三国志異聞#01~ようこそ羊祜 三国志の後半~

 三国志の後半って人気ないな、とちょっと前に話題になってた
 もう言い尽くされてるけど、第一に魅力的だった英傑が片っ端からお亡くなりになってしまったからだろう。関羽が死んでからとゆうもの、曹操を筆頭にバタバタと何か憑いてるんじゃないかってぐらい死んでいる(単にその世代に登場人物が集中してるだけかもしれんけど)。いちおう歴史書ではあるものの、やはり好きなキャラクターが去った後のストーリィを追うのはつらい。
 『横山光輝三国志』の解説書で、「関羽の死を知って曹操たちは寂しかっただろう、何故なら彼らの世代の終わりを意味しているからだ」と言及していた。後年、『蒼天航路』でこの一説が的を射ていたことを知った。曹操の死で『蒼天』の物語を閉じる。これは『蒼天』が曹操の物語であったこともあるけど、あれだけ『三国志』の残りを投げっ放しにしながらもさわやかに終えられたのは、あの頃がひとつの終着点と読者もどこかしら悟っていたからじゃないだろうか。

 魅力的なキャラクターの退場もそうだが、第二世代以降が揃いも揃ってロクでなしばかりというのも大問題だ。マトモな二世がいるのは司馬懿ぐらいではないのか。曹丕はインケン、孫権も後年はアレで息子どもは惑星オドン名物共喰いに明け暮れ、関羽・張飛・夏侯淵の息子達は結果出してるけど地味だし、それ以前に名前すら覚えてもらえない有象無象の二世たち(趙雲のとか楽進のとか)…挙句に蜀の二代目が劉禅では、ねぇ…
 ところで最近、一部で「劉禅はそこまで無能ではない!」という主張を耳にする。当時としては無難なことをしていて、非難されるような暴政はしてない! 彼らの言葉を借りるとそうらしいが、なら劉璋が暗愚だ凡君だと散々バカにされてるのは…演義が脚色し過ぎなのは認めるとして、悪いことはしてなくても、それ以外誉める所が見当たらないってのは加点にはならん気がしますけどねぇ。宦官の放置とか明確な減点もありますし。
 あとなんつっても降伏後のお気楽発言。あの冷血・冷徹・冷酷の残虐超人司馬昭でさえ「人はここまで無感動になれるものか。諸葛亮でも蜀が滅びるのを止めるのは無理だったろう、ましてや姜維ではな」と呆れさせたのは致命傷だ。劉禅が保身のため芝居をしたとゆう説もあるけど、「あの人はそんなに世渡り上手じゃないです」(アンノ監督調)。無能ではなかったとしても、こいつについてきた蜀の人たちはとっても可哀想

 ストーリーが『演義』『横山』では孔明先生無双になってるのも好みが分かれるところか。そして俺はキライだ。話自体は面白いけど、『横山』の孔明は大嫌いだ。
 あまりにも鼻につく孔明先生の神格化と、悲願に挑む稀代の智将アタシ孔明! ホクバーツ(笑) という演出意図が見え見えなのに加えて、こいつと羅漢中のせいで泥を塗られた奴が何人いることか。司馬懿に曹真(無能扱い)、王朗(ショック死)、張嶷(南蛮征伐総取り)…孔明の罠詐欺とゆってもいいぐらいですよ。

●孔明の罠詐欺
 全ての手柄やエピソードを孔明のおかげにされてしまう。主人公補正にも通ずる。
 転じて、あらゆる不都合を孔明のせいにしてしまう、という使用法もある。

 第一、あの戦ベタがそんなに万能なわけねぇーだろ。
 あ、ヘタというわけじゃなく、「自分の能力以上の無理を決してしない」結果がコレなんだったか。臨機応変の策は苦手でもできないことはしない、確かにヘタとは言い難い、なあんだ、優秀な方じゃないですか。北伐が失敗したのはせいいっぱい自分の能力を使ったけどできませんでしたごめんなさい…なんだかフォローにならなくなってきた。
 それに、孔明の非難されるべき点は戦ベタよりは人を見る目の無さでしょう後継者が馬謖に姜維じゃねー! ここらへんがチャランポランに見えても「馬謖は口先野郎だからあんまり信頼すんな」と忠告した劉備とは違うところだ。相性SAIAKUで毛嫌いされていた魏延(そう、あの魏延)さえもちゃんと重用してあげてたとゆうのに、このらしくなさはいかなることか(ついでに言うと、『演義』になるけど死後速攻で不満をブチまけた楊儀に魏延討伐の策を与えているのも…)。

 夏侯惇や張飛、徐盛(曹丕をハリボテで追っ払った呉のハッタリ番長です、覚えてあげてネ)が好きな身としては、やはり三国鼎立以前の方に軍配を上げざるを得ない。でも実は孔明没後の司馬氏無双はけっこう好きだったりする。裏切り・不意打ち・凶器攻撃・汚い芝居、目的達成のためにはあらゆる手段を用い、かつ全精力をつぎ込む様には、血生臭くも泥臭い、そしてついて離れない人間臭さを覚える。孔明先生が神格化されるなら、司馬氏は超人思想とでも言うべきか。
 それに、前期ほどではないが末期にもなると、鐘会や諸葛恪など濃いキャラクターが再び頭角を表し始めて来る(前者は稀代の勘違い野郎、後者は稀代の口先野郎)。また西晋時代でも探してみると、曹家を抹殺した賈充とかけっこう面白い逸話も多い。ここまでくると消化試合扱いされているためか、知名度に劣るのが惜しまれる。
スポンサーサイト

テーマ : 三国志
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
R&RにてパスファインダーRPGのサポート記事を担当させていただいております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルフ神話TRPG クトゥルー キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 ACG APG サプリメント MM SW2.0 カードゲーム ザ・ペナルティメイト・トゥルース モンスター・コレクション UC N◎VA メタリックガーディアン パラサイトブラッド 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル PU 一発ネタ UE 筋肉少女帯 MTG 漫画 ブレイド・オブ・アルカナ Season8 風神録 SF バカゲー キン肉マン ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 UM 野望のルーツ Season6 GM ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes Season4 永夜抄 アニメ リプレイ Season7 東方領土研究会 サタスペ クトゥルフ2010 Bestiary パズル PHB R&R ゲーム 紅魔郷 EXTRA DMG 妖々夢 クトゥルフ2015 天羅万象 椎名誠 死の国サーイ 真・女神転生 伊藤勢 Season11 UA スパロボ 地霊殿 ガンダム PSYCO-GUNDAM NEXT スティール・ボール・ラン Season5 Season9 シナリオ 機動戦士Zガンダム Season3 MC ファンタズム・アドベンチャー バキ 世紀末古代災厄公社伝説 シオドア=スタージョン Forge 奇想コレクション 好きなTRPG フィリップ・K・ディック 空中庭園エリュシオン レッド・ノベンバーを救え! コードウェル城奇譚 Season12 荒野に獣慟哭す ナイトウィザード タイム・オブ・ティアーズ・アゲン 番長学園!! キャッスル・レイヴンロフト Volo's_Guide_to_Monsters シャドーオーバーミスタラ CRB 特撮 映画 レジェンド・オブ・ドリッズト リボルミニ パンデミック サタスぺ 五つの風 電車 特撮(バンド) Expeditions プロモカード UCa ジョジョリオン フンタ ビギナー・ボックス 雑記 d20モダン ダンジョン・コマンド パスファインダー・アドベンチャー ラス・オヴ・アシャーダロン アリアンロッド Temple_of_Elemental_Evil T&T ACG 三国志 FEAR 機甲猟兵メロウリンク 真夜中の探偵 即大休憩 装甲騎兵ボトムズ ダークブレイズ 手塚治虫 東映特撮YouubeOfficial レイトショウ シャドウラン メガテン 快傑ズバット 異色作家短篇集 アルフレッド=ベスター 三上寛 キテレツカップリングパーティ 都筑道夫 2nd バイブルハンター ログ・ホライズンTRPG 絶体絶命 ルーンロードの帰還 鉄腕アトム ガントレット・オブ・フールズ ミストグレイヴ そっとおやすみ VGtM Starfinder 革命万歳 OA 火の鳥 クソコラ アーカム・ホラー 刺青の男 レイ=ブラッドベリ クトゥルー神話 エンゼルギア モンスター画家 ラフカディオ・ハーンと四つの顔 キャット&チョコレート 魔獣使いの少女 当方領土研究会 スティーヴン=キング フレドリック=ブラウン 異色作家短編集 パラノイア ドラスレ ポケットの中の戦争 コズミック・エンカウンター ウルトラマン イベント Out_of_the_Abyss Pit セブン=フォートレス ジャングルスピード ラクラク大統領になる方法 島本和彦 MM2 ゲーマーズ・フィールド カードランカー カットスロート・プラネット 幻想少女大戦 ストーンオーシャン 東方領土研究会会報 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード