D&D5e余話#132~5eキャンペーン『五つの風』 第一話「黄昏の風」前編~

 ファーヨンディとアイウーズ帝国の戦い。それは最高の栄誉と最悪の戦場を約束されていたはずだった。
 グレイホーク条約によって迎えた停戦に飽くことなく、なおもファーヨンディは敵を求めて北へと出兵した。かつての領土を取り戻すために。邪悪の権化であるアイウーズ帝国打倒のための戦争は、誰の目から見ても正義と秩序の挑戦と言えただろう。
 しかし、私に与えられたのは最悪の戦場だけだった。鋼鉄の呻きと血の粘り。むせかえる死臭。この世に地獄が出現するとしたら、それはあの真っ只中こそふさわしかったに違いない。
 私は戦場を無我夢中で駆け抜けた。そして、戦いは終わった。いや――終わっていたと言うべきかもしれない。
 あれから三年。私は再び戻って来ていた。
 あの戦場に。あの地獄に。

 5eのコアルール三冊が揃って一年、やっとこさ始められました5eキャンペーン。 
 とにかくTRPGはキャンペーンをやってこそ、キャンペーン一本終わらせればとりあえずモトを取った気になれる、が信条のわたくしめ、それも聖典D&Dのググッと手ごたえを感じた最新版5eとあらば、コレでキャンペーンをやらずしてナニでやりましょう!? ……そういえば4eはキャンペーンやってねぇや。すいません 正直何回で終わるのは果たして完走できるのか不安はいっぱい胸いっぱいですが、いつも通りヘビのような執念で続けていこうと思います。キャンペーンを終わらせるなんて簡単だからな! 止めなければいつかは終わる!
 舞台は転がってた3eの『グレイホーク・ワールドガイド』が読んでみたら予想以上に面白く、またプレイヤーから「世界設定や神格に深く触れたシナリオがやりたいなあ」という要望もあり、共通歴(CY)591年のグレイホークに決定。ただ例によって例の如く自己解釈で埋めている部分が非常に多いので、オフィシャルと異なるっていうか全然違う点はご了承下さい。コメントとかで指摘してもらえると反映するかもしれません。
 『グレイホーク・ワールドガイド』によるとこの時期グレイホーク戦争という非常に大きな戦禍の後だそうですので、『装甲騎兵ボトムズTRPG』を引っ張り出して“百年戦争の傷跡”表を振ってもらったら、予想以上にハマってびびったPCが揃いも揃って戦場PTSD持ちというベトナム戦争映画みたいなとっても悪趣味でイヤーソなキャンペーンになりそうです。
 参加者はコチラ。

●カテーム=デューク
種族:ティーフリング クラス:パラディン 性別:♀ 年齢:17 背景:兵士 属性:混沌にして善
筋力】15 【敏捷力】8 【耐久力】14 【知力】9 【判断力】12 【魅力】16
技能:〈威圧〉〈運動〉〈看破〉〈説得〉
種族特徴:暗視、地獄の抵抗力、地獄の知識
クラス特徴:信仰の知覚、レイ・オン・ハンズ
武器:ウォー・ピック、ジャヴェリン
防具:チェインメイル、シールド
装備品:聖印、冒険者パック、階級章、ダイス、勲章のダガー、人間の悲惨な情景が心を乱すディティールで描かれている卵の殻
性格的特徴:戦争の暴力の記憶に今も悩んでいる。
理想、信念:盲目的に命令に従ってはならない。
絆、束縛:自分自身で戦うことのできない誰かのために戦う。
弱点、欠点:己の力を過信しがち。
グレイホーク戦争の傷跡:断絶。戦争が終わって懐かしいものと再会した時には、すべてが変わっていた。あるいは、変わってしまったのは自分の方なのかもしれない。
・ティーフリングというだけでも人生向かい風なのに、幼いみそらで人生を切り拓こうと戦争に参加したら手元に残ったのは戦場の光景のトラウマ、恋人は別の女と結ばれ、自分を迎えてくれる者は何もかも失われていたという超ハードモード。今なお悩まされる暴力の記憶を断ち切るために自由の神トライセリオンの寺院の門を叩き、牙無き人々の明日のために戦うことを決意、と零式防衛術的非常にカッコイイ設定。
 トリンケットが「どう見てもベヘリットじゃねーか」と非常に怯えているのでいずれDMが酷い設定を仕込むことでしょう
 現在はグレイホークの寺院に身を寄せている。

○ベイツ=ボールドボース
種族:人間 クラス:ウィザード 性別:♂ 年齢:23 背景:貴族 属性:混沌にして善
筋力】8 【敏捷力】16 【耐久力】12 【知力】16 【判断力】13 【魅力】8
技能:〈隠密〉〈神秘学〉〈説得〉〈調査〉〈歴史〉
特技:《警戒》
クラス特徴:呪文発動、魔術の回復
武器:クォータースタッフ
呪文:(0レベル)フロスト・バイトマイナー・イリュージョンメイジ・ハンド、(1レベル)マジック・ミサイルスリープフォッグ・クラウドエクスペディシャス・リトリートディスガイズ・セルフコンプリヘンド・ランゲージズ
装備品:呪文書、学者パック、呪文構成用ポーチ、ゲームセット、上質な服、印章、家系図、開ける部分が無いが振ると音がする金属製の缶
性格的特徴:自分の好意は永遠に失われた。
理想、信念:一族、その血は水よりも濃い。
絆、束縛:他の貴族との協調は維持されねばならない。
弱点、欠点:世界は自分を中心に回っていると思い込んでいる。
グレイホーク戦争の傷跡:懲罰部隊。犯罪者、政治犯、老人、病人、子供からなる最低の部隊に送られ、最低の戦場を体験した。そのほとんどが戦死し、いかなる名誉も与えられなかった。
・貴族の息子という勝ち組人生のはずが、調子こいてたせいで懲罰部隊に送られて人生超ハードモードに。明らかに親や身内から「死ね」と言われるに等しい所業、それはすさみにすさんで好意も失われるだろう。戦後はウィザードとしての道に入り、ダイヴァースの間者として活動している。
 間者という設定からか、呪文の選択がテッパンのマジック・ミサイルスリープはおいといて1レベルからフォッグ・クラウドエクスペディシャス・リトリートというシブさが光る。特技の《警戒》といい、見事に間者向きの能力。ローグみたいな技能職がいないという都合故だそうですが。
 トリンケットの開かないけど振るとカラコロ鳴る金属の箱、「それは鈴だ!」と周囲から総ツッコミが。

●ヴマエ=モンディルド
種族:ハーフオーク クラス:バーバリアン 性別:♂ 年齢:45 背景:浮浪児 属性:混沌にして中立
筋力】17 【敏捷力】15 【耐久力】16 【知力】8 【判断力】8 【魅力】8
技能:〈威圧〉〈運動〉〈隠密〉〈生存〉〈手先の早業〉
種族特徴:暗視、威圧感、執念深き持久力、野蛮な攻撃
クラス特徴:激怒、鎧わぬ守り
武器:グレートソード、ハンドアックス、ジャヴェリン
装備品:冒険者パック、小さなナイフ、成長した都市の地図、ペットのネズミ、両親を思い出す印、扉の無いごく小さな檻
性格的特徴:豚のように食べ、行儀が悪い
理想、信念:人生にはきっとより良い価値があると信じる大志を持つ。
絆、束縛:金品を盗んで指名手配されている。
弱点、欠点:敵の数が多いと逃げ出してしまう。
グレイホーク戦争の傷跡:失われた故郷。故郷は戦火に焼き払われ、流浪の身となった。
・両親とは離れ離れになり、育った故郷も戦火で失いながらも自由闊達に食欲とセクハラに生きる割と正しいハーフオーク。母親側がオークというかなりチャレンジャブルな家族だったそうだが、オークって強力な指導者を求めて混血を自発的に作ることがあるサイヤ人みたいな所があるんで、そういう過程で生まれたのかもしれない。能力値はご覧の通り下三つが8と非常にエッジ
 戦後は流れ流れてエルムシャイアでニル・デイヴ湖の潜水夫として働いている。

○マヴィス=プリエステス=アップランド
種族:ゴライアス クラス:クレリック 性別:♀ 年齢:17 背景:侍祭 属性:秩序にして善
筋力】17 【敏捷力】8 【耐久力】16 【知力】8 【判断力】15 【魅力】8
技能:〈医術〉〈運動〉〈看破〉〈宗教〉〈歴史〉
種族特徴:石の耐久性、強力な体格、山生まれ
クラス特徴:呪文発動、戦闘司祭
武器:ウォーハマー、ライト・クロスボウ
防具:チェインメイル、シールド
装備品:聖印、冒険者パック、聖書、香の棒、法衣、多色の石製の円盤
性格的特徴:聖書から引用して発言する。
理想、信念:例え個人的な負担があろうとも、困った人を助ける慈善を心掛ける。
絆、束縛:異端者は探索し、撃破しなければならない。
弱点、欠点:上司の命令には逆らえない。
グレイホーク戦争の傷跡:肉体の損傷。あの三年前の戦争で脇腹の一部と臓器を失った。それは致命傷だったはずだが、何故か今は治癒している。ただ、自分のものではない組織によって。
・トリを務めるのは身長250cm体重140kgのゴライアス女子。山岳の神ウーラの戦闘司祭として敵から敵を“戦闘司祭”で撲殺して回りゴライアスの頑強な肉のカーテンで打撃を弾き返す。その才を活かしてファーヨンディとアイウーズ帝国との戦争の末期、クロックボート包囲戦に大北方十字軍の一員として参加していた。彼女の“グレイホーク戦争の傷跡”はこの時のもので、正確にはグレイホーク戦争ではない(クロックボート包囲戦はグレイホーク戦争が停戦してから)のだが、その理由は彼女の運命を語る時まで待たれよ。唯一混沌属性でない、しかも相反する秩序属性と言うことで苦労も多そうだが、この人まで能力3つが8という超エッジな能力、しかも【判断力】が15以降上がらなそうと別種の苦労を抱えそうな。
 そしてこんな女性が本キャンペーンにおける俗に言うPC1。全身に刺青入ったゴリウーがPC1とかまるでクレイトスさんの如し。すげえ洋ゲーっぽい主人公格、こいつぁ波瀾万丈なキャンペーンの予感がするぜ!

 トリンケットの多色の円盤というのも気になる。それ回転させると映像や音楽が出るのはいいとして、頭に突っ込むとくせー臭いがするとかじゃないっすよね。

 グレイホーク戦争停戦、そしてファーヨンディのアイウーズ帝国が支配する北方への大規模な侵攻から三年。危ういバランスの上で世界は一時の平穏を味わっていた。しかし、この平穏が続くことをフラネスの誰一人とて信じてはいなかっただろう。これは再戦のための停戦。いずれまた、グレイホーク戦争にも匹敵する巨大な戦乱が待っていることを、誰もかれもが予感していた。
 その戦禍のひとつ、ファーヨンディ王国とアイウーズ帝国との戦闘のクライマックス、グラブフォードの戦いの戦勝記念が近付いていた。ファーヨンディの領土奪還を決定付けた戦の勝利、戦争の傷跡に疲れた人々の間にも祝賀ムードが広がっていた。同時に、これが最大の恥辱であるアイウーズ帝国の妨害も大いに考える。グラブフォード、それにファーヨンディの首都チェンドルに向かって、あの時のように冒険者や傭兵、ならず者、暴力漢、不穏な稼業を生業にする者が続々と集いつつあった。

 ファーヨンディとの同盟を結ぶ自由都市グレイホーク、そのトライセリオン寺院にて修行するカテームの元に、駆け込んでくる者があった。何でも狂信者が錯乱して手斧を振り回し、家族や手近な通行人を殺害して、建物に閉じこもったというのだ。
 現場に急行すると、確かに門を閉ざされた家があり、それを遠巻きに見守る住人達が。
 野次馬を掻き分け、扉越しに呼びかけても反応が無い。それどころか、焦げ臭い臭いと共に、室内から煙が上がり始めている。慌てて扉を蹴破ったカテームの前には、猟奇的な光景が広がっていた。
 血だまりの中に倒れた住人達。その奥で、炎に包まれている大黒柱。そして、その柱には、自らの身体を焼かれながらも男が縛り付けられ、カテームを見下ろして哄笑を上げていた
 住人の一人二辛うじて息があるのに気付くと、カテームは[火]への抵抗を持つこともあり、身体で庇いながら家から出ようとする。その背中に狂人の叫びが投げかけられた。
狂人「第一の風は鍛錬する者の風なり! 不純なるものを焼き尽くす!」
 カテームが扉から転がり出ると同時に、家は崩れ落ちた。
 犠牲者をレイ・オン・ハンズで癒して気を取り戻させるが、駆け込んできた狂人に斧で打たれて気を失ってしまい、詳しいことは覚えていなかった。だが、狂人を柱に縛り付けるのを誰かが手伝ったというわけではなかった。どういう手口か、狂人は自力で自分を柱にくくりつけてから火を点けたらしい。焼死体からすると、まったく手足を動かせないような縛り付け方だったのだが……。
 また、男が斧と共に振り回していた旗があった。それにはこのような文言が書かれていた。
“黄昏の風は今や我らと共にある。全てが母星樹によって裁かれるのだ”
カテーム「蒼天已に死す黄天當に立つべし、みたいなもんか」
DM「よく一発でワカりますなあ」
 “黄昏の風”“母星樹”、このキーワードを知る人間は短時間の調査では出てこなかった。が、狂人の出身がファーヨンディとアイウーズ帝国の境、ちょうどグラブフォードの戦いのあった場所の辺りなのは心騒がされる事実だった。類似の事件がその地より南下しつつあるという報告もあり、アット川の末端、パンターンでは蹄を持つ奇形児が昨年だけで三人も生まれている。
 ファーヨンディで起こりつつある異変を懸念したトライセリオン寺院は、託宣に従いカテームを送り出し、当地との連携と調査を命じるのだった。

 ダイヴァース自由国はファーヨンディの同盟国であるが、かつてファーヨンディの首都でありながら王家や貴族に見限られて独立したという経緯や、雄鹿騎士団ファーヨンディ支部がファーヨンディとの併合を唱えるなど、良好な関係とは言い難かった。現ダイヴァースの長官のラリッサ=ハンターは極端な愛国主義者で、ファーヨンディを出し抜いては喜んでいるというその性格も、それに拍車をかけている。
 何よりも雄鹿騎士団ファーヨンディ支部との確執は深刻だった。年々政治集団と化しているこの組織は南方の貴族との間で齟齬を生み、その余波はダイヴァースにも伝わってきている。そのため、ダイヴァースは以前にも増して動向を探らせていた。ベイツも、その間者の一員であった。
 ダイヴァースにて待機中だったその日、ベイツは同僚に呼ばれて街の外へ出てきていた。ファーヨンディに調査に赴いてから一向に連絡が無く、失敗して始末されたか、事故に遭ったかと言われていた間者が、突然現れたのだ。しかし、その男はダイヴァースまで徒歩で姿を現し、何をするでもなく町の目前で立ち尽くしているという。その異様な風体に衛兵たちも気味悪がって近寄るのも声をかけるのにも躊躇しており、検分に間者仲間のベイツが呼ばれたのだ。
 ベイツが近寄って声をかけようとするも、青白い肌、白く濁った眼、放つ悪臭、どう見ても死んでいる肉体だった。死霊術によって作り出されたアンデッドであろう。と、突然その男の顎が動くと、聞き取りづらいくぐもった声で、このような言葉を呟き出した。
間者「第二の風は、もぎ取るものの風なり……価値無き物を、破壊する……」
 言い終えると、男の顔から眼球がドロリと零れ落ち、直後皮膚と肉が剥がれ、内臓が腐汁と共に吐き出された。たちまち人のシルエットはくずおれ、そこにあるのはかつて人間だったものの、肉と体液の重なりとなった。
 悲鳴と混乱、見物人が逃げ去る中、ベイツは嫌悪と吐き気の中で、眼前の死骸が不吉なシンボルを描いているのを目撃していた
 そのような怪事件があって後、ダイヴァースとリバーネンの中間、ナーリー森近辺の宿場に派遣されていたベイツに新たな辞令が下る。雄鹿騎士団ファーヨンディ支部と他の貴族との摩擦、それに此度のファーヨンディに向かっていたスパイの怪死。ファーヨンディで起きているであろう何かを、調べないわけにはいかない。ベイツも、ファーヨンディに潜伏する間者となる時が来たのだ。

 エルムシャイアのニル・デイヴ湖。それは深さも知れず、湖底に古代の遺物が眠っているという。戦火に故郷を焼け出され、放浪していたヴマエはニル・デイヴ湖に浮かぶ小さな学術研究施設、“水面院”の潜水夫として雇われていた。ハーフオークらしい体力と肺活量のヴマエにとってはうってつけの仕事と言える。
 その日も湖に潜っていたヴマエは、一枚の奇妙な石碑を発見した。その石碑は水底から土台ごとせり上がり、まるでヴマエに持っていってもらいたいかのように簡単に外すことができた。
 “水面院”の学者によると、石碑に刻まれた文字は、遥か往古、計り知れない程昔の文明で使用されているものだった。記されていた文面によると、どうやらこれは複数あるうちの一つらしい。
第三の風は排除する者の風なり。母星樹の道の、邪魔者を取り除く
 “母星樹”というキーワードは、“柏槇教団”なるカルトで崇拝されている存在らしい。これもまた、非常に昔活動していた組織であり、今や名前だけが残っている存在とのこと。現在ではファーヨンディの近辺に、その残滓が確認できるという。
 この貴重な資料の発見に、是非とも現地の学者と意見交換したいと“水面院”は喜んだ。が、ファーヨンディまでの道はグレイホーク戦争や大北方十字軍で破壊され、今なお復興もままならない。そのような道程を、貴重な資料を届けるには相応の金額を張るか腕の立つ者でなければならない。弱小組織故に資金力に劣る“水面院”は、ヴマエにその役目を依頼するのだった。

 そして、三年前。
 マヴィスはクロックボート包囲戦に、大北方十字軍の一員として参加していた。
 アイウーズ帝国に支配されたこの都市への総攻撃を目前に、彼女の部隊は奇妙な行軍を命じられていた。指揮をしているのはクローバーデル子爵、雄鹿騎士団ファーヨンディ支部への対抗心から勇んで参加しているが、才気はいまひとつという噂の人物である。その子爵の命令で、マヴィスはヴェスヴェ森林に潜む邪悪な存在の掃討のために進軍しているところだったが、どうも周囲の様子がおかしかった。不健全な育成で、ねじくれて悪意を持っているかのように頭上を阻む樹木。視線を阻む、幾重にも段々になった灌木。何よりも、道案内や敬語をしているはずの森の民やエルフが、ここには一切存在していない
 戦友のハーフエルフのレンジャー、ピーターによれば、ここはエルフさえも寄りつかないヴェスヴェ森林の一角、禁忌の場所“虚ろの森(ホロウ・ツリーズ)”ではないか、ということだ。何故そのような場所を攻撃するのか? クローバーデル子爵もわざわざ大北方十字軍に参加しながら大した手柄も上げられず、焦って抜け駆けでも狙っているんだろう、というのがピーターの推論である。
 そんな軽口を叩いている時、不意に前方から恐怖と苦痛に満ちた絶叫が響いてきた。直後、鋼の打ち合う音、草木を切り払う音、生物の倒れる音、交戦を伝える騒音が届き、それは速やかに止んだ。
 駆けつけたマヴィスが見たのは、寸断された兵士たちの死体、そして流された血で樹木に書かれたメッセージだった。兵士は鎧ごと一刀のもとに切り裂かれていたらしかった。また、死体の中には腕や首など、肌の露出した箇所に四つの小さな穴が開き、その周囲が黒ずんでいるのが見て取れる。どうやら、何らかの毒を注入されたようだ。
 そして、樹に鮮血で書かれているのは、このような文章だった。
第四の風は清める者の風なり。その資格あるものを聖別する
 それを読んでいる時、いつの間にかマヴィスらの前には、血潮を浴びた、グレートソードを担いだ女が立っていた。
マデリーン「ただし、その資格は貴様らウジ虫どもには決して与えられんがな!」
 武器を構える間もなく、女が振り回すグレートソードによって、仲間が両断される。
マデリーン「“柏槇教団”のテリトリーに踏み込んだ者は、このマデリーンが始末してやるよ!」
 たちまち周囲は血潮と殺戮の旋風と化した。マデリーンと名乗った女剣士は、グレートソードだけでなく、逆手の左手で隙を見て掻いたり突いたりしている。その傷痕はあの死体のように黒ずみ、致死の毒がその爪に付与されていることを示していた。
 気付けば、マヴィスはたった一人になっていた。仲間は皆切り伏せられ、毒に冒され、ピーターもまた剣士の手にかかった。
 だが、ウラーの戦闘司祭であるマヴィスに邪悪な者に屈するという選択は無い。あくまでも武器を手に抗戦の意志を見せるマヴィスに、マデリーンはグレートソードに付着した血を舐め取りながら、不敵な笑みを見せる。
マデリーン「いい度胸じゃないか。その度胸の褒美に、冥土の土産に教えてやるよ。第五の風は意気高揚させる者の風なり。昇天の最後の風は母星樹の運命を実現させる風なり! 古の預言に導かれ! 我らはこの地に来た!」
 言い終えるとマデリーンはマヴィスに迫り、そしてグレートソードを薙ぎ払った。
 巨大な刃はマヴィスの脇腹を深々と抉り、その意識をも切断せしめた。
 斬りつけられたマヴィスは、遠ざかる意識の中、自分の身体が高所から転げ落ちていくのを感じていた。
 程無くして訪れた暗黒の意識の中、マヴィスは何かを見た。
 計り知れぬ大きさの巨木が目の前にあり、その枝が自分に向かって伸びてきている――そんな光景だった。

 ……それから三年。

(つづく)

スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント SW2.0 APG ACG MM カードゲーム ザ・ペナルティメイト・トゥルース モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド 音楽 エッセンシャル 大槻ケンヂ UC 筋肉少女帯  ブレイド・オブ・アルカナ MTG 一発ネタ 風神録 漫画 Season8 PU SF キン肉マン UE ジョジョの奇妙な冒険 覚醒篇 中堅PC バカゲー GM 野望のルーツ ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes Season6 Season4 永夜抄 Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary UM PHB クトゥルフ2015 伊藤勢 Season11 椎名誠 妖々夢 天羅万象 R&R 死の国サーイ 真・女神転生 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC 世紀末古代災厄公社伝説 シオドア=スタージョン Forge 奇想コレクション バキ Season12 フィリップ・K・ディック 荒野に獣慟哭す 空中庭園エリュシオン UA コードウェル城奇譚 好きなTRPG レッド・ノベンバーを救え! ナイトウィザード シャドーオーバーミスタラ タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト 番長学園!! フンタ 電車 レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) CRB 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード