊能力を活かせないというのは非常に痛い。少し後にやってきたドラゴン+小型ユニットデックに対しても同様に効果はあるかもしれない。ブイブイ言わせていたレアカードどもをクソカード扱いされたコモンカードが一泡吹かせる、なかなかホビーアニメ的な熱い展開であるが、まあそんなもん使わなくても対策はカードプールが広がるごとに増えていったんで、結局見向きもされなかったんですけどね。後年、戦闘スペルを使った奴と自身を手札に戻す《ドレイン・レモラ》が登場し、これが正統後継者と言えるだろう。
 モンコレ公式大会を機に思い出しただめカードどもをつらつらと書いていきましたが、筆者がモンコレに取り組んでいた短い期間にもいろいろと思い出はあるもんで、気が向いたらまた書くかも。ユニット以外にもだめカードはいっぱいあったし。

スポンサーサイト

テーマ : カードゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC シオドア=スタージョン UA 世紀末古代災厄公社伝説 Forge 奇想コレクション バキ フィリップ・K・ディック レッド・ノベンバーを救え! Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す シャドーオーバーミスタラ ナイトウィザード タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード