PSYCO-GUNDAMキャンペーン『タイム・オブ・ティアーズ・アゲン』第二話「ティターンズの追撃」

(小杉十郎太声で読み上げて下さい)
 スタギラは四番目のガンダムmk-Ⅱの入手に成功した。これで、すべてのmk-Ⅱがエゥーゴの手に落ちたのだった。
 しかし、二度も不覚を取ったティターンズが、それを自由にするはずがない。この宇宙は、未だ憎悪と悪意に満ちているのだ。

第二話「ティターンズの追撃」(デデデデッデーデッデデデデッ)

 ガンダムmk-Ⅱのスクラップを入手したスタギラは、ほか三体のmk-Ⅱを収容しているアーガマとの合流ポイントを目指して移動していた。

GM「さて、スタギラはグリーンノアの警備網を突破して移動中です」
モンクスキー(以下モ)「突破したっつうか一方的な虐殺だったがな」
スーパージョッキー(以下ス)「俺ら何もしないうちに半数が武器壊してたし」
GM「過ぎた話は忘れましょう(#^ω^)ピキピキ 予定だと、かのエゥーゴのエース・クワトロ大尉やガンダムmk-Ⅱを強奪したぴちがい少年カミーユ=ビダン君も在籍しているアーガマと月面で合流するんですが……」
メガネスキー(以下メ)「月面てことはアナハイムだな」
GM「あい。彼らはガンダムmk-Ⅱをエゥーゴ最大の出資者であるアナハイム社に提供して、新型MSの開発に協力するつもりらしいんですが。それにスタギラ艦長が懸念を示しておりまして。技術力は確かなんですけど、どうも政治的に色々クサい噂があって、利益のためにデータを流出したりするんじゃねーか、と」
「mk-Ⅱの一極集中に難あり、ということだな」
GM「んで、それならまだ信頼のある地上のカラバに送って、独自開発する手もあるんじゃないかという案も出てるそうです」
「うーん、どっちでもいいと言えばどっちでもいいんだが……」
「独自開発の響きに惹かれるし、面白そうだからカラバ案にしますかな」

 実際のところ、ガンダムmk-Ⅱは連邦軍独自の技術で開発されており、その目的はMS事業において圧倒的なシェアを持つアナハイム・エレクトロニクスの排斥であった。宇宙に本拠を持つ企業が力を持ち過ぎることで、スペースノイドとアースノイドの均衡が崩れることを危惧したティターンズは、純粋な連邦技術のMS開発計画を推し進め、アナハイムの軍への介入を阻止しようとしたのである。つまりはアナハイムとティターンズは相容れない存在であり、スタギラ艦長の懸念は技術・経済に疎い現場の人間の勇み足だったと言える。もしくは、単にGMの練り込み不足。
 となると、PLに提示された選択肢はなんだったのかというと、量産型ガンダムmk-Ⅱの存在に関わってくる。
 ツクダオリジナルの量産型ガンダムmk-Ⅱは、ネモと比べて格段に火力と装甲が向上しており、量産機として破格の性能を持つ。将来的にPCへの支給品はこちらになることであろう。アナハイムにmk-Ⅱ四号機のスクラップを提供した場合は量産型mk-Ⅱの登場が早まる代わりに、マラサイの無償供与に絡めた政治的取引でティターンズにデータが渡り、ティターンズ仕様ガンダムmk-Ⅱ(五号機)と対決してもらう予定であった。そう、GMは流出させる気マンマンだった
 一方、カラバに送った場合は地上に降りるまでのプロセスが挟まり、量産型mk-Ⅱの登場は遅くなる(自分たちも降りない場合はもっと先に)が、mk-Ⅱ五号機との対決は一端棚上げとなる。GMとしてはどっちでもよく、こういうちょっとしたifを楽しましてもらいました。
 なお、量産型mk-Ⅱといっても、

FW GUNDAM CONVERGE 14 ガンダムコンバージ 85.バーザム(単品)FW GUNDAM CONVERGE 14 ガンダムコンバージ 85.バーザム(単品)
()
バンダイ

商品詳細を見る

 お前じゃねぇすわってろ

GM「スタギラ艦長は皆さんの方針で動くつもりのようですが、当然ティターンズがそれを許すわけもなく。mk-Ⅱ奪還のための作戦に動いていた(カミーユのママンがあぼーんしたアレ)部隊の一部が、こっちに向かってくるですよ」
「おう、また武器壊しに来たか
GM「だまらっしゃい! GMⅡは何があっても使用しないと固く誓ってからの部隊編成、今度はそうはいきませんぞ」
「一応警告ぐらいは出しておくか。おーいティターンズのゴミ野郎、さっさと逃げて帰れば命だけは助けてやらんでもないぞ
追撃部隊「うるせー宇宙のダニが!」
「まあ生かして返す気はないけどな!」
GM「というわけで怒りに燃えたティターンズの追撃部隊を排除しながら、スタギラを安全圏へ逃がしてもらいましょう」

 今回のミッショソはスタギラをマップの端まで移動させること。艦船は1ターンに1ヘクスしか移動しないので、短距離と見せかけて意外と時間がかかったりします。まあ、そんなに待たずとも終わるだろうと踏んでいたGMですが……。

「着実にリック・ディアスを揃えている(隊長がリック・ディアス、部下は量産型リック・ディアス)俺達がここは前に出ようか」
「おう。こっちはネモ高機もいるから、後からでも切り込めるしな」
「ところでGM、今回はニュータイプ覚醒チェックはあるのかな」
GM「モチのロンでさぁ。各人1d10を振り、10が出た人はさらに1d6を振りたまい」

 “ニュータイプ覚醒チェック”とは、戦場に自分を上回るニュータイプが存在する場合、1/10の確率で宇宙的感性が刺激され、戦闘能力が強化される現象である。原作でいう「ピキーン」ってやつですね。そして、この戦闘能力強化の中に、ニュータイプに覚醒するチャンスが存在するのだ。ニュータイプになった場合、攻撃と反応チェック(盾が動くか、反撃できるか、など)に追加で1d20を振れる上にクリティカル値が1下がるなどやりたい放題、このシステムにおいては神にも悪魔にもなれる存在である。
 その分覚醒できる可能性はPC作成時だとd6のゾロ目を出した上1d6で1を出さねばならない、以後は1/10に続いて1/6の壁を突破しなければならない狭き門なのですが……。

「お、部下の一人に10が出た!」
GM「げ、マジっすか!? でも次の1d6で1を出さないとニュータイプには……」
「心配ごむよう、実は前回の戦闘で散々ヒーローポイントを稼いだので、ダイス目はいじくり放題なのだよ。てなわけで、年齢30歳の遅咲きニュータイプ爆誕ぞな
GM「あわ、あわわわ」

 部隊中屈指の実力者がニュータイプに目覚める、という悪夢のような展開に。

GM「しかしPCにニュータイプがいるということは、こっちもカウンター覚醒できるということじゃオリャー!(ころころ) よっし、一人ニュータイプに覚醒したぞ!」
「げ、マジかよ!?」
「でもこのGMのことだから、攻撃回数が増えるってことは武器をより壊すってことだな
GM「(#゚Д゚)ジャッカマシー!!!!(空手バカ一代調) 今回はオールハイザックの編成、前回の3倍の2回攻撃・2回ダメージ判定の脅威に晒されるがよいわ!」

 バキ!(引き金が壊れる音)
 バキ!(引き金が壊れる音)
 バキ!(引き金が壊れる音)


「……なんか、また俺達が何もしない間に大半の武器が壊れてんな」
「まあ、こうなると思ってたけどねー」
GMしかもよりにもよってニュータイプの一射目に故障とか……
「もう撤退してもいいのよ?」
GM「前回もそうだったんだけど、部隊の1/3がやられないと撤退したくともできないんじゃあ! こうなったら残ったメンツだけで貴様ら地獄に叩き落としてやるわウバシャー!」
「(撃たれながら)絶対に装甲を貫通しないリック・ディアスっていいなぁ」
「防御特化のパイロットに、そんな命中じゃ当たらないぞ。んじゃ攻撃特化のネモⅡがバズーカ射撃で。あ、隊長が反応して反撃成功」←部隊内に攻撃のバケモン・防御のバケモン・反応のバケモンが一人ずついる
「ニュータイプ射撃でビームランチャーを2回(以下略)」

 微動だにしないスタギラの背後で、閃光が多数。
 たったの1ターンでPLが何もしないうちに部隊半壊、2ターン目には大半の機体が宇宙の藻屑か火球と化しました
 あろうことか、2シナリオ続いて2ターンキル、それも俺このキャンペーン始まってから一度も装甲を貫通させてねぇ(=誘爆判定をさせたことがない)。「GMⅡだとハイザックのマシンガンが抜けるのでネモが生まれたのだ」とはつねづね提唱してきたことですが、ここまで一方的な展開になるゲームだっただろうか。いや俺がPLだった時にはそんなことなかったはず……つまり悪いのはオレか!? オレなのか!?(そうです)
 前回に続き、盛大に経験点とヒーローポイントを、しかもニュータイプ覚醒まで提供しての大惨敗。なんだかこのGMだとシロッコに掌握される以前に、それまでティターンズがもつかどうかとっても心配になってきました。もしかしたらダカールを前にして全滅させられるんぢゃないかな。

~次回予告(小杉十郎太声でry)~
 アーガマのガンダムmk-Ⅱの一機は、スタギラへと譲渡された。一方、ティターンズも新型MS“マラサイ”をアナハイム・エレクトロニクスより提供され、月面の包囲に使用する。月の重力下での戦いは、戦士たちに緊張と不安を強いるのであった。
 第三話「ムーン・クライシス」。君は、刻の涙を見る……。



MG 1/100 RMS-106 ハイザック (機動戦士Zガンダム)MG 1/100 RMS-106 ハイザック (機動戦士Zガンダム)
()
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ボードゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ PSYCO-GUNDAM 地霊殿 ガンダム スティール・ボール・ラン ファンタズム・アドベンチャー 機動戦士Zガンダム シナリオ Season5 Season3 MC Season9 奇想コレクション Forge UA シオドア=スタージョン 世紀末古代災厄公社伝説 バキ フィリップ・K・ディック Season12 レッド・ノベンバーを救え! 好きなTRPG 荒野に獣慟哭す 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 Volo's_Guide_to_Monsters シャドーオーバーミスタラ タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 特撮 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 五つの風 プロモカード 映画 快傑ズバット 雑記 T&T FEAR d20モダン ダンジョン・コマンド ダークブレイズ アリアンロッド メガテン Temple_of_Elemental_Evil ラス・オヴ・アシャーダロン 機甲猟兵メロウリンク 即大休憩 シャドウラン 真夜中の探偵 ACG 東映特撮YouubeOfficial アルフレッド=ベスター 異色作家短篇集 レイトショウ 装甲騎兵ボトムズ 三国志 手塚治虫 VGtM Pit ジャングルスピード ゲーマーズ・フィールド ドラスレ Out_of_the_Abyss モンスター画家 東方領土研究会会報 三上寛 エンゼルギア 火の鳥 セブン=フォートレス 当方領土研究会 クソコラ MM2 ラクラク大統領になる方法 ウルトラマン イベント パラノイア 革命万歳 ラフカディオ・ハーンと四つの顔 魔獣使いの少女 コズミック・エンカウンター アーカム・ホラー キャット&チョコレート キテレツカップリングパーティ 都筑道夫 刺青の男 レイ=ブラッドベリ 絶体絶命 ログ・ホライズンTRPG ガントレット・オブ・フールズ 島本和彦 バイブルハンター 幻想少女大戦 スティーヴン=キング フレドリック=ブラウン ミストグレイヴ クトゥルー神話 ポケットの中の戦争 そっとおやすみ 鉄腕アトム カットスロート・プラネット ストーンオーシャン 異色作家短編集 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード