D&D5e余話#144~ビーストマスターはイケているのかいないのか・前編~

 ちょくちょく当ブログでは(モンクと一緒に)ビーストマスター・レンジャーをディスっており、UAレンジャー記事で公式のコメントを聞いてからはそいつを錦の御旗にしてきた感がある。
 とは言え見切りをつけるのが早々できちんとデータを精査したか、というと否と言わざるを得ない。あらためてMMを見返してみるとビーストマスターのために用意してくれたのかしら!? という脅威度1/4野獣の大幅増加がなされているし、公式のバーディングにACへの習熟ボーナスが乗るという公式見解で光明が見えたり見えなかったりする。ここはひとつ、不当に貶めてきてしまったなら申し訳ないし、一度腰を据えてビーストマスターを考えてみたい。

検証1:hpとACは大丈夫なのか
1447947454101s.jpg
↑答え
 なんで早々に見切りをつけちまったのかというと、一番の不安はhpである。
 動物の相棒のhpは通常かレンジャー・レベル×4の高い方とあるが、実のところレンジャー・レベル×4より高いhpを持つ脅威度1/4の野獣はかなり少ない(ジャイアント・クラブ、ジャイアント・バジャー、ジャイアント・フロッグ、パンサー)。そしてレンジャー・レベル×4のhpとは、3レベルPCのパーティに加わる戦力としてはかなり低い。いやすごく低い。キャシャリンの代表格たるウィザードより低いってんだから困ったもんである。当然のことながら動物は弓やキャントリップなんか使えやしないので、戦線に加わらせるならこのhpで飛び込ませるしかない。が、パーティの平均レベル3に対する遭遇にこのhpで突っ込むというのはハッキリ言って死んで来いと命じてるのと同義。というか1レベルPC相手の遭遇でさえ乱戦に突っ込ませたら倒れると思う。
 さらに困るのが、ただでさえhpが低いのにこれまた低いAC。ACに関してはレンジャーの習熟ボーナスが乗るため、そこそこの固さには至る。が、所詮はそこそこ、チェインメイルを着込んでいても盾が無ければ危うい(ただでさえパック・タクティクスや技巧武器が罷り通る低レベル圏で)剣戟矢ブスマの中を掻い潜って戦い抜くのは至難の業である。幸い、ACに関してはバーディングという向上手段があるものの、これがまたべらぼうに高い。通常の金額の実に四倍。ご存知の通り鎧の価格が跳ね上がった5eにおいて、ACを補強するほどの鎧がどれだけの金食い虫となるか、想像に難くあるまい。確実に主人より相棒の方に金がかかってる。まるで成金が飼う高級ペットの如し。
 金は払いさえすれば何とかなるが、実は荷重も二倍になっているのも相棒によってはかなりきつい。そして、スプリント以降の重装鎧に設定された【筋力】15を突破するのは現状脅威度1/4の中型以下の動物には相当厳しい条件なので、着せるなら移動力低下を覚悟するしかない。それと、どこからどこまでバーディングが許されるか、というモンダイがあるな。一応、バーディングは「動物の鎧」とことわられているので、後はDM判断になりそう。無難なのは表:乗騎とその他の動物リストに含まれているものだろうけど、四足獣ならいいんでねえの、と俺がDMなら返事をする。が、スネークの鎧とかだと二倍どころの金額じゃすまない技術力が必要になりそうな。っていうかDMから怒られそう。海蛇座の聖衣みたいでかっこええやん、と思わなくもない。
item_0000000504_06.jpg
21世紀にもなってヒドラ市が商品化するとか世の中わかんねえな
 ちなみにセーヴに関してはレンジャーの習熟ボーナスが乗るので割と安心、と言いたいところがQ&Aで「相棒が既に習熟しているセーヴにしか乗らない」というトンでもない回答が出ている。そんなこと言われてもセーヴへの習熟を持っている(相棒にするのが可能な)動物っていないのだが。じゃあ一体セーヴに習熟ボーナスが乗るって一文はなんなんだおいどういうことだロドニー・トンプソン
 hpが増え、バーディングも揃えられたならともかく、相棒を得た直後で戦闘に参加させるのは残念ながら無謀と言わざるを得ない。後述する命令の手間もあるし、普段の役目としてはもし所持しているなら各種鋭敏感覚、それに飛行などを活かした斥候役、それと後衛に切り込んでくる敵に対する足止めが無難だろうか。リアクションには命令を必要としないので、デンと相棒が前衛と後衛の間に控えているだけでも、威嚇として十分だろう。それに動物の相棒は防御能力は劣るが攻撃能力はかなり高い方に入る(これも後述)。いくら機会攻撃を受けてでも移動距離内に後衛がいれば絶対に殴りに行くDMでも、PC以上の攻撃ボーナスを持つ相棒の一撃が待っているとうのは気が重いはず。そうなると動物の相棒が袋叩きに遭いそうでそれはそれで困るが
 いくら成長したとしてもレンジャー・レベル×4というhpのいかんともしがたい低さは残念ながらどうにもならん上に、それを補強する手段はレンジャー独力となるとあまりいいモノがない。戦闘に加えるならうまく攻撃対象を変えるような工夫をパーティの連携でするか、せめて攻撃を安定して外せるACは確保したい。習熟ボーナスが乗るので、最終的にはご主人より固いという3eパラディンの馬現象は起こり得る。一応、4レベル呪文でストーン・スキンはあるのだが、使えるようになるのは13レベルとかなり後……。
 死んでも8時間かければ新しい相棒を得られるんで使い捨てにするのもひとつの考えではあるが、それでビーストマスター、ましてや動物の「相棒」というのはチョットなあー。

検証2:命令にアクションを使っていいのか
1450638547160.jpg
 だから不満の声が届いているワケで。
 1ラウンドに1回自由に移動させることはできるものの、命令が無い限り突っ立っているだけというのが痛過ぎる。乱戦に突っ込ませる気にならない理由のもう一つがコレだ。エッセンシャルのセンチネルの相棒ならまだしも、5eの戦場において動物が立っているだけで与えられる影響力というのは大きくない。むしろあんなhpとACで棒立ちは殴って下さいと言ってるようなもんだ
 その一方で、攻撃を命令しないというのは相棒の攻撃能力を考えるともったいない。相棒の攻撃ボーナスとダメージ・ボーナスにレンジャーの習熟ボーナスが乗るため、例えばウルフの噛みつきは+6の攻撃ボーナスで2d4+4点のダメージ。この数値自体は4レベルのPC並。相棒を選べば、攻撃ボーナスはもっと伸ばせる可能性もある。毒など単純な打撃以外の火力も相棒は備えているなら、一風変わった火力となるだろう。
 心許ないhp・ACに比して優秀な攻撃能力を見るに、攻撃に転じるなら無理に前線に加えるより、動物の俊足と命令しなくても移動してくれるという特徴を活かし、後ろから弓矢や呪文で妨害を仕掛けてくる防御の薄い輩を狙って一気に距離を詰めて跳びかかる、遊撃役として動いてもらうのが正解だろう。そして必要ない時は攻撃が飛んでこない所に位置し、後衛の護衛に専念する。位置取り自体は毎ラウンド移動できるから難しくないはずだ。
 幸いレンジャーは5レベルと相棒獲得から近い段階で追加攻撃を得られ、これにより攻撃回数を1回消費することで相棒にも攻撃させることができるようになる。単発の攻撃しかできない相棒の場合はレンジャー本人が2回攻撃するのとあまり変わらない場合もあるが、複数回攻撃が可能なら大幅に打撃力アップとなる(ここでは、攻撃アクションを取らせると複数回攻撃可能と解釈した)。本格的に動物との連携を考えるのは、5レベルに至ってからでも遅くはないかもしれない。
 7レベルからは“特別訓練”によってボーナス・アクションで回避、援護を行わせられるので、立たせているだけでも十分に価値が出てくる。そこにいるだけで味方の攻撃に有利を乗せられるとか、ちょっとした4eの(出すとクソマスター呼ばわりされても口答えできなかった)ハイエナ気分。バーディングのACと回避が併用できれば、低いhpもある程度カバーできるだろう。後衛の前で居座る番犬としての安心感も段違い。“獣の怒り”を11レベルで得ると単発攻撃しかできなかった相棒もめでたく2回攻撃が可能に。この領域だと習熟ボーナスだけでも+4、魔法の武器で武装したファイターかそれ以上の攻撃回数と追加ダメージで襲いかかれるようになる。この領域まで達すれば命令のわずらわしさに悩まされることはまずなかろう。そこに至るのが11レベルというのがナンですが。ひとまず、ビーストマスターを選んだからには、連携攻撃のできる5レベルまでは忍耐の期間のつもりで頑張ってみたい。

検証3:呪文をどうするか
 レンジャーは少数ながら呪文を使えるが、オリジナリティ溢れるかなり変な呪文揃いである。
 筆頭のハンターズ・マークは音声だけで発動でき、精神集中している間ダメージ+1d6、対象の変更も可能というレンジャーの強さを支える呪文。……これを使っていると動物の相棒に攻撃させるよりも主人が追加攻撃で2回殴った方がいいんじゃ、という根本的に今回の記事と矛盾する結論に至りそうなのだが、そそそそういう場合は“特別訓練”で回避とか選択させておくんだよ。もしくは自分を援護させる。複数回攻撃できる相棒ならハンターズ・マークの追加分を上回る総合ダメージを叩き出せる可能性だってあるしな。エンスネアリング・ストライクで拘束状態にしたところを相棒に襲わせるというのもE感じだ。脱出しようとしたらアクションを消費しなければならないのも、脆い相棒への攻撃を逸らす意味も含まれていてGoo。ただ【判断力】がないと簡単に抵抗されるというのは、少しつらいかもしれない。
 ロングストライダーは相棒に使うと物凄い距離を一瞬で移動できる。“特別訓練”を積ませてあると疾走をボーナス・アクションで命じられるため、距離を取って余裕をぶっこいている術者なんぞキモを冷やすことだろう。1時間と決め打ちしやすいのも利点だ。
 追加呪文のビースト・ボンドレンジャー本体から5フィート以内の敵を攻撃する際に有利、と限定的なパック・タクティクスを得られる。本体の近くにいる敵でないといけないため、戦い方が固定されてしまう上に近接戦で被弾しやすい=精神集中が途切れやすいのがネックだが、複数回攻撃可能な相棒なら一考の余地アリか。そうでなければ、テレパシーによる通信を本命としよう。それと、アブソーブ・エレメンツも優秀な防御手段。
 AC向上手段であるバークスキンは、習熟ボーナスがACに乗る動物の相棒を対象にすると残念ながら利点薄い。相棒とのシナジーを考えたら、それよりはビースト・センスで斥候としての能力を高めたい。
 15レベルの“呪文共有”は自分と動物の相棒両方に呪文を適用させるので、ハンターズ・マークが嵐のような攻撃回数全部に適用されてお腹いっぱい胸いっぱい。ビーストマスターとして一つの頂きに到達したと実感していいだろう。キュア・ウーンズを発動すると自分も相棒も回復するというのもインチキ臭い。相棒のhpの低さを補うためにも、アブソーブ・エレメンツもぜひ用意しておきたい呪文の一つ。

 こうして見直してみると、問題外というのはちと言い過ぎたと思う。それは素直に謝罪したい。
 が、他のクラスに比べると苦労が多いというのはあながち外れてない、そこは譲れない。なんちゅうか「弱い」というより仕込みや運用のデリケートさにせよ、それが成就するまでの期間にせよ、色々と「面倒臭い」印象なのだな。ハマッた時の爆発力は相応だが、他のクラスはもっと早い段階から正攻法でそれに近い強さを発揮できそうで。一歩一歩目的に近付いていく地道な成果を喜びと感じられる勤勉さと、それを成功に導ける計画性、そして何よりも相棒を死なさず活用できるプレイング、まあ要するにTRPGに求められる要素全部が高い水準で必要となるだろう
 多分だけど、筆者も含めて動物の相棒を以前の版と同じような使い方や見方をして「使えない」と判断していたんではないだろうか(4eで3eと同じような遭遇を作ると非常にかったるい戦闘になるのと同じ)。3eや4eでも頑丈とは言い難かったが、5eの相棒はそれ以上に脆い上に動いてくれない。戦闘に加われない動物の相棒ってなんじゃいと言いたくなるのももっともだが、ドルイドと違って飛行・水中移動力を持つものも選べるとか、ファミリアよりそこそこ戦えるとか、冒険の枠を広げるという意味での相棒と考えるのが正しい認識だった気がする。
 エンジンがかかってくるのは5レベルからで、それ以降の連携攻撃が確立されれば我々が動物の相棒に求めるイメージに恥じない戦力となることも夢ではないだろう。が、とにかくhpの低さだけは本当にどうしようもない。5eのクリーチャーは攻撃ボーナスこそ伸びづらいが、ダメージと攻撃回数は実にお気軽にポンポン伸ばしてきてくだっしゃる。脅威度1以下の範囲でさえ、ホブゴブリン、バグベアの追加ダメージにパック・タクティクスと複数回攻撃の合わせ技のサグを見れば多くは言うまい(余談だが、オレはこれら全てと1レベルの時遭遇したことがある。思い出してまた腹が立ってきたな)。レンジャーのレベルが10も超えればワカらないが、それまでは相手によっては一撃で倒れることもあり得ると覚悟した方がいい。意地でもダメージを相棒に及ばないようにするには、バーディングが許されるなら徹底的に資金をつぎ込んでACを向上させ、クレ公にウォーディング・ボンドを使ってもらえるぐらいの戦力の証明は
1d4a1dd9.jpg
 と豪語するぐらいのアストロガッツでいこう。
 んでは具体的にどんな相棒を選んでどんなことができるのかの検証、それは後編にて。

スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ PSYCO-GUNDAM 地霊殿 ガンダム スティール・ボール・ラン ファンタズム・アドベンチャー 機動戦士Zガンダム シナリオ Season5 Season3 MC Season9 奇想コレクション Forge UA シオドア=スタージョン 世紀末古代災厄公社伝説 バキ フィリップ・K・ディック Season12 レッド・ノベンバーを救え! 好きなTRPG 荒野に獣慟哭す 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 Volo's_Guide_to_Monsters シャドーオーバーミスタラ タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 特撮 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 五つの風 プロモカード 映画 快傑ズバット 雑記 T&T FEAR d20モダン ダンジョン・コマンド ダークブレイズ アリアンロッド メガテン Temple_of_Elemental_Evil ラス・オヴ・アシャーダロン 機甲猟兵メロウリンク 即大休憩 シャドウラン 真夜中の探偵 ACG 東映特撮YouubeOfficial アルフレッド=ベスター 異色作家短篇集 レイトショウ 装甲騎兵ボトムズ 三国志 手塚治虫 VGtM Pit ジャングルスピード ゲーマーズ・フィールド ドラスレ Out_of_the_Abyss モンスター画家 東方領土研究会会報 三上寛 エンゼルギア 火の鳥 セブン=フォートレス 当方領土研究会 クソコラ MM2 ラクラク大統領になる方法 ウルトラマン イベント パラノイア 革命万歳 ラフカディオ・ハーンと四つの顔 魔獣使いの少女 コズミック・エンカウンター アーカム・ホラー キャット&チョコレート キテレツカップリングパーティ 都筑道夫 刺青の男 レイ=ブラッドベリ 絶体絶命 ログ・ホライズンTRPG ガントレット・オブ・フールズ 島本和彦 バイブルハンター 幻想少女大戦 スティーヴン=キング フレドリック=ブラウン ミストグレイヴ クトゥルー神話 ポケットの中の戦争 そっとおやすみ 鉄腕アトム カットスロート・プラネット ストーンオーシャン 異色作家短編集 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード