D&D余話#102~超人的属性考察~

 銀さんに始まり銀さんに終わった昨年に続き、年もはよから銀さんの話題沸騰の『キン肉マン』。本当にサイコさんはキモイな。大好き。
 回数が重なるごとに悪魔超人にだって友情はあるんだっぷりが強調されて、正義と悪魔の違いが曖昧になってるなんて声もある(ネタで悪魔超人の方が友情に篤いなんて言われることもあったな)が、両者のスタンスからするとやっぱりまだまだ別物だと思う。悪魔超人の友情は基本的に仲間や好敵手など身内に向けられるもので、規範や他人がどうこうという視点は存在しない。アトランティスが応援してくれた子供にかけた言葉は間違いなく好意の返礼であったけど、それはあくまで子供ただ一人に対する個人的感情だっただろう。社会や人々によくあれという信条が第一に立つ正義超人とここが相容れない所だ。D&Dの四属性的観点からすると悪魔超人が“混沌”、正義超人が“秩序”と考えるといかに別種の存在かということがワカりやすい(ちなみに「世間体」という単語はD&Dの属性を説明するのに大変便利。世間体を気にする→秩序、世間体を気にしない→混沌、場合によりけり→中立)。
 もっとも、悪魔超人と言うほど本シリーズの悪魔超人は悪魔なことはしていない。どんな手を使ってでも勝利するというのは変わっていないが、これまたD&D的に言う“悪”属性とは言い難い。彼らもスグルの火事場のクソ力や友情パワーにあてられて、“混沌にして悪”から“混沌にして中立”に移行したといったところか。Ⅱ世での「生来の悪はどこまで行っても悪」理論は忘れなさい。
 先ほど話に出たアトランティスは、旧シリーズではミートくんの足をオトリに使うわ悪魔霊術血しばりで多対一でボコるわと卑劣な悪党っぷり全開で、この頃は“混沌にして悪”で間違いなかった。この時の戦いのテリー達の態度もD&D的分類がより明確になる。霊界ポケットで手助けをするのはアトランティスが一対一の勝負のルールを破った時のみ。再びタイマンに戻ったなら後はどんなに不利でも、例えミートくんの身体が戻らないとしても、キン肉マンに戦わせるという姿勢は、実利より信条を優先する正義超人の“秩序”らしさがうかがえる。

 そのテリーマンがしょっちゅうルールを破るのは……まあ、彼感情屋ですので……。“秩序にして善”だって時にはルールを踏み越えることだってあるよ、うん。クレ公やパラディソだったら審問かけられる恐れがあったが。あ、だからジャスティスマンと戦ったのかな。ロビンマスクもバラクーダ時代は“混沌にして悪”とみなされても仕方ない狂乱ぶりだった。パラディンがアンチパラディンに堕ちるとああなるんだろう。流石に最近はたまにはイイことも言ってたとフォローされてるけど。
 正義超人の問題児というと昔っからそうだが残虐超人の扱いが難しい。てか、平和と正義の祭典の超人オリンピックに残虐超人を出したらアカンだろと思うのですが。ガンダムファイトのように国の威信のためなら汚い手を使ってもOKという政治的判断だろうか。この辺考察を始めるともう一本記事が書けちゃうくらいの分量になりそうなので、それはそれとして。
 残虐超人の総帥ラーメンマンやウォーズマンは確かにそのファイトスタイルは感心されたもんではなかったが、悪魔超人と違って自発的に悪を犯すわけではないし、リング外まで暴力的なわけではない。むしろラーメンは紳士。デビル・マジシャンの隠し武器にもきっぱりと裁定を下している。残虐性を持ち込むのはリング内のみ、ただしリング内では残虐性全開という切り替えの点で、残虐超人時代のラーメンマンも実は“秩序”寄りだったのかも。またスカル・ボーズはよく政略を使って超人協会を陥れようとしていた。自分の手は汚さず、立場を利用して人と事態を動かす手口はまさに“秩序にして悪”。残虐超人と言う単語のイメージとは裏腹に、案外“秩序”寄りの人種なのかもしれない(間違っても“善”ではないが)。ウォーズマンは指導者の言うことをその通りに実行しちゃうピュアな精神の持ち主なんで、あれは“真なる中立”だったんだろうな。

 D&Dの属性の中でも説明しづらいとされる“秩序にして悪”だが、これは『キン肉マン』においては完璧超人に他なるまい。自らを神に最も近い超人と自負し、その支配を強要することに何の疑問も抱かない。同時に完璧超人として傲慢なほどのプライドを保つ、正義超人以上に面体を気にする性格。どこからどう見ても圧政者です。超人界のヘクストアとでも呼ぼうか。これからは“秩序にして悪”の説明には完璧超人を遣おうと思います(いいのかそれで)。
 そりゃあ、自分たち以外を下等と呼んではばからない連中の総帥がいきなり凶器攻撃を始めたら、作中一、二を争うぐらい体面を気にするネプもこんな顔するよね
20150911105207.jpg
 この人の「本音と建て前の両立がド下手」という性格が筆者は凄く好き。正義を疑わない、あるいは自分の悪を自覚しながらそれを演じ切る登場人物が多い中、こういうタイプって実は珍しい。Ⅱ世で凄まじく方向性を見失ってたけど、結局この人間臭い本質が変わってなかったのには安心した。
 鼻持ちならない傲慢さで“悪”とされるのが旧シリーズの完璧超人なら、今のシリーズでは自らの思想を追求するあまり“悪”に落ちてしまったタイプか。あやつマンの思想は確かに提唱した当初はごくまっとうだったが、それに固執するうち、力による他者の排斥に移行してしまった。悪玉でも割と感情移入できる悪玉が多いのは、こういう背景設定があればこそ。サイコマンさんになると完全に向こう側にイッちゃった系の“秩序にして悪”。流石はサイコというだけはある。ジャスティスマンはまだその辺の判断力があったから“秩序にして悪”とまでは行かず、“秩序にして中立”あたりで留まったようだ。善悪より規範で判断するトコもそれっぽい。

 ところで“真なる中立”にあたる超人って結構難しい。肉世界って正義や悪魔、完璧などのカラー分けが一種のウリになっているから、どっちつかずの超人ってあんまり出てこないのよな。あっちこっちの陣営を移っているというとバッファローマンがそうか。悪魔超人から抜けて剃髪した時からもう“中立にして善”っぽかったが、現シリーズでは獰猛牲も残虐性も友情も割と同居する“真なる中立”に近い感じ。
 ケビンマスクも非常に変遷が激しく、一時期は“真なる中立”と言えた。グレてd.M.p入りしてた頃はダディのバラクーダ時代を髣髴とさせる“混沌にして悪”的暴れん坊だった。殺人やらかしたのはよくツッこまれるがもっとツッこまれるべきなのは、殺人を目の前にしてるのにd.M.pのTシャツをねだる万太郎だと思う。んが、一度も戦うことなくアッサリ足抜けしたのを見ると、まだこの時も“混沌にして中立”ぐらいだったのだろうか。自分の温情でスカーフェイスことマルスが入れ替え戦のリングに上がってしまったことを悔やむ頃には、もうだいぶ“混沌”属性が抜けてきている。スカーフェイスを告発することへの引け目も感じてたし。超人オリンピックの頃にはもう“真なる中立”と言っていいだろう。レゴックス相手に残虐ファイトをやらかしたりとヤンチャぶりは発揮されたけど、自分が勝つより悪を倒すことを優先するという正義超人の自覚はあった。勝利のためなら手段を択ばないと同時に、正義超人としての自覚やロビン王朝復興という使命を帯びる複雑な事情は、様々な方向に触れる可能性がある“真なる中立”ならでは、か。
 万太郎との決勝で父との確執やキン肉王族への憎悪を捨て去り、かつ好敵手への敬意に目覚めたことで、完全に“善”スタンドに立つことになる。まあ、本人の性格からして“秩序にして善”ではなく“中立にして善”でしょうが。
 後期のケビンマスクを見ていると、登場当初の無法ぶりから比べて割と体面とか礼儀を気にしていることが察せられて面白い。究極の超人タッグ編開始時、昔の正確ならサボったであろうセレモニーにかったるそうにしながらもちゃんと出席している面倒だから行きたくないんだけれど、出ないとダディの立場がないしなぁ、いい加減確執も晴れてきたしなんて考えてるのかも、とか色々想像できる。あの暴れん坊が伝説超人相手や仏師の老人(中の人はウォーズだけど)には敬語を使ってるのも何だか感慨深いものがあるな。人間も超人も経験と成長で丸くなるもんです。

スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ハラボテ・マッスルは中立にして悪、はっきりわかんだね

No title

旧シリーズと現シリーズなら秩序にして中立ぐらい、黄金のマスク編で男気を見せた姿は大好きでした
Ⅱ世を含めると混沌とまではいわないが超人委員長の立場と私欲の混在で中立、腹黒っぷりはかなり悪寄りと言わざるを得ないのがつらい。
プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM カードゲーム モンスター・コレクション ザ・ペナルティメイト・トゥルース メタリックガーディアン N◎VA UC パラサイトブラッド 音楽 大槻ケンヂ エッセンシャル  筋肉少女帯 PU MTG ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ Season8 UE 風神録 漫画 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Princes_of_the_Apocalypes ウォーハンマー Season6 Season4 リプレイ UM アニメ 永夜抄 Season7 東方領土研究会 サタスペ クトゥルフ2010 DMG EXTRA 紅魔郷 パズル Bestiary ゲーム PHB クトゥルフ2015 Season11 死の国サーイ 伊藤勢 R&R 真・女神転生 天羅万象 妖々夢 椎名誠 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM シナリオ MC ファンタズム・アドベンチャー スティール・ボール・ラン Season5 Season9 機動戦士Zガンダム Season3 Forge バキ 世紀末古代災厄公社伝説 奇想コレクション シオドア=スタージョン UA コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す レッド・ノベンバーを救え! フィリップ・K・ディック Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン CRB タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード Volo's_Guide_to_Monsters 番長学園!! キャッスル・レイヴンロフト シャドーオーバーミスタラ リボルミニ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮 映画 Expeditions プロモカード 五つの風 UCa サタスぺ ジョジョリオン 特撮(バンド) フンタ パンデミック 電車 シャドウラン アリアンロッド ダンジョン・コマンド ラス・オヴ・アシャーダロン d20モダン 異色作家短篇集 真夜中の探偵 三国志 東映特撮YouubeOfficial レイトショウ T&T ACG 雑記 手塚治虫 ダークブレイズ Temple_of_Elemental_Evil 即大休憩 快傑ズバット 機甲猟兵メロウリンク メガテン アルフレッド=ベスター 装甲騎兵ボトムズ FEAR VGtM ドラスレ フレドリック=ブラウン そっとおやすみ ウルトラマン 異色作家短編集 エンゼルギア MM2 Out_of_the_Abyss セブン=フォートレス 三上寛 当方領土研究会 クソコラ コズミック・エンカウンター ガントレット・オブ・フールズ イベント 幻想少女大戦 Starfinder 魔獣使いの少女 キャット&チョコレート ラフカディオ・ハーンと四つの顔 鉄腕アトム ゲーマーズ・フィールド ラクラク大統領になる方法 東方領土研究会会報 モンスター画家 ジャングルスピード 火の鳥 Pit 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ クトゥルー神話 カットスロート・プラネット ストーンオーシャン ミストグレイヴ 島本和彦 バイブルハンター ポケットの中の戦争 ログ・ホライズンTRPG 刺青の男 都筑道夫 レイ=ブラッドベリ アーカム・ホラー パラノイア 革命万歳 スティーヴン=キング 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード