We are Pathfinders!#273~アイコニック・キャラクター:ハースク君のハナシ~

 アイコニック・キャラクターだらけのセッションをやったら、一番不人気なのはレンジャーのハースク君ではないかという意見を耳にした。
 ハースクファンクラブ第一号にして会長兼書記長兼会計兼名誉理事兼ヒラ会員として即座に
1416294707531.jpg
 といきり立ったが、同時に「ええまあ」と答えた自分に気付き、ひとしきり
1453898921461.jpg
 こんな感じで部屋の中の物に八つ当たりをしていた。
 ……1レベルの特技が《高速装填》だからかなぁ……。
 実際アイコニック・キャラクターの中から使いたい子どーれだと言われたら、ヴァレロス君かアミリたんくーださいと答える。ほら、オレハースクファンクラブ会員と同時にアミリたんファンクラブ特攻隊長だし。
 なんで最下位なのかというと、本気出すのが12レベルだからだそうです。ま、そりゃそうだ……7レベルの時点でも、《クリティカル強化》さえ取れてないし(実際に取れるのは9レベル)。
 一番好きなアイコニック・キャラクターってのはホントよ。PFでレンジャーが中装鎧に習熟しただけで、こんなに世界が広がるなんて、と感心した。が、レンジャーでもクロスボウ使いがいる、それもクロスボウのクリティカル領域の広さを活かした《クリティカル強化》に、《速射》による攻撃回数ではなくヘヴィ・クロスボウと《針の目を通す狙い》の一撃狙いというビルドには目からウロコがバラバラと落ちた。さらに《針の目を通す狙い》のデメリット、そのターンに移動してはならないという縛りをヘヴィ・クロスボウの装填によって実質無意味なものとしている。考えたのは相当の手練れと見た。
 しかし本気を出す12レベルの段階でも、いくら接触攻撃とは言え1d10+3[刺突]+1d6[火]ダメージが1回が12レベルで適切なダメージかどうかは判断の分かれる……っていうか低くない? クロスボウは弓と違ってダメージに【筋力】を乗せられんから、強化ボーナス頼りになるんだよなー。いやそれよりも《針の目を通す狙い》を取ってるのなら、何故《致命的な狙い》を取らんのや。接触攻撃できるのなら《致命的な狙い》のペナルティなんか屁でもないのに。12レベルでダメージ・ボーナスもきっかり+8になってまっせ。固定値を乗せづらいクロスボウなら、《遠射》よりこっちを優先すべきでは……もしかして《遠射》は弓術スタイルで取ったのかな。ただ、2レベルで《精密射撃》、6レベルで《精密射撃強化》、10レベルで《針の目を通す狙い》でスタイル特技は埋められるから、《遠射》を選ばない選択もあったのでは。確かにヘヴィ・クロスボウの射程を活かすなら《遠射》もアリだと思うが……って、《近距離射撃》を使おうとしたら30フィート以内に行かないといけねえでないの。《遠射》主体で行くなら、前提の《近距離射撃》を無視できるスタイル特技で取ればいいのに。ううむ、どうにも戦い方がちぐはぐだな。一番好きなビルドであるのは確かだが、なんか読み込めば読み込むほど使いたい気力が減退していくのを感じる。
 そもそも《速射》や《束ね射ち》で矢を撃ちまくることを想定しているっぽい弓術スタイルでクロスボウを使おうとすること自体に無理が生じるのかもしれない。《速射》のペナルティを恐れてか、《致命的な狙い》がスタイル特技に入ってないし。って、マジかよ。二刀流スタイル特技に《強打》が入ってないのはワカるが、《針の目を通す狙い》をスタイル特技に含めるなら、こっちだってあってもよさそうなものなのに。APGで追加されたクロスボウ戦闘スタイルでは《致命的な狙い》はもちろん、《乾坤の一射》がスタイル特技に加えられて、いっそう固定値を稼ぎやすくなった。もちろん《針の目を通す狙い》も変わらず取得可能だ。
 普通にクロスボウ・レンジャーを組むならこちらを選べば問題ないが、アイコニック・キャラクターという立場上、できることならデータはPHBの範囲内に押さえたい。その上でギャルもキャラクターシートを見ただけで2コマ即オチ級の罪なクロスボウ・レンジャーを考えてやろうではありませんか。
 と、いうわけであらためてデータを見てまず目に付くのが能力値。【筋力】14は亡き兄貴の形見であるバトルアックスを活用せんとする意気込みかもしれないが、よりにもよってクロスボウで戦うとなると、この【筋力】は無駄としか言いようがない……とは言え、レンジャーは基本攻撃ボーナスが良好で、さらに【敏捷力】型の都合上ACもそれほど悪くない。普段はクロスボウを撃ちつつ、後方に抜けてくる敵がいたらバトルアックスを抜いて切り替えるという戦法も取りようがある。それでも、14はちょっとやり過ぎという感がある。あくまでも嗜み程度に考えるなら、12に押さえて+1ボーナスだけは確保し、バトルアックスへのシフト戦法は前衛が堅固でない序盤に限って良いかと。完全に切って手つかずの10、もしくはそれ以下にしなかったのは、人情だけでなく荷重の問題のため。ローグ同様にレンジャーにとって中荷重以上は大の敵、それも得物のバトルアックスやヘヴィ・クロスボウは重いのだ。
 【筋力】を14から12にして浮いた3能力値ポイントは【敏捷力】に回すと1レベル時に17、4レベルの能力値上昇で18まで持っていける。【魅力】を7(種族修正を入れると5)にすれば【敏捷力】18まで持っていけるが、愛されキャラであるべきアイコニック・キャラクターであんまりブサメンなのもどうかと思う。【魅力】と全然縁が無いクラスであるウィザードのエズレンおじいちゃんだって10をキープしているのであるし(驚くなかれ、【魅力】だけでなく【筋力】も10あるぞ)。なお、【敏捷力】が奇数になったことで、能力値上昇の1回を元のビルドのように【耐久力】に寄り道するヒマはない、と考える人もいるだろう。その場合は【耐久力】を1点下げると能力値ポイントが1点浮く。この1点で変わることはそうそうないが、【筋力】を13にして荷重上限を高めておくか? もう1点あれば【知力】ボーナスを+1まで持っていきたかったのだが。
 次に特技と装備の話。ヘヴィ・クロスボウを得物にする以上、《高速装填》は避けて通れない……と言いたいところだが、世の中にはリピーティング・クロスボウという便利な代物があった。こいつは特殊武器ながら、クロスボウ・ボルトがカートリッジ式で装填されている優れもので、なんとクロスボウにもかかわらず、再装填をフリー・アクションで行える。しかも、ライトであろーとヘヴィであろーと関係無しだ(!)。5発撃ち切ってしまうとカートリッジの装填に全ラウンド・アクションを使わなくてはならないが、この利便性は代え難いものがある。
 代金はライト・クロスボウなら250gp、ヘヴィ・クロスボウなら400gp。やはり世の中は金ですか。金が無いとダメですか。
 1レベルだと泣こうが喚こうが手に入らない金額なんで、コレに手が届くまではやはり通常のヘヴィ・クロスボウ頼みとなるワケだが。リピーティング・クロスボウはコンポジット・ボウと違って、武器の構造が違い過ぎるためか《武器熟練》などで指定する際、ヘヴィ・クロスボウとしてはみなされない。ハースク君のような《武器熟練》《クリティカル強化》でヘヴィ・クロスボウを指定するタイプのビルドでは効率が悪い。あと、《針の目を通す狙い》を活用するとなると、リピーティング・ヘヴィ・クロスボウの連射力が死ぬ……のは、10レベルになってからだから、いいか。ちゅうかヘヴィ・クロスボウと《針の目を通す狙い》ではレンジャーの良好な攻撃ボーナスによる複数回攻撃がもったいない。
 クロスボウのクリティカル一発狙いは成就するまでに時間がかかるので、二兎を追う者は一兎をも得ず、ではなく
ryoho_jojo.jpg
 という5eばりのいいとこどりマインドで挑むのだ。そもそも二兎を追う者は一兎をも得ず、という格言は「二兎を追ってるぐらいでは一兎も得られん、三匹四匹五匹と追いまくれ!」という意味なのを知らんのか(『大熱言』で読んだ)。普段はリピーティング・ヘヴィ・クロスボウを連射しつつ、ACの高い敵が出てきたら《針の目を通す狙い》を活用して確実にダメージを通す、この二重作戦がザ・ニューハースク君の戦法となるだろう。
 ……ところで、お気付きかも知れないが、リピーティング・ヘヴィ・クロスボウを使っている限り、あまりヘヴィ・クロスボウを使う意味が無い。ヘヴィ・クロスボウ+《針の目を通す狙い》が相性が良いのは移動してはいけないというデメリットを気にしなくてよくなるからで、弓やリピーティング・ヘヴィ・クロスボウでもそれを気にしないというなら、それは同じことなのだ。一応、ヘヴィ・クロスボウなら毎ラウンド発射できるというメリットもあるが……リピーティング・ヘヴィ・クロスボウは5発撃ったら再装填が必要なため、6ラウンド目は一回休みとなる。ただ、《針の目を通す狙い》を使うようなレベル帯だと、5ラウンドも撃っていたらそれで戦闘は終わっている気がする。
 筆者を感動せしめたデメリットを帳消しにするビルドを捨て去るのは馬謖どころか鄧芝を斬るぐらい辛いことだが、リピーティング・ヘヴィ・クロスボウを利用するならその案はオクラ入りせざるを得ない。《高速装填》の代わりに取るのは《特殊武器習熟:リピーティング・ヘヴィ・クロスボウ》となる。なお、《高速装填》+ライト・クロスボウだとダメージ・ダイスが落ちる代わりに5発撃った後の弾倉交換を気にしなくて良くなる。では連射したい時はライト・クロスボウで、一発狙いではヘヴィ・クロスボウで……と言いたいところだが、《高速装填》ではクロスボウの種類を指定しなくてはいけないので不可。げぐぐ。
 どうしてもヘヴィ・クロスボウを使いたい場合は《致命的な狙い》による一発しかないと思うが、マイティ・コンポジット・ロングボウで固定ダメージが乗り、しかもこっちは《速射》まで可能となると、その地位も少々危うい。個人的には、リピーティング・ヘヴィ・クロスボウを買うまではライト・クロスボウで凌ぎ(ぶっちゃけ弓でもいい)、リピーティング・ヘヴィ・クロスボウ解禁後は手数でクリティカル発生率上昇を見込みたい。残念ながらキーン武器は近接攻撃にしか適用できないため、クリティカル領域拡張には9レベルの《クリティカル強化》を待たねばならないのだし。《渾身の一打》的な特技があれば、ヘヴィ・クロスボウもやりようはあるんだけど。
 1レベルで《高速装填》を取らなくてよくなったが、そうなると1レベルの特技は何にするか。一方でスタイル特技は2レベルで《精密射撃》、6レベルで《精密射撃強化》、10レベルで《針の目を通す狙い》は変わりなし。2レベルで《精密射撃》を取るのはドワーフだとボーナス特技抜きでは絶対に不可能であるし、遮蔽と視認困難による失敗確率完全無視は非常に心強い。それと、9レベルでやっと待望の《クリティカル強化》を取得できる、これは確定。ここから逆算していってみよう。
 まず絶対に取りたいのは《致命的な狙い》。これで【筋力】が乗らない分のダメージは補う。んで、それをいつ取るか? 1レベルからというのは、《強打》と比べると少々気が早いと感じる。接近戦をしている所に撃ち込もうとすると-4のペナルティがあまりにも痛いし、リピーティング・ヘヴィ・クロスボウを買うまでライト・クロスボウを使っていたとすると、装填で移動が潰れるぶん、遮蔽を避けるのも一苦労となる。また、PHBの“ゲームマスター”の項によれば、2レベルのPCの標準的な財産は1000gpなので、これをアテこんで《特殊武器習熟》を取る……のもそれは希望的観測に過ぎる。そもそも、武器については財産の1/4までにすべきだ、という示唆もあるしな。3レベル(3000gp)なら流石に文句なく買えるだろうから、ここで《特殊武器習熟》とセットで獲得できるのが理想なんだけど、《致命的な狙い》を後回しにしていると取得のタイミングがかち合う。ううむ、悩ましい。まあリピーティング・ヘヴィ・クロスボウを入手するまでは完全置物より、使わない時もある《致命的な狙い》の方がいいか……接近戦に入る前に撃てればペナルティは-1だけなんだし。
 3レベルでリピーティング・ヘヴィ・クロスボウ+《致命的な狙い》が可能になったら、次は複数回攻撃を想定して攻撃ロールにボーナスを与えるものを取得したい。と、なると一番効率が良いのは《近距離射撃》。ヘヴィ・クロスボウの射程を活かし切れないのは残念だが、クロスボウ・レンジャーにとってダメージまで+1とあっては背に腹は代えられない。30フィートまで接近するのがめんどいという人は《武器熟練:リピーティング・ヘヴィ・クロスボウ》で。
 後は7レベルと11レベル。元ハースク君は《鋼の意志》を取っており、これは非常にカタい選択だが、せっかく《持久力》をタダで貰えるのに《不屈の闘志》を取らないのはもったいない。使われない理由の三割ぐらいが《持久力》が前提になっていることなんだし(三割は推察)。残りの一枠だが、11レベルで《クリティカル熟練》はどうだろう。ファイターと違ってクリティカル特技は取れないが、クロスボウのクリティカル領域の広さと《クリティカル強化》にマッチした選択で、実用性よか見栄えの良さで推奨したい。“獲物”で指定できない奴らもこれでバシバシクリティカル・ヒットの餌食にしてやるのだ。
 装備品について見直すと、7レベルで+2スタデッド・レザーを買っているが、ACを上げるならベルト・オヴ・インクレディブル・デクスタリティの方が攻撃ロールまで伸びて都合がいい。スタデッド・レザーの強化ボーナスを+1に落すのはいいとして、後の金はバトルアックスの魔法化を諦めて工面するか。余った金は銀製・冷たい鉄製・できればアダマンテイン製のボルトを揃えておこう。
 クローク・オヴ・レジスタンスは12レベルでも+2のまま、このレベル帯になってきたら鎧の強化よりはこっちを優先するべきだと考える。そのための資金は、て、アンタなんでヘヴィ・クロスボウと《針の目を通す狙い》で戦うのにブーツ・オヴ・スピードなんて履いてるの。リピーティング・ヘヴィ・クロスボウで戦うようになったのなら出番はあるだろうが、どっしり腰を据えて《針の目を通す狙い》で戦うことも考えると、これは仲間にヘイストを使用してもらった方がいいんではないかなあ。同じ両足部位ならブーツ・オヴ・エルヴンカインドの方が適しているだろう。あ、そういえばアイズ・オヴ・ジ・イーグルも持ってねえや。メリシールもアイズ・オヴ・ジ・イーグルゴーグルズ・オヴ・マイニュート・シーイングを持ってないのを見るに、アイコニック・キャラクターはアイテムで技能の固定値をモリモリするのがお気に召していないのだろうか。それと、ベルト・オヴ・インクレディブル・デクスタリティ+4については、ベルト・オヴ・フィジカル・マイト+2で【敏捷力】ボーナスを1点落としても【耐久力】を伸ばすのが好みであるが、これは人によるだろう。
 技能については、“得意な敵”で巨人をブッチするなら〈知識:地理〉よりは〈知識:地域〉を優先するべき……と思ったけど、“得意な敵”があれば未収得判定可だったか。しかし技能抜きでデータを割るのはかなり厳しいので、巨人殺しを主張するならやっぱりあった方がいいような。それに〈呪文学〉は未収得判定不可なので伸ばしておいて損は無いと思う。〈生存〉〈治療〉〈動物使い〉に振っているポイントを、これと非常用に〈水泳〉〈登攀〉あたりに回してもいいのでは(“得意な地形”が山岳なのに〈登攀〉に一切ポイントを振らない潔さが小気味良い)。……そういえばレンジャーって〈軽業〉も〈脱出術〉もクラス技能じゃないのね。【敏捷力】高いのに、惜しい。
 クラス特徴の“得意な敵”“得意な地形”に関してはシナリオ次第としか言いようがない。ハマった時は強いがそうでない時はキャラクターシートの汚れ、これはレンジャーの宿命なので致し方なし。と、いうか“得意な敵”の分類が細か過ぎるのがイカンのだが。せめてクリーチャー識別に使う〈知識〉と同じぐらい大雑把な括りにしてくれてもよかったのに。設定から巨人殺しに走るのは当然として、第二にフェイを選んでいるのは、ダメージ減少を持ってるくそ野郎が多いので、固定値を乗せづらいクロスボウでコレをブチ抜くのは確かに頷ける。ただ、将来的に《針の目を通す狙い》を活かすのであれば、接触攻撃に弱い外皮頼みの奴をいたぶり回したい。そうなると竜か魔獣あたりかな。ところで、12レベルで“得意な敵”に「人型生物:人間」を選んでいるのは一体何があったんだハースク君。兄の死に邪悪な人間が絡んでいる真相でも知ってしまったのか。
 呪文は、1レベル呪文でエンタングルのシブさが光る。半径40フィートというアホみたいな広さを絡みつかれた状態にするえげつなさで、術者相手に使ったりすると覿面に効く。DC13という低さだけが残念だが、これは絡みつかれた状態目当てではなく、範囲内を移動困難地形にする方が重要なのだろう。射程が中距離で、半径40フィートを移動困難地形って肉弾戦しか能のない奴が先手取られて撃ち込まれたら、それだけで泣きそう。その間にゆっくりと味方は強化をさせてもらおう。
 データの見直しは大体終わったので、さらにハースク君を使いたくなるようなパーソナリティを紹介しておこう。
 ドワーフの割にトンネル潜りは好まず、広々とした平野と空を好み、仲間と連れ立って歩くよりは林の中に一人しゃがみこんで得物を待つ方が好きと言う変わり種。持ち物のティーポットもアルコールよりもお茶を好むというドワーフらしからぬ嗜好の象徴なのだ。ヴァレロス君におけるジョッキみたいなものだと思っていただきたい。
 本格的に冒険に出るようになったきっかけは、しばしば文中に出てきたバトルアックスの持ち主である兄の死。兄のシグールは巨人の小集落に攻撃を仕掛ける際に彼を副官に召集しようとしたが、温厚で平和主義なハースク君はそれを断った。結果としてシグールは待ち伏せに遭って戦死、それを看取ったハースク君は憤怒と憎悪に燃えて巨人のキャンプを練り歩き、背後から射殺しては森に隠れ、またはぐれた一匹を射殺して、を繰り返し、ついに巨人を全滅させた……死ぬために向かわされたフロスト・ジャイアントを逆に叩きのめしたアミリといい、物騒で壮絶な過去を持つ人がアイコニック・キャラクターには多いなあ。しかもクロスボウの射程を活かした背後からの一撃→装填を考えず逃げの一手という的確この上ないやり口。シャドウランみたいな冷静極まる殺害方法がそれ以上に怖い。大人しい奴ほどキレると怖い、というやつか。
 兄の形見となったバトルアックスから目を離すことはないが、自分の才能がクロスボウによる狩りと奇襲であることを自覚し、それを使うのは最後の手段としている所もまた熱い。こんなキャラクター、死ぬ時は「射撃型のPCが接近戦を挑む時はパーティが全滅する時だな」と呟きながらバトルアックスを握りしめる、身震いするほどカッコイイ最期に決まっているではありませんか!

スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

We are Pathfinders!#130~象徴キャラクター上陸・後編~

 象徴キャラクター話の続き。
 パラディンのシーラ堅実の一言。堅実過ぎてあまり言うことがない。信仰の絆は武器タイプ。爆発力なら圧倒的に乗騎なのだけれど、ちょっとルールがめんどくさいけんね。馬が入れないと終了だし。戦闘後の回復のためのキュア系ワンドも完備してありぬかりなし。
 苦手とワカっていても、ちゃんとコンポジット・ロングボウを最上質のものに更新しているのはエラい。クレ公だってモンクだっていつかは遠隔攻撃をしないといけない日がやってくるんです。
 モンクのソウジョンは要求される能力値の多いモンクだけに、初期かなりつらそう。その代わり、7レベル時点では自力で《一撃離脱》を取得しているので、かなり楽になるだろう(1レベルの時点で 《回避》《強行突破》を揃えている)。武具に金をかけなくていい分、ブレイサーズ・オヴ・アーマーもレベルにしてはかなり強化ボーナス高いモノを持ってるし。12レベルでなんと最上級の+5を入手し、ヴァレロスに匹敵するACを誇る。GMからいいもん許可されてるなオイ。武器のテンプル・ソードはAPGで追加されたものと思っていたが、既にソウジョンが所持しているのを見ると、彼を紹介する中で作成されて後にAPGに収録された、が時系列的に正しいのかな?
 こっそり《組みつき強化》を取っているところは筆者と気が合いそうだ。隙あらば秘術呪文使いや両手武器使いに組み付いて、首相撲からの膝地獄が火を吹きます。次のレベルアップでは《武器熟練:素手攻撃》を是非。
 ドワーフ・レンジャーはハースク。今まで射手=《速射》というイメージだったが、この御仁はヘヴィ・クロスボウによる一発狙い。近接攻撃と比べてダメージ・ボーナスをやや伸ばしづらい分、手数で補うが常策と思っていたものの、クロスボウのクリティカル発生率にかける戦い方もあったか。《遠射》は装填に移動アクション(《高速装填》の利益で)を使う分、自らが動かずとも戦場の敵を狙い撃ちするための工夫だろう。
 それに将来的に《針の目を通す狙い》を使い出すと、《速射》の意味無いもんな。移動していた場合使用できないデメリットは、装填が移動アクションの《高速装填》ヘヴィ・クロスボウにとってデメリットにならないし。よく練られていて、面白いビルドだと思う。
 エルフ・ローグのメリシールはレイピアによるクリティカル狙い。ヤダこのねえちゃん怖い。愛用の武器がキーン・レイピアとかゆってるし。技能職・斥候役の生命線【判断力】と【知力】を切ってまで【筋力】を15まで引き上げているあたり、このねえちゃんも殺る気だ。12レベルまでいっても、この二つの能力値が燦然と輝く“10”なのには清々しささえ感じるな。と言うか《回避》《強行突破》まで進んだなら、《一撃離脱》も取ろうぜ! ソウジョンより君向けだよ!
 ところで近接戦闘キャラの全員が全員ポーション・オヴ・フライを持ってるのは、間合いの長い敵や砲台役に空から襲われることを想定してるからだろうな。3eの頃から、間合い10フィートの敵に上空に留まられただけでなんもできず壊滅したパーティあるぐらいだし。
 リニはノーム・ドルイド、吉井徹先生も大好きグッドベリーの使い手だキュア・ライト・ウーンズ巻物だのみです(もう一つはエンタングル)。負傷者がでないと枠を無駄にするキュア系より、一日の始めと使いどきがハッキリしているグッドベリー! という算段なのか。そうなのか!?
 …多分、象徴キャラクターみんなで旅してるから、回復役はキラに任せてるんだよきっと。7レベルになるとワンド・オヴ・キュア・モデレット・ウーンズを買ってるが、ホントにキュア系呪文を用意してないよこの人アイス・ストームのような、攻撃的な呪文を使えるドルイドならではの選択肢を追求した結果で、クレ公に回復任せは割とMAJIっぽいな。キュア系呪文専任だと劣化クレ公なので、それもさもありなんだが。
 動物の相棒はスモール・キャット。もっとデカいような気がしたけど、リニがちっちゃいんで相対的にそう見えただけだった。付録には彼女の連れてるスモール・キャットほか、1・7・12レベル時の相棒データが掲載されている。覚えさせる芸など、手間のかかる成長もパック化されているので便利よ
 大トリはハーフリング・バードのレム。支援役と割り切り、可能な限り近接攻撃から距離を取る戦術の割に、最初の特技は《武器の妙技》のナイスガイ。PF以降キュア系を使えるようになったバードであるが、あくまで支援という役割をハッキリさせるためか取得していない。確かに、遠距離からの支援とキュア系呪文は噛み合ってないので理には叶っている…のか。
 射撃に関する特技をほとんど持っていないのも特徴。あくまで自身は呪文と呪芸の使い手という立ち位置らしい。また鎧や盾を持てない弊害には、12レベルでディフェンディング武器という答えを出している。どうせ呪文と呪芸で戦うなら武器は何でもいいんだから、握ってるだけで効果があるコレというワケだろう。《回避》や《強行突破》と組み合わせると、機会攻撃に対して31までACを上げられる。
 得意芸はお笑いと舞踏と管楽器。バードの割に歌を披露してジャイアンリサイタル的な反応をされてたイラストがあったのは、専門外だったからか。

 ざっと全員分を見てきたが、クセのあるキャラと堅実なキャラでハッキリと割れた印象がある。前線で戦うアミリ、メリシールなんかは負傷が絶えなさそうだし、後列のエズレンはボカスカ力術呪文をブッ放してサポートには興味なさそう、リニとレムは回復など関係ござらんと大盤振る舞い。キラやシーラ、ソウジョンも苦労が尽きないことだろう。象徴キャラクターの組み合わせによって大きく変わるであろう冒険模様を想像してみるのもまた楽しからずや。


Pathfinder Roleplaying Game: Core RulebookPathfinder Roleplaying Game: Core Rulebook
(2009/08)
Jason Bulmahn

商品詳細を見る

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

We are Pathfinders!#129~象徴キャラクター上陸・前編~

         ∧_∧   ┌────────────
       ◯( ´∀` )◯ <僕は、アミリちゃん!
        \    /  └────────────
       _/ __ \_
      (_/   \_)
           lll

 忽然とprdj@wikiに象徴キャラクター=アイコニック・キャラクターの項が出現した
 元から本家prdにあったページなんで何もおかしくはない、むしろ日本語で彼らのプロフィールを見られるんだからええこっちゃ。
 この手の公式PCとかアーキタイプとかは、とかくツッコミどころの多いビルドになりがちですが、い、いや別にFASA社の悪口なんて言ってないッスよ。PFの象徴キャラクターに関しては、そうした「見当外れ」とはまた違って、「キャラの個性には合ってるんだけどなんかおかしい」選択肢が散見されて面白い。
 だってアミリたんの項目最初に見てビックリしたもの。《特殊武器習熟:バスタード・ソード》を見て「あのデカい剣バッソかよ!?」と驚き、さらに武器の“大型用”で二重に驚愕。1レベルからサイズ外武器使ってんのかい! そりゃ確かに武器は割と安価なので初期PCでも大型のものを買えたりするが。
 道理で異様に攻撃ボーナスが低かったワケです。“激怒”でそのペナルティを打ち消すという算段か。確かに1レベルから2d8ダメージはかなりドリーミー。タワー・シールドをペナルティが怖くて持てないようなフニャチソの筆者には到底マネできない侠(おとこ)気です。俺が男なら逆レイプされてもいいね。むしろして欲しい。
 特技の選択は《強打》《薙ぎ払い》と、力任せで攻撃ロール、AC低下するもの大好きというあたりにキャラクター性が垣間見られる。その一方で《武器熟練:バスタード・ソード》や驚異的精度、慎重なる構えなど確実性を握っているのは、ペナルティを埋めようとするための工夫だろうか。
 ジョッキがチャームポイントのヴァレロスまさかの二刀流戦士。そりゃイラストでも二本の剣を持ってましたけど。《二刀流》のファイターが象徴キャラクターとかMAJIイケメン。キャーヴァレロスサーン! 【耐久力】より【敏捷力】に15を振ってるのはそういう理由だったんですね。実際、必要な特技の多い《二刀流》キャラにはファイターが有力候補であるのだけれど。
 特技の選択は正調二刀流ファイターって感じ。《回避》や《迎え討ち》あたりに選球眼のシブさが表れている。ところでなんで7レベルになってなおショートボウなのだろう。「一度高品質化しちまったもんだからもったいなくて」とかの理由だろうか。こういうところを想像するのも楽しい。ポーションは飛行敵対策のフライあり、巨大化のためのエンラージ・パースンありとぬかりなし。特にエンラジはよくワカってるって感じDA→ZE。
 ウィザードのエズレン、学者肌のジジィという外見ながら、呪文の選択はやたら攻撃的である。キレる老人世代だったりするのだろうか。これだけ力術ぞろいなのに、力術専門でないのは何故だ。というか、秘術の絆のケインを徒弟の手で飛ばしたらアカン。戦闘前に発動する呪文がメイジ・アーマーシールドなあたり、このジジィ本気で闘(や)る気だ……!(驚異のAC23) ウォーメイジやバーンアウト・メイジも真っ青の戦闘ウィザードです。
 呪文抵抗不可の呪文を狙い撃ちしてるあたりもスタッフのMAJIぶりを感じる。秘術呪文なら、グリースグリッターダストは使う。誰だってそーする俺もそーする。
 あとキラはほんとに酷いヤツ。吉影? ううん、種の。
 ウルトラ怪獣風の発音キーラじゃなくて、キラだったんですな。どうもキラという名前にロクな奴がいないから不安になるな。ルカと同じぐらいロクな奴がいない。でも太陽神サーレンレイの信徒で、領域に治癒を選ぶぐらいのイイ人なので、そんな心配は無用だっぴゃ。1レベル以降の領域呪文は、治癒の領域なんぞ投げ飛ばすがな! 癒し手の祝福あるのに。
 3eのジョウゼンと違って、接触呪文のためにちゃんと片手は空けてます。これで武器を捨てずに済むよ! やったねキラちゃん! おかげでACが大変悲惨なことにシールド・オヴ・フェイスに一枠割いてやっと16というのはちっとばかしツライもんがあるな。チェイン・シャツを着てるのは移動速度が落ちるのを嫌ったから? AC1点と移動力10フィート、ハカリにかけるのは難しい問題だな。クレ公が味方に届かないって死活問題だし。
 7レベルからはガイダンスを取得するので、技能判定の度にいやらしく肩を叩いて回ろう。そして12レベルでは狂性能のフリーダム・オヴ・ムーヴメント。やっぱりこの人も闘(や)る気だ……!
 前編のトリを務めるのは最人気キャラシオニたん。露出度の高い萌えっ子が最人気というわかりやすさ、大変よろしい。あの絵じゃ萌えられないとかぬかす輩は訓練が足らん! 青い尾をもつトカゲをドラゴンと名付けちゃうセンスとか余裕で萌えポイントじゃん。
 例によって呪文の選択は攻撃的ながら、妨害にサポートもそこそこ取っているところを見ると、じじいより話がワカりそうである。才能と直感だけで生きてるような人種なのに。と言うか連打されるとイヤな呪文が揃ってるエンラージ・パースンインヴィジビリティウェブグリッターダストヘイストストーンスキン、ソーサラーの使用回数でこれらを使いまくられるのを考えるとGMゲンナリ。さらに抜け目なく取得したウォール・オヴ・ファイアーウォール・オヴ・フォースの使い道を考えるとまたゲンナリ。
 確かに正ヒロインの座は譲らん実力者ぶりである。


Pathfinder Roleplaying Game: Core RulebookPathfinder Roleplaying Game: Core Rulebook
(2009/08)
Jason Bulmahn

商品詳細を見る

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

We are Pathfinders!#119~アイコニック・キャラクター~

 前回の続き。いやエロ画像の話じゃない。
 各キャラクター・クラスおよびPFの顔役を、アイコニック・キャラクターと呼ぶ。
 ウィキにも載ってるでしょう、シブいじじいのウィザードとか、ステキな頬ヒゲのバードとか。あれです。一昨日知った。
 彼らはPFの本家PRDの「Iconic Characters」に掲載されていてサンプル・キャラクターとしてはもちろん、1レベル→7レベル→12レベルへの成長過程、過去の設定が肉付けされており、一個の人格を持った人物となっている。同時に我らがパスファインダー、という顔役でもあるため、あっちこっちのイラストや、ルールの実例、ストーリーなんかで活躍を見せている。
 これを見てンまいなぁぁぁーッと思ったのは、彼らを単なるサンプル・キャラクターに収めず、独立したキャラクターとすることによって、キャラものとして売り出せるんですね。PFはノベルはもちろん、ミニチュア展開もしていて、もちろんアイコニック・キャラクターの彼らも収録されている。アンコモンなんで集めやすくてファンにも安心。また、コミック展開なんかもしていたりする。付属ポスターの裏面がマップになってたりするらしいでよ。アメコミの例に漏れず書き手によってじぇんじぇん顔が違うのはご愛嬌
 ちゃんと1→7→12と段階を追って、しかもプレイヤーの手の届く範囲で強くなっているのも好感触。どっかの経験点青天井のぼくがかんがえたすごいNPCとは違う、なれる可能性を秘めた僕らと肩を並べられる等身大のヒーロー、アイコニック・キャラクターとはこうでなくっちゃ。なぁエルミンスター!?
 もちろん、こうした商品展開は、アイコニック・キャラクターがそれに耐えうる魅力を持ち合わせていなくてはならない。アイコニック・キャラクターに関する熱意を、James Sutter氏はブログで熱く語っている。
アイコニック・キャラクターは自らの名前を持ち、デザイナーの世界、信念、ゲームをすることについてのアイデア全てを表現していなくてはならない
 こういう覚悟とガッツがあって作られたからこそ、みんなアイコニック・キャラクターを好きになって、彼らのエピソードを知りたがるんだろう。私が見つけたファンアートやコスプレ画像はその賜物か。もちろんR18イラストも…ってそれはもういいか。
 国産TRPGだとN◎VAのユエちゃんがそうか? つってもN◎VAも顔役がまさに経験点青天井の重鎮ばっかりなんで対抗するのはキツイ気がしますが。あとは、六門世界セカンドのクラスはスカーレットシリーズのキャラクターを使っているので、アレがそうと言えなくも…いや、あんなアイコニック・キャラクターイヤだ…
 一番最初に作られたアイコニック・キャラクターは、ファイターのヴァレロス君だったとか。私が好きだった腰のジョッキは、氏もお気に入りだそうです。
 イラストの登場頻度は前回述べた通り。私が見た中で、一番酷い目によく遭うキャラクター(3eのレグダー枠)はハーフリング・バードのレムそこまで【敏捷力】高くないのに、《武器の妙技》で前に立とうとしてるからだろうか。次点はパラディンのシーラ。
 ちなみに、CRBのアイコニック・キャラクターの中には、ハーフオークだけいなかったりする(´・ω・`)


Pathfinder Roleplaying Game: Core RulebookPathfinder Roleplaying Game: Core Rulebook
(2009/08)
Jason Bulmahn

商品詳細を見る

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント APG ACG MM SW2.0 ザ・ペナルティメイト・トゥルース カードゲーム モンスター・コレクション N◎VA メタリックガーディアン パラサイトブラッド UC 音楽 大槻ケンヂ  エッセンシャル 筋肉少女帯 PU MTG ブレイド・オブ・アルカナ 一発ネタ UE Season8 風神録 漫画 SF キン肉マン ジョジョの奇妙な冒険 バカゲー 覚醒篇 中堅PC 野望のルーツ Season6 ウォーハンマー GM Princes_of_the_Apocalypes Season4 永夜抄 UM アニメ Season7 リプレイ クトゥルフ2010 サタスペ 東方領土研究会 パズル EXTRA 紅魔郷 Bestiary DMG ゲーム PHB 真・女神転生 死の国サーイ 妖々夢 クトゥルフ2015 伊藤勢 Season11 R&R 天羅万象 椎名誠 PSYCO-GUNDAM スパロボ ガンダム 地霊殿 NEXT Season9 MC Season5 機動戦士Zガンダム ファンタズム・アドベンチャー スティール・ボール・ラン Season3 シナリオ UA 世紀末古代災厄公社伝説 バキ Forge シオドア=スタージョン 奇想コレクション 空中庭園エリュシオン Season12 レッド・ノベンバーを救え! コードウェル城奇譚 好きなTRPG フィリップ・K・ディック 荒野に獣慟哭す Volo's_Guide_to_Monsters ナイトウィザード キャッスル・レイヴンロフト タイム・オブ・ティアーズ・アゲン 番長学園!! シャドーオーバーミスタラ CRB 特撮 パンデミック ジョジョリオン フンタ レジェンド・オブ・ドリッズト サタスぺ 五つの風 映画 特撮(バンド) 電車 Expeditions プロモカード リボルミニ UCa ダークブレイズ 三国志 真夜中の探偵 ラス・オヴ・アシャーダロン T&T Temple_of_Elemental_Evil シャドウラン アリアンロッド 装甲騎兵ボトムズ 手塚治虫 ダンジョン・コマンド 機甲猟兵メロウリンク d20モダン メガテン 雑記 東映特撮YouubeOfficial レイトショウ 即大休憩 アルフレッド=ベスター ACG 異色作家短篇集 FEAR 快傑ズバット そっとおやすみ 島本和彦 Starfinder 絶体絶命 都筑道夫 キテレツカップリングパーティ スティーヴン=キング 三上寛 アーカム・ホラー バイブルハンター エンゼルギア 異色作家短編集 レイ=ブラッドベリ 刺青の男 革命万歳 クソコラ ログ・ホライズンTRPG VGtM ストーンオーシャン ウルトラマン OA イベント コズミック・エンカウンター ゲーマーズ・フィールド 幻想少女大戦 クトゥルー神話 魔獣使いの少女 ポケットの中の戦争 フレドリック=ブラウン キャット&チョコレート パラノイア ラフカディオ・ハーンと四つの顔 当方領土研究会 Pit セブン=フォートレス MM2 東方領土研究会会報 火の鳥 鉄腕アトム ドラスレ カットスロート・プラネット モンスター画家 ジャングルスピード ラクラク大統領になる方法 Out_of_the_Abyss ミストグレイヴ ガントレット・オブ・フールズ 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード