読んだ本#19~ヴィーナスプラスX~

 スタージョン先生二連発。
 『夢見る宝石』で味わった奇想とキモさを、たっぷり補充された気分です
 ヴィーナスプラスX

ヴィーナス・プラスX (未来の文学)ヴィーナス・プラスX (未来の文学)
(2005/05)
シオドア スタージョン

商品詳細を見る
 スタージョン先生幻の長篇と世間で認知されているらしいが、うーんこの内容ならそれも道理かも
 物語は、チャーリーが何処とも知れぬ銀色の部屋で目を覚ますことから始まる。彼を出迎えたのは、奇妙な服を着た人型生物と、未知の力学で構築された建造物。彼ら――レダム人は告げる。ここは未来、人類の滅亡した後の地球。レダム人はチャーリーの目を通した、自らのコロニーに対する客観的な意見を欲している、そのために彼を呼んだという。レダム人は知性的でありながら、素朴な生活を営んでいる。そのメンタリティの根幹は、雌雄同体、両性具有……孕ませることもできれば、孕むこともできる、彼らの体質にあったのだ!! ……あらすじだけを書き出しても、なんて奇天烈でキモい話だろうか。これだけだとひじょうに誤解を生みそうな内容なんだけど実際そうだから仕方ないんだ。あと誤解した人々が期待するような内容ぢゃないぞ。決してホモォだったり腐ってたりする小説じゃない。もっと文化的、デカルチャーな物語である。
 分類としては異世界探訪モノになるんだけれど、レダム人が穏やかな気質だけに、血沸き肉踊る冒険や生命を脅かす超科学なんてものはなく、実にのんびりとした語り口が続いていく。言うなれば性別という概念のない異文化観察日記というところか。さらに現代の広告業界に務める夫婦たちの日常を加えることによって、本書は人間社会の抱えている、性差や性に対しての問題提起小説としてここに為るのだなんじゃいそりゃ いやほんと、淡々と語られるレダム人社会と現代アメリカの家庭模様だけでこんだけ読ませる話になるんだから不思議不思議。
 あとがきによると「不実を働く男女の物語を書いても誰も抗議しなかったのに、同性愛者に共感する作品を発表した途端に、猛烈な非難が殺到した」という体験をしたそうで。この辺の事情や、レダム人の見る現代人の性差に絡めた宗教観、人生観は、日本人である我らからすると殊更異様に見えるのかもしれない。まぁ同性愛への糾弾はなくても、女性読者には怒る人はいるかも。男の私からしてもちょっとコレはどうよというステロな言及もちょいちょいあったりするし。もっとも本書で訴えているのは男女の差ではなく類似であり、究極的な愛し方の問題である。フィロスの指摘しているように、男女の優劣という観点に拘泥していては本末転倒というもんだ。
 チャーリーのレダム人への態度は好意的で、またレダム人の生活文化もきわめて理路整然としている。この小説はユートピア小説としての側面も持っているのだ
 まーユートピア小説のお約束として
1301713522314.jpg
 という展開が待っているのだが、それを上回る
usoda.jpg
 キン肉バスター返し返しの新(ネオ)キン肉バスターみたいなオチが待っている。その種明かしはレダム人ミールウィスのセリフ通り、「そんなこと一言も言ってませんけど……」そりゃ確かにその通りだが、叙述トリックを超えて、物語の成立要件までばったばったと倒壊していくのだから予測も何もあったもんじゃない。いくら大ドンデンがあるからって、ミステリ仕立てと言うにゃあ無理がありますよ。コレを見抜ける奴は天才か電波系のどっちかだろ! ディック先生の小説も苦もなく理解できる連中に違いない。
 しかし大前提が崩れたとしても、レダム人の視線の温かさは変わらない。例えチャーリーへの態度が偽りだったとしても、チャーリー=人類へ注ぐ彼らの友情、愛情は本物なのだ。レダム人がチャーリーから知りたかったのは、現代人のレダムに対する反応。そして現代人に伝えたかったのは失われた愛を取り戻すことなのである。クライマックスのチャーリーの豹変は現時点での人類の限界であるが、それでもレダム人は人類を見捨てない。人類の夜明けは未だ来たらず、しかし必ず訪れると信じているこの距離感にスタージョン先生の眼差しの優しさを知るのだ
 それにしても、恐るべきは本書が1960年に執筆されているという事実か。50年以上前、すでにジェンダー問題に斬り込んでいたとは。時代のギャップはあれど、性差を筆頭に、人種、国家、宗教……本書で提示される問題って、現代でもほとんど進展してないようにも思える。そして「他人より優れた点を持たない人間は、劣る人間を攻撃することでしか自分を保てない」という指摘がグサッと来る。これこそ全ての争いに根差す病理よな。
 時代を超える名作と言うのは、その作家にしか書けない独自性と、普遍的なテーマが合わさった時誕生するんでしょうね。確かにスタージョン先生にしか描けない、愛についての物語であるそしてスタージョン先生にしか描けないキモさだ。愛があれば男でも妊娠できる腐女子世界よりも、シュワルツネッガ―妊娠映画よりも、パタリロよりも時代を先駆けていたのだな。いやまぁあんまり先駆けてほしくない世界だけどよ!
スポンサーサイト

テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM カードゲーム モンスター・コレクション ザ・ペナルティメイト・トゥルース メタリックガーディアン N◎VA UC パラサイトブラッド 音楽 大槻ケンヂ エッセンシャル  筋肉少女帯 PU MTG ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ Season8 UE 風神録 漫画 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Princes_of_the_Apocalypes ウォーハンマー Season6 Season4 リプレイ UM アニメ 永夜抄 Season7 東方領土研究会 サタスペ クトゥルフ2010 DMG EXTRA 紅魔郷 パズル Bestiary ゲーム PHB クトゥルフ2015 Season11 死の国サーイ 伊藤勢 R&R 真・女神転生 天羅万象 妖々夢 椎名誠 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM シナリオ MC ファンタズム・アドベンチャー スティール・ボール・ラン Season5 Season9 機動戦士Zガンダム Season3 Forge バキ 世紀末古代災厄公社伝説 奇想コレクション シオドア=スタージョン UA コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す レッド・ノベンバーを救え! フィリップ・K・ディック Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン CRB タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード Volo's_Guide_to_Monsters 番長学園!! キャッスル・レイヴンロフト シャドーオーバーミスタラ リボルミニ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮 映画 Expeditions プロモカード 五つの風 UCa サタスぺ ジョジョリオン 特撮(バンド) フンタ パンデミック 電車 シャドウラン アリアンロッド ダンジョン・コマンド ラス・オヴ・アシャーダロン d20モダン 異色作家短篇集 真夜中の探偵 三国志 東映特撮YouubeOfficial レイトショウ T&T ACG 雑記 手塚治虫 ダークブレイズ Temple_of_Elemental_Evil 即大休憩 快傑ズバット 機甲猟兵メロウリンク メガテン アルフレッド=ベスター 装甲騎兵ボトムズ FEAR VGtM ドラスレ フレドリック=ブラウン そっとおやすみ ウルトラマン 異色作家短編集 エンゼルギア MM2 Out_of_the_Abyss セブン=フォートレス 三上寛 当方領土研究会 クソコラ コズミック・エンカウンター ガントレット・オブ・フールズ イベント 幻想少女大戦 Starfinder 魔獣使いの少女 キャット&チョコレート ラフカディオ・ハーンと四つの顔 鉄腕アトム ゲーマーズ・フィールド ラクラク大統領になる方法 東方領土研究会会報 モンスター画家 ジャングルスピード 火の鳥 Pit 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ クトゥルー神話 カットスロート・プラネット ストーンオーシャン ミストグレイヴ 島本和彦 バイブルハンター ポケットの中の戦争 ログ・ホライズンTRPG 刺青の男 都筑道夫 レイ=ブラッドベリ アーカム・ホラー パラノイア 革命万歳 スティーヴン=キング 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード