好きなTRPG#08~番長学園!!~

 当ブログは本日で四周年!
7b69dbf6.png

 久々に企画物A…もとい企画物でも立ち上げようかと思ったが吉日、と思った時には当日になってたので間に合いませんでした。まあそれは俺の次の誕生日パーティにでも。企画物AVの女って名曲だよな。
 で、せっかく四周年なんだし、私のTRPG遍歴の出発点でも立ち返ってみようかと。『ウルフレンドの冒険者』が原体験、そしてD&Dで本格的に参入したのですが、いずれも「リプレイ」「アクションゲーム」から始まったコンタクト。そういう意味では、TRPGを遊びたいのであっても、システムに魅力感じて遊びたい、というワケではなかった。
 で、初めて「このシステムが遊びたい!」と思ったシステムはコチラ。大好きだったシステムです。合言葉は「惜しい! ∞にはちょっと足りない!

 番長学園!!

番長学園!!大吟醸 (fukkan .Com―ブッキングTRPGシリーズ)番長学園!!大吟醸 (fukkan .Com―ブッキングTRPGシリーズ)
(2006/05/01)
寺田 とものり

商品詳細を見る

 今でも大好きだ!

 『番長学園!!』(以下番学)は、“番長能力”なる異能に目覚めた新人類を遊ぶゲーム。PCは“番長学園”の生徒となり、日本を支配する悪の高校帝国、“豪巌帝国”に立ち向かうのだ! ちなみに“番長能力”は“番長力”によって発現する能力で、ぶっちゃけそれさえ守ってればどんな能力でもOK。異能バトルでもこれほど自由度の高い…というか無法状態のゲームってそうないんじゃないのかな。
 当時「MTGマガジン」or「読参マガジン」と揶揄されていたRPGマガジンで、数少ないTRPG「」サポートしているゲームがコレだった。ま、こちらも例に漏れず読者参加ゲームの『番長ファイト!』が主軸だったようですが…でも、門外漢の私が見ても面白い内容で、読者との受け答えが秀逸なんだよなぁ。寺田とものり先生の真骨頂ですね。
 それと、森山大輔先生のアートワークスが素晴らしい。あの頃のRPGマガジンを買っていて、ごんちゃんにときめかなかった男児はいないでしょう。私はの推し番(推してる番長の略)はレイ番長、浪速番長、黒潮のお竜な。
 さて読参ゲームだけでは雰囲気しかワカらず、たまたまルールブックがサークルにあったので、「コレってどんなゲームなんすか?」と問うならば、その答えで番学との付き合いは決まったと言ってよい。

「ルールパートが3ページで終わるゲーム」

 これ、『大吟醸』でも一貫されてます。
 いや厳密にはもうちょっと分量あるんだけど、ほんとにサマリーの3Pにルールの全てが収まっちゃうぐらいなの。これほど漢らしいシステムはなかなかありません。なんせ時代は『天羅万象』全盛期、こぞってロールプレイ評価システムをどのシステムも搭載していたものです。中でも番学は一際とんがった存在と言えました。あのとんがりっぷりにはトンガリキッズもBダッシュです。『天羅万象』以上に尖ったシステムってだけで無二の存在だよ!
 よくロールプレイ評価システムって「ロールプレイすりゃ何でもいいんだろ?」とか揶揄されるけど、番学はホントに面白かっこよければ何でもいいだってシステムでそうなってんだもん。そうでなきゃルールパート3ページに収まったりしないよ!
 と言うかですね、能力値が「パワー」「スピード」「知性」「冷静」「美形「バカ」の中から二つ選んで、残り二つは自由に設定していいゲームでどうやってマトモな遊び方をしろと。「バカ」でどうやって判定するのかというと、基本はこじつけです。こじつけでもつじつまがあっていればそれにこしたことはない!
 この手のパロディってアニメや漫画っぽいことをしつつデータ的に再現するのが常ですが、番学ではシステムの全てがアニメや漫画っぽい、お約束ロールプレイをすることに注力されているのだ。あなおそろしや。
 ゲームの基本は笑えたり燃えたり泣いたりするロールプレイをすると“番長力”(いわゆるヒーローポイント、座布団)をGMから受け取れる。こやつをあれやこれやとロールプレイして溜めながら、出てきた悪と戦う→(自分から)ピンチに陥る→ふんぬぐるると奮起して、溜め込んだ番長力で必殺技を繰り出し勝利! 大体こんな感じ。うむスッゲエわかりやすいな! もっといろいろやってた気もするけど、骨子だけ抜き出すと書く事がないぞ。でも割とこれが全てだ
 番長力を貰える手段はロールプレイ以外でも変なものがいろいろあった。それらしい音楽を口ずさみながらアイキャッチを入れるとか。最高のロールプレイに与えられる番長力10点が、何故かGMがトイレに行くと貰えるとか。トイレに近い私はこれで景気よく番長力を配っていたものでした。みんな妙に飲み物を頻繁に注いでくれたなあ(遠い目)。

 そんなシステム人によってはバカバカしくてやってられないかもしれんが、私は断然ハマった。元から「楽しければなんでもいーじゃねーか」というノンポリだったのもあるが、制作陣が、本当に心の底から「お約束の燃えて笑って泣けるロールプレイをしたいんだ!」と思って、そのために全力を尽くす姿勢に好感を持ったからだ。人はバカだと笑おうが、自分の楽しいと思うことを信じて疑わない漢の背中は美しい。そんなのTRPGじゃねえというツッコミがバカバカしくなる。っていうかバカ自分で自分をバカと笑ってる人をバカと指摘することほど愚かしいことはない
 もちろん姿勢だけじゃなく、ギミック自体の出来がいいのも評価の高いところ。割り込み行動や強制的に登場できる“番長フレーム”、ピンチを演出する“外見の負傷”(ダメージはないから絵面だけ)、自分から退場する“行方不明宣言”、“番長位”の違いでダメージを与えられない、どれもがガッチリ噛み合って、自然とピンチ、逆転、そして劇的な勝利の演出がなされるように設計されているのだ。使い道がワカらないうちは無骨な鉄の筒かもしれないが、ワカってしまえばバズーカ級の破壊力を生むことうけあいYO! 番長フレームを使って行方不明宣言からボスの目の前に登場、しかも外見の負傷「重傷」を貰ってズタボロで立ちふさがる。ボスは百人番長、自分は十人番長だから絶対に攻撃は通用しない。しかしやらないわけにはいかない! とかな(後で復活技で立ち直ること前提で)。
 自分からピンチに陥ってGMから番長力を貰う手法は、負けないロールプレイの一環として是非覚えておきたいテクである。
 それと、この世界における「番長」の徹底も素晴らしい。正直なんでもアリなゲームなんで番長でなくてもいいんですが、『番長学園!!』なんだから世界の全ては番長を基準に回っていなければならないのです。この世の全てを動かすのは番長だから番長力番長力があればなんでもできる!(ぶっちゃけ正しい) 番長能力に目覚めるのも番長力なら、番長力で動くハイテケ列車もあるし、超硬い鋼はバンチョニウム。あ、もちろん邪悪な人類共通の敵は邪番長です。ありとあらゆるガジェットを番長で説明付けるもっともらしい納得力、寺田先生円熟の筆致で綴られているのですから、これは面白くならないわけがないのですよ。

 番長力で全てが説明できるワケだから、ありとあらゆるネタを出せるんだけど、本当にありとあらゆるネタを取り込んでるもんだから実にカオスだった。それに読者投稿キャラまで採用してるもんだから恐ろしいほどの混沌である。著名作品のパロディはもちろん、歴史上の人物、実在の芸能人、それはもうキャラクター名鑑を見てるだけで飽きないネタ番長が溢れていたものサ。
 そのネタがまたみんなンまくってなぁ。トウキビの遺伝子を組み込まれた合成番長→トウモロコシの番長→コーン→呼怨とか、気づいたときは感動しましたよ。トウモロコシをモチーフにしてあんなにカッコイイ設定になるとか。どいつもこいつも遊び心と悪ふざけが光って唸ってます。『大吟醸』での追加番長なら、怪盗道三(刑事の彼氏もちの怪盗♂。儂はキラめくパッションフルーツ☆)にMVPをあげたい。
 もちろん、ネタキャラばかりでなく、心に秘めた熱いモノも見所のひとつ。合成番長の失敗作として捨てられたトラウマを引きずりながら、育ててくれた番長生徒たちのために命をかける少女、家族を奪われた仇討ちのため、邪番長力の誘惑に揺れつつも戦う男、一見ハチャメチャでバカっぽい設定の裏では、ハードでシリアスなドス黒い血が脈打っている。ギャグと笑いばっかりがお約束じゃない、番長たちの命懸けの生き様もまた欠いてはならない要素です。
 リプレイではプレイヤー諸氏の煮えロールプレイが実にたぎっていて、リライトの手が入っているとは言えまるで本人が演じているようであった。

 アートワークスについては何度賞賛してもし足りない。ごんちゃんをはじめとしたメインキャラはもちろん、各地方を支配する豪巌帝国の支配者、それに有象無象の番長生徒まで、ばっちり歴々のイラストレーター氏の手による渾身のデザインです。特に支配者のデザイン! いずれの支配者もピンで作品を持ってもいいぐらいキャラが立ってる。実際、『番長ファイト!』で行われた人気投票では、支配者がかなりの上位に食い込んでいましたね。丑若九朗のデザインはいつ見ても色褪せないカッコよさ。
 元は読者参加ゲームだけに、収録されている番長の多くは読者の応募。ぼくのかんがえた番長をプロの手で描いてもらえるのですから、そりゃあキン肉マンにも匹敵するドキワク企画であったことでしょう。『番長ファイト!』やリプレイのイラストに登場する場合、森山大輔先生担当でキャラデザされていてすっげえ羨ましかったなぁ。
 当時の人気とスポンサーを考えれば、アニメ化やドラマCD化、コミカライズにノベライズのようなマルチメディア展開があってもおかしくなかった…いや、それは考え過ぎかな…しかしこのまま眠らせるにはあまりにも惜しいクオリティであります。

 斯様に大好きで思い入れのあるゲームではあるんですが……しかし最後に遊んだのは五年ぐらい前だったかなぁ。このゲーム、全員が番学の勝手を知っている人間でないと支障が出るし、一時でもしらけるとゲームが止まってしまう。ハイテンションで突っ切らないと、話がもたないのだ。最初から最後まで「何か面白いこと言え」と書いてある脚本を渡された役者の心境を想像してみて下さいよ。とにかく疲れることこの上ない
 その、最後に遊んだ時、疲労のあまり立っていられず、階段を這いずって降りたという経験から、私は己の体力の衰えというものを初めて意識したのであった。そして思った、
このゲーム、数年に一度遊ぶんで十分かなぁ……
 周期的に遊びたくなる時はあるんだけど、なかなか実際に遊ぶまでには至らない。う~ん、でも五年も経ったらそろそろ遊ぶかなぁ~?
 自分で作った番長で一番出来が良かったのはきぐるみ番長、本名樹(いつき)くるみ♀。ポソキッキ風恐竜の着ぐるみに身を包んで戦う番長で、着ぐるみによるダメージ軽減とスーツアクターで鍛えたチャレンジ精神で戦います。いつかまた使いたいな。
スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ MTG 漫画 風神録 UE Season8 キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 バカゲー GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ PSYCO-GUNDAM 地霊殿 ガンダム スティール・ボール・ラン ファンタズム・アドベンチャー 機動戦士Zガンダム シナリオ Season5 Season3 MC Season9 奇想コレクション Forge UA シオドア=スタージョン 世紀末古代災厄公社伝説 バキ フィリップ・K・ディック Season12 レッド・ノベンバーを救え! 好きなTRPG 荒野に獣慟哭す 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 Volo's_Guide_to_Monsters シャドーオーバーミスタラ タイム・オブ・ティアーズ・アゲン ナイトウィザード キャッスル・レイヴンロフト CRB 番長学園!! 電車 フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) 特撮 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 五つの風 プロモカード 映画 快傑ズバット 雑記 T&T FEAR d20モダン ダンジョン・コマンド ダークブレイズ アリアンロッド メガテン Temple_of_Elemental_Evil ラス・オヴ・アシャーダロン 機甲猟兵メロウリンク 即大休憩 シャドウラン 真夜中の探偵 ACG 東映特撮YouubeOfficial アルフレッド=ベスター 異色作家短篇集 レイトショウ 装甲騎兵ボトムズ 三国志 手塚治虫 VGtM Pit ジャングルスピード ゲーマーズ・フィールド ドラスレ Out_of_the_Abyss モンスター画家 東方領土研究会会報 三上寛 エンゼルギア 火の鳥 セブン=フォートレス 当方領土研究会 クソコラ MM2 ラクラク大統領になる方法 ウルトラマン イベント パラノイア 革命万歳 ラフカディオ・ハーンと四つの顔 魔獣使いの少女 コズミック・エンカウンター アーカム・ホラー キャット&チョコレート キテレツカップリングパーティ 都筑道夫 刺青の男 レイ=ブラッドベリ 絶体絶命 ログ・ホライズンTRPG ガントレット・オブ・フールズ 島本和彦 バイブルハンター 幻想少女大戦 スティーヴン=キング フレドリック=ブラウン ミストグレイヴ クトゥルー神話 ポケットの中の戦争 そっとおやすみ 鉄腕アトム カットスロート・プラネット ストーンオーシャン 異色作家短編集 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード