D&D4e余話#177~D&D Encounters『死の国サーイ』第九回レポート~

ダム不足…
 一年戦争と呼ばれた宇宙世紀、地球連邦軍とジオン公国軍の戦争において、アムロ=レイの駆るモビルスーツ・RX78-2ガンダムはめざましい戦果を上げていた。この精強さの秘訣は、ジオンの赤い彗星ことシャア=アズナブルの分析によれば「ふくらはぎのくびれ」であり、ガンダムの「ダム」こそ、この「ふくらはぎのくびれ」を示す言葉だという。
 ジオン公国のMSは揃いも揃って大根足どころではない太ましい足首の持ち主であり、また後に開発されたごつい上半身の割に頼りない細さのふくらはぎの持ち主であるMA-08ビグ・ザムが、ドズル=ザビが操り連邦軍相手に多大な損壊を与えたことを鑑みれば、彼の論理の正しさが実証されていると言えよう。
 一年戦争の最終決戦に使用されたMSN-02ジオングは脚部を装着して完全な兵器となるはずであったが、その脚部はそれはそれは見事にぶっとい足首であった。このようなダム不足の脚部では装着されても効果を期待できず、「脚なんて飾りです」という整備兵の言葉は実に慧眼だったと頷かされる。
角川コミックス・エース『トニーたけざきのガンダム漫画』より
 ついにアンデッド連れとなってしまった一行。最初はブラックゲート砦でカルトとどつきあいをするだけで終わるはずだった任務が、今やサーイの総本山を命亡き仲間と共にさまよう始末。一体どうして人生こんな所にやってきてしまったんでしょう。
 しかしそんなネガティブ思考も大休憩を迎えるまでの辛抱、回復力も一日毎パワーも復活した今恐れるものなど何もないわグワハハハ。また一戦闘で回復力半分ぐらい削られるのかもしれないけどあと俺一日毎パワー持ってないんだけど。
 さて命懸けで湿っぽい箇所を通過したのだし、早くもいっこのカギがあるとゆうゴーレム研究所に行かねば。アンデッド化したリキさんを元に戻さないといけないのも火急の用事なのだが、ぶっちゃけあと三話でサーイ山にまつわる陰謀をこなさないといけない尺の都合で後回しにせざるを得ない。すまぬと詫びつつ煙吐き鉄打つ音が室内に高く響くゴーレム研究所へと踏み込んでいく。
 剣呑な風体な我らが踏み込んでも、研究者や技師は気にする様子もなく仕事を続けている。ツラを合わせる度にこんにちは死ねを繰り返してきた過去の所業に対して予想外の放置プレイであるが、そういうことであるなら別にケンカを売る必要もない。ズンズン進んで鍵について知ってるっぽい責任者たちの部屋へと向かう。
 その一室では、ゴーレム研究所の重鎮たちが雁首を並べて口角泡を飛ばす激論を繰り広げていた。ナニを論議しているかと言えば
ゴーレムの足というのは、たくましく太いからこそ良いのであってだな、あの重量感がなくては……
いいや、脚部はあくまでスラッとしていなくてはいかん。そこにゴーレムの優美さは集約されるのだ
 わかる人にはわかるがわからない人にはサッパリわからない会話をしていた。ロボ者としてひじょうに俺は理解できる会話だ。でもキャプテンアースのロボットをサムネイルで目にして、「え、ゼオライマー?」とか思っちゃたのを見るとロボットアニメが好きと言う資格ないかも。どうでもいいけど『おこんないでね』で井上純弌兄貴の「太い足首命」を思い出した。
 秋葉原か杉並区辺りの飲み屋でやってそうな会話に我らが乱入すると、敵意なく「あーお前ら知ってるぞ、最近迷宮を荒らし回っている連中だろう」とのたまうという、よう来たなゲーメストばりに返事に困る対応をしてくる。別に彼らはサーイを荒らされてもどうということはなく、ザスタムに忠誠を誓うでもなく、要は好きな研究をさせてくれるだけのスポンサーというのが彼らの主に対する姿勢であった。まあ自分の好き放題やるためなのに金を潤沢に与えてくれる存在なら、そりゃ従いはしますわな。それが殺人兵器というのが困ったもんだが。ロボ物ならフィギュアか模型にでも走って下さい。
 話を合わせてゴーレム談議に付き合うと、お前らもそっち系だったか、と喜んで輪に入れてくれる。思った以上にフレンドリーな態度についついカギの在処を教えてもらえないかと持ちかけるも、流石に立場上そうはいかないらしい。うむ、それはもっとも。敵幹部のもとに乗り込んで、「シナリオ上重要なアイテムどこにあるんですか」「教えましょう」そんなシナリオだったら、俺はDMに「こんなラクなEncountersは初めてです! 次もこんな調子でお願いします」と握手して、喜んでヨドバシかイエサブにでも向かう。というか、普通はそんなこと言ってくる敵がいたら罠だと疑うべきだ。
 とは言え、じゃあ仕方ないから始めましょうか、殴り合いというほど彼らが肉食系なワケもなく(だってロボヲタだし)、敵が来たのに素通りさせたとなると叱責されるので、形だけの抗戦ぐらいはしてくれまいかという談合であった。彼らの造ったゴーレム達の性能を確かめるべくジョイメカファイトしてくれんかと。やっぱゴーレム研究者からの打診ならそうなりますよねー。
 要するにいつも通りのどつきあいをすればいいというワケであるし、今までで最も好感を持てるNPCであることだしだって出会い頭に死ねとか殺すとか生贄になれとか言ってこないんですよ!? このSeason始まってこんなに理性的で納得のいく対応をしてくれた人ないよ! ……な……何かが間違ってる気がするが、彼らのロボヲタの目は本物だ。同じロボヲタの俺が保証する! 彼らの要望通り自信作と戦ってやろうじゃないのメーン。
 ほんじゃもっちゃ戦うことになったのはアイアン・ゴーレム。ぶっ飛ばし攻撃に加えて、毒性のブレスを吹いてくる機能付き。何故にゴーレムから毒が? と思ったら、毒の蒸気だそうだ。……それ、なんかまずい動力使ってるんじゃあ。
 そして、どういうわけか研究者たちも参戦する。あのう、動けない状態にする範囲攻撃のウェブを使えるアンタ達が三人も参加するとなると、我々ゴーレムの真価を確かめる前に肉片になると思うんですけど。さらに徒弟×無数に、火力担当のイフリートまで戦線に加わる。なんでや!
 口八丁手八丁で何とかゴーレムとのタイマンに持ち込もうとする俺たちであるが、研究者三人のうち二人まで倒せば戦闘は終了するという条件に丸めこまれて結局この大軍勢と戦うことになるのであった。しかも毎度毎度の如くイフリートと研究者と徒弟に先手を許す。ギャバー
 イフリートは炎の鞭をフォイルに向かって振り回す。これも当たると動けない状態=突撃がメインのフォイルは死んだも同然、であったが辛くも回避。問題は次のウェブドリームだ。これを三連射されるだけで簡単にパーティ壊滅が見えるが、彼らは1ターンに1発ずつ分けて撃ってくるようだ。流石に人の心が残っていたか……と思っていたら、[火]の脆弱性が重複して無駄になってしまうので、ウェブスコーチング・バーストのコンボを毎ターンキメたいだけだったらしい。げ、外道ーっ。
 こうなったら
7020d73b.jpg
 と、レオンハルトに道を開けてもらったところで、辛うじて動けない状態に陥るのを回避したフォイルが研究者連中に突撃をかける。これをスカしたりしたら後は動けない状態となってしまった味方が残るだけ、という惨状だったが、生憎今日は期待に答えられない男だったらしい。モールのぶん回しが炸裂し、昏倒させる。ここでアクション・ポイントを使うか温存するかが分かれ道であるが、使用するほど苦戦するかワカらない次回より、使わなきゃ大損害確定の今NOWしかないというもっともな助言に従ってもう一人の研究者に突撃。これが綺麗に脳天にキまって一撃で轟沈。
 攻撃ロールを二回振ったら戦闘が終わってしまいました。開発チームと戦闘チームの差ってやつさ(byチェンゲ)。
 だって勝利条件の研究者がのうのうと戦場の前線にいるのがいけないんです。ボクが悪いんじゃないんです。

 約束通り鍵のある場所を教えてもらい、向かってみると意外なブツが。
 悪魔を模した彫像に囲まれた魔法陣、その中心におわすのは、白い翼持つ美女エンジェルじゃあーりませんか。そういえば対となる鍵は“白き翼”と呼ばれているとか言ってたっけ。
 彼女は我らを察知すると、「貴様らの中に、邪悪な者がいる!」と目覚めて威嚇していくる。エンジェルである彼女ルマリアは本来ミストラに仕えていたが、カジット=ガルの策略で幽閉され、利用されているという。そんなワケで邪悪やサーイを憎むこと著しく、当然その矛先にはアンデッドも含まれている。アンデッド化しちまったリキさんを連れてる我らを胡散臭く思うのも無理はない。
 しかし、「何故アンデッドを連れている!?」と問われたってなぁ。
 死んだ奴はアンデッド化して蘇るってレギュレーションなんだから仕方ねえじゃん……。
 そんな理由の〈交渉〉が通じるワケもなく、ついでにフォイルに【魅力】や〈交渉〉を伸ばす余裕があるわけもなく、ちっとも信用してもらえない。というかそんな理由で〈交渉〉振らせていいものか
 ここは当のリキさんが
私はアンデッド化しているが、やましい心は持っていない! その証拠に、見よこの迷いなき身のこなし!
 と、ゾンビとは思えぬほどキレのいいスピーディな動きで表演をしてみせることによって納得してもらう。関係ないが巨大な物体はゆっくり動かした方が巨大感が出る。お父さんはお子さんの遊んでるソフビやロボットを取り上げて実践してあげよう!
 ルマリアは首に着けていたペンダントを外し、彼女の生命力を注ぎ込むと我々の方へ投げ渡す。これが“白き翼”、秘門の鍵と合わせて大伽藍へ向かうための対となる鍵。いよいよ決戦のためのお膳立ては揃ってきたようだ。
 ところで、このままだとザスタムの経箱のあるっちゅう大伽藍へ向かいそうなんですが、もしかしてザスタムと対決するんでしょうか? 噂だと30レベルだとか……流石にアバターぐらい格を落としてくるぐらいはあると思いたいですが……いやいやアバターでも戦いたくねぇ。
 そしてそんな大がかりな陰謀劇があと二話で片付くのか
 色々心配になってくるクライマックスだが、ともかく次の遭遇で会おうぜ!



MG 1/100 MSN-02 パーフェクトジオング (機動戦士ガンダム)MG 1/100 MSN-02 パーフェクトジオング (機動戦士ガンダム)
()
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC シオドア=スタージョン UA 世紀末古代災厄公社伝説 Forge 奇想コレクション バキ フィリップ・K・ディック レッド・ノベンバーを救え! Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す シャドーオーバーミスタラ ナイトウィザード タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード