銀河アズマのバカゲーとそれ以外だいすき#01~真夜中の探偵~

 俺の名はショーン・ウェイト。ボディガードが本業だが、元市警勤務でギャングとやりあったという経歴からか、探偵まがいの厄介な仕事をよく持ち込まれるのが悩みの種だ。
 宝石強盗の事件に関して調査していたその日、事務所に訪れる男がいた。空港からやって来たそいつは、ギャングの雇った刺客だった! すんでのところで逃げた俺は、世話になっている女に匿ってもらい、一息つく。ところが、そこで見つけたのはギャングとのつながりを示すメモじゃねぇか!
 裏切りやがったなこの女! 俺は女を殴り倒して死んだものとして放置し、自動車を奪って逃走する。
 そこで始まるカーチェイス! 壮絶な銃撃戦!
 かろうじて難を逃れ、俺は知り合いの実業家に頼んで、隠れ家に山小屋を用意してもらった。そいつがどうだ、実はその場所もすでに目を付けられているじゃないか! 実業家もグルだったか……どこから秘密が漏れたんだ? そうか、あの東洋人の運転手だな!
 山の中を走り抜けながら、俺の頭は必死で回転していた。宝石強盗から始まる事務所の襲撃に女の裏切り、カーチェイス、実業家の裏切り、東洋人の運転手……これら一連の物事は、すべてひとつの糸でつながっている! やがて俺の頭脳はひとつの結論を導き出した。
 冷酷なギャング! 状況的証拠から見てお前が犯人だ!
ギャング「はい」
 こうして事件は解決した。めでたしめでたし。

 バカゲーばっかりやってると思われては心外なので、「それ以外」と入れておきました。
 まぁ今回取り扱うのもバカゲーなんですけど。一度積みゲーになってると嘆いていた
『真夜中の探偵』

真夜中の探偵 完全日本語版真夜中の探偵 完全日本語版
(2014/01/18)
アークライト

商品詳細を見る

 です。
 このゲームはパルプ・フィクション時代の探偵小説をモチーフとしているのが特徴で、往年の暗黒小説誌『ブラック・マスク』誌のイラストを使用しています。現代の技術と比べて、決して洗練されてはいないが重厚で毒々しい絵柄が、いかにも雰囲気を盛り上げてくれる。またフィルム・ノワール時代への復古主義は端々に見てとれて、ルールブックの冒頭にはまるまるサスペンス仕立てのワンシーンが挿入されている。こいつぁBRP版クトゥルフも驚きの大盤振る舞いだ。カードの名前やテキストもそれらしく洒落っ気の利いて、それでいてダークな言葉選び満載よ。うむ、こんなにカッコイイゲームにバカゲーになる要素ないじゃないですか!
 なるんですコレが。
 第一このゲーム、探偵小説にならないし。推理とかひらめきとか探偵小説につきものの要素はほとんどないと言っていい。いやひらめきはあるかもしれないが、どっちかってーと電波だしな、要求されるのは。
 なんでバカゲーになるのかというと、プレイヤー一人ひとりが探偵となるのではなく、「一人の探偵を各プレイヤーが動かしていく」というシステムに原因があるんじゃないかナ。一人のPCに対し複数のプレイヤーがあっちゃこっちゃに動かすというシステムはまぁ無くもないと思うが、さらに問題があるのが探偵の行動を決めるのはプレイヤーの意志ではなく、物語カードによるという点
 探偵の物語は、毎ターンプレイヤーの出す物語カードをストーリー・チェーンに組み込むことによって進んでいく。物語カードには「場所」「人物」「ムード」「危険」などのタイプ・アイコンが指定されていて、直前に出されたカードのフロー・アイコンと一致しているもののみ手札から出せる。ネクストコナンズヒートパフパフ、ちくわぶーってな塩梅で、その場その場の雰囲気に合ったカードを出していけばそれっぽいストーリーが奏でられていくはずという小粋なシステムなんだけど、なんかかえってこの縛りがバカゲー化混沌化を促進しているような
 なんせ物語カードにはそれっぽいワン・フレーズが記載されているだけで、どうやってその展開に動くのかはプレイヤー各位の発想で埋めていかねばなりません。そして、カードを出す時に必要になるのがその発想。ストーリー・チェーンに出したカードが組み込まれる際には、その物語の進行を他のプレイヤーに語らなければならないという恐ろしいルールがある。一応これは選択ルールなのだが、ないと面白さ激減なので是非とも採用してほしい。なお、出せるカードがある場合は絶対出さないといけない
 言うなれば毎ターン全てのプレイヤーが前のプレイヤーと手札からのムチャ振りを要求されているようなもので、自然とすり減る頭脳はトンチキなエピソードを編み出し、物語は脱線に脱線を続け迷走の一路を辿るのである。毎回「これ一番やばいのは犯人でなくて探偵じゃねぇか」という展開になるのは気のせいじゃないだろう。
 また物語カードを出すだけではゲームは進まず、終了に近づける手がかりトークン(てめーが犯人だ! と指定するトークン)を配置するための手がかりカードを使用する必要がある。しかしその手がかりトークンを出すにはプロット・ポイントが必要で、そのプロット・ポイントを出すためにはそれっぽい話を語って、他者からの評価を得なければならないという泥沼システム。一応語ったストーリーが良ければプロット・ポイントをたくさん貰えて、逆に他のプレイヤーは語り手と同じ評価をすればプロット・ポイントを貰えるというシステムがある。ゲーム的に考えれば「他人が出さないような評価を出そう」「語り手の評価を読む」という駆け引きもあるのだが、ハッキリ言ってどうでもいい。ルールブックにも「素直な心で評価しましょう」って書いてあるし。
 そう、このゲームはストーリーテリング型ゲームであり、競技性とはほど遠い。『キャット&チョコレート』に近いという読みは間違いなく、ライクアローリングストーンズに転がっていく物語を指さしてゲハゲハ笑い合うパーティゲームとみなすべきだろう。パーティゲームにしちゃ異様に疲れるが。雰囲気たっぷりのイラストと文章を使用して織り成される、ストーリーテリング型ゲームという体のスラップスティックストーリー、いやむしろ単なるバカ話……この落差、決して嫌いではない。いやむしろ大好き
 遊んだ人曰く「昔はTRPGを遊んでいたが、このゲームみたいなことをしているのかと思うと、今はとてもできない」……いや、こんなにムチャぶり要求されたりしませんってば!
 で、実際遊んでどんな惨状になったのかが冒頭の話。時間切れでしまらない決着に終わってしまったので、ちゃんと最後までやった物語がどうなったのかを↓でごろうじろ。我々の苦悩ぶりを思い浮かべながら読んでみて下さい。

 私はキンバリー・ケーン。『殺人ミステリー』の著者よ。でも、なぜだが本当のミステリーの真っ只中に放り込まれちゃうの。今回も借りのあったディヴィッド・フリン捜査官殺人事件に巻き込まれてしまったってわけね。
 その日、私の目の前ではボクシングの試合が繰り広げられていた。当て込んでいたボクサーの調子は全然ダメね、一方的に殴られるばかり、こりゃスッたかしら。そう思った時、気付いたの! 打ちのめされたボクサーの、ブーツの紐が切れている……! これは何かの虫の知らせ!?
 ボコられてるボクサーはもう死んだも同然とみなして、私は事務所に急いだ。そこで待っていたのは謎の実業家だった。実業家は自分の屋敷にエスコートするために現れたんですって。胸騒ぎを抑えて、私は彼の自動車に乗って、霧深い車道を走り抜けたのだった。
 屋敷に着いた私達を、執事が出迎える。執事は私に意味深な目配せを送りながら、重々しく告げた……「どうぞごゆっくり」。
 その警告の意味を知ったのは夜のこと。私はベッドで彼に迫られたのよ! 私はもみ合っているうちに、ベッドの下に隠されていた拳銃で、実業家の土手っ腹に一発お見舞いしてやったわ。奴め、あのザマじゃ大好物のステーキも食えまい!
 まぁ正当防衛とは言え撃ったもんは撃ったもんなんで執事にとっ捕まって拘束されたんだけど。
 しかしそんないましめでジッとしてるようじゃ『殺人ミステリー』の作者はつとまらないわ。私は逆に縄を脱すると、拳銃で執事を脅して自動車で逃げ出したわ。そこに駆けつける警察の車! 通報早ッ! しかもカーチェイスの最中に車内電話までかかってくる始末。どう言い訳したものか、口実を考えるのも一苦労よ。
 なんとか乱戦をくぐり抜けた私は、一体誰の差し金か執事を問いただす。最初はシブっていた執事も足に一発やられるとついにゲロった。な、何ですって! やはりアイツが!(ここで稲妻が走り、賭けボクシングにカメラが移る。強烈なアッパーカットでボクサーダウン)
 まずはデイヴィッドの殺人現場であるベイエリアに自動車を回した……ら、やべっ! すでにマッポの手が回ってるわ! なんか看護婦が現場を見て悲鳴を上げていたけどこの際それは置いといて、私は電車で別の街へ移動し、東洋人女性の経営するバーに身を隠すことにした。飲み物を貰いながら、私は事態を整理してみる。デイヴィッドの死から端を発した、実業家からの誘惑、早すぎる警察の手配、そしてベイエリアでの悲鳴……一見無関係に見えてやっぱり無関係くさいこれらの出来事……物思いにふけっているところに、店主が駆け付ける。既にこのバーも見張られているって話じゃない!
 慌てて逃げ出し、次の隠れ家に飛び込んだ私を待っていたのは…「まさか俺が死んだと思っていたかい?」死んだはずの実業家! その後ろにはすでに息のない男が横たわっている! こ、これは一体?
 混乱する私に実業家は静かに語りかける。美しい君を銃で撃つなど無体なことはしたくない、ここはひとつ文明人らしく一杯やろうじゃないか。しかし土手っ腹に火を吹かせた当の本人にそんなセリフが信じられるわけがない。またも私は逃げ出すことになった……逃避行の中で、調査を頼んでいた友人からの報告があった。あの車内電話をかけてきたのは明らかに男の声だった。でも、通話口には口紅の跡が! つまり、犯人は男の声色を使った女だった!? でもさらに調べてみると、それは口紅を通話口に塗ったミスリードだったらしい。いかにも冷酷なギャングがやりそうな撹乱ね! まあそれで事態が進んだわけじゃないんだからどうでもいいんだけど
 でもこれで全ての謎が解けたわ。私の向かった先、それは一軒の豪邸。そこには実業家の愛人、かつての飲み友達が住んでいる。友人を告発するのはつらいけれど……私は高い場所に彼女を呼び出し、静かに問う。貴方が犯人だったのね?
美しき相続人「はい」
 こうして事件は、後味の良くないものを残しながらも解決したのだった……。
民明書房刊『殺人ミステリー 殺人は無軌道に』より
スポンサーサイト

テーマ : ボードゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ PSYCO-GUNDAM 地霊殿 ガンダム スティール・ボール・ラン ファンタズム・アドベンチャー 機動戦士Zガンダム シナリオ Season5 Season3 MC Season9 奇想コレクション Forge UA シオドア=スタージョン 世紀末古代災厄公社伝説 バキ フィリップ・K・ディック Season12 レッド・ノベンバーを救え! 好きなTRPG 荒野に獣慟哭す 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 Volo's_Guide_to_Monsters シャドーオーバーミスタラ タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 特撮 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 五つの風 プロモカード 映画 快傑ズバット 雑記 T&T FEAR d20モダン ダンジョン・コマンド ダークブレイズ アリアンロッド メガテン Temple_of_Elemental_Evil ラス・オヴ・アシャーダロン 機甲猟兵メロウリンク 即大休憩 シャドウラン 真夜中の探偵 ACG 東映特撮YouubeOfficial アルフレッド=ベスター 異色作家短篇集 レイトショウ 装甲騎兵ボトムズ 三国志 手塚治虫 VGtM Pit ジャングルスピード ゲーマーズ・フィールド ドラスレ Out_of_the_Abyss モンスター画家 東方領土研究会会報 三上寛 エンゼルギア 火の鳥 セブン=フォートレス 当方領土研究会 クソコラ MM2 ラクラク大統領になる方法 ウルトラマン イベント パラノイア 革命万歳 ラフカディオ・ハーンと四つの顔 魔獣使いの少女 コズミック・エンカウンター アーカム・ホラー キャット&チョコレート キテレツカップリングパーティ 都筑道夫 刺青の男 レイ=ブラッドベリ 絶体絶命 ログ・ホライズンTRPG ガントレット・オブ・フールズ 島本和彦 バイブルハンター 幻想少女大戦 スティーヴン=キング フレドリック=ブラウン ミストグレイヴ クトゥルー神話 ポケットの中の戦争 そっとおやすみ 鉄腕アトム カットスロート・プラネット ストーンオーシャン 異色作家短編集 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード