魔獣使いの少年少女#48~汝の名は闇人・ダークエルフ編~

 何だかんだで六門2E種族解析も最後までやってきました。ヴァンパイアとライカンスロープをPCでやっていいのは伝染(うつ)された時だけだ!
 悪意がない乱暴者というフォローをされながら、悪意もりもりに描かれるオークと比べ、ダークエルフが性悪なぶんざいで疎まれた種族の悲哀を演出されるのは、を断ずる六門世界とて所詮世の中見た目ということか。これだからドラウとか肌の黒いエルフはよー。まあ、イエル伝だと悲しみ云々よりベルフェンディータのパシリって感じで別の意味で可哀想でしたが…。
 親戚同士とあってか、初期修正はエルフとそっくり。いきなりDX14HT8とかカッコイイ能力値になるのもいっしょ。ただ、貰えるのがスペルなので、ちと重ねるには躊躇するかもしれませんが……。というか、重ねなくたって《ラック》2回分と思えばいいし、《◎ダーク・ヴォルテージ》という使い道だってある。エルフになれないトレジャーハンターで《ラック》まで使えるというのは、キャンセル要員として実に心強い。GMによってはネクロマンサーも許可されるので、スペル枠の用途はいくらでも広げられます。
 むしろ重ねちゃうと《◎呪文威力強化》が振ってくるので、《エナジー・ドレイン》や《クラウド・キル》でスペル押しする方向に固まってしまうかも。
 エルフ同様、尖らない正しく後衛役のタイプ2もあるのだが、無論この種族を選んだからには、ぜひタイプ1で事故死と隣り合わせのタイプ1を掴んでいただきたい。《◎魔法結界》ないんでエルフよりもいっそう紙一重の生と死を楽しめるぜへひぃ(先生、銀河君が危険です)。この、どのクラスで取っても有用な《◎魔法結界》と、スペルユーザにしか意味がない《◎呪文威力強化》の差は、同族でありながら決して混じり合えない隔絶をもたらす。ダークエルフの特殊能力に選択権が生じるのは3レベル以降だが、まずは魔属性呪文を3レベルに上げてから考えてみたい。《エナジー・ドレイン》で止めると《○耐性:混沌》を持っている奴が出てきたら泣くしかないが、上級なら《ウィーク・ポイント》の仕込みもできるし、【呪い】ダメージの《イビル・デッド》と分類のレパートリーも増やせる。それに《クラウド・キル》はやっぱり戦略兵器と言っていい破壊力。
 正直な話、《○x属性呪文》《◎魔法威力強化》以外の特殊能力だと、ダークエルフを重ねた上で取るかは難しいラインにある。《◎ドレインフォース》はHP回復兼スペル枠回復と一見効率良さそうに見えるが、肝心のスペル枠回復が1回取っただけ(2レベル)だと〈抵抗〉難易度Bと、スペル枠を持ってる奴にはアッサリ弾かれる。4レベルまで上げてもAと、後半のスペルユーザに通用するかというと厳しい。《◇影縛り》も3レベルならS評価になるのは大したもんだが、サイズの大きい奴だと簡易データに行為修正+という最悪の組み合わせで、楽々到達されるのが悲しい。それも1レベルずつしか伸びないので、ダークエルフを5まで伸ばした上で、3レベル以降の選択を全てこれに注がないといけない……たぶん、敵に持たせてPCを悶絶させるための特殊能力じゃねえ?
 ダークエルフを重ねる場合はスペルユーザを推奨したが、1レベルで止めた場合の選択肢は非常に広い。先述したトレジャーハンター+《ラック》の安心感はそうそう他種族に真似できない。またエルフと違って、1レベルからアーチャーになって損なし。アーチャーの増えるダイスと《◎ダーク・ヴォルテージ》がおっとろしい相乗効果を生む。
 バトルダンサーと相性がいいのも大きな違い。《◎アタックステップ》の安定した評価と《◎ダーク・ヴォルテージ》や、スペルを使った《◎フォースステップ》など、いくらでも組み立て方がある。ただし、レンジ攻撃主体で後衛推奨ね。そういえば、TCGの《ミッドナイト・クィーン》、あれのイメージなのな。小説だとベルフェンディータにパシられ、まんまと使い捨てにされて同族を犠牲しまくったハタ迷惑なダメ女王のルジエリたんね
 ところでエレメンタラーの場合スペルは全部《◎属性転化》か《ラック》にでも回せっちゅうことかい。発動体余分にいるし。
 ネクロマンサーが可能なので、GMによっては全ての召喚系クラスが可能。相性としてはネクロマンサーが最高であるが、何をやっても強いというのはずるい。同じく許可が必要なクラス、ウィザードはうっかり「やっていいよ」と答えたら阿鼻叫喚の地獄を見ることであろう。
 最後に、ダークエルフは己の道を突き進むか、1レベルで踏みとどまるか、まずその岐路に立つ種族と言えよう。ダークエルフを選んだ時点で《ラック》を使用可能なのはあらゆるクラスで有益と言っていい。しかし2レベルで《◎魔法威力強化》固定なのがスペルユーザ以外だともったいない。各種属性呪文を使用可能、《◎呪文威力強化》で恐ろしい威力に仕上がるし、1レベルで止めてもダークエルフならではの立ち回りがある。ある程度積んでから他の道に進みたいエルフとは、ステータスこそ似て非なるタイプ。特化する楽しみも、マルチクラスの楽しみも味わえる、なかなか味な種族である。
 どちらに進んでも活躍は見込めるが、事故が起きた場合の悲惨さは変わらない。《◎魔法結界》がないぶん、物理攻撃以外の耐性も不安は尽きない。HPとHTの低さをカバーする手段はいくら講じても足りることはない。



六門世界RPGセカンドエディション サプリメント3 ジオテランの世界樹 (Role&Roll RPG 六門世界RPGセカンドエディションサプリメ)六門世界RPGセカンドエディション サプリメント3 ジオテランの世界樹 (Role&Roll RPG 六門世界RPGセカンドエディションサプリメ)
(2008/05/30)
加藤 ヒロノリ、グループSNE 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC シオドア=スタージョン UA 世紀末古代災厄公社伝説 Forge 奇想コレクション バキ フィリップ・K・ディック レッド・ノベンバーを救え! Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す シャドーオーバーミスタラ ナイトウィザード タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード