D&D5e余話#72~D&D Encounters『Elemental Evil:Princes of the Apocalypes』第三回レポート~

 本Seasonの戦闘はどうかって?
 運が悪けりゃ死ぬだけさ! 運が良くても誰も知らない♪

 今回のシナリオについてはDMから「ヒドイことになったらゴメンなさい」という断りがあったが、ロドニィ=トンプソンとかジェームズ=ワイアットとか4eスタッフがそのまま関わってるゲームなんだから、その公式シナリオがヒドイことになってない方がおかしいな! と信じているから俺には何の問題もない。言うても3e以前のスタッフ、それこそNEXTの頃スタッフ参入していたモンテ先生が手掛けてたりしたら果てしなくヒドイことになってた恐れはあるが
 失敬千万な話はさておいて、ゴブリン&ホブゴブリンの混成部隊を乗り切った我々は、さらに墓穴への探索を続ける。
 ゴブリンどもはただの通行人いやさ通行亜人でしたが、あんなもんがうろついてるとなると、ちと周辺調査はしておく必要があるでしょう。約二名ほどは墓所の財宝への期待に不穏に目を輝かせているようだが。
 黒々とした穴の先は暗視で見てもらうと、長い石段となっていた。その奥には石の扉があり、小型生物が通れるぐらいの隙間で開いている。我々は全員中型サイズなので入り込む余地はない。うーむ、こういう時ワイルド・シェイプを使えるといいのに。
 扉を調べていたグレンは、開けないかと力を込めてみる。
グレン「でも俺【筋力】修正値マイナスなんだよな……」
 モンクに【筋力】いらなくなったもんねぇ。格闘家に【筋力】が求められないとはこれも時代か……マッチョ信仰のアメゲーなのに。
 が、仰天の出目で力押しで開けたり。開いたはいいんだけど、力押しでないと開けられないような扉を開けられる膂力の奴が近所にいるらしい、ってことの方がとっても気になるんですけどね、ボク。
 扉を抜けた先は、石のテーブルが設えてある部屋。テーブルの上には金属製の物品が置かれている跡が残されている。今のところは、さらに奥へ向かうドアぐらいしか見るべきものはない。が、欲に目が眩んでいるせいか〈知覚〉の出目がイマイチ振るわない。これで罠があったりしたら面倒だが……こういう時のメイジ・ハンドということで。
 距離を取って魔法の手で取ってに触れた途端、青白い半透明状の鎧甲冑がドアから飛び出してくる
亡霊「この墓から去れ……!」
 その装備は見るからに古ぶるしく、スウィンギング・ロードが誕生する以前の先住者のものであろうと予想される。墓守が死してなおも主を護り続けているということか。うーん、そういう事情になると戦いづらい。っていうか戦う理由があんまりないような。別に墓荒らしに来たワケでもないしなぁ。意思疎通をしようとしても、壊れたスピーカーのように(#・∀・)カエレ! としか繰り返さないため問答は不能っぽい。部屋の外へ出れば危害を加える様子はなさそうなので、このまま帰ってもいいんじゃ? と思ったけど、ゼンタリムの矜持にかけて盗掘せんでは帰れない人もいるし。邪悪なアンデッドで主人が外道の輩とかなら話は変わるが……ハッ、そういえばパラディンにはディテクト・イーヴルがあったのでは!?
ステッド「うーん、ディヴァイン・センスでは存在は感知できるが属性まではわからんのだ」
 (´・ω・`)ショボーン
 すったもんだしている間に強引に通ろうとする者まで現れ、流石にここまで来ると亡霊どんもキレて剣で斬りかかってくる。現状、敵の素性もワカらんのに戦うのはどうかっちゅーことで一端退却することに。
 後列にいたジューレイは暗視持ちとあり、真っ先に階段を上っていったのだが……入り口には月光を背景にしたハーフ・オーガがのっそりと屹立していた。どうやら墓に入る前の〈知覚〉に失敗していたらしい。ホギャー 大型クリーチャーの〈隠密〉すら見抜けぬとはそしてこの諦念……あ、サイズによる〈隠密〉のペナルティって無くなったんでしたっけ?
 て、コイツのバトルアックス2d8+3ダメージも出るじゃねーか! 「一撃でPCを倒しかねないモンスターには気を付けろ」ってDMGの注意文を読んでねえのかシナリオライターは……「一撃で死なないからOK」ですって? まあ、そりゃそうだが。あとこいつって片手で使った時と両手で使った時のダメージが併記されているのだが、MMそのままだと盾を持ってないので、別に片手で殴る必要が無い。で、両手だと2d10+3ダメージが飛ぶ。うーん、死ぬんじゃない?
 そしてなんとなくゴブリンが1体お供にいた。いらねぇだろ! 敵を2体に増やすだけで経験点枠1.5倍になるんやぞ!?
 洞窟を出ようとしていたジューレイはいの一番にハーフ・オーガと相対してしまう。これはナマス斬りになる運命か、そして次は俺の番か(二番目に入り口に近かったのがウィリー)……と合掌の準備をしていたら、振り下ろされたバトルアックスは、ジューレイの伸ばした手に受け止められるこれぞアーケイン白刃取り、シールドだ! リアクションでAC爆上げの秘術呪文使いの命綱は5eでも健在だった。ジャンプなんて準備してる枠があったらコイツを入れるべきだな! 3レベルセッションの時のウィザードのPL氏、あの時はすいませんでした。
 シールドの効能は凄まじく、ゴブリンのショートボウも弾き落とす。実は素でもAC16あるので相当固い方なのだった。おっつけ前衛たちが到着する前に、ジューレイやウィリーは岩扉に向かってジリジリと後退。しかし狭い入口に足を止めざるを得ず、バトルアックスの猛攻に怯えながら耐えることになる。
 前衛は回避を宣言しながら壁となり、後列からの砲火で押し切るか、という案もあったが、グレンは連打してナンボのモンクであるし、ACは12と低いんだから、ここは攻めっ気を出すしかあるまい。まあ押したらステッドがバトルアックスの直撃を受けて一撃で昏倒したんですが。そりゃそうだよ。流石にキュア・ウーンズを使う枠は残していたので大事には至らなかった。ドルイドはヒーリング・ワードを使いながらキャントリップを撃つぐらいならキュア・ウーンズで回復に専念した方がいいな。キャントリップの性能がアレなものが多いので。
 かなりの痛手を負ったハーフ・オーガは逃走しようとするも、これだけ後方支援の充実しているパーティ、叶わず追撃に轟沈。ゴブリンは逃してしまったが、本Season始まって以来最大のピンチを脱したのであった。
 とはいえ呪文は使い切ってしまったし、この上あの亡霊と対決するにはちょいとトニー力が出ないようって感じだ。あと墓の由来を知っている人がいるかもしんないし。てなワケでスウィンギング・ロードに深夜便で戻り、昼まで大休憩を取る。嗚呼、自分達の意志で大休憩のタイミングを決められるって素晴らしい
 昼下がりに情報収集をかけてみるが、あまり優良な情報は集まらなかった。教会のボウゼル共もやはり所詮はステイクス神父、「そもそも私たちターン・アンデッドとかできないんで……」と亡霊騒ぎには及び腰。まあアンデッドになってるんなら成仏させた方がいいんでないの、と聖水の提供はしてくれた。うーん、プロがそういうならやっぱり倒した方が情けというものなのかなぁ。PCとしては無理に行く必要がないっちゅうか、墓暴きは気が進まないのであるが、未知の扉を放置しておくというのはプレイヤーとしてどうかと思うしな。あと逃がしたゴブリンが戻ってきて荒らす可能性もあるし。
 というワケで舞い戻った墓所。
 やっぱり意思疎通は不可能で、これはもう倒すしかねぇとファイティングポーズを取る一同。
 聞いてびっくり、こいつはスペクターだった属性攻撃全般と武器攻撃に抵抗があり、そしてダメージは3d6の[死霊]。「一撃でPCを倒しかねないモンスターには気を付けろ」ってDMGの注意文を(以下略)。確かに脅威度1だから出会ってもおかしくはないんですが。こいつに出会うのは、1レベル冒険者にとって人生における不運トップ10を争えるだろうなおハーフオーガとの出会いもトップ10を争えます。ハーフ・オーガを撃退してEncounters始まって以来最大のピンチを脱したと思ったら、それと同等かひょっとしたら上回るピンチにアッサリ遭遇したのであった。あばばば。
 困ったことに霊体だもんだからエンタングルが効かないんだよな。しかも見るからに【敏捷力】型ってツラをしてるから、フェアリー・ファイアーも効きづらそうだが……キャントリップを撃つよりはマシと放ってみると、見事効果発揮。何でもやってみるもんだ。コレで一気に楽になった。聖水は投げたのが外れて全然役に立ちませんでした
 有利が乗ればこいつもAC12、そうそう外すもんではありません。抵抗に阻まれながら順調にhpを削り落としていくのだが……。
DM「グレンに命中。ちょっとDC10の【耐久力】セーヴをお願いします」
グレン「ん? ……ダメだ、失敗してる」
DM「えーと、そうすると15点の[死霊]ダメージ。で、hpの上限が-15されます
 ( ゚ω゚)
 脅威度1に落ちても“生命力吸収”の恐怖は依然健在! この能力を持つ輩と遭遇した時には、「俺たち何か悪い事したかなぁ……」と己が所業を顧みていたものですが、5eでも同じ事が言えるな! っていうか脅威度1の敵になんでそういう能力を与えるねーん。
 hpの上限が0になった犠牲者は当然ながら死亡思わずDMも確認に走るぐらいだったが、確かに【耐久力】セーヴ落とすとダメージぶんhp上限が下がるって書いてあるんだよなぁ(MMより)。ううっ三回目にして早くも犠牲者を出してしまうとは。
 次ターンの猛攻で何とかスペクターは退散したが……さて、グレンの死体を抱えて我らはどうしよう。スウィンギング・ロードまで戻ればゼンタリムのエージェントが駆けつけて蘇生してくれるが、その場合起き上がった直後はあらゆる判定に-4(セッション間で日数が経過するごとに軽減される)の超ハンデが課せられる。それはこの際仕方がないにしても、ゴブリンがこの辺りをうろついているから、スペクターがいなくなった後に入り込まれる可能性があるんだなぁ。
 結局、ここまで来て死体を背負って帰るだけでは話にならん、と探索を決行。ドアの先は霊廟となっていて、石造りの棺桶と鉄製の櫃が置かれている。念のため……とオッツダルバが石棺を開けると、骸の抱えていた剣、時代が経ったにしては妙に新しい刃がキラリと閃き、宙を舞って襲い掛かってきた。えー、もう口にするのもイヤなんですがフライング・ソードですモンスター記事Expedtionレポートで言及した通り、固い・hp多い・耐性多い・飛行・経験値少ないと完膚なきまでのクソを通り越して汚物とか吐瀉物とか形容されるべき性能ですな。このデータで【敏捷力】ボーナスが+2あるという事実がさらにゲンナリさせられる(1レベル時点の呪文は【敏捷力】セーヴをさせるものが多い)。こいつのデータをデザインした奴が夜道を歩いていたらショットガンで撃たれたりしても俺は不思議と思わないし悼まないよ
 散々1レベルに出していい性能ではないとグチっていた通り、フライング・ソードに出会うことも1レベル冒険者の人生における不幸トップ10に含まれるつまり今回はトップ10中3つの不幸を同時に味わえるというフルコースです。ウギャー
 シナリオライターも「強いから」という理由だけで出してるだろこいつ!
 もうここまで来たら四の五の言ってる場合じゃねえ、「飛んでるんでエンタングルはちょっと」という無情な通告に再び涙を呑んでフェアリー・ファイアー。これまた+2のボーナスにどうなるかと冷や汗をかいたが見事通用し、そのまま一挙に畳み掛けることができた。願わくばそのまま眠ってほしい……っていうか金輪際他のセッションでも会いたくないが、どうせこの調子だとスナック気分であらゆるシナリオに投じてくるんだろうなー
 言うても今回大休憩をかなり柔軟に取れるので、ハーフ・オーガ、スペクター、フライング・ソードのいずれも戦闘後熟睡確定の全力投球をすれば、何とかならないでもないと思う。ツワモノが現れた時は、むしろそのぐらいやってかかれ、とデザイナーが言ってると思えってことかね。まーうっかりイニシアチブを取られただけで死者が出る可能性があるのはどうしても変わりませんが。実際死んでるし。
 あと、実は経験点枠的には数が増えるとハネ上がる仕様上、前回のゴブリン&ホブゴブリンの方がやばい。ゴブリンの経験点は50点、これが5体で250点。ホブゴブリンの経験点は100点、これが2体で200点。合計450点を、頭数が7人なので2.5倍すると1125点1レベルパーティにとって“致死”級の遭遇経験点枠は一人100点、我ら6人なので600点
 ……見なかったことにしました♥
 ちなみにハーフ・オーガとゴブリンなら(200点+50点)×2体なので1.5倍=375点。標準(300点)~困難(450点)の間となる。斯様に2体に増やすだけでも不経済な指針なんである。
 公式はDMGで指針を提示したが、本人たちに守る気はまるでないってことはよくワカった。

 櫃からは古びたロケットと指輪を発見。今後の調査の材料になるかもしれない、と一時拝借する。これが果たしてスウィンギング・ロードに蠢く陰謀に関係があるか、というと特になさそうな気もするのだが。何度か口にしたように別に墓所の奥にスペクターと戦ってまで向かう必然性って無かったし。死亡したグレン本人もPLとしては薄々そう思っていたそうですが、そりゃゼンタリムの一員なら行かないわけにはイカンですよねぇ。
 そういやーシナリオによるとあのスペクターは、戦争の中で主人を守ろうとして守れなかったという過去の持ち主であるそうだ。その悔恨でスペクターになってしまったというなら、それも道理であろう……が、困ったことにこの設定、PCが知る手段を用意してくれていない何故隠す!? そういうドラマはプレイヤーに伝えて、良心と信条の葛藤を引き起こしてこそだと思うのですが。メリケンのライターのセンスはよくわかりません。
 ま、それはそれとしてグレンの回復を待ちつつ、次回はもう少し大人げというものを持った遭遇でありますように、とお星様に願うのであった。あんまりムチャ言うと戦闘ごとに大休憩取っちゃうぞ(クソプレイヤー)。
 来週以降Encountersはちょいとお休みになるんで、5月の大型連休が明けたらまた会いましょー。


名作ドラマBDシリーズ 俺たちは天使だ!  Blu-ray-BOX(3枚組 全20話収録)名作ドラマBDシリーズ 俺たちは天使だ! Blu-ray-BOX(3枚組 全20話収録)
(2013/09/18)
沖 雅也、多岐川裕美 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

毎回の詳細で軽妙なレポート、すばらしい。お疲れさまです。

1レベルだと、一撃かどうかはともかく、昏倒は当然するものと割り切るしかないですね。
死んだらそれまで生きていれば経験点が手に入ってレベルアップできるかもしれないので、
とにかく死なないことが1レベル段階ではもっとも重要というのが私の意見。

HP回復手段を持つ人が多ければ勿論それに越したことはない。でも1レベルだと現実的にはそれも
限度があるので、回復手段を持たない人がどれだけ確実に倒れた人をstabilizeできるかというのが
非常に重要。

何が言いたいかというと。
ステッドはHealer’s Kitを持っているので、HP回復手段がなくなっても見捨てず助けにきてね、と(笑)
まあ、他のプレイヤーがいるところで言わないと意味ないのですけどねー

No title

熱戦に熱戦の続いた第三回、お疲れ様でした。
ぶっちゃけゴブリンのショートボウ一発で倒れる可能性があるのが1レベルだから、それを考えたらハーフ・オーガが相手でも何でも「殺られる前に殺る」……と腹をくくるしかないですなぁ。
でもHealer’s Kitなんてものがあるのはまるで忘れてました。
>ステッドはHealer’s Kitを持っているので、HP回復手段がなくなっても見捨てず助けにきてね
知らなかったそんなの……
5gpで10回も使えるんだから、《癒し手/Healer》なくても買っておくべきだった。
昏倒はしょーがないにしても、「死なない」ことを最優先にするためにも、1レベル冒険者は5gpひねくり出して買うことをこれから推奨していこうと思います。
プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC シオドア=スタージョン UA 世紀末古代災厄公社伝説 Forge 奇想コレクション バキ フィリップ・K・ディック レッド・ノベンバーを救え! Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す シャドーオーバーミスタラ ナイトウィザード タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード