D&D5e余話#21~さわりのさわり・レンジャーについて~

Ranger_Soveliss_PHB3e.jpg
 D&Dあき! 俺を使え!

 二刀流という話題ならこの人を呼べ、と言われているかどうかは知りませんけどレンジャー回です。ちなみに画像の人物が、3eにおいてバード以下という最低級の蔑称を浴びせられたレンジャーのソヴレス君です。覚えておいても罰は当たらないでしょう。得もないですが。
 PFで中装鎧を着られるようになり、また4eではツイン・ストライクデュアルウェポン・アタックでブイブイゆわせた二刀流の雄、5eでもその個性は健在……と、思いきや、二刀流に関連した要素ってFighting StyleのTwo-Weapon Fightingしかないんですけど。こ、これは一体……? そもそも初期装備にロングボウはデフォルトで入ってるのに、近接武器はショート・ソード二本になってるし
 いや二刀流どころじゃなく、今回のレンジャーの戦闘能力は、クラス特徴を見てるとかなり不安になってくるFavored Enemyは追跡と知識に優位が乗るぐらいで、全然“得意な敵”っぽさがねぇ。レベルが上がっても取得できるクラス特徴は、ファイターの嵐のような複数回攻撃やパラディンの一撃と比べると大きな差がある。そして呪文発動能力にも【判断力】が関わってきて、求めてくる能力値は多いとキタ。嗚呼、《断頭の一撃》で凄まじいダメージを叩き出していたあのレンジャーはどこに……
 とは言え4eは戦闘に大きなウェイトを置いていたゲームであるからこそ誰でも戦えたのであり、あの頃のような強さを期待するのは酷というものだろう。戦闘向きでないからといって低い評価を下してしまうのは、効率厨の悪い癖である。元からレンジャーというクラスは、戦闘においてはババリソやファイターに一歩劣るとはっきり宣告されているクラス(3.5eルールブックより)で、臨機応変な戦法や遠隔攻撃に集中すべしと助言されていたのだから。実際、今回のレンジャーも早い段階で呪文を使えるようになり、また戦闘外で活躍できるクラス特徴が非常に多い。ローグのように斥候・潜入で能力を発揮するクラスへの先祖返りしたと言える。急所攻撃のような一撃は無いが、複数の敵に対処できるような能力が多いのも特徴。こうして見るとエッセンシャルのハンターっぽいな(直球のHunterというスタイルもあるし)。
 中装鎧も着られて盾も持てるが、1レベルではFavored EnemyとNatural Explorerしか特徴が無いので、前衛が足りているのなら別に前に出る必要はない。デフォで用意されてることだし、ロングボウで射撃しつつ、後列に敵が抜けてきたらショート・ソードに切り替えて対処という戦法でいいだろう。今回Finessのおかげで近接も遠隔も【敏捷力】いっぽんで食っていけるからね。【判断力】もそこそも必要になるのを考えると、【筋力】に回す余裕はないかなぁ。
 遠隔攻撃を推奨しているのは、Fighting StyleのArcheryと非常に相性の良いクラス特徴が多いため。ファイターだと重装鎧やタフさがもったいなかったが、前衛に立つにはやや心許ないレンジャーなら遠慮なく選べる。攻撃ボーナスの伸びづらい5eにおいて+2のボーナスは千金の価値があり、複数回攻撃が可能になる頃には万金へと化けてくれるだろう。接近戦の場合は……うーん、Two-Weapon Fightingと言いたいところだけれど、呪文発動や盾を持てない脆さを考えると、DefenseやDuelingも捨て難いな。
 そういやFavored Enemyは「敵の情報を得るための【知力】判定に優位を得る」という効果だから、これはつまりクリ―チャー識別というルールが存在するということでよろしいか?(筆者は未確認) まっそうですよねー。21世紀の、それも5版も重ねた歴史あるゲームでモンスターに関する情報はプレイヤー知識かモンスター・マニュアルを買う以外に頼れない、なんて原始的な仕組みになってるワケないですよね! ね!(血走った目で)
 今回、レンジャー呪文もなかなか良いものが揃っている。Cure Woundsも使えればDetect MagicやJumpあり、戦闘・調査の補佐役らしいラインナップなので、他のスペルキャスターが用意しきれない便利系の呪文を選んでおくといいだろう。戦闘では、ボーナス・アクションで発動可能、1時間に渡って1d6の追加ダメージを与えられるHunter's Markが非常に強力。Archeryで得たボーナスがここでも活きる。
 戦闘外の活躍が見込まれる、と書いた通り、5eのレンジャーは追跡や潜入に適したクラス特徴が続々と増えていく。Primeval Awarenessは呪文スロットを消費することで、特定分類のクリーチャーの居場所を探知することができる。ドラゴンなどのレア種族である場合は、占術のようにシナリオブレイカーにもなり得る索敵能力である。応報のパラディンなんかは、この特徴を持つレンジャーと組んで、フィーンドをいぶり出すんでしょうねぇ。あな恐ろしや。また、隠密能力は今回のレンジャーの目玉だ。10レベルに到達すると〈Stealth〉判定に+10、14レベルではボーナス・アクションで隠れられる上に、魔法的な手段以外で追跡できなくなる(!)。こうして見ても、5eのレンジャーは狩人や野伏(のぶせり。byウォーハンマー)としての個性がより強調された形と言えよう。なんで、20レベルになってやっと攻撃ボーナスとダメージ・ロールに【判断力】が乗る(それも得意な敵限定。涙)ようになるのは許して。
 3レベルのArchetypeは、断然Hunterがオススメ。何度か登場している、複数の敵に対する攻撃手段は、こっちじゃないと全然取れないから。最初の選択では、Horde BreakerColossus Slayerがカタいか。前者は別に近接攻撃限定ではないので、敵が密集しているところならばんばん撃ち込むことができる。Archeryの攻撃ボーナスがあれば遮蔽もなんぼのもんじゃい。一方、Colossus Slayerもhpが最大値の敵のみ1d8ダメージの追加は、初撃で当たったら次の攻撃を二体目に、外してたらもう一発と無駄なく使いこなせる。ま、敵が傷ついてくると意味が無いのはお愛想ってことで。両方取れたら最高なんだけどなー(訂正。最大値ではなく、最大値よりhpが下の目標でした。つまり一度減らした相手なら発動し放題や!)。
 Giant Killerのみ、前衛スタイル推奨。大型モンスターが攻撃を外した時に反撃可能だが、中装鎧しか着られないレンジャー相手に、そうそう敵が外してくれたものかどうか。巨人殺しならオレンジモヒカンのドワーフに任せとけ(それ別のゲーム)。
 7レベルはDefemsove Tactisで身を守る術をいろいろ覚える。Escape the Hordeは機会攻撃に不利を与える、シンプルで強力な防御術である。1体の敵から複数回の攻撃を受ける恐れが増した5eでは、Multiattack Defenseが活きる場も多いのではなかろうかIron Will(鋼じゃないよ鉄の意志だよ)は[恐怖]限定なのがちょっと気になるが、畏怖すべき存在は今回もあるだろうからね。
 懐かしさという点なら、11レベルの効果や名前を見てグッと来た人は多いんじゃないでしょうかVolley《束ね射ち》ですね。4eだとオークのクラスタード・ボレーに取って変わられちまったが、今回はちゃんとPC用のワザだ。ラピッド・ショットと違ってペナルティも受けない。そして5フィート以内の敵全てに近接攻撃するのはあのWhirlwind Attack、《大旋風》だーッ! って、それはほぼファイター専用特技だったはず。何故レンジャーが!? まぁいいか。
 最後を飾るSuperior Huntes's Defenseがまた強力。ハナッから強化版の身かわしあれば、リアクションでダメージを半減できるなんかスゲエものもある。自分に対してミスした攻撃を別のクリ―チャーに行わせる、ちょっと4eっぽい効果も。ここまで来れば、前衛として前に立つことも叶うだろう。Archeryスタイルを取ったからといって、射撃一辺倒になる必要はないんだし。必要に応じてレイピア(Finess武器の中で最もダメージを出せる)を握って敵を追っ払うことも覚えておきたい。
 一方、動物の相棒を選ぶ道は、Hunterの攻撃・防御能力と比べてかなりツライ。そもそも相棒が弱い(3レベルでやっとhp12ってのはなぁ)上に、動物に戦わせるには、アクションを要するようになってしまった。正面切って戦わせるのではなく、偵察のお供にするのが正解だろう…と思いきや、追加される特徴は動物を戦わせるものだったり。アクションを消費せずに命令を出すような芸当は覚えない(Extra Attackを封印すれば、攻撃しつつ命令を出せるが…)のがとにかく辛いところ。しかも前に出たところで、畜生のACなんか習熟ボーナスが乗っても殴って下さいと言わんばっかりだし。Protectionを持った味方が絶対に欲しくなる。
 当方では射撃&Hunterがレンジャーの進む方向として推していく所存であるが、繰り返し申し上げているように、レンジャーの本懐は大敵に強烈な一撃を叩き込むことではない。本領は野伏らしく潜入捜査であり、また戦場においては複数の敵を一掃して手数を減らすことであり、制御することはあっても決定打を望むクラスではないのだ。ここんとこをレンジャーを遊ぶ上で忘れてはなるまい。



Player's Handbook (D&D Core Rulebook)Player's Handbook (D&D Core Rulebook)
(2014/08/19)
Wizards RPG Team

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Colossus Slayer

Colossus Slayerの条件ですが、対象のHPが最大値の時じゃなくて、未満の時なので、対象が負傷していないと発動しないけど、負傷さえしていれば、毎ターン発動可能ですよ。

No title

確認しました。ご指摘ありがとうございます。
だとすると、随分評価も変わりますね。マジック・ミサイルなど秘術呪文使いに無理矢理hpを削ってもらうとイカジ
プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC シオドア=スタージョン UA 世紀末古代災厄公社伝説 Forge 奇想コレクション バキ フィリップ・K・ディック レッド・ノベンバーを救え! Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す シャドーオーバーミスタラ ナイトウィザード タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード