TRPGこぼれ話#272~ガンダム戦記レポート「ダイクンの亡霊」前編~

 まさかのガンダム戦記レポート二回目だ!
 一年の内に二回もガンダム戦記やるとは思わなかった。

 今回の舞台は地球、主戦場から離れていて割とどうでもいい扱いをされていたアフリカ戦線。そこに配属されることになったのが以下の三人。

・ピット=デイル→傲慢で権力志向だが【意志値】が人間の最低レベルなんで超が付く優柔不断の上に意志薄弱というかなりダメダメな野心家。【自制値】(〈説得&口車〉などの目標値)が5しかないので、簡単に篭絡される。ダイスを振って生まれた恋人は「探さないで下さい」という手紙一つ残して去ったが、まあ意志が弱いからだろう。困ったことにこんな奴が小隊隊長。ダイスを振ったらそうなった。
・ユーノ=スゴイビッチ→エリート育ちのウェーブ。あらゆる能力値が高い水準のPL曰く「ぼくがかんがえたすごいパイロットみたいになっちまった。これ絶対死ぬ」と確信してるほどに優秀なパイロット。ぶっちゃけピットの上位互換。ロシア系の血筋であり決してすごい売女というわけではないが、セッション中の発言を見るに案外当たっていた
・ハピタ=レシアノン→人類の最低レベルの【外見値】のニューハーフというかなり未来の無い運命ながら、〈性的魅力〉が【外見値】でなく【感応値】のためフェロモンは強い模様。これで生きる道を切り開く。

 ZZの青の部隊やロンメルのように、アフリカ戦線ではおいてきぼりにされてア・バオア・クー陥落後もゲリラ活動を行う連中が残存できていたのはご存知の通り。まあ、そのぐらい連邦からしてもどうでもいい戦場だったってことですな。

ピット「ううっそんな戦場に何故俺は送り込まれてしまったのか。……やっぱり意志が弱いからなんだろうなあ」
GM「皆さんの機体は後ほど到着します。何に乗るかダイスを振って決めてもらいましょう」
ユーノ「て、またランダムなんですか」
ハピタ「ザクタンクが入ってるけどこれ作業用MSじゃありませんのん?」
ピット「戦えないじゃねーか」

GM「なあに6ゾロを振れば鹵獲した陸戦型ガンダムに乗れる可能性もありますよ。振ればですがなオッホッホ」

ピット「ええいこの際ザクタンク以外なら何でもいいわい! ドゥオリャア、6ゾロキタ――(゚∀゚)――!
GM「( ゚ω゚)……マジッすかい。で、では陸戦型ガンダム進呈を。でも鹵獲機で予備パーツが無いから壊れた部分があっても直せないから気を付けて下さい」
ピット「そうなったらEZ-8にしよう。もしくはZザクを先駆けたザク頭ガンダム」
ユーノ「おおお、私も前回乗りそこなったケンプファー! フハハハ前回二択を外した鬱憤を晴らしてくれましょう」
ハピタ「あたしは普通のグフか。カスタムじゃないのが残念だけど、まあ砂漠では標準的な機体よね」
 
 (単なるダイス運という)思いがけぬスーパーパワーアップを得て、打って変わって意気揚々と地球に向かう一同。
GM「配属先はオベイド基地、スーダンの辺りですね。砂漠のオアシス的な都市で、基地間が開いていても存続できるよう、インフラも充実しています。皆さんをマルク=グリューン司令が出迎えてくれます」
マルク「来て早々で申し訳ないのだが、君達にはMSが到着次第、早速出撃をお願いしたい」
ピット「( ゚3゚)ホェ?」
マルク「実はオベイド基地内には以前から不穏分子が活動していてな。慣れない地球の生活に鬱屈して、宇宙への帰還を望む連中がクーデターを目論んだのだ。先任司令のパイロン大佐もその件で更迭されたのだが、ついに彼らはマスドライバーと通信基地をMSで占拠した」
ピット「え、それって我々宇宙に帰れないし目も耳も塞がれた状態なのでは……」
マルク「物資輸送のマスドライバーや短距離の通信は可能だが、それに近い状況と思った方がいいだろう」
ユーノ「ふん、ホームシックにかられるとはジオン軍人の風上にもおけない奴らですな」
ハピタ「あたし達の他に戦力はどんなもんなんでしょう」
マルク「アジア戦線から合流したツァオ小隊が君達と共に作戦に加わる。君達のMSが届くまでは動きようがないから、偵察や情報収集はこちらに任せて今日は骨休めしてくれたまえ」

 マルク司令の言葉に甘えて、町に繰り出す一同。前述の通りインフラが整備されており、戦場からも遠いため、砂漠の真ん中とは思えないほど穏やかである。
ハピタ「せっかく歓楽街に来たんだし、まずはお酒でも一杯やりましょうよ」
GM「それなら、強い日差しを避けられる涼しい地下酒場がありますよ」
 階段を下りていった先の店内では、非番中の兵士がたむろっていた。娯楽もあまりない町だけに、酒場は主要な溜まり場なのだ。
GM「……で、入っていくと、(ダイスの出目を見て)ハピタの足を誰かが引っ掛けます」
ハピタ「お? 〈回避&脱出〉は……失敗。がっしゃーん」
GM「周辺の兵士はドッと下卑た笑いを上げますな」
ピット「あ、なんか不穏な予感。えーと、そういうのは止めた方がいいんじゃないかなー(聞こえない程度に小さな声)」
ハピタ「やーん、何すんのよ、と腰をくねらせます」
GM「じゃあ〈性的魅力〉で……って、コレ【外見値】が基準値じゃないのか
ピット「顔はまずいけど体つきは最高にエロいとかそういうやつかなあ」
ユーノ「でもニューハーフじゃなかったっけ」
ハピタ「おお、しかもすごい出目」
GM「そりゃあ男どもはメロメロですな」
ピット「娯楽が無いと倒錯した趣味が流行るのかなあ……」
ユーノ「意気投合したんなら、話でもしていきますか。バーテン、ウォッカくれ!」
ハピタ「砂漠のど真ん中にあるんかね」
ユーノ「なに、ウォッカは何処にでもあるものです。安いから
 兵士たちから最近のオベイド基地の様子を聞き出す三人。宇宙帰還のクーデターを目論んでいたパイロン大佐は左遷された(ユーノ「よく殺されなかったなあ」ハピタ「多分最前線送りになったんでしょ」)ものの、内在的な賛同者はかなりいたようで、今回の件も潜伏していた連中の仕業らしい。
 てな話をしていたら、町に時刻を知らせる放送が流れるや、だらけた雰囲気の兵士たちは皆顔を引き締めて立ち上がる
ハピタ「え? どうしたの? もっと飲みましょうよー」
兵士「いや、これから教会で集会が行われるんだよ。みんなそれに行くんだ」
ピット「宣教師でもいるんすか」
兵士「まあ、そんな感じだな。聞いてると心が落ち着いて安らぐんだ
ユーノ「……それ、オーガニックな何かとか怪しげなモン使ってるんじゃないでしょうな」
兵士「なんせ生まれ故郷の宇宙から離れ、娯楽も少ないこんな砂漠だ。そういう場所では精神的な救いが必要なのさ」
 何やら妙な話を聞きつけた三人は他にすることも無い(ついでに小隊長は主体性が無い)ので、集会に出てみることに。

 町はずれの教会では、老齢の男が熱弁をふるっていた。その内容がこれまた奇妙で、ジオニズムについて語っているものの、ギレン=ザビが主張していたような選民思想、スペースノイド中心主義とはまた異なる。元々スペースノイドの世界である宇宙への回帰主義、宇宙に出ることによる新たな感覚の発現など、一般に流布されているジオニズムとは異なる、原ジオニズムとでもいうべきものだった。
GM「〈教育〉判定に成功すれば、どこかで聞いたことがありますね」
ピット「うーん、プレイヤー的には誰が唱えているか察してはいるのですが、技能をなんも割り振ってないのでわかりません」
ユーノ「っていうかコレ割と危険思想なんでは
ハピタ「思いっ切りクーデータ賛同者を煽ってるよねコレ」
ピット何を言ってるんだ! あれはまったく素晴らしい説法だったじゃないか!(目をキラキラ輝かせながら)」
 あっけなく信奉者になったピットはさておき、反ザビ家思想をのさばらせておくのはどう考えても変だ。それも、相当前からこのような活動を放置しているらしい。
ユーノ「こらちょっと探りを入れた方が良さそうですなあ」
ハピタ「んじゃさっきの宣教師に会ってみましょ」
ピット「そうだそうだ、是非とも直接お話を聞きたい(目をキラキラ輝かせながら)」
 その男の住処はいやに豪勢で、ひとかどの地位の人物と思われる。その奥に身を潜めるように老人は座していた。
ピット「すいませーん、先ほどの話の続きをお伺いしたいんですけどー」
老人「こ、これはどうも、ありがたいお言葉を……」
 いつ頃からここで布教を聞き出そうとするも、いまひとつ話にピンとこない。
ユーノ「なんか客人を歓迎してない風だなあ」
ハピタ「あの話、ザビ家が唱えてるジオニズムとは違ったようですが」
老人「ああ、それはジオン共和国の祖、ジオン=ズム=ダイクンの主張した本来のジオニズムなのです」
ピット「PL的には気付いていたけどやっぱりか。その名を直に聞いて、瞳の輝きが通常に戻ってきましたぞ
 現在のサイド3はジオン公国を名乗っているも、本来の名はジオン共和国であった。ジオン=ズム=ダイクンはその共和国立国の主導者となった人物で、地球を聖地とし自然環境を保全するエレニズムと、宇宙に出て独自の視野を持ったスペースノイドの自治権の確立を訴えるコントリズムを発展させ、ジオニズムと呼ばれる宇宙移民独特の思想に発展させた。が、その志半ばで死亡、後を託されたデビン=ソド=ザビはザビ家独裁政権へと切り替え、極端な選民思想へと先鋭化させていったのは歴史の知るところである。
ハピタ「要するに時代の遺物的主張を訴え続けていたワケね」
ユーノ「っていうかコレめっちゃ危険思想じゃないですか」
ピット「あのう、お名前お伺いしてよろしいですか?」
老人「えー……バル=ジンラと申します」
ピットそのまんまやないかい!
 PL的には正体即バレなのだが、ともかくロクでもない思想とワカった今はとっとと場を辞してマルク司令に糾弾に向かう。
ピット「まったく何だあのジオン独立戦争の根幹を揺さぶるような異端思想は! まんまと騙されるところだったがそう簡単には俺は惑わされんぞ!(プンプン)」
ユーノ「……それはともかく、気を付けた方がいいのは確かですね、あの老人」
ハピタ「あれ? なんかバルさん家にでかい荷物が届いたみたいだけど」
 トラックを覗いてみると、そこには食料やら嗜好品やら将官用のどえらい豪華な物資が積まれていた
ユーノ「なんじゃこりゃあ! おーい運転手! お前一体何でこんなもん運んでる!」
運転手「いやだってマルク司令が持っていけって」
ハピタ「ええー!? 司令自ら許可出してんの!? これはいよいよもって怪しくなってきたな」
ユーノよし、ひとまずこの荷物は我々が預かった
運転手「て、いきなり横領ですかい」
ピット「そうだよそういうのは勝手にやっちゃいけないんだよぅ(オロオロ)」
ユーノ「将官用の物資を民間人に届けてるという行為の方が問題だというとるのだ。なんならマルク司令に通告してもいいぞ」
運転手「んじゃどうぞ(通信機を差し出す)」
ピット「そういう仕事は俺がすべきような気がするけど怖いから黙ってよう」
ユーノ「……とまあ、かくかくしかじかで問題の物資は我々が預かりますが」
マルク「あー、そうしてくれたまえ」
一同「かるぅい……」
ユーノ「んじゃそれはいいとして。高級物資を渡してまで世話しようっていうあの老人は何者なんでしょうか」
マルク「まあ、そういう地位にあるような人だと思ってくれたまえ」
 これ以上の深入りは通信ではわかるまいと一旦終了し、トラックの影に隠れてヒソヒソ相談。
ハピタ「まさかと思ったけど司令ぐるみで危険分子を保護しているとはねぇ」
ピット「おのれぇ、基地司令とあろうものがあんな異端思想にカブれてむざむざと利用されているとは何たるザマだ! ジジイの口八丁に丸め込まれるとかあまりにもチョロ過ぎだろ!」
ユーノ「……とにかく調べた方がいいのは確かでしょうから、後々潜入することも考えておきましょう。んじゃあせっかく接収したこの物資ありがたく賞味するとしましょう
ピット「ええー、いいのかなあ……でもおいしそうだから大丈夫だよね」
 と、そんな話をしている時。
GM「皆さんちょっと〈知覚/観察〉ロールを」
ユーノ&ハピタ「出目がいいぞー」
ピット「うーん、【知性値】は標準しかないんでそんなに高い達成値出ません」
GM「……では、ユーノさんとハピタさんは気付きました」
 先ほど辞したバル老の邸宅から、ニュッとごつい無線用アンテナが伸びた
ユーノ「は? アンテナ?」
GM「なんか、とても民間用とは思えない強力なヤツですね」
ハピタ「誰と連絡とってるんだろう……いよいよイヤな予感がしてきた」
ピット「みんなどうしたんだ? ああ将官用の食いもんはンマイなあ~」

 とか何とかやってる内についにMS到着。出撃である。
ピット「ふっふっふ、まさかジオンの宿敵白い悪魔に乗る日が来ようとは。サンドカラーなんで黄色っぽいけど」
ユーノ「私もこの脅威のスラスター移動力と全身武装で反乱者どもなど蹴散らしてくれましょう」
ハピタ「サンドカラーのケンプファーってのもシブくていいねぇ」
マルク「彼らはマスドライバーの発射体勢を整えている、何としても止めねばならないが、出来ればマスドライバーは破壊しないで制圧してほしい」
ユーノ「場合によってはフッ飛ばすのもやむを得ないって態度ですねえ」
 その懸念も大当たりで、向かう先で見えたマスドライバーは既に発射を間近に控えていた。
ピット「うおおーい!? なんか数ターン後には発射されそうな雰囲気なんですけんど!」
ユーノ「ええい君達早まるんじゃなーい! こういう時は一杯のウォッカでも飲(や)って落ち着いて考えるんだ! 後先考えずに宇宙に出ても待っているのは銃殺刑だけだぞ!」
反乱兵「うるせー! ただでさえクソ暑ければ虫だらけのこんな地上でいつまでも待ってられるか! 我々は真のジオニズムの導きに従い宇宙(そら)へと還るのだ!」
ハピタ「まあ住み慣れない地球に降ろされた上、こんな砂漠のど真ん中で生活してりゃねえ。あとやっぱあの思想に毒されてるっぽいわね」
GM「相手はグフを展開してきますので、これらを撃破してマスドライバーに接近するのが目標です」
 ツァオ小隊に一翼を任せ、ピット小隊は真正面から突っ込んでいく。
ピット「よし、早速前衛にビームライフルをブチ込んでくれよう!」
ユーノ「え!? そんな距離から届くんですか!?」
ピット「陸戦型ガンダムのビームライフルは16ヘクスまで届くのだフハハハ。そしてダメージは16点!」
GM「なんじゃあそりゃあ! いきなり右腕が吹っ飛んだ」
ピット「ふっふっふ、これから俺のガンダムは黄色っぽい悪魔と呼ぼう(調子に乗りまくり)」
ユーノ「では、私は一挙に距離を詰めて。ケンプファーの魂ショットガンを喰らえー!」
GM「むむ、それなりには効いております。反撃は……こいつ射撃は手のマシンガン頼りか」
ピット「あんななんちゃって武装に貫かれるほどMSの装甲は……」
ユーノ「……抜けました
一同「エエーッ!?」
ユーノ「今見て気付いたんですけど、こいつメッチャ装甲薄いんですよ。……ふう、誘爆はせずに済んだ」
ハピタ「撃つだけ撃ってすぐ後退する戦い方は設定通りと言えるけど……」
ユーノ「まさかこの世にグフの手マシンガンで貫かれる装甲のMSがあるとは思いませんでした。しかも回避はそこまで高くないし」
ピット「さんざバカにしてたけど、前回のギャンは基本性能は優秀だったんですなぁ。これは俺のガンダムが前に出て足を止めつつ速攻で落とすしかないか。しかしビームライフルだと命中箇所が散るしなあー」
GM「命中-4で部位狙いというルールがありますよ」
ピット「それやっ。この際陸戦型ガンダムの基本性能があれば-4程度なんぼのもんじゃーい! オラァ一機撃破!」
 戦闘外ではくその役にも立たない軟弱GUYであるが、流石の黄色っぽい悪魔の性能に助けられ、バスバス撃ち落としていくピット小隊長。
ハピタ「そういえば白兵戦だと部位を指定できるんでしたっけ」
GM「ですね」
ハピタ「ならあたしはヒートロッドで胴体を攻撃するわよ」
GM「……ぐっはぁ、誘爆して脱出のヒマもなく焼き切られた」
ユーノ「ううっチェーンマインは兵装に入っていないのか。あんな一発芸無くて当然と言えば当然、やっぱりこれはビームサーベルで後ろに回りつつ刺すのが最も効率的!」
 このシステム、前回記述したように1点でもダメージが通ると誘爆チェックをしなければならず、2d6を振って現在の部位耐久力以下の値を出さないとその部位が一撃でフッ飛ぶ。当然胴体が爆発四散すれば即死である。おかげで白兵武器で胴体だけを狙ってくる殺し屋みたいな奴と胴体だけをビームライフルで狙い撃つ殺し屋みたいな奴が闊歩する殺戮の場と戦場は化す。
ピット「……ケンプファーでその戦い方ってガトリングガンで蜂の巣にされるんじゃないかなあ」
ユーノ「結局ジャイアント・バズもシュツルムファウストも部位を指定するにはペナルティがかかりますから」
 かくて危ない局面はありながら、ほどなくグフは全滅。しかしマスドライバーは発射カウントダウンに入っていた!
ピット「うわやべえ! この距離から止められるものなのか!(トミノ弁)」
GM「ダメージ次第っすなあ。やり過ぎるとマスドライバーごと破壊してしまいます」
ハピタ「あたしのグフだと射撃武器が無いのよねえ」
ユーノ「ジャイアント・バズを取り出して撃ってはみますが……まだ動いてますね」
ピット「ようし、それならこの黄色っぽい悪魔のビームライフルの番だな!」
 ズビィームと放たれた光条は一直線にマスドライバーに飲み込まれていき……着地点を爆裂に包んだ
ピット「エーッ!? やり過ぎた!?」
ユーノ&ハピタ「あーあ、こーわしたーこーわしたー♪ しーれいにーいってやろー♪」
GM「あと通信基地もついでに爆発して木っ端微塵です
一同「E~~~~~ッ!?」
 脱出計画は阻止したもののマスドライバーは破壊、通信も断たれ、オベイド基地は足をもがれ、耳と目を塞がれたような状況になってし、モウター。

(ダンダン、ダダダダン、シュウッ!←アイキャッチの音。というわけでつづく)

スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC シオドア=スタージョン UA 世紀末古代災厄公社伝説 Forge 奇想コレクション バキ フィリップ・K・ディック レッド・ノベンバーを救え! Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す シャドーオーバーミスタラ ナイトウィザード タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード