TRPGこぼれ話#215~コボルド頭の謎~

kobold02.jpgm054_2.jpgexcerpt_MM_0916_1.png
 コボルドの外見の変遷。3eの頃はユーモラスだったのに、時代が進むごとにイケメン化しているのがわかる。4eで築いた萌えキャラの地位もPFゴブリンの活躍で危うくなったのにこうしてはいられないととんでもハップンし、「もうおもしろキャラはやめた! これからはイケメンヒーローでいく! そんでもって月9と大河狙ってく! あとおはスタにも出る」とか思い立ったのだろうか。
 ところで、このコボルドの外見について、D&Dプレイ中に参加者の方が口にした謎がある。
コボルドって、いつから犬頭からトカゲ頭になったんですかね
 コボルドといえば様々なゲームにおいてゴブリンを下回るモンスターヒエラルキーの最下層、という扱い、D&Dでもそれに近いものであるが、世の大概は犬頭の小柄な人型生物、ゲッター線で絶滅しそうなD&D製の爬虫人類の姿は他に見た覚えはない。いや、そのD&Dコボでさえクラシックの頃は犬頭だったのだ。確かに、クラシックD&D系列の電撃G文庫版D&Dや、リプレイ『ミスタラ黙示録』でもそのような表記だったし、彼らは犬の頭部を持つ神を信仰していた。カプコンのベルトスクロールアクションも…あまり犬には見えないがトカゲよりは犬っぽかったな(初代では愛玩動物どころか非道な強さを誇ったという)。それがいつの間にトカゲ頭になったんだろう。どんな事情が制作チーム内にあったのか、気になるところだ。なお、輸入されたクラシックの系譜はこの電撃G文庫が最後だったので、日本において見かけられる犬頭のD&Dはこれにて断絶になったのかもしれない(本国ではさらに大系をまとめたものが出たらしい)。トカゲ頭のコボルドも、日本語環境で拝めるのは4eが最後、なんてことにならないよう願う
 そもそも、犬頭というイメージがどっから生まれて浸透したのかも謎なのだが。コボルドって本来は坑道に住む悪戯妖精だから、ドワーフやノームに近い存在のはずなんだけど。水木しげる先生の妖怪入門世界編では、コーボルトという名前で座敷童のような性質で紹介されてたり。また金属元素コバルトの名前の由来になっているのは有名な話。小生のキャンペーン『ザ・ペナルティメイト・トゥルース』に登場した“ミドロヶ沼”に大量のコボルドの死体が浮かんでいる、という情景は、『鉄腕アトム』でアトムの弟分、コバルトが『ミドロが沼の巻』雑誌掲載時に死んだというエピソードからイメージソースを得たものである……が、あまりにもコアなネタ過ぎたか、気付いた人は誰もいなかった。
 閑話休題。
 SW2.0では前作同様に犬畜生というイメージを引き継いでいるし、『真・女神転生』でも序盤のラクカジャ・スクカジャ要員の犬頭だった。ウィザードリィやMTGのように、CD&Dと密接に結びついているゲームなら当然いやさ必然。単純にただの醜い小人だと、ゴブリンとの区別が付きづらいというキャラ描き分けの都合があるにしても、これだけ犬頭という、本来とは異なる姿が浸透しているというのは結構スゴイな。本当に、一体何が出典なんだろう? CD&Dが大元になったのもありそうな話だが、スタッフは何を思ってコボルドを犬頭に設定したのか、そのヒントになった原点もあるのかも。コボルド頭の謎は尽きない。



KoboldsKobolds
(2013/11/23)
Nicholas Milasich、Matt Blackie 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コボルドはドイツの伝承妖精ですよ。
元々家に出るオバケのような妖精(金髪に赤い帽子と緑の服の小人)がいつの間にか鉱山に出る犬頭に鱗を持つ小人として伝承されてRPGのモンスターとなったようです。
oxfordの英英辞典でも名前を引ける、由緒あるモンスターです。

で、5eのコボルドも、一応トカゲやドラゴンと言うよりは犬っぽい頭してますよ。

逆に3e4絵のコボルドは犬頭成分が薄いようなイラストでしたね。
(3eでは確か犬様の頭部を持つとか書かれてた気がします。もう3e4e手放してますのでうろ覚えですけど。5eでは外見の描写は特にないですね。)

No title

すみません、文献を逆引きしてくと、そもそも犬頭と鱗ってD&Dに遡るようですね。

pdfで初期の版は持ってますが
D&D赤箱1983年版で犬頭と鱗があることが明記されています。
1978年版のいわゆる白箱を確認するとドワーフのような人型生物と書かれていますよ。
同じくAD&D 1stでは角がある以外の外見的特徴は書かれてませんが、イラストは犬頭に鱗を持っている姿です。
AD&D 2ndでは鱗とネズミのような尻尾と角を持った生物と表記され、イラストも犬頭ではない感じです。

そこそこにイメージの揺れがあるようですね。

元々のコボルドはただの妖精で、特に犬頭でもなんでもないようです。
失礼しました。

No title

座敷童っぺえ設定の方が先だったのですかね。坑道の妖精話は16世紀ぐらいらしいし。
またD&Dのコボルド過去話、おうっこれは面白い。昔のコボルドも犬頭でも鱗は持っていたから、一応爬虫人類のルーツは見え隠れしていたのだな。本格的にトカゲっぽくなったのはAD&D2eからか?
なお、ご指摘の通り3eでも「何やら犬のような頭」と外見的特徴で書かれていましたが……うーんこのツラで犬と言われてもなぁ。文中ではしっかり「人型爬虫類」と表記が確認されました。
プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC シオドア=スタージョン UA 世紀末古代災厄公社伝説 Forge 奇想コレクション バキ フィリップ・K・ディック レッド・ノベンバーを救え! Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す シャドーオーバーミスタラ ナイトウィザード タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード