D&D5e余話#36~さわりのさわり・脅威度について~

「どうせ脅威度なんて強さの目安としてアテにならないに決まってる」
 そんな生意気なことをフカしてたが、実際MMの脅威度を見ているとやっぱりアテになる奴なってない奴色々いる
 5eの脅威度は、「脅威度と等しいレベルのPC×4が遭遇して死者を出さずに勝てる」、ぐらいの強さだそうな。ふむふむ、この指標に従うと、脅威度1/4のゴブリンはPC1人に相当するぐらい危険ってことか。前回「レンジャーと同じぐらい強いじゃん」と言ってたがある意味間違ってなかったらしい。そりゃボーナス・アクションで離脱とか2レベルローグ並の技を使えるんだから、そのぐらいでなきゃおかしいだろう。でも4体いたらPLが不慣れだと死人出てもおかしくない気がする。
 ただ、「脅威度と等しいレベルのPC×4」が遭遇して死者を出さずに勝てる」ってのはウソだね1レベルのPC相手に2d8ダメージ(ついでにAC16)のバグベアを出しても死者を出さずに済む、って死ぬに決まっとるわー! 某シナリオのボスとして登場してるけどさ! 1レベルPC相手に!(どれかはネタバレになるので伏せておきます→スターター・キットなんで遊ぶ時は覚悟してね
 それ以上に酷いのはフライング・ソード脅威度がゴブリンと同じと知って呆れたねAC17、hp17(HD:5d6)、これが脅威度1/4なワケねーだろ! 攻撃ボーナスこそ低いが当たれば1d8+1ダメージ、飛行速度50フィートなんで前衛の頭上をフワフワ浮いて、後列をちょっとつっつくだけですぐに骸が転がってることだろう。人造だから[精神]ダメージも[毒]も効かないし、スリープも効かないという念の入りよう。コイツの群れを出して「えっ? 適正遭遇だよ?」とかニヤニヤしてるDMがいたら、力づくでデータの開示を迫っていいぞ! 見せたら殴られるとワカってるから絶対拒むだろうがな!
 PCが2レベル以降になればこの辺の指標も幾分納得なのだが、hpもリソースも少ない序盤においては、「脅威度が合計で1だからこれでいいだろ」とか適当に決めるのはやめといた方がいい。バタバタ死ぬのを見てガハハと笑えるようなドライなプレイグループならともかく、やっと出た5eを遊べる! と期待と若さ(どっちも遠い言葉だなぁ)に燃えてる人たち相手なら尚更。
 で、具体的にどうするかというと、脅威度1の奴を単体でデンとぶつけるのは避けたい。今回、ACがかなり控え目な奴が多いので、速攻を仕掛けられれば手を出される前にPCは倒せる可能性はあるが、脅威度1相手でも反撃一発でころころされるリスクも同じぐらい高い(固くて一発で殺されるような奴もいる。バグベアとか)。せっかく出てきたボスが開始1ターンで倒されてしまうのは本意ではあるまいし、せっかくのボス戦に何も出来ないうちに即昏倒して終了、なPLを出しても、DMの名折れというもの。
 そうでなくても、モンスターのダメージ量はよーく見ておく必要がある。脅威度1/2のホブゴブリンにしたって、味方のホブゴブリンが隣接してるモンスターにヒットを与えた時2d6追加ダメージ(しかもこいつ脅威度1/2のぶんざいでAC18)とか、危険な数値は低い脅威度でもゴロゴロしてる。っていうかモンスターはポンポンダメージが上がるな。PCの物理攻撃のダメージはそうそう上がらんというのに。エッセンシャル以降、2d以上のダメージに無頓着になってるんじゃねえのか……失敬、失言だった。
 望ましいのは少し強めの敵+雑魚で脅威を数で演出することか。ダメージの総量では単体に匹敵するぐらいだが、その分一発一発の打撃は少なく、撃たれ弱い連中を多数配置しておき、倒せば倒すほど楽になるように。可能なら飛び道具も少々交えて、後列にも危機を及ぼすようにする。こうすればPCは倒れにくく時間いっぱい遭遇を楽しめるし、PC全体に緊張感を与えられるので、前衛が必死こいて血みどろの激戦を繰り広げてる後ろで秘術呪文使いがのうのうとキャントリップ撃ってる、なんて不公平は避けられる。これ、PFの時にも書いたけど大体のシステムでも同じことが言えますな。
 また、5eではデータ・ブロックが非常にスッキリしており、かつACの内訳も明記されるようになったので、強さを上下させる細工がやりやすい。脅威度1の奴単体で出すのはやめとけ、と書いたが、例えばゴブリン・ボスはACこそ高めだが、攻撃ボーナスもダメージもゴブリンと大差なく、二回攻撃も不利が付くので、ガッチリ鎧を着込んだ前衛相手に命中させるのはかなりしんどい。またACは盾とチェイン・シャツによるところが大きい。これをハイドかレザーに置き換え(AC14~13)、両手にはシミターと投擲用のジャヴェリンを持たせておく。後は、前回示したように、盾を持たせないゴブリンを2~3体ほど(盾を持ってる奴も1体ぐら混ぜていいかな?)配置すれば、1レベルのボス戦としては十分ではないか。勿論、それまでの遭遇でニンブル・エスケイプを意識させておくのが望ましい。スリープ1発でそう全員眠る数値ではないし、前衛の一発で倒れるようなボスのhpではない。ボスが与えるダメージにしても、二回目は当たりづらいので生かさずコロッサス、追い詰めるに留まれる。距離を間違えるとニンブル・エスケイプで飛び込んでくるので、後列も油断できない。
 最初っからアクセル全開ならデータ通りでいいけど、発売して間もないシステム、様子を見ながらのプレイならこのぐらいの優しさがあってもいいんじゃありませんのん? まあ、それに限らずPCとモンスターのデータをよく見比べて遭遇は作りたまいってことですね。5eに限ったことじゃないけど。
 PFの時は適当でも結構なんとかなったんだけどな……。



Monster Manual (D&D Core Rulebook)Monster Manual (D&D Core Rulebook)
(2014/09/30)
Wizards RPG Team

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ PSYCO-GUNDAM 地霊殿 ガンダム スティール・ボール・ラン ファンタズム・アドベンチャー 機動戦士Zガンダム シナリオ Season5 Season3 MC Season9 奇想コレクション Forge UA シオドア=スタージョン 世紀末古代災厄公社伝説 バキ フィリップ・K・ディック Season12 レッド・ノベンバーを救え! 好きなTRPG 荒野に獣慟哭す 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 Volo's_Guide_to_Monsters シャドーオーバーミスタラ タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 特撮 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 五つの風 プロモカード 映画 快傑ズバット 雑記 T&T FEAR d20モダン ダンジョン・コマンド ダークブレイズ アリアンロッド メガテン Temple_of_Elemental_Evil ラス・オヴ・アシャーダロン 機甲猟兵メロウリンク 即大休憩 シャドウラン 真夜中の探偵 ACG 東映特撮YouubeOfficial アルフレッド=ベスター 異色作家短篇集 レイトショウ 装甲騎兵ボトムズ 三国志 手塚治虫 VGtM Pit ジャングルスピード ゲーマーズ・フィールド ドラスレ Out_of_the_Abyss モンスター画家 東方領土研究会会報 三上寛 エンゼルギア 火の鳥 セブン=フォートレス 当方領土研究会 クソコラ MM2 ラクラク大統領になる方法 ウルトラマン イベント パラノイア 革命万歳 ラフカディオ・ハーンと四つの顔 魔獣使いの少女 コズミック・エンカウンター アーカム・ホラー キャット&チョコレート キテレツカップリングパーティ 都筑道夫 刺青の男 レイ=ブラッドベリ 絶体絶命 ログ・ホライズンTRPG ガントレット・オブ・フールズ 島本和彦 バイブルハンター 幻想少女大戦 スティーヴン=キング フレドリック=ブラウン ミストグレイヴ クトゥルー神話 ポケットの中の戦争 そっとおやすみ 鉄腕アトム カットスロート・プラネット ストーンオーシャン 異色作家短編集 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード