アニメノ無チカラ#29~その他元祖SDガンダムの思い出~

 妙に印象に残っているのがNo.48ガンダイバー。最初に買ってもらったのがNo.2ZZ、時期的に考えて次は流石にNo.18武者精太 風雲騎馬スペシャルだったと思うが、多分その次がGARMSの海戦部隊って我ながらシブ過ぎる趣味。クリアパーツの水中ゴーグルのギミックに惹かれたんだと思うが。アンテナ基部を持ち上げて、この間に上げたゴーグルを挟むことができるのですが、この仕様のせいでアンテナがポロポロ落っこちるのが難点。
 筆者がSDガンダムに触れた頃は0080展開中で、アレックスのチョバムアーマーに何故か滅法惚れ込んでいた(既に重戦士スキーのケが見える)ものの、元祖(No.30)は無情の900円。敵役のNo.33ケンプファーで我慢した……が、今見ると無茶苦茶カッコイイなコレケンプファー好きというとニワカ扱いされるようけわからんガンダム界隈ですが、いやいやなんの、玄人のハートもガッチリ掴む完成されたカッコよさではないですか。ツッこまれるべきはあの時期のジオンMSなのに濁点が入ってないことの方だな。ケンプファーのキットは1/144にせよBB戦士にせよ原作と比べて水色が強く目に痛かったが、こっちはダークブルー(こっちも原作と比べるとかなり暗い色)でキメているところも好感触。黄色い部分を軟質パーツ差し込みで再現しているのだが、これがポロポロ落っこちるのが(以下略)。
 アレックスの外伝版、No.73ナイトアレックスにもチョバムアーマーのギミックは封印の鎧として採用されているんですが……今見るとアレックスの目が半眼気味で、なんかあんまりカッコよくない……当時は凄く精悍に見えたのに何故だ……No.70バーサルナイトガンダムもそうだけど、写真だと兜の庇が目に届いておらず、隙間ができてしまっているせいだろうか。またNo.70バーサルナイトガンダムは実際に手にした商品で、一部パーツがメタリック・ブラックという独自カラー。この黒がグッとたたずまいを引き立てる。鞘パーツはバックパック下の腰に取り付けられるのですが、これがポロポロ(以下略)。武者精太もそうだったが、どうも元祖の腰パーツはやたら落っこちた印象
 庇のギミックと言えばNo.94闇騎士ガンダムマークⅡ。ザビロニア帝国Ver.のアウトロー感が非常に好きなキャラクターだったけど、元祖で立体化してみると、庇がデカ過ぎて口元に下ろすと非常にカッコ悪い。どこかで見たことがある風体だと思ったらバカボンのパパだこれ! 円卓の騎士Ver.に対応させようとすると、どうしてもそうなってしまうのは仕方ないんですが……その代わり円卓の騎士Ver.は実に凛々しく再現度良好
 No.24にせガンダム(ザク偽装型)はこれが初の立体商品化? ガシャポンとどっちが先だろう(風呂敷マントに体育座りしてるのを持ってた)。24というかなり若いナンバーで、それもシリーズ展開から1年足らずで冗談企画から生まれた機体が商品化されるとはオドロキ。寸詰まりだった先輩ガンダムに比べてさらに短足気味で頭身低めな体型が可愛らしい。OVAに登場したり、後年ガシャポン戦士NEXT16で再来したり、と冗談企画の割には恵まれたキャラクターだった。作中の悲しい扱いに泣いていた彼もきっと草葉の陰で喜んでいることだろう(合掌)。射撃訓練のマトに使われたという設定を反映して……ではあるまいが、乱暴に扱ってもまったく壊れたりパーツが外れたりしない、驚異の頑丈さだった。
 元祖シリーズとバンダイのドッ根性を思い知ったのは、No.99ヘビメタガンダムNo.104スパークガンダム。前者は獅子舞のような物凄い量の毛髪、後者は二階堂紅丸よろしく逆立ったヘアースタイル、これを一体どう表現したのか。驚くなかれ、商品化にあたっては植毛という技術を使ったのだ! 子供用玩具に本気出し過ぎだ(植毛自体はNo.88獅子頑駄無が先)。おかげで取り扱っている時に静電気が凄かったり、パーツの間に挟まったりと色々大変だった。前年にスーパーファミコンも発売されており、ホビー業界の躍進著しかった時代の象徴ですなあ。
 ヘビメタガンダムのもうひとつの姿、ガンシャドウと戦いを繰り広げた(漫画『元祖! SDガンダム』より)No.105バウンティハンターグフは、ブルーのボディに入った複雑なイエローのパターンが獰猛な美しさを醸し出す、出色の逸品。今でも通じるデザインです。こちらにも金属製チェーンを導入した技術的な見所アリ。元ネタはターミネーターだったそうで、ガンシャドウもバットマン風であったし、『SDコマンド戦記II ガンダムフォース』はアメリカ暗黒街風な舞台だけに、洋画パロディが散見されますね(あっ、ジェイソンアッシマーなんてのもいたんだった。No.106ファイヤーブレイザーに付属してます)。
 元祖はシリーズ終焉を迎えたけれど、BB戦士は名称の変更もなくずーっと続いていたんですね。No.217ガンダムMk-II (ティターンズ仕様)を以前手にした時は、SDなのに驚異の12カ所可動、それでいて往時のBB戦士と違ってまったくバキッと逝きそうにない素材の頑強さには元祖を彷彿とさせられました。その昔耐久性のテストと称して火薬を仕込んだところ、BB戦士は木端微塵になったが元祖はあんまり傷つかなかったというアホ話を聞いたことがありましてな。あの元祖で発揮された技術力は立派に息づいていると思うと同時に、BB戦士に吸収されたっちゅうことは元祖はもう帰ってこない事をも意味しており、失われた歴史のラインへの一抹の哀愁を覚えたものです。

スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント SW2.0 APG ACG MM カードゲーム ザ・ペナルティメイト・トゥルース モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド 音楽 エッセンシャル 大槻ケンヂ UC 筋肉少女帯  ブレイド・オブ・アルカナ MTG 一発ネタ 風神録 漫画 Season8 PU SF キン肉マン UE ジョジョの奇妙な冒険 覚醒篇 中堅PC バカゲー GM 野望のルーツ ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes Season6 Season4 永夜抄 Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary UM PHB クトゥルフ2015 伊藤勢 Season11 椎名誠 妖々夢 天羅万象 R&R 死の国サーイ 真・女神転生 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC 世紀末古代災厄公社伝説 シオドア=スタージョン Forge 奇想コレクション バキ Season12 フィリップ・K・ディック 荒野に獣慟哭す 空中庭園エリュシオン UA コードウェル城奇譚 好きなTRPG レッド・ノベンバーを救え! ナイトウィザード シャドーオーバーミスタラ タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト 番長学園!! フンタ 電車 レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) CRB 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード