D&D4e余話#174~D&D Encounters『死の国サーイ』第四回レポート~

サーイの制度について…
 サーイのレッド・ウィザードの特徴といえば、総帥ザスタムを頂点に置いた厳格極まる上下関係と言えるだろう。
 その壮烈さは「奴隷の徒弟・鬼の上級魔道師・閻魔の腹心」という喩えにも表れている。

 病にぶっ倒れる前のEncountersレポートをまずは片付けます。
 荒ぶるダイス目に助けられて、何とか軽微の損傷で大休憩前最後の遭遇まで辿り着いた我々。最低限(回復パワーで1回、底力で1回)の回復力だけは確保できたので、何とか乗り越えられる目も出てきました。ここまで来たら何も怖くない(このフレーズでシティハンターを思い出すかマミさんを思い出すかで年代がわかる)、精鋭でも単独でも持ってこいやぁ! すいませんウソついた。超大型とかもうカンベンして下さい。
 “血の飼育所”を乗り越えた先は、情報通り上級魔道師の宿舎。言うなれば男塾二号生どもとの懇親会に臨むワケですよ! これはドシフンを締めてかからねば……でも二号生って赤石先輩以外パッとしない連中だったような……
 とかなんとかゆってたら、いきなし無数の手術台が並ぶ部屋に出た。しかもその奥では、今まさに解剖の真っ最中て感じでひとつの台を囲む上級魔道師と徒弟の姿が。いつもの前フリとかムカつくサイランナとの会話とかすっ飛ばして今日はスピーディですね。はっ! これはもしかして恐怖の二連続遭遇か!?:(;゙゚’ω゚’):←すっかり疑心暗鬼
上級魔道師「見なさい、こうやって生者の肉体を苛み弄ぶことによってアンデッドに適した魂になるのです」
徒弟「へーそうなんですかぁ」
 勉強になりました……とかボケかましてる場合じゃねぇ! たった今机の上で、今まさに天に召されようとする、もとい奈落に引きずり込まれようとしているその人こそ、ハーフエルフのケルソン君なのである! 誰? という反応は正しい。彼も早朝バズーカによってどっかに連れ去られた一人なのであるが、どうせシャリンドラと一緒に見つかるだろうと思って当レポートでは言及しなかったんである。結局シャリンドラは一人で闘技場でクタってたワケだが、どうせ彼女の付き人、どっかでくたばってサーイの残忍さを思い知らせるギミックになるんだろうなぁとか好き放題思っていたら、想像以上にドラマチックな再会となりました。ところで、前Seasonと全然顔イラストが違ってるような……こ、公式でさえこの扱いは一体……?
 しかもケルソンの体の上には、ミニサイズのケルソンが浮かんでいる。このケルソンの影法師が完全に実体化すると、彼の魂はアンデッド用に取り込まれてしまうという寸法。まさに危機一髪も危機一髪な時に間に合ったようだな。
 我らに気付くと、上級魔道師のフェイアが嘲笑を浮かべる。
フェイア「ほほう、お前たちが“破滅の迷宮”を荒らし回っているという命知らずか! 素直に降参すれば、優秀なアンデッドの素材にしてやってもよいぞ?」
 えーと、あー、その、くたばれ! いや毎回同じような返しでも面白くないなぁと思ったのですが、敵対的なレッド・ウィザードの切り口上って似たような感じなのでそんなにバリエーションをさっと用意できない。健さんのような「死んでもらいます」とか座頭市の「なんですかいあたしを斬ろうってんですかい」とかなら良かったでしょうか。勉強しておきます。
 あ、思いついた、お前ら男も女もスキンヘッドだから、見た目で区別できねーんだよ! てめーサイランナとどう違うんだよ! とザンギのヘアスタイルにイチャモンつけるバーディー(ZERO2)ばりに無茶な理由で喧嘩を売るのであった。

 部屋の中にねっとりとした灰色の渦が形作られたかと思うと、それはおぼろげな人影となり我々を包囲する。これらはヴァンピリック・ミスト、あー知ってるよ昔MTGにいたアップキープに緑緑要求してくる6/2でしょ……
hugrymist.jpg
 って、あれ原文だとハングリー・ミストだったの!? どこに“血に飢えた”要素があったんだろう。
 フェイアもサリア同様でかい口を叩く割に、普通の制御役という感じ。よかった! 精鋭も単独モンスターもいないぞ……いやコレはEncountersの大休憩前遭遇にしちゃ正しく珍しいぞ? とか思ってたらそれも道理で、ヴァンピリック・ミストは全部非物質的。ウォアー亡霊旅団の悪夢再び! なお悪いことにこいつのオーラ内で行動を終了すると5点の[死霊]ダメージに一時的hpを提供してしまう、これだけでもうウンザリって感じだが、後者の一時的hpの量は「オーラで与えたダメージ」。ヴァンピリック・ミストの攻撃は[死霊]への脆弱性を与えてくるので、最悪10点もの一時的hpを獲得してしまう。それも非物質的ですよこいつら。あったくこういう所には抜け目なく手を入れてくるんだから、とかブツブツ言ってたが、冷静になってみると「移動速度ぶんシフトする」パワーが無限回ってのが一番おかしい気がする。
 ついでにアーデルハイドがなんかシブイ顔をしている。どしたん? と聞いてみると、
アーデルハイドシールド・オヴ・フェイス使おうかと思ったんですけど、AC狙ってくる奴が一人もいないんですよね……」
 ……ホントだ。ACへの攻撃って徒弟のダガー以外ないじゃないですか。すげえ、重装鎧涙目だな。しかもヴァンピリック・ミストの非物質的を解除できる[力場][火]を得意とするギルフォードは欠席してるし、いろんな意味でどーしろってのよという相性……ん、そういえばシャリンドラさんがまだいたんだった。早朝バズーカにとっつかまるだけが仕事かと思いましたがちゃんと要所要所で見せ場がありますねこの人。これまで出てきた口先ばっかで屁の役にも立たないNPCとはえらい違いだ……別にエルミンスター関連の人たちをディスってるわけじゃありませんよ。なんならファイアボールとか撃ってもらっても……いや、何でもないっす。
 イニシアチブは、アーデルハイドをトップにヴァンピリック・ミストが続く、あまりよろしくない状況。ともかくアーデルハイドが斬り込み、[光輝]ダメージを与えて非物質化を解除するも、これ、ヴァンピリック・ミストの行動終了で再起動するんで意味ないじゃーん。先手を許すことを覚悟でイニシアチブを落とさないといけないようです。とかなんとか言ってる間にアーデルハイドにワラワラとまとわりつくヴァンピリック・ミストども。AC以外を容赦なく狙ってくる攻撃の波に、たちまち重傷に。
 助けに行きたいのはやまやまだが、非物質的の解除されない限りは殴りに行っても一時的hpを献上するだけに等しい。リキはフェイアに急接近し、大火力を叩き込む……つもりだったのだけれど、珍しくダイス目に恵まれず、足踏みすることに。グムー。急遽、レオンハルトがフリージング・バーストで支援に回る、っていつの間にそんなパワーを取得してたんだ。全然知りませんでしたよそんな隠し玉。これだからEncountersは油断できねぇな。これまた出目はイマイチであるが、徒弟を二体潰すことに成功。とりあえずリキさんが袋叩きに遭う事態は避けられた。まあいつも通り雑魚は無限沸きだったんですけどね( ゚∀゚)アハハハ八八八ノ ヽノ ヽノ ヽ/ \/ \/ \
 フォイルはそんな脚力ないんで、止むを得ずヴァンピリック・ミストに突撃。一時的hpと非物質的に阻まれながらもそれなりのダメージは与える。しかも俺はアデプト・チャージングのブーツがあるので、突撃後オーラの外に出られるのだワハハ。一手目忘れてたのはナイショよ。仕上げはシャリンドラさんのマジック・ミサイルで次のターンへの弾みをつける。
 フェイアは次ターンリキにジョーズ・オヴ・ザ・ウルフでボッコボコにされ、一歩も動かず轟沈したので大した問題ではなかったのだが、前線で別のちょっとした騒動が。
DM「うーん、移動アクションでコンセントレーションするとマジック・ミサイルに機会攻撃を受けるなぁ。仕方ないのでダガーで刺します」
リキ「ウギャアー! AC狙いだけはやめてくれー!」
 今回唯一のACへの攻撃手段であるが、実はリキさんのACは12。一番有効な攻撃が、徒弟のお情け程度の近接攻撃なのであった。なんだ! シールド・オヴ・フェイス役立つじゃん! ええ、もちろん全部命中しました。
 それはそれとして、アーデルハイドとシャリンドラのマジック・ミサイルに合わせての体勢が出来上がると、後は順調にヴァンピリック・ミストを排除していく。ヴァンピリック・ミストの範囲攻撃にヒヤヒヤさせられる場面もあったが、出目に助けられて事なきを得た。逆にアーデルハイドの活躍目覚ましく、大ダメージのパワーをクリティカル・ヒットさせ、全てのd12がMAXダメージに化ける恐怖の一打で連中を雲散霧消させた。
 全てを片づけて秘門の鍵をまき上げるも、どうもコレだけでは大伽藍に行けないようだ。ブラックゲートが破壊されたことによってセキュリティが変更され、ゴーレム研究所の対となる鍵“白き翼”も入手しなければ、大伽藍への扉は開かれない
 しかしゴーレム研究所は指折りのキチの巣窟、貴様らは必ずや生きて帰れまい! と、高笑いを上げると、フェイアは身に着けていたアンクを割って、込められていた毒を口に含んで自決する。ウム、自分で手を下さなくていいのは後味が悪くなくて済むな(非道い)。
 というわけでゴーレム研究所目指しての移動が続くのであるが、私は二回の欠席を挟んだのでレポートもキンクリされるのであった。そのつもりで次回以降読んでくだち。



ミスト コレクターズ・エディション [DVD]ミスト コレクターズ・エディション [DVD]
(2008/09/17)
トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM カードゲーム モンスター・コレクション ザ・ペナルティメイト・トゥルース メタリックガーディアン N◎VA UC パラサイトブラッド 音楽 大槻ケンヂ エッセンシャル  筋肉少女帯 PU MTG ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ Season8 UE 風神録 漫画 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Princes_of_the_Apocalypes ウォーハンマー Season6 Season4 リプレイ UM アニメ 永夜抄 Season7 東方領土研究会 サタスペ クトゥルフ2010 DMG EXTRA 紅魔郷 パズル Bestiary ゲーム PHB クトゥルフ2015 Season11 死の国サーイ 伊藤勢 R&R 真・女神転生 天羅万象 妖々夢 椎名誠 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM シナリオ MC ファンタズム・アドベンチャー スティール・ボール・ラン Season5 Season9 機動戦士Zガンダム Season3 Forge バキ 世紀末古代災厄公社伝説 奇想コレクション シオドア=スタージョン UA コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す レッド・ノベンバーを救え! フィリップ・K・ディック Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン CRB タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード Volo's_Guide_to_Monsters 番長学園!! キャッスル・レイヴンロフト シャドーオーバーミスタラ リボルミニ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮 映画 Expeditions プロモカード 五つの風 UCa サタスぺ ジョジョリオン 特撮(バンド) フンタ パンデミック 電車 シャドウラン アリアンロッド ダンジョン・コマンド ラス・オヴ・アシャーダロン d20モダン 異色作家短篇集 真夜中の探偵 三国志 東映特撮YouubeOfficial レイトショウ T&T ACG 雑記 手塚治虫 ダークブレイズ Temple_of_Elemental_Evil 即大休憩 快傑ズバット 機甲猟兵メロウリンク メガテン アルフレッド=ベスター 装甲騎兵ボトムズ FEAR VGtM ドラスレ フレドリック=ブラウン そっとおやすみ ウルトラマン 異色作家短編集 エンゼルギア MM2 Out_of_the_Abyss セブン=フォートレス 三上寛 当方領土研究会 クソコラ コズミック・エンカウンター ガントレット・オブ・フールズ イベント 幻想少女大戦 Starfinder 魔獣使いの少女 キャット&チョコレート ラフカディオ・ハーンと四つの顔 鉄腕アトム ゲーマーズ・フィールド ラクラク大統領になる方法 東方領土研究会会報 モンスター画家 ジャングルスピード 火の鳥 Pit 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ クトゥルー神話 カットスロート・プラネット ストーンオーシャン ミストグレイヴ 島本和彦 バイブルハンター ポケットの中の戦争 ログ・ホライズンTRPG 刺青の男 都筑道夫 レイ=ブラッドベリ アーカム・ホラー パラノイア 革命万歳 スティーヴン=キング 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード