TRPGこぼれ話#266~ガンダム戦記レポート「リメンバー・スリー」前編~

 5eキャンペーンに続くセッションレポート、今回はガンダム戦記だ!
 もっぺん言うぞ!(千葉トロン調) ガンダム戦記だ!
 ブレカナ・D&D・ガンダム戦記、とても2016年とは思えない記事群。

 ガンダムTRPGはいろいろ出ているが、多分最後に出たのがこの『ガンダム戦記 -一年戦争全戦闘記録-』じゃないかなあ。

 ガンダム関連とズブズブだったTRPGマガジンも休刊になっていい加減バンダイがTRPGに騙されなくなったからな最後のタイトルだが出たのは20世紀
 昔のシステムだけに色々とツッコミ所満載……いやあの時期は大味ではあったけどそこまでいい加減ではなかったよな。っていうか何故曲がりなりにも2000年にアメゲーの『メクトンZ』のルールを踏襲した、それもよりにもよってガンダムを冠したTRPGでそれをやったのか。ちなみに元ネタのメクトンZは1d10の上方修正というドンブリ勘定もほどがあるシステムで、これを2d6にしたトイ・インターナショナルの方々はいい仕事した。いや、そもそもなんでそんなシステムが元になってるのよ、という疑問は残るんだけど。どっかからゴリ押しでもされたんだろうか。メクトンZをガンダムにして売り出さないと家族の命はない、とか。
 同じトイ・インターナショナルだけに体裁はボトムズTRPGとクリソツだが、あっちはちゃんと一から作られてるので大味ではあるけれどちゃんとしてる。じゃあこのガンダム戦記がちゃんとしてないのかというと、たかが一回遊んだだけで言うのもナンですが割とそうです
 パイロットの能力値で戦闘に反映されるのが【反応値】だけとか。【外見値】みたいにくその役にも立たない能力値が設定されているとか。後者はクトゥルフのAPPを彷彿とさせるが、〈絵画〉〈作詞〉など無駄に用意されている技能が多いのもクトゥルフっていうか古臭いアメゲーっぽい。それ、ガンダムに必要な技能じゃなくてガンダムアニメを作る時に必要な技能じゃねえか。どいつもこいつも流行りのTCGに現を抜かす中、FEARが孤軍奮闘して以後TRPGの1つのラインを形成しようとしていた頃にこういうシステムがひっそりと出版されていたというのは、ある意味貴重である。
 誤植が物凄く多いのも昔のゲームっぽい。N◎VAXとブレカナRも多かったがあんなもんじゃない。機体データで誤植が無い方が少ないんじゃないのか。「俺の機体なんでキックが腕内臓になってんですか? しかも両脚とも」と聞いたところ、「このゲームではルールブックに書いてあることよりも自分たちのフィーリングを信じろ」という衝撃的な返答を貰った。恐ろしいことに現在でも公式ページでエラッタは確認できるぞ! すっげえやる気のない公式ページ! TRPGの公式ページはやる気なさすぎと批判したが、それにしてもこのやる気のなさはねーよ! 「ジオシティーズかよ!?」と思わず漏らしちゃったよ(この驚き方が既にトシだって? うるさいよ!)。「プレイステーション2用ゲーム『機動戦士ガンダム戦記』とは一切関係ありません」という但し書きは笑う所なのか。
 とまあ散々ディスったけど呼ばれたからはどこどこまでも、鉄の左腕が折れるまでダイスを振るTRPG地獄で男を磨いてきたTRPG侍ども。きっちり遊び倒してやりましたとも。一部のルールを除けば2d6の上方修正なんで見た目よりはずっと遊びやすい。それにガンダムというのは我々の共通認識でもあるから、元ネタとして非常にやりやすく、かつ楽しめるというのもありますな。ルールブックも「エラッタを除くと結構読める」(GM・談)そうです。シャアが三倍速く動ける理由をちゃんとゲーム的に説明をつけて、しかも再現できるとか細かい気配りも見受けられる。ボトムズTRPGも解説書としては超一級だったな(あれほど読み応えのあるボトムズ解説書はそうありませんぜ)。イデオロギーを叫ぶと相手が怯えてすくむとか気になる選択ルールもあるそうで。使ってみたかった。
 さて舞台は宇宙歴0079年末(開始時点ではネタバレになるのでひみちゅー、であった)。サイド3の33バンチは自然環境豊かなコロニーで、地球環境シミュレーターとして利用されていた。なんと合成肉じゃない本物の肉を食べられる自然素材が主な産業だ(センチネル風に言うと本物のモウモウちゃん)。あと観光。さびれてないテキサスコロニーみたいなもんですな。
 コロニーの主はデギン信者であるエルエン=カトーで、このコロニーも荘園と言える立場。またエルエン氏はMS開発に対して早期から推進者であり、自身も個人的なコレクションとして所持していた。が、残念ながら先頃戦死。現在はその息子たちがコロニーを切り盛りしていた……てなワケでPCはコロニー責任者の↓彼らです。

シンペー=カトー…エルエンの息子。行動原理は財産というわかりやすいナイスガイ。ボンボンながら割と政治的手腕を発揮する。
セリヤ=リン…気弱で作詞と作曲が趣味の民間人。3バンチ出身だが、急な疎開で追い出されたところをエルエン卿に拾われた。現在は使用人として勤務。名前はトミちんのペンネームの合体……と思ったが、井荻麟はともかく芹谷じゃなくて斧谷(よきたに)だった。
バラカス=オプティマス…最初は女性キャラにする予定が髪形でモヒカンになったので急遽旧ザクのテストパイロットだったごつい男に。モヒカン女性ってそれ岩田光央の奥さんじゃないんだから。エルエン卿の下に来たのは、ガルマと知らずに訓練でしごいちゃって、立場がマズくなったからとか。

 搭乗する機体はエルエン卿の個人所有物。
GM「卿はコロニー内でMSを戦わせるのがお好きでして」
シンペー「ガンダムファイトレディーゴー! というわけだな」
セリヤ「ガンダムいませんやん」
バラカス「んで、機体はどうするんだ? まさかランダム?」
GM「いえ、選んでもらいますけどエルエン卿はいささか中二病を患っていて、機体を独自名称で呼んでいたんです。故にその中二ネームを頼りに選んでもらいます
一同「( ´゚д゚`)エー」
 前代未聞の中二ネームから中二力を嗅ぎ取って強機体を引き当てる、恐怖のくじびきアンバランス。皆さんならどれを選ぶでしょうか? 答えは白字で伏せてありますので決めたら見てね。

ドラッケン(MS-05B ザクⅠ
サラマンダー(MS-06F ザクⅡ
エイスサラマンダー(MS-06K
ワイバーン(MS-07H グフ飛行試験型
クルスリッター(YMS-15 ギャン
シュバルツラスティング(MS-09 ドム
グラディエイター(MS-18E ケンプファー
ワイルドシュバイン(MS-14A ゲルググ
ヘキサ(MS-11 アクトザク

バラカス「命名方式はドイツ語なのね」
GM「そりゃあ中二ネームの本場ですからな」
セリヤ「ボールペンをクーゲルシュライバーと言っちゃう言語ですしね」
シンペー「しかし名前の響き以外ノーヒントってのが辛いな」
セリヤ「迂闊に選んでヒートロッドが四本ある機体とか頭にブーメラン付けた機体とかつかまされたらたまりませんな」
一同「いらねーよ!」
 
シンペー「クルスリッターっていうのはどういう意味だろ」
GM「十字騎士とかそんな感じだったような。ヘキサっていうのは呪術師ですな」
セリヤ「ウォーロック呪文のヘックスと同じ語源っぽいすね」
GM「んでシュバルツラスティングは黒い鎧」
バラカス「これがドムっぽいなあ。安牌として選べそうだ」
シンペー「グラディエイターというのも気になるが、クルスリッターという響きもまた惹かれるなぁ。あとヘキサってやつ。これだけ異色」
セリヤ「騎士でジオン系というとアレしかない気もしますけど……あとヘキサって言っても僕Vガンダムヘキサしか出てこねぇ」
シンペー「よし、決めた。クルスリッター、シュバルツラスティング、ヘキサの三機で」
GM「あい。では、機体は以下のようになります」

クルスリッター→YMS-15 ギャン
シュバルツラスティング→MS-09 ドム
ヘキサ→MS-11 アクトザク

シンペー「ケンプファーとの二択でギャンを選んでしまうとはそしてこの諦念……」
セリヤ「いやケンプはともかく騎士の機体って言ったらアレしかないでしょう。あと武装と見た目がアレなだけで、機動力なんかは一級品だったハズですよ。曲がりなりにもビームサーベル装備ですし。収束悪そうなぶっといのだけど」
バラカス「ドムは安心だが。ちょっと待て、コレリックドムじゃないんか
GM「地球環境シミュレーターのコロニーですんで」
バラカス「宇宙だと熱核ジェットの意味がなかろーが! あと機密とか色々な問題で死ぬわ!」
GM「わ、わかりました、流石にリックドム扱いということで」
シンペー「ワイルドシュバインがゲルググだったか」
GM「ワイルドシュバインはイノシシという意味でしたな」
セリヤ「ブタ面ですからなアイツ。そしてアクトザクキタ━(゚∀゚)━! デザインはダサい(多分半端にゲルググのラインを取り入れた肩と、ボヤッキーのヒゲみたいなパイプがいけない。あと脛がコンバットアーマーっぽいのも)けどビームライフル装備なんですよねってなんで武器がザクマシンガンですのん!? しかも近接武器までヒートホークに弱体化しとるし!

最近のアクトザクは妙にかっこよくリファインされていて違和感がある。
Ms-11.gif
そうそう、これだよこれ
GM「その代わりマグネットコーティング仕様ですんで回避力は折り紙付きですけん」
バラカス「確かにどえれえ回避力だな。基本機体に乗ってると命中・回避は下がるもんだがこいつ-2しかかからんぞ」
GM「しかしこんだけ機体ある中で二機もツィマッド製を引き当てるとは、君らどんだけツィマッド信者やねん
シンペー「きっとデュバル少佐みたいにジオニック社の陰謀を疑ってるんだろう」
1341107751342.jpg
セリヤ「ワイバーンも気になってましたが、宇宙船で航空戦力というのはどうなんだ、という疑問と、グフ飛行試験型の影を予知したので避けたのは正解でしたな

Zのサイドストーリー(すっごい昔に出てた百科事典タイプの書籍に掲載されてた気がする)でも飛べずに燃え尽きた欠陥機だが、このゲームでは両手のマシンガンしか武器が無い輪をかけたダメ機体。

 機体の割り振りはこのようになった。

シンペー→ギャン
セリヤ→アクトザク
バラカス→リックドム

シンペー「ふっふっふ、貴族の御曹司となればギャンしかなかろう」
バラカス「ニュータイプ能力が無い奴がマグネットコーティングされた機体に乗っても仕方ないから俺はドムだな」
セリヤ「民間人の僕が一番ニュータイプ能力高いんですよね。それもガンダムっぽいが(新兵のシンペー…審議中…もニュータイプ、ベテランのバラカスはニュータイプ能力は無いが技能レベルが高い)」

 機体は選んだものの、彼らがこれに搭乗するのはもう少し先の話。
 報道によるとジオンは連戦連勝、後もう少しで宇宙における自治権を確保できるのは間違いないという話だった(だめなフラグ)。
シンペー「いやあジオンの栄光は安泰、このコロニーも平和そのもの、僕の未来はバラ色だワッハッハ」
セリヤ「それにしては僕が3バンチからおん出された時は、急な疎開だったような……」
 まあなんだ、この後の展開知ってるから言っちゃうけど、学徒出陣やらかした上に真実を国民に伝えられない国が戦争に勝てるわけないよね
 デギン公王の忠臣という名誉を得ながら、戦線から離れた荘園コロニー33バンチは戦況はおろかア・バオア・クーがどうなってんのかも知る由も無かった。そんな33バンチに、一隻の艦が訪れる。
GM「何やら軍艦が来てエラそうな人が面会を求めているそうですよ」
シンペー「む? いきなりこのカトー家のコロニーに入り込んでくるとは一体何者?」
GM「エラそうな人はジオン軍からやってきた少佐だそうです」
セリヤ「えーなんでそんな地位の人が!?」
少佐「おめでとうございます、ジオン軍への招集です
シンペーギャーやっぱりそうだったぁ! いやだー戦場なんて行きたくないー! ボクは一生をこのコロニーで終えるんだー!」
バラカス「長男だから兵役免除とかされてないんかな」
 男の一枚レッドカードに錯乱するシンペーだが、さすがに訓練も受けてない若者と共にゲルググに押し込む程無碍な扱いをするつもりはない。
少佐「実はこれからデギン公王と連邦軍の重鎮との極秘の会談が計画されていまして。デギン公王の忠実な臣下であらせられましたエルエン卿のご子息である貴方に、親衛隊として参加してほしいのです。実際には儀仗兵みたいなもので、存在をアピールすることに意味がありますから、戦闘に加わってもらうということではありません」
シンペー「なーんだそんなことか。ハッハッハ、そういうことならお任せあれ、このカトー家秘蔵のクルスリッター(ただのギャン)と共に参加いたしましょう」
少佐「で、ご子息は少佐という待遇です」
バラカス「すげー、いきなり佐官かよ!」
シンペー「ワハハ、そういうことなら今をときめくエースパイロットの少佐(今は大佐)にあやかり、私の事は“燃え尽きる彗星”と呼びたまえ」
バラカス「死んでるじゃねーか」
セリヤ「あのー僕も頭数に入れられてるようなんですけど」
少佐「民間人上がりの方は軍曹ですね」
セリヤ「えー、僕戦争に関わらず詩作で生きていきたかったのに……そりゃこの家の使用人ですからMS操縦の一通りのレクチュアは受けてますけど」
シンペー「なに、戦列に加わるだけでこの待遇なのだから出ない理由はあるまいよ」
GM「町の占い師によると敵の大将が死ぬという吉報まで届いてますよ」
一同「うわあこりゃあ縁起がいいや!(ドッ)」
 わかる人はわかると思いますが、この占い当たってます。半分は
シンペー「じゃあ、家を空ける前に財産をジオン国債に換えておくか。フフフ、これが財産管理の匠というものよ」
バラカス「俺は現金を貴金属に換えておこうっと」
 そして艦が去った後、隣のコロニーで鈍い光が放たれたのだが、ニュータイプ能力を持つシンペーやセリヤは憎しみの光に見えたかもしれない

 いよいよ出陣という日が来たのだが、一向に迎えの艦はやってこない。
シンペー「おっかしいなあ、予定今日だったよね?」
セリヤ「それがなんか妙な放送が入ってるんです。見慣れない首相がテレビに出てる」
バラカス「あのM字カットの眉無しが出ないとは珍しいな」
 ジオン国営放送では、ア・バオア・クーが陥落、ギレン・キシリア両名が戦士、地球連邦と終戦協定が結ばれたことを伝えていた
1446476645935.jpg 1446476703557.png 1446476797518.jpg
左からシンペー、セリヤ、バラカス
一同「えっえっえええええっ!?」
 ちなみにデギン公王とレビル将軍も死んでた。
 そんで33バンチには連邦の艦から発進したランチから青い軍服を着た連中が降り立ち、略奪行為を働いていた
セリヤ「えーッこれ一体どうなってるんです!?」
シンペー「うぬう、サッパリ様子はわからんがとにかく我々のコロニーを好き放題にされてたまるか! シンペー小隊出動じゃあ!」
セリヤ「って、僕は戦争はイヤだって言ってるのにー!」
 MS三機が接近すると、さすがに連邦軍は狼藉を控えるが、なおも強気の態度は崩さない。
 そして、略奪部隊の指揮者はシンペーの見知った顔であった。
シンペー「むっ、奴は作成時に生まれた私のライバルか!」
 PC作成時にライバルが生まれるとか家族構成とか髪形とか(いらん)設定が生まれるのもこのシステムの(妙な)特徴
シンペー「とは言え嫌う理由はなく、むしろ理由なく嫌ってるんで対処に困るのだが」
GM「せっかくなのでライバルにしたけど、まだ設定を決めてなかったな。えーと、名前は……」
セリヤ「カトーのライバルだからシムラとか」
GM「じゃあそれで」
バラカス「いいのかそれで」
GM「んで性別はダイスで決めると……女性か」
セリヤ「ほう、一年戦争時にウェーブとは珍しい」
シンペー「女性ライバルとなると、【外見値】を知りたくなりますな」
GM「【外見値】は……1
一同「(;゚Д゚)」
セリヤ「今この人1d6しか振ってませんでしたよ」
バラカス「人類の最低値(2d6で能力値を決めるので2)を割ってるって、ジャギ様みたいな顔面崩壊でも起きてんのか」
 余談ですが人類の最低級の顔はオルテガ。失礼だなあ。【外見値】の割と高い例にキシリア様が入っていたのだけれど、エラッタで消されたとか。何故そういうところにパッチを当てる!?
シンペー「いや、ちゃうねん。そりゃ嫌いになるのも当然だが、もうちょっと女性ライバルキャラというなら、こう、アレだなぁ」
 一同の困惑をよそに、シムラはジオンが降伏し、この33バンチコロニーも接収対象になっていることを告げる。シムラはその担当官というわけだ。
シムラ「んでこのコロニー豊からしいしちょこっと着服しておこうかと」
シンペー「ふざくんな! いいからとっとと正式な辞令取ってこいや!」
シムラ「えー辞令来たらできなくなっちゃうしー」
バラカス「向こうさんの戦力はどんなもんなんだ?」
GM「こっちにはランチで来てるだけですけど、艦が待機してますからな」
バラカス「うーむ、流石にドンパチは苦しいか」
GM「とは言え、正式採用こそ逃したもののゲルググと張り合った機体に名機リックドム、見たことのないザクが揃ってるから実力行使に出る程強引ではありませんね」
シムラ「さっさと諸手続き済ませなさい。それが終わったら辞令貰ってくるから」
 こうして一旦は引き下がらせたが、さて困ったことになった。穏やかで自然美湛えたコロニーで安泰の有閑貴族のはずが一転して亡国の民ですよ。
シンペー「うわーん財産没収されちゃうよーッ! ボク財産が存在意義なのにそれを失ったらどうすればいいんだよー! 助けてバラえもーん!
セリヤ「あのー財産ってジオン国債に換えてたんじゃありません?」
シンペー「はっ! そうだった! カトー家の財産が紙クズ同然に……」
バラカス「まー俺は貴金属に換えておきましたからなワハハハ」
セリヤ「んなこたーどうでもいい! 連邦軍の横暴をこのまま許していいものですか! このコロニーには僕の恋人(PC作成時に生まれた。無名)いるんですよ! どうするんですかこの状況! 蹂躙されて黙っているんですか!(マッハバロン調)」
シンペーせやかて工藤。だがチックショウ勝ち目はともかくこのままあの顔面崩壊女に頭を下げることだけは願い下げだ!」
バラカス「奴らが辞令を取ってくるまでどのくらい時間があるんだ?」
GM「こっちの諸手続きも含めて、まあ二日ってところですか」
バラカス「その二日で抗うなりトンズラするなり考えろってことか……」
 とかすったもんだしていると、不意に森の中から立ち上がる巨大な影が。
シンペー「うわなんだなんだ!? まだ連邦の連中が残ってたのか!」
GM「いや、これは友軍の機体ですよ。三機のドワッジが隠れていたんですね」

セリヤ「いくら自然環境豊富でもよく隠れられたなあ」
バラカス「てかいい機体乗ってんなあオイ」
 ドワッジは抗戦の意志はなく、シンペーとの面談を求める。
GM「彼らはジオン救国戦線と名乗ります」
バラカス「うわーこれまたダメそうな響き」
GM「隣のコロニーの戦力で、33バンチ同様略奪を受けていたところを逃れ、こちらにエルエン卿の保持するMSがあると聞いて合流してきたそうです」
セリヤ「でも三機しかありませんよ?」
バラカス「あの中二ネームリストに載ってた機体はどうなったんだ」
GMコロニー経営が苦しくて売っちゃったんです
シンペー「いやー観光と資源産業だけじゃ苦しくて」
バラカス「おまっ、ケンプファーやゲルググ売っ払ってギャンを残すとはどういう了見だ!」
※別の話になるがゲルググはともかくケンプファーならギャンの方が安定感あった。ケンプは装甲ががつくほど薄い。
GM「ジオン救国戦線のリーダーはアジーンと名乗ります。で、セリヤはどことなく見た覚えが」
セリヤ「え? つまり3バンチ時代の知人ってことですかね」
GM「本人は気のせいでしょう、と言ってますけど」
セリヤ「むーん、じゃあなんで隣のコロニーなんてウソついたんだろう? しらばっくれる理由は疎開の真相ぐらいしか思い当たらないけど……」
 アジーン曰く、既に各地のジオン系コロニーで連邦軍の略奪行為が発生しており、その横暴を暴露・打破することで宇宙移民の尊厳を守ることがジオン救国戦線の目的。
シンペー「しかし打破するったって、戦力は如何程?」
アジーン「このドワッジ三機が全部です」
一同「ダメだこりゃー」
バラカス「まー負けた国に生じるゲリラなんてそんなもんよな」
セリヤ「むしろドワッジなんて良機を三台も揃えてるのがいい方かもしれませんよ」
アジーン「無論これだけで連邦軍に勝とうとは思っていません。この33バンチコロニーの推進装置を使って、アクシズまで逃亡しようというのです
シンペー「またすげえ規模の大きな話になってきたな」
バラカス「技術的に可能ではあるのか? あとアクシズに逃げてどうにかなるんかな」
アジーン「姿勢制御用装置なんかを総動員すればできないでもないですね。話によるとアクシズではドズル閣下のご遺児を抱えて必死に逃げているとか」
シンペー「ほう、ザビ家唯一の血統が残るとあらば、デギン公王のお膝元としてはそれは聞き逃せない」
バラカス「アクシズはこの頃どうなってたんだっけ。あのミンキーモモが仕切ってるのはもっと先?」
セリヤ「戦後間もない頃はミンキーモモも可愛かったから、現在はパパンが頑張ってるはずですよ」
 それがあんなミンキーモモになるんだからシャアは本当にヒドイ奴。あとミンキーモモで唐突に思い出したがサイコガンダムのレポート放置しててすいません。
GM「後は、方角的には木星方向なので、木星船団と合流できる可能性もあります」
セリヤ「うーん、あれ最終的には変な髪形のスケコマシと共にティターンズに入るから連邦側になるんじゃないですか」
バラカス「地球から遠く離れてるから、イデオロギー色薄いんじゃないか」
シンペー「なんにせよ逃げるか留まるかの二択か。うーむ、これは我々だけで決定できる問題ではないから住民投票しよう
バラカス「時間が無いっちゅうとるだろが!」
セリヤ「連邦軍の横暴は論外だけれど、この人達の計画も相当なもんだなあ。アジーンさんも何か隠してるっぽいし」
シンペー「ええい、同じ舐めるならシムラのケツを舐めるより犬のクソを舐めた方がマシだ! てやんでえそんなのがんばりゃオレたちだってできらぁ――!」
GM「また物凄い理屈が出ましたな」
セリヤ「早くも今年の名言大賞が決定された感じ」
 当主の決断により、33バンチはアクシズ方向へと逃走することに。
セリヤ「気休めですが、現在アクシズは弱小勢力、それだけに重用されるかもしれませんよ(賈詡理論)」
バラカス「しかし実行に移すとして、アクシズにコロニーを向けるには、どのぐらい時間がかかるんだ」
アジーン「大体三日ですね」
シンペー「ぐぬぬ、それじゃ間に合わん、なんとか時間を引き延ばさないと」
バラカス「先手を打ってシムラの艦を襲う……にしても、結局連邦本体が向かってくるだけだから同じ結果になるなあ」
セリヤ「交戦は避けられないにしてもタイミングは選びたいですな」
シンペー「時間的にも、向こうさんが辞令を持ってきた瞬間を叩くしかないな。が、とにかくあと一日だ。賄賂と一緒に帳簿の偽造でも行って手間取ったフリをするか。えー、すいません裏帳簿があったりして書類の作成に時間がかかりましてー……〈偽造〉で物凄い出目が出た。これどっちが本物だったっけ?」
バラカス「裏帳簿作ってたのはお前じゃねーか!」
セリヤ「僕の〈説得&口車〉も出目がいいですぞ。平身低頭して書簡を届けます」
シムラ「まあ、そういうことなら一日ぐらいは待ってあげてもいいわよ」
シンペー「よし、後はコロニーをアクシズに向ける準備だな!」
セリヤ「しかし、あのアジーンさん、本当に信用していいのかなあ……」
 急ピッチでジオン救国戦線と共にアクシズ脱出計画を進める33バンチ。だが、その軌道は不穏な方角へと入っているのだった……。

(ダンダン、ダダダダン、シュウッ!←アイキャッチの音。というわけでつづく)

スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC シオドア=スタージョン UA 世紀末古代災厄公社伝説 Forge 奇想コレクション バキ フィリップ・K・ディック レッド・ノベンバーを救え! Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す シャドーオーバーミスタラ ナイトウィザード タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード