今日のアニメトリップ

 仕事帰りに寄ったラーメン屋でいきなり浅野真澄さんの声が聞こえてきてびっくりした。
 アニメとか全然縁の無いおじいさんおばあさんの町なのになぁ。カツ屋兼飲み屋のラジオでも普通の音楽番組かと思ってたら、森口博子さんのオレ的キャンペーン最終回用BGM・「ほほえみは光る風の中~ETERNAL WIND~」が流れてきてびびったこともあったっけ。
 声優自体の活動にはそんなに思い入れないんですが、『Solty Rei』や『光と水のダフネ』のラジオ番組で見せた良い意味で適当過ぎる発言が相変わらずで安心しました。特に後者の岩田光央さんとの回はモスト・デンジャラスかヘル・ミッショネルズ(ネプチューン・キングver)ばりの最凶トークとして記憶に生々しい。
 ついでに言うと『光と水のダフネ』は浅野さんに岩田さん、ガチ百合の中原麻衣さんにドSの大原さやかさんなど狂気の沙汰としか思えない声優の番組で、ラジオ内でも恐ろしいほどのヘンタイトークが繰り広げられていた。僕はこのラジオで岩田光央さんと大原さやかさんのファンになりました。

 しばらくTRPGや迷宮キングダムレポートと関係ない話が続いてるのは君の気のせいじゃない。
スポンサーサイト

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

TRPGこぼれ話#05~装甲騎兵ボトムズTRPG~

 先日の新作ボトムズ話に続いてボトムズ話、そう、あるんですよTRPGのボトムズ
 2001年にひっそりと発売され、サプリの一本も出ずに去っていった、さながらキリコの如き闇を穿つ足跡。実際筆者もプレイ回数は2~3回しかありません。

 いや、凄くやってみたいんですけどね。
 ボトムズって戦争モノの中でも異色の戦後処理のゴタゴタの話で、こうゆう大異変の真っ最中じゃなくて、直前とか直後を取り扱ったストーリィに魅力を感じるタチなので。セッションが終わるごとに銀河万丈声が再生される毎回の次回予告とか、キャンペーン冒頭が伝説のナレーション「俺は疲れた。誰もかれもが疲れていた…」から始まるなんて想像しただけでポリマーリンゲル液に火がつきそうですよ。
 んが、ゲーム自体にちと難がありまして。戦場の端から端まで平気の平左でカッ飛んでくるソリッドシューターにミサイルポッド、かと思えばヘクスを使う割に、グレゴルーに泣いて謝れというSTTCまっさおの縦横無尽な移動力で、位置取りに頭を悩ませることもあんまり無い。そして一撃命中するやいなやほぼ半壊…と、良くも悪くも大味なシステムだった記憶があります。簡単に機体がブッ壊れるのは実にボトムズらしい(手榴弾でポシャる主役メカなんてほかに知らない)けど、さすがにそうそう都合良く原作のようにGMが乗り換え用の敵無人ATを置いてくれるわけにはいかんでしょうし。
 あとは原作モノの宿命か、やっぱ最低野郎が集まって遊ばないと本当の意味で楽しめないってのもありますしなー。全52話もあるし。その上総集編が3回も。『コードギアス 反逆のルルーシュ』にだってこの総集編っぷりは負けちゃいねぇ。『ギアス』のご先祖様がボトムズだそうですが、そんなところまで先祖にならわなくたっていいのに

 ただ、ゲームとしてはアレでもボトムズの解説書としては一級品。
 はっきり言って本編を見るより本書を読んだ方がボトムズを理解できるかと思います。後半に行くにつれての超展開も生ぬるい超展開の原作、クエントと異能者のくだりはこの本読まないとサッパリわかりませんでした。また、特殊任務班X-1ことレッドショルダー設立~解散までの流れやATがパイロットの個人技を発揮させる機会を設け、異能者の発生確率を上昇させる…という存在意義など、細かいフォローもありがたい。マーティアルの記述なんかはボトムズを超えて、他のメディアにも参考になる宗教観の解説となっております。ATリストもコンシューマゲーム、模型などから引っ張り出され、ちょっとしたAT図鑑の気分(もっとも、ボトムズは「オフィシャル設定無し」と設定担当の方が発言されているように、けっこう自己解釈が入ってると思うので注意すべきでしょうが)。
 そして素晴らしいのが各章ごとに引用されている本編のセリフや予告のセンスの良さ。流石は最強の次回予告(と、ナレーション)アニメ。それに加えてTRPG界のマスター・アジアもしくは味皇にしてミリタリー界きっての最低野郎、桂令夫氏が加わっているとなればもう隙がありません。ラビドリードッグに乗ったキリコにロッチナが監督してくれるぐらい心強い。いや、あんまり心強くねぇ。この主人公、自分の機体を壊さなかったためしがないしな。うっかりイプシロンだったりすると急にダメ臭が漂ってくるし。
 しかしここまでやるなら、外伝『機甲猟兵メロウリンク』までも踏み込んでほしかったなあ。こちらについては機甲猟兵がクラスとして存在するのと、一部ATが掲載されているのみにとどまっているのが残念。見た目以外はパッとしないライアットドッグなんか、サンプルシナリオの治安警察用にピッタリじゃないですか。

 入手はちょいと難しいと思いますが、TRPGショップの中古品コーナーなんかに置かれていたら、最低野郎として一冊押さえておいてはいかがでしょうか。ゲームをやらなくとも、読み物としても十分楽しめますし。全体的に乾いてシニカルな文体もボトムズの色調とマッチしていて、読み応えがあります。
 君もギルガメス軍地上用野戦服(もしくは突撃兵戦闘服)のストームトルーパーに匹敵するかっこ悪さに、ださっ! と驚愕しよう!

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

装甲騎兵ボトムズ 幻影篇

 先日何気なく「ボトムズ」で検索をかけてみたところ、新作OVAが来年3月発売! 26年ぶりにシリーズ完結! のOH! グッドニュースが!
 な、なんですとォ~!?
 最低野郎として聞き捨てならねぇこの情報、それも一ヶ月前に告知されていたことを見逃していたとはこのアイン一生の不覚…二回目だけんども。
 余談ですが筆者は後輩に「あんたは頭がおかしい」、先輩に「この最低の人間が」呼ばわりされたことがあり、しっかり自他共に最低野郎認定されてます。
 関連ページはこちら
 物語の詳細はまだ明かされていませんが、登場人物の姿と完結というくだりからして、『赫奕たる異端』の後なんですかね? それにしても、かつてキリコのかけがえのない親友だった彼らの年経た姿に涙を禁じえません
 TV本編当時からも痩身だったけど、バニラもアフロヘアーともどもすっかりしぼんでしまって…ココナも奥さんという風貌だなあ。ゴウトのおやっさん、さびしい頭髪と下がった目尻が言葉以上に何かを語ります
 キリコの姿がまだ見えないのが気になりますが、コールドスリープのためにほとんど変わってないはず…まあ、この三人ならきっとどんなに年取ってもあの無口で無愛想な朴念仁を暖かく迎えてくれることでしょうけどね。でも、なんか当時と同じようにキリコの騒動に振り回されそうだなぁ。もっとも、本人たちもけっこうそれに乗じてキリコを振り回してましたけど。それはそれで彼ららしいかな。
 なお、バニラは『ボトムズ』中最もイイ男だと思います。ウホッいい男的な意味では流石にキリコに負けますが、あれほどイイ男、なかなかアニメ界捜して見つかるもんじゃありません。ココナもいい相手と収まって良かったネ。
 ついでに画像検索をかけてみて、TV、谷口版、異端OP、そして塩山氏のイラスト、やはりキリコほど黙って歩いてくるだけで絵になる男はいません。安彦良和氏伝説のジャケット『戦場で…』のアムロに匹敵する格好良さです。
 もっとも、彼の場合ほとんど喋らないから黙ってるのが普通なんですけど…。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

D&D余話#02~d20モダン話~

 4eを遊んだら3eが遊びたくなった
 それも、3eとモダンを組み合わせた、その名もバイストン・ウェルキャンペーン。超やりてえ。

 カリスマ・ヒーローのコア技能欄を見てちょっと気勢が削がれた。
 こんなに多かったっけ…

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

TRPGこぼれ話#04~誰が新作を望んでいるのか~

 この間ひさしぶりに会った方と新作TRPGについて話していたら、「別に新しいシステム遊ばなくてもいいよね」と言われました。

 うーん、否定できない。

 だって実際そうだから。
 俺はD&D3.5eがあればむこう10年は遊べる自信がある(もう6年は遊んだ)。
 真・女神転生覚醒篇だって1から60レベルまで遊んだら何年かかるかわからん。やりたいけど。
 そもそも買ったはいいが遊んでないシステムなんて目の前にどっさりあるぞ。ヒーローウォーズとか、ボトムズTRPGとか。
 もう手に入らんだろうけど死ぬまでには遊びたいシステムだっていっぱいある。D&Dとクトゥルフは遊んだのでトラベラーはやらねばなるまい。あと上述の御方、今度ルーンクエストやりましょう。

 TRPGは一度買ったら何度遊べばモトを取れるかわからない。それこそ一生遊び続けたって、遊び尽くせるというもんでもない。なにしろ、まったくおんなじシステムで、まったくおんなじシナリオでもGMとプレイヤーが異なるだけで、まったく違うシナリオになるほどの水物なんだから。いやひょっとしたらGMとプレイヤーがおなじでも、そうなるかもしれない。
 こいでたく先生の『RPGこわい』でもおっしゃってましたが、極端な話、面白いシステムがひとつあれば、TRPGって十分なんですよね。100のセッションがあれば100のストーリーができるわけで。それをうまいこと面白い話になるように保証してくれるサポートがあれば、いくら遊んでもキリがない。
 とはいえ人間、飽きというものが来るもんですが、これはハウスルールとかオリジナルデータとか新しい世界観とかチャレンジできる要素もいっぱいありますしね。「転校生は君の耳にそっと息を吹きかけてきた。さあ、セービング・スロー:ドラゴンブレスだ!」とか←『こわい』で実際あったネタ。

 でも、新しいゲームがこれ以上出ないのはそれはそれで寂しいですからなあ。
 まだまだ新しい芽が出る余地はいくらでもあるゲームですし。判定方法は煮詰まってきてる感がありますけど、世界観だってシステムだって挑戦すべき舞台は無数に眠っているでしょう。学生運動とか扱ったTRPG遊びたーい…いや、遊びたいのはオレだけか…。
 何と言っても、ひょっとしたら、自分の好きなTRPG以上に面白いシステムが出る可能性があるわけですから。こりゃもったいない。今だって好きなシステムで遊んで楽しいのに、今以上に楽しい体験ができればそれは最高じゃん!?

 ほんとにね、出て欲しいですよ。面白い新作。
 今のゲームが駄目ってわけじゃないです。『ダークブレイズ』はめったやたら評判がいいから凄く楽しみにしてます。ただ、近年のTRPG(と、それに類似した業界)業界を見ると、下手をすればこのまま消滅するんじゃないか、という危機感さえあるのが…個人的には、そろそろTRPGを全然知らない人も取り込むような努力を、本気で模索しなきゃいけない時期だと思うんですが。新陳代謝が無い文化って滅びるし。

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

D&D余話~ビギナーズ・セット~

 D&Dビギナーズセットを買ってきた。
 遠方にいる知人に会うことになった際、なんか買ってきて欲しいものあるか、と聞いたらそれを指定してきたのだ。
 知人氏とはD&D4eのキャンペーンを展開中で、サプリメントを欠かさず購入しているぐらいだから、「これって3eだろうけどいいの?」と確認したところ、「タイルが欲しいだけなので、私は一向に構わんッッ」と力強い答えが返ってきた。筆者もダイスセットとフィギュア12個とタイルが付くなら買っても良いか、と思った。
 正直、期待はしていなかった。
 だってHJとWoCのやることだもの
 3e発売以降D&Dとはそこそこの付き合いになるが、そのコアルール自体の出来はともかくとして、レイアウトやサプリメント、アクセサリなど、ディティールに関することについては裏切られ通しだったからだ。

 氏の部屋で開封したのを見て驚いた。
 めちゃめちゃいいんだ、コレが。
 マップ・タイルの分厚さに驚いた。異様に頑丈で、簡単にめくれたりへたったりしない。キャンペーン・マップパックなんて内容も素材も薄い商品とはワケが違う。
 クラスごとにプレロールドキャラクターが用意され、同時に一冊ずつ手引書が手渡される。そこには全てのデータと、ゲーム中の遊び方が場面ごとに記入されている。普段はどう振舞えばらしいのか、戦闘に入ったらどんなことをすればいいのか、それも、対象年齢以上なら誰にだって理解できる平易な文章で書かれている。ここが素晴らしい。あれだけ複雑怪奇な3eの戦闘ルールを、こんなに簡単にまとめられたなんて! むしろPHBの時にそうしてくれよ! 恐らく、親御さんが先導してあげれば、小学校高学年にだって遊べるんじゃないだろうか?

 封入物を見ていて、今TRPGに求められているのはこれなんじゃないかと思った。
 フィギュアやらタイルやらのコンポーネント。
 TRPGはルールブックと紙と鉛筆とダイスがあれば遊べる、とよく紹介されている。だけど、それは最低限度なものであって、それを面白くする要素は他にもいっぱい転がっている、それこそフィギュアやタイル、カウンターのように。なくてもTRPGは十分面白い。商売っ気だって鼻につくかもしれない。でも、でもだ、単純に色とりどりのフィギュアとタイルを使って遊ぶゲームというのは、それだけでもすごく素敵なものじゃないか?

 グッズのコンセプト自体も、TRPGを遊ぶ段階をきちんと踏んでいるのも見逃せない。
 TRPGはつまるところごっこ遊びで、出発点は子供の仮面ライダーやウルトラマン(こういうときに流行のヒーローを上げられないあたりで年齢を感じる)ごっこだ。が、いきなりTRPGでごっこをしろと言われても難しい。仮面ライダー、ウルトラマンごっこをするのは、それらのヒーローというモチーフがいるから。ビギナーズ・セットでは各プレイヤーに対し、仮面ライダーに比べれば相当抽象的だけれど、ファイターのレグダー君(3.5eのサンプルキャラ、4ePHBの297Pで鼻血を流している彼です)のように立派に人格があり、かつゲーム上で役割を指定されたモチーフを与えてくれている。
 さらにビギナーズ・セットはモチーフを演じることにとどまらず、ごっこ遊びの限界点であり不満点…ウルトラマンはこうだろうけど、俺ならそうするな、という欲求まで答えてくれる。上級ルールではPC作成の手順が紹介されているのだ。
 ごっこ遊び、そしてごっこ遊びの不自由さから自分だけのPCを作り、今度そのPCで遊ぶときには、恐らく自分たちだけのストーリィが展開されるはずだ…なんてこった、TRPGの成り立ちのステップを全部やってるじゃないか!
 今まで入門書と名の付くものに入門書だったことはなかった。強いて言うならウルトラ怪獣入門とゲゲゲの鬼太郎妖怪入門ぐらいか。が、このビギナーズ・セットはD&Dのみならず、TRPGの入門書としても採用できる一作だった。PHBなんぞ買う前にまずはコレを買うことを強く薦める。

 残念なことは、遊ぶ内容はTRPGの入門書に最適であるが、TRPG自体の概念は説明しきれていない。それにはあまりにもスペースが足りない。小冊子に収める文章では、TRPGが何なのかを説明するボリュームに満たないのは致し方ないところか。
 もうひとつは流通。5000円という安からぬ値段もそうだが、現在のゲームショップや大手書店のごく一角しか用意されていないD&D限界を見る限り、このような商品を取り扱うスペースの余裕はそうそうあるまい。こういう商品だけに、できれば玩具ショップなど、TRPGファン以外にも目を付く場所に置いてもらえると良かったんだろうけど。
 お子さんの知育にひとつどうっすかね? 親御さん。

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

好きな漫画#03~永井豪~

 真夜中の戦士』を見ました。
 冒頭の短編を除いて、残りは未完と聞いていたのですが永井豪にはいつものことと気にせず360ページ中277ページがオマケのつもりで読破。
 しかし、999に巨人の星に真夜中の戦士とあからさまに最近の漫画を知りませんっていう懐古趣味が全開でどうも気がひけるのう。
 さておき。

 やっぱり永井豪は凄かった。

 さすが「SF史上に残る傑作」と言われるだけはあります。短編だから永井作品につきものの突然の終了におびえる心配もないし。
 エロ・グロ・バイオレンス・ナンセンスというどうしようもない筆者の性向を満たしてくれるのは、他には伊藤勢か山口貴由ぐらいのもんでしょう。いや、若先生の場合はエロというより期待するのは倒錯か。

続きを読む

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

TRPGこぼれ話#03~川の問題~

 最近のオンラインセッションは凄い。
 筆者も何度か体験し、その中でキャンペーンのGMを務めたりもしましたが、その当時にこんな便利なツールがあればッ!
 こちらで実施されているオンラインセッションスペース、ダイスは完備だわアイコンは追加できるわスクエアは対応してるわD&D3e用呪文の効果範囲まで用意されてるわの至れり尽くせりな機能で、これでスカイプの通話機能があると、相当にオフラインセッションに近い感覚でプレイできます。時々接続が不安定になりますが、SW2.0をプレイしたところ、ほとんど違和感&不満なく遊ぶことができました。
 ここまでススんでくると、オンラインとオフラインの境も感じない…といきたいところですが、やっぱりそこはオンセとオフセの絶対線、実際に顔を合わせての空気感とゆうものはどうしても再現できぬもんです。あと、プレイ時間は相変わらず通常のセッションの2倍~3倍かかるのも、どんなに便利になっても同じっぽいっす。

 オンセと並ぶもうひとつの電子戦RPG、コンピュータ・ゲームにおけるRPG(以下CRPG)は、いかにMMORPGTRPGっぽいと言われようと、TRPGになるには多分サイバーダイン社のドロイドが実現されるか、人間がサイバースペースの住人にならない限り実現できない気がしますが。
 しかして、このCRPG、日本においては意外と厄介な、TRPGを語る上では欠かせない存在になってるようです

続きを読む

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

最近のスポーツが面白い

 そんなにプロ野球には興味なかったんですが、今年は面白いですね、クライマックスシリーズに日本シリーズ。楽天がまさかのCS進出とか。そのあとの大逆転負けとか。そろそろ終わったかな? とF5押したら「待て! うまくいえないが何かおかしい!
 巨人と日ハムという安牌な組み合わせながらも、一進一退の攻防を繰り返しているようですし。お互い中日や楽天を相手にしてまったく空気を読まないなんというかこう もう少し手心というか…」とゆう伊達にして帰しっぷり

 筆者の好きな相撲でも相変わらず朝青龍がまったく空気を読まない場所制圧と反省の無さに横審の苦虫を噛み潰したような顔が見えるようでまだまだ目が離せない。いや、最近小結中堅クラスがかなり入り乱れた善戦をしていて、普通に面白いですよ。できれば日本人大関にはもっとがんばってほしいですけどね…千代大海は引き相撲が多くて戦い方は好きじゃないけど、クリソツな先輩がいるので妙に親近感があります。

 サッカーもビーチボール乱入に釣られてキーパーが失点とか、サッカーならではのありえねぇニュースも入ってきてますし。ぜひ次のウイニングポストかイレブンに搭載してもらいたいハプニングです。海外も近いようでまだまだ異界なんだなあ。

 福盛の21球と防御率135にはファイターが倒れた瞬間に前線が崩壊してお通夜ムードになったD&Dを思い出した。スラダンでD&D4eの時にも触れましたが、確かにAD&Dは野球だわ。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント ACG APG SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース モンスター・コレクション カードゲーム メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド UC 音楽 エッセンシャル 大槻ケンヂ  筋肉少女帯 PU 一発ネタ MTG ブレイド・オブ・アルカナ 風神録 Season8 漫画 UE キン肉マン SF ジョジョの奇妙な冒険 バカゲー 中堅PC 覚醒篇 GM 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes 永夜抄 Season4 UM Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary PHB 伊藤勢 Season11 死の国サーイ クトゥルフ2015 椎名誠 R&R 妖々夢 真・女神転生 天羅万象 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC シオドア=スタージョン UA 世紀末古代災厄公社伝説 Forge 奇想コレクション バキ フィリップ・K・ディック レッド・ノベンバーを救え! Season12 好きなTRPG 空中庭園エリュシオン コードウェル城奇譚 荒野に獣慟哭す シャドーオーバーミスタラ ナイトウィザード タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト 番長学園!! フンタ 電車 レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) CRB 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード