D&D5e余話#41~D&D Expeditions『アウト・オヴ・アイアンルート』参加してきた 後編~

 5eのバーバリアンは防衛役。えっ、4eでもバーサーカーは防衛役だったって?

 グレイ・パトリオットとティアマト・クローとの会合が迫り来る今、我らはその指定の地“王様の薪”へ急行しなくてはならない。しっかり大休憩は取ったけど。呪文をほぼ使い切ってたし。
 やはりブラーデン氏もコボルドに関してはあまり把握しておらず、せいぜいグレイ・パトリオットと小競り合いをしていた程度の情報しか入らない。これがジョイントするとフランは二大勢力の脅威に晒されることになるが、これまで抗争をしていたというのなら、仲違いを誘発して戦力を消耗させることも可能かもしれない。というか、いくら平均レベルが高くても、グレイ・パトリオットとティアマト・クロー両方を相手にするのはちょっと……コボルドの方は30体ぐらいいるとか聞いてるしなぁ
 移動手段はふたつ、馬を借りて“王様の薪”へ直行するか、準備期間を設けて船で移動するか。前者は時間を無駄にしないで済むが、グレイ・パトリオットとティアマト・クロー双方と出くわす可能性がある。一方、船は時間を食う代わりに、水上は“王様の薪”の足元、崖の上からは死角になっているので、比較的安全に接近できる。コボルドと遭遇する可能性も低いだろう。うーん、しかし冒険者の本能的に水場に近づくのはなぁ……
 この選択には、パーティ中唯一金属鎧を着ているレイモンドが発言権大だろう(他はレザー、スタデッド・レザー、全裸)。彼曰く、ここは時間をかけてでも、一度にぶつかる戦力の少ない方を選ぶべきだろう、と船での移動を進言。水上戦となった場合は腹をくくるという事で、ブラーデン氏に準備を依頼する。
 移動の間、いかにして二つの組織を攪乱するかを相談する。有力なのは、グレイ・パトリオットのフリをしてコボルドを攻撃し、共倒れを狙う作戦。俺たちはコボルドにはどうしたって変装できないが、山賊のフリならいかようにもできるしな。しかもペテン師カリブロは変装キット持ちだ。可能な限りグレイ・パトリオットに近寄らないようにしつつ、コボルドのキャンプ地へ向かいたいところ。
 幸いなことに、道中で襲撃は受けずに済んだ。“王様の薪”です、という乗組員の声に顔を上げると、おお、これは壮観、本当に崖ひとつに丸ごと座った王様の姿が彫り込まれている(バーミヤンの石仏を思い浮かべてくんねぇ)。崖際だと足元ぐらいしか見えないが、もっと遠くから見るとそれは立派な様を拝めたことだろう。こんな血生臭い仕事じゃなく、観光で来たかったぜ。
 船は王様の足の脇にある洞窟へと静かに滑り込んでいく。その奥では、もう一艘、無人の船が停泊していた。山賊たちも、海に出るときはここを利用しているのだろう。洞窟を登っていけば出ていくのはグレイ・パトリオットのキャンプ地ということか。できればティアマト・クローに直行したかったが、やはり防衛網を抜ける必要が出てきてしまった。
 もうひとつ、我らにとっての幸運は、崖の上を濃霧が覆うようになっていたこと。洞窟から顔を出し、グレイ・パトリオットらの気配を観察しているというのに、向こうは気づく気配もない。ピリンが先行して偵察したところ、キャンプ地の周囲を見張り二人が回っており、石のテーブルまで来ると、そこにあるチェス盤の駒を動かしてはまた去っていく。こうして、駒の配置で異常のある・なしを判断しているという寸法か。
 ならば、一人を片付ければ、もう一人が来るまでの時間は稼げる。つっても5分ぐらいだが、この状況では自由な時間は一瞬でも欲しい。それにティアマト・クローほどではないが、グレイ・パトリオットも15人規模の山賊団、しかも三人の幹部までいるのだ。各個撃破はできる時にしてしまいたい。
 見張りが駒を動かした直後、我々は音もなく忍び寄り、不意討ちを仕掛ける。ピリンの急所攻撃つきの弓がクリティカル・ヒットし、さらに不意討ちランドまで得ていたため、見張りは合図の笛を鳴らすまでもなく倒された。霧は相変わらず濃く、この凶行にもキャンプは気付いた気配もない。
 次の見張りが来る前にキャンプを迂回……したいのはやまやまなんだけど、よりにもよって洞窟がキャンプのドまん前で、敵に察知されるまで無事に通過はとてもできそうにない。然らば、やはり少しずつ戦力を削っていくしかない、ということで次の見張りも襲撃。こちらには流石に不意を討てず、合図を出されるのを防ぐためカリブロ涙のスリープを撃たざるを得なかった。ううっ貴重な1レベル呪文枠が。洞窟に引きずり込んで締め上げると、現在クルーレックはカイ=ティランを伴って王様の膝の上で会議の真っ最中で、残ったメンツは帰りを待っているところだそうだ。やはり戻ってくるまでに可能な限り少人数のところを狙うしかないかなぁ。それにしてもなんか攪乱のはずがなし崩し的に殲滅戦になってるのが気になる。このままいくと、グレイ・パトリオット総出と戦うことになるんぢゃあ。
 正面キャンプの他に、一箇所離れた場所に設置されたテントがある。見てみると、テントの前にはカリムシャンの実直そうな大男が武器を脇に座っている。あれがでかいけどリトル・エリックということか。他の部下や幹部は見当たらないので、今が襲い時と霧に乗じて接近する一同。今回〈隠密〉に不利が乗るのはレイモンドだけですしな。まあ習熟してるのはピリンだけだがな! 余裕!
 全体的に達成値が低い上にウォルフが1を出したことでやはり不意討ちは失敗。えーいリトル・エリックだかフリッツ・フォン・エリックだか知らねえがこうなったらやってやろうじゃないですか。幹部との対決ということで、ウォルフもここは本気になって、貴重な激怒を使用することを選択する。
 リトル・エリックはACこそ低いがそれ以外のセーヴは高め、カリブロのヴィシャス・モッカリーのダーメダメダメダメ人間コールにも、レイモンドのゴーディング・アタックにも動じない。“無謀な攻撃”で斬りかかっていただけに、しっかりウォルフに命中させてくる。が、これがまた軽い一撃
DM「図体はでかいけどダメージは低いんですよ。せっかくのパック・タクティクスも一人じゃなー」
 オウD&Dスタッフ何でもかんでもパック・タクティクス付ければいいってもんじゃねーぞコラァ!
 さておき、打点の低い相手には、物理ダメージ半減のウォルフが鬼のように強い。何のためらいもなく“無謀な攻撃”を宣言しまくり、リトル・エリックの打撃もものともせず大ダメージを与えまくる。同時に、ピリンはライトフットの特性を活かして、カリブロの影にボーナス・アクションで隠れつつ、有利を貰って急所攻撃をブチ込む。なんすかコレ、ゲロを吐くほど強い
 このあまりの好相性に大した被害を受けることもなく、リトル・エリックを数ターンで轟沈。
 テントに飛び込み、大慌ての捜索((青)(2))にいそしむ。
DM「最近書き込んだらしい、襲撃予定の地図なんかがありますね。あと、木製のチェストが部屋の奥に」
ピリン「じゃあ解錠しますね……うん、成功」
DM「では、中には豪華な装飾の剣が見つかりますが…フタが開いたと同時に襲ってきます」
ピリン「ぐわあっ、な、なんじゃこりゃー!」
DM「……って、このフライング・ソードの脅威度、ウソだろう
 ああよく知ってますよ! 脅威度詐欺の最右翼だもんな!
 ピリンがザックリ斬られるも、そこはクラス・レベルの厚みがあり、レイモンドの確実な打撃と“無謀な攻撃”のおかげで、AC17を貫いて大ダメージを与え、1ターンでガラクタに変えることに成功した。明らかにリトル・エリックよりも危機的かつ大きな脅威であった
 さらにチェストの奥から、収奪品の詳細な帳簿を発見。メモというには熱心に書き込まれており、元からそういう仕事に従事していた人間が、今は山賊に身をやつしていた、ということだろう。
 幹部の一人は片付けたものの、バーサーカーのルースと手下多数は未だ残っている。霧を通して目を凝らしたところ、こちらの異変にはまだ気づいておらず、時折会合が行われているであろう王様の膝の上と、肩のあたりに何か視線を送っている。後者は気になるが、人数的には何とかならないでもない範囲。手下も下っ端も下っ端で、どうやら主力は見張りやクルーレックに付き従っている模様。
 ということなら、もう戦うしかないよね。やっぱり殲滅戦になっちゃったよ。
 クルーレックとの対決、最悪コボルドの増援も考えて、まだ最後の呪文を切るわけにはいかない。このままクルーレックとジェラーラが大休憩を取れるぐらいの時間を朝まで生討論してくれたなら、遠慮なくスリープを撃ち込んだがね! というわけで、地道にキャントリップと攻撃で削っていく。例によってピリンの〈隠密〉急所攻撃が口火を切り、さらに激怒ウォルフが敵陣に突進。全ての攻撃を引き受ける。激怒のダメージ半減があり、ルースに殴られても手下に殴られても倒れない倒れない不死身っぷり。裸がユニフォームのAC低下と、“無謀な攻撃”で相手に有利、そしてダメージ半減が恐ろしい程にうまく噛み合っている。自然とヘイトを引き受けながらも決して倒れない、見事な防衛役ぶりです。これがババリソの真髄、5eのバーバリアンは防衛役だったのか……昔持っていたあれだけの火力と引き換えに手にしたものとしては著しく間違ってる気がするが、上手く機能してるんだから、まあよし!
 猛攻に晒されたルースが泡を食って笛を鳴らすと、後衛のカリブロとピリンの前に、どこからともなく飛んできた矢が突き刺さる。やはり、あの高所への目線は、カイ=ティランに送っていたものだったか。ロングボウの射程は500フィート、十分こちらを狙える距離である。クルーレックに襲撃を悟られるよりはマシだが、エルフのロングボウで狙撃されては、例え霧で不利を受けるとしての危険。事実、カリブロがダメージ・ダイスで最大値を出され、一撃で昏倒してしまった。ピリンが離れていなかったのが幸いし、所持していた治療キットを使うことで、事なきを得る。
 一方、前衛ではウォルフが獅子奮迅の活躍を見せる。ルースと手下の袋叩きで総計60点ものダメージを受けながら半減によって踏み止まり、逆に“無謀な攻撃”によって次々頭数を減らしていく。これに後続のレイモンドが続いたとあっては、ルースに勝ち目はない。ウォルフのhpとカリブロの昏倒という被害はあったが、キャンプ地の制圧に成功した。
 戦闘が終わった頃、王様の頭上から樹木に渡されたロープを伝って、カイ=ティランが降り立つ。しかし状況から命を捨てて戦う意志はなく、逃走を悟られたと知ると武器を捨てて降伏。回収したロングボウは、それは見たこともない素晴らしい逸品。5eでは希少品も希少品となった魔法の武器、+1ロングボウだ!
 って、ロングボウを使える人間が前衛二人しかいないんですけど。マジック・アイテムを持ってない人間が優先的に貰えるのでカリブロが受け取るが、習熟してないんじゃなあ。そうだ、売りに出せばいい金になるんじゃ……。
DM「いや、それが値段が書いてないんで売れないんですわ。DMGにも未掲載という話だし」
 E~~~~~ッ!?
 マジック・アイテムがレア物になったとは聞いていたけど、まさか「それをうるなんてとんでもない!」と言われる程だったとは……しかし、売り物にならないとなると、本気でフルプレートを買うのにどんだけかかるんだ? と不安になってきました。
 さておき、カイ=ティランは降伏こそしたものの、クルーレックに不利になるような情報を吐くつもりはないらしい。ルースらからも慕われているし、山賊になったのも訳ありっぽい、人望自体はある人間だったんだろなぁ。
 幹部は全員倒したことだし、後はいかにコボルドを相手にしないようにしつつ、クルーレックだけを引きずり出すか、だな。ここは予定通りコボルドに襲われたグレイ・パトリオットのフリをして、会見をブチ壊す作戦で行くか。おあつらえ向きに変装キットを持ったアクターカリブロもいるしな! なんか失敗するとひじょうに命の危険を感じるのだが、これこそ他人に譲れない檜舞台であるし、ピリンに「ここで成功してビッグになるんだよ!」と煽られた都合上、最早ひっこみがつかぬ!
 王様の握ったゴブレットにはいつでも燃やせるよう薪が積まれており、ここが名前の由来になっているということか。その下で、クルーレックと♀ドラゴンボーンのジェラーラが不毛な会話を繰り広げているところだった。
クルーレック「だから言っておるだろう、この地域は我らに任せておけばよい、と!」
ジェラーラ「地域なんて関係ないわよ、私の可愛いコボルドちゃん達は、大好きな人殺しを勝手にやらせてもらうから」
 か、掛け値のないクソ女……。
 まあ今はコボルド団を相手にするときじゃない、とグッと堪えて、クルーレックに向かって叫ぶカリブロ。
カリブロ「ボス! アンタ騙されてるんだ! その会合で時間を引き延ばしてる間に、俺たちのキャンプを襲うって手立てだったんだよ! 今も皆戦ってるんだ!」
クルーレック「何ィ!? やはりこの女、謀っていやがったな!?」
 カリブロの迫真の演技に、クルーレックは怒り狂って席を立ち、キャンプ地の方へ急ぐ。残されたジェラーラは「え? え? 何のこと?」とさっぱり事態を呑み込めない顔。フフフ、そうして双頭のコボルドと今回のシナリオでは困惑しているがいいですよマドモアゼル(フラグ)。
 丸木橋を渡ったところで、カリブロは足を止める。足場の狭いここならば、一度に戦える人数は少ない。絶好の迎撃ポイントである。
クルーレック「おい一体どういうことになってるんだ? 話を聞かせろ!」
カリブロ「ああ、ゆっくり聞かせてやるさ。アンタを寝かしつけた後、大休憩取れるぐらいの時間が過ぎてからな!
 びみょうに格好悪い啖呵を切りながらの合図に、レイモンド、ウォルフ、ピリンが飛び出す。
クルーレック「き、貴様ら何者だ! というか俺の部下じゃねーじゃねーか!」
 よくぞ見破った明智君! と変装を解く一同。貴様の山賊団は壊滅した、潔くお縄につけィ!
 無論、そんな降伏勧告を飲むわけもなく、クルーレックは橋の上で1対4をものともせず対決に応じる。その自信もさもありなん、こいつフルプレート着てるんです。ギョエーAC18だぁ! い、いや、こいつを倒せばフルプレートを手に入ると考えれば……とかポジティブシンキンしていたら、なんか後方がおかしなことになっていた
 翼の生えた双頭のコボルドがスーッとティアマト・クローのキャンプの頭上に降り立つと、その後ろからマッシヴで頭悪そうな人型生物の一団が崖をヒヨドリ越えしてくる。手に手にグレートアックスを握り込んだ彼らは、次々とコボルドをぶち殺していく
 クルーレックもグレイ・パトリオットの部下も我らも( ゚Д゚)えっ? と唖然。
双頭「旦那旦那ここですよ、奴らはここに集まってるんでさぁ!」
 双頭コボルドの引き連れた総勢30匹のオークは、瞬く間にティアマト・クローのキャンプを制圧していき、真っ赤な部族の旗を突き立てていた。……どうやら、グレイ・パトリオットとティアマト・クローを我らでハメるつもりが、とっくにハメられていたようですばい。っていうか、このままだとグレイ・パトリオットやティアマト・クロー全員と戦うより遥かに危険な気が。オーク30体って脅威度15ですよ。
 この大変動に、クルーレックは向き直ると深刻な顔で持ち掛ける。
クルーレック「ここで俺たちが戦っても、得をするのは奴らだけだ。ここはいった武器を収めて、脱出すべきではないか?」
 あー。えっと。
 でかい口叩いてすいませんでした……。
 速攻で話はまとまり、船をつけてある洞窟へと急ぐ。少しでも時間を稼ごうと、ウォルフは“バードの鼓舞”ダイスも貰って、怪力で一本橋を外して川に投げ込む。その間、時々後方ではワイルド・マジックとおぼしき爆発と閃光が巻き起こっていたが、やがてそれらも収まっていった。まさか登場したシナリオで戦う間もなくフェードアウトするとは……純正の腐った性根ではあったが、そこんところはジェラーラさんに同情しよう。
 かくて、ほうほうの体で脱出した我々とグレイ・パトリオット。戦力が壊滅した上にオークの大襲撃を見て、クルーレックはこれ以上の抵抗は無駄、と悟って自ら裁きの場に出ることを選ぶ。しかし我々に敗北しての出頭は納得できないため、あくまで自首という形で通したいそうだ。うむ、こちらとしてもそれで収まるというなら異存はねえ。腹を括ったというなら、ロック者としてそれを尊重してやりたい。懸賞金は貰えないにしても、なんというかそれどころじゃなかったし
 ドサクサの中で、リトル・エリックの守っていたチェストからハート・オヴ・ミス・ドラナーは回収していたため、ブラーデン氏から懸賞金相当の報酬を貰えたのだから結果オーライである。オーク軍団の襲来は、グレイ・パトリオットやコボルドと違い、一箇所を拠点にするやり口ということで、その場所を避けたルートを通れば多少は被害を押さえられる。今までの無差別の商隊襲撃はひとまず解決されたということで……もっと大きな脅威が生じた気もするけど、割と今までのシナリオもその繰り返しだったらしいし……今回の依頼は完遂。
 最初の遭遇がミノタウロスとか、攪乱作戦のはずが殲滅戦になってるとか1レベルPCにしてはタマキソが縮み上がる展開の連続だったが、辛うじて生存することができたのであった。
 秘術呪文も信仰呪文も使え、技能や特徴のおかげで戦闘内外で活躍できるため、バードは十分期待に応えられる面白さでしたヨ。でも他に呪文使いクラスがいないと負担が一極集中するため、大変つらい。PFキャンペーンでカトーレ姉者の耐え忍んだ苦労がよくワカった



Player's Handbook (D&D Core Rulebook)Player's Handbook (D&D Core Rulebook)
(2014/08/19)
Wizards RPG Team

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC シオドア=スタージョン UA 世紀末古代災厄公社伝説 Forge 奇想コレクション バキ フィリップ・K・ディック レッド・ノベンバーを救え! Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す シャドーオーバーミスタラ ナイトウィザード タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード