読んだ本#44~透明人間の告白~

 かつて本書が翻訳刊行された当初、本の雑誌の目黒考二さんは「十年に一度の面白本」とタイコ判を押しており、椎名誠さんも大いに頷いておられた。そして時は流れ“本の雑誌が選ぶ30年間のベスト30”にて本書は再びベスト1に輝くというマシンロボクロノスの大逆襲を見事果たしたのであった。
 新潮社からハードカバー版が最初に出たのは1988年。もうじき本当に30年が過ぎ去ろうとしているが、確かに30年経っても読むに耐える傑作でありますよ。

 透明人間の告白
 

 誰もが抱くであろうたわいない空想、「もしも空が飛べたら」「もしも大金が手に入ったら」そんな夢想シリーズの定番の一つに間違いなく「もしも透明人間になれたら」は含まれるであろう。ウェルズ先生の小説や映画の包帯男を紐解くまでもなく、透明であることのアドバンテージと人々が抱く憧れは想像に難くない。TRPGユーザならインヴィジビリティやインヴィジビル・ストーカーの脅威を思い浮かべてもらえれば速やかに理解してもらえるであろう。3eの説明文を読んで、「吊り橋の縄を切るのは攻撃ではないのでインヴィジビリティの呪文は解けない」とかなんて酷いことを考えるんだこの野郎はなどと震え上がったもんですたい。
 が、一時的に透明になるだけならともかく、ずっと透明であるパーマネンシィを使ったインプルーヴド・インヴィジビリティみたいなもんやね)場合、果たしてその人間が享受できるのはアドバンテージだけだろうか? 透明人間は場合によっては体のみが透明で、服を着ると宙に浮いているように見えてしまうため、透明の利点を活かすためには全裸でないといけないとかセクハラ案件もある。真冬とかだったらそれだけでもう透明の利点は死んだも同然。そうでなくとも、例えば透明人間がメシを食った場合、それらの食物は一体ハタからどう見えるのか? 透明なまんまの人間は日常生活に適合できるのか?
 こういう、「なったはいいが次々に浮かび上がる素朴な疑問」にいちいち応えてくれるのが本書の傑作たるゆえんだろう。前述の目黒さんは「透明人間の暮らしの手帳」と形容したそうだが、まったくウマい例えをしてくれるものです。主人公のニック=ハロウェイはかなりマッドな科学者の起こした事故に巻き込まれて透明人間になってしまう(余談だがこの事故を引き起こした若僧と、スクープを優先してニックを探しもしやがらない女記者を見ると「やっぱ学生運動とマスコミってクソだわ」と思える)のだが、この時身に着けていた衣服、事故の現場である施設とその一帯に存在していた机やカーテン、タオルや歯ブラシなどの日用品ごと透明になってしまう。透明であるために全裸にならねばならない恐れはないわけだが、実はそれより遥かに恐ろしい現実にニックはすぐに直面する。ミソは「身に着けていたもの」まで透明になったということ。即ち、メモを取ろうとしても、手帳に書いてあることは透明なんだから読むことが出来ず、ペンで書こうと見ることもできないのだ。D&Dのインヴィビリティは他人の目からは透明になっているからまだいいが、自分の目からも見えないということはおっそろしい窮地に立たされることでもあるのだ、とここが筆者最大の驚愕のポイント出会った。これぞ目ウロコ本(目から鱗がバラバラと落ちるような本のこと)。
 襲いかかる現実はそれだけではない。メモを取ることができないのはもちろん、例えばアドレス帳から友人に助けを求めようとしても、そこに書いてある番号が見えないのだから電話は全て記憶力でかけなくてはならない。サイフから札を取り出そうとしてもどれが何ドル札なのか区別できない。そもそも透明な人間がどうやって買い物をすればいい? さらに透明な人間が街を出歩くことが、いかなるリスクを生むか、ニックは身をもって体験することになる。横断歩道を渡る時は細心の注意を要求される。ドライバーからすれば、無人の道路なのだからスピードを緩める気など起きるはずもないのだ。雨の日は自分の身体が雨に濡れるところだけが浮かび上がり、好奇心に誘われた子供に追い回される。そして、石を投げつけられケガをしたところで、その度合いを調べるには自分の手さぐりに頼るしかない。医者に行こうにも、見えない傷をどう治療してもらう?
 もう一点、ニックが頭を大いに悩まされる問題がある。透明人間が食事をした場合、完全に血と肉、それに排泄物になるまでの過程、咀嚼され、喉を通り、胃で消化され……という人体のメカニズムがばっちり外から観察できてしまうのだ。このグロ画像を人目から隠すため、ニックは食べ物を極力選び、消化されない恐れがあるものは徹底的に避け、そして食事にありつくときは人のいない場所と時間を選ばざるを得なくなる。理由は後述するが、透明になったニックは自分のヤサに居つくことが出来ず、各地を転々としなければならないので、メシはどこぞに忍び込んで失敬するしかないのである。
 透明人間になれたら……とは、前述の通り誰もが夢見る望みであるが、こうしてみるとそんなに良い事ばかりではないと気付かされる。少なくとも「一時的に」かつ「他人の目からのみ透明に見える」この二点が満たされていない限り、理想の透明人間とは言えそうにない。第一、透明であるというメリットの筈の特徴も、ぶつかったりしたら何か変なモノがあるとバレるんだから、こっちから接触は極力控えなければならない。つまり存在が見えないのに存在を消さなきゃいけないので、むしろデメリットなのだ。また普通の品物、例えばメモ帳とペンなら普通に書きつけ見られるものの、宙に浮いたメモ帳にこれまた宙に浮いたペンがサラサラと書きつける、非常に奇妙な絵面が展開される。消えているはずの存在が、より鮮明に存在を主張し始めやがるのだ。こっそり宝石店に入り込んで宝石を失敬するなんて、こう考えると出来やしないとすぐに気づかされる。
 人間共通の願望でありながら、実現した場合は決して望み通りにならない、この鋭い観察力と発想はまさにコペルニクス的転回。クラシックかつ先人が強烈なイメージを植え付けた透明人間という題材を扱いながら、活字狂のお二人を耽溺せしめたのも納得である。モノが透明人間だけにまさに盲点、死角からの一撃であった。透明人間だけに(ちょっとウマいこと言ったつもりのムカつく顔)。四年がかりで取り組んだ労力は十分に報われたと言えよう。余談ながら本書以降作者のセイントは作品を発表しなかったそうだ。
 ニックは透明になったのを知られたが故に、情報機関に追い回されるハメになる。アパートをおん出されたニックは空きアパートや馴染みのクラブを転々として満足に食事や睡眠も取れない状況に陥る。買い物も満足にできない人間はどうやって生活を維持していけばいいのか? この難題をニックは証券アナリストの経験(序盤で出てきたこの設定は伏線なので覚えておくといいだろう)とニューヨークの不動産の利用状況を分析することで乗り越えていく、この対処法もリアリティに厚みを持たせているのだが、なんといってもニック最大の強みは超ポジティブ思考。どんな苦境にあろうと「大切なのは動きつづけることだ」と前進を絶対にやめない。この身の回りなんもかんもが透明になるという惨事に巻き込まれようと、決してへこたれず諦めずのドッ根性があるからこそ、最終的に情報機関をヘコませ自由を勝ち取ることができたのだろう。やはり人間飛ぶか留まるか迷ったら飛ぶしかないんである。
 ニックの状況が大いに好転するには好奇心旺盛な女性・アリスとの出会いがあり、協力者を得るとこうも透明人間であろうと日常生活を送るのは容易になるのか! とニックともども読者も目が覚める思いであるが、そのきっかけが下半身というのは何とも海外小説らしいというかなんというか。まあ金輪際他人との肉体的接触なんて自分にはあり得ないだろうと絶望していただけに、そういう欲求が湧くもの致し方なし、という気もしないでもないのだが、やはり社会戦で抹殺されかかっている時に頼れるのはビジネス仲間よりも関係:肉体スートということか!? そういえば透明であることを活用できた数少ない場面は情報機関からの脱走はもちろんであるが、セクハラもそうであった。こうして考えてみると、透明人間になってやってみたいことで十中八九思い浮かべるであろう覗き趣味というのは万国共通なんだなと安心させられる。解説だとアリスとの出会いがもっと早い方が良かったという指摘があるが、確かにアリスという協力者を得たニックがハロウィン・パーティやスキー場を大いに楽しむ解放感はしみじみと読んでる方にも喜びを伝えてくれ、もっとこういう日々も見てみたかった気もする、とフォローは入れておこう。
 情報機関との丁々発止は本書の見所のひとつながら、セキュリティや監視体制が向上した現代では流石に通用しないだろう(空アパートを転々としたり、クラブの鍵を漁ったりするシーンは良くも悪くもまだのどかな時代)。ここんところは古さを否めないが、逆に現代版の『透明人間の告白』が執筆されたとしたらどうなるのか、気になる。スマホがあれば大抵のことができちゃう現代なら生きていくこと自体は難しくないかもしれないが、市井の人間だろうと住所特定されたりする監視社会だと、宙に浮いてるスマホとか即行で拡散されそうだな。
 ちなみに、読んでいて感じたが椎名さんの執筆するサバイバル小説や超常小説、『走る男』、『デルメルゲゾン』はこれに相当影響されていると感じた。次から次へと襲い来るトラブルに細やかに対処していく解決策の提示、また何か一つが狂ったらその世界はどんなことになるか、そうした疑問にひとつひとつ応えていく丁寧な姿勢は、まさに本書で提示されていた面白さ。後の基盤になったと考えてもおかしくありますまい。
 
 ニックの披露してくれたサバイバル術(実際に顔を合わせずに講座を開く方法、電話のみで株を売買する方法など)は役に立ちそうであるが犯罪者でもそうそう役に立てられそうにない、それこそ透明になった人間でもなきゃ意味がないのが残念な限りである。D&Dで「自分の目にも映らないインヴィビジビリティ状態になる呪い」とか出してみようか。うーむ、自分にとっても他人にとっても恐ろしい呪いだな。
スポンサーサイト

テーマ : SF
ジャンル : 小説・文学

読んだ本#43~ゴールデン・マン~

 今回もディック先生の短編集。
 純正のファンタジーも含むバラエティ豊かな話ですが、それだけに面白さもマチマチであります。まっ、面白い話はムチャクチャ面白いので十分読んで損なし。

 ゴールデン・マン

続きを読む

テーマ : SF
ジャンル : 小説・文学

読んだ本#42~小さな黒い箱~

 ディック先生のこのシリーズは例外なく面白いなあ。

 小さな黒い箱

続きを読む

テーマ : SF
ジャンル : 小説・文学

読んだ本#41~炎の営業日誌~

 『炎の営業日誌』はWEB本の雑誌のいちコンテンツ、本の雑誌社営業の杉江由次さんの執筆する日誌。現在でも『帰ってきた炎の営業日誌』として継続中。
 本書は2004年~2008年の期間より抜粋し、著者直々に改訂を経た日誌を収録した一冊。一回一回の分量が少ない記事の場合、こうして書籍にまとめられるのは相当時間がかかる、とはTRPG誌の連載の刊行ペースでお分かりの通り。しかし何故2004年から何だろうか。2000年~2003年ぶんも結構な量になったろうに。まあ、色々方針があるんでしょう。

 「本の雑誌」炎の営業日誌


 ブラック企業だ非正規使い捨てだと何かと後ろ暗い話題の多い日本の労働環境を顧みると、こんなに読んでいて気持ちのいい業務日誌というのは素直にスバラシイ。東京近郊の書店を足しげく通っては本への思いを熱く語り、移動中の電車ではページをめくるのがもったいない、と震えながら面白本に溺れ、去りゆく書店や書店員さんに涙し、本屋大賞の発起人の一人となって奔走する。「燃えてるのは浦和レッズだけで営業は至って冷静」と謙遜されているがなんのなんの、“炎の”という枕に偽りなし。味噌蔵に監禁を矯正に要するほどの活字中毒者ぞろいの会社の営業に相応しい熱血ぶりです。「くるしいけどたのしい」という、極めて理想的な仕事における塩梅を、見事に実現しておられる。
 直に書店員さんに接しているだけに、出版業界ではなく、書店の生の声のリポートとしても読むことができる。切々とした訴えを読むと、苦境は何度も耳にしていたが、書店を取り巻く状況というのは既にこの時点で絶望的だったのだな、ということがワカる。出版業界が自身の窮乏をアピールしながら、アグラをかいた商売ぶりや書店への仕打ちとなると口を閉ざしてきただけに、現場の声は辛辣だ。Amazonが上陸した際にあれだけ既得権益が脅かされる、と非難していたのが都合が良くなるとコロッと寝返る変節漢ぶり、5年10年売り逃げすればいいと考えている経営方針など、決して正面切って取り上げられない問題をズバッと切ってのける様は痛快。特に、この5年10年売り逃げすればいいという近視眼的視野の蔓延が、日本を住みづらくしている原因だとオレも思っている。
 書籍の販売という形態そのものへの疑問も言及されており、これがいちいち考えさせられる。「ゲームや携帯電話はすごい進歩をしながら値段を下げているのに、本や雑誌は中身は同じままなのに値段は同じか高くなっている」「単行本なんてもう高級品を売っているのとほとんど変わらない意識を持たないといけない。一冊の本に1500円とか2000円出してもらうということは、そういうこと」……頷けながらも、いずれも実際に解決するとなったらどないせえっちゅうねん、と叫びたくなる事案ばかりだろう。刊行から7年が経過した今でも明るいニュースは少ない。つまりはこれらの状態はほぼそのまんま続いていると見ていい。いやもっと悪くなってるのかもしれない。こういう業界に求められる改革って一体何なんだろーなぁ。
 勿論、出版社と書店とお客さんが一体にならなければこの業界はやっていけない、と繰り返し主張しているだけに、単に出版社叩きに終始しているわけではない(本の雑誌社だって出版社の一部なんだし)。書店員さんに負けず劣らず汗を流す出版社の人々の姿もちゃんと描写している。先が暗い業界だからって、一生懸命支えてる人がいるからこそ今でも続いているんだもんな。
 それに真面目で泣ける話の直後にルーズな社内の実態や椎名さんのじいじいバカもかくやという親バカっぷり(そういえばこの頃はまだ椎名さんが編集長なのであった)、そして「唯一燃えている」と自分から言っちゃうサッカー狂いが暴露されているんだから、どうあってもシリアス通しにはならんのよな。本屋大賞が決まった時に「どうせ出来レースだろ」なんておさだまりのヒガミ・ヤッカミ・チューショーを目にした(あーやだね)が、そんな器用なことができる人たちなら、あんなにルーズな会社の体制に我慢できないと思う。「無理をしない、むやみに頭を下げない、威張らない」の3ない社訓は未だ生きているらしい。
 特にサッカー狂い、これが凄い。「女房子供を質に入れてでも見にいかないかんで!」を地で行く(そのうち娘さんまで同行するようになっている。恐るべし)家庭も仕事もブン投げての浦和レッズに入れあげるサッカー熱たるや、これぞ好き物にしかわからない世界、そこに痺れぬ憧れぬってな感じ。こういう熱の注ぎ方ができる方だからこそ、“炎の営業”を実行できるんでしょうか。いやはや。
 ちなみにサッカーの前ではたまにブン投げられるが、ご家庭を取り巻くエピソードがまたエー話でなあ。暗い話題が続く中でウォーミーな家族話が挟まるとホッとする。業務日誌でもあるがサッカー日誌、家族日誌でもあるのだ。本だけでなく、家族モノが好きな人にもススメられる。きっと泣いちゃうぞ。
 もうひとつ、読んでいて感心したのは、面白い本はとことん褒めまくる一方、「こんな本が売れるようではダメだ!」という憤りがまったく出てこないところ。褒める時も然る時も本気という子育ての方針(幼稚園の制服姿の娘さんに抱き付き、「お前はなんてカワイイんだ、最高だ、結婚してくれ」と頬ずりするところが最高の爆笑ポイント(;^ω^))同様、面白本を読んでいる時の熱気は実に誠実で、かつ悪口が本当に出てこないのには好感が持てた。けなして潰すよりは褒めて伸ばせ、という培われた営業の基本テクを見せつけられているようで頭が下がる。ちなみに椎名さんや目黒さんが関わっていた初期の頃は結構こういう憤り記事が掲載されていたのだった。ワハハ。
 本の雑誌創刊から10年経った時、『「本の雑誌」傑作選(別冊本の雑誌―7)』が出版された。第40号までのデータが記録されている。そして今年は40年目、通算384号で特大号が組まれ、菊池寛賞を受賞した。一時はリーマンショックでかなり経営がやばかったらしいが、立派に持ち直したようだ。それというのも、創刊当初の「面白い本めっけた雑誌」という本の雑誌マインドがきちんと継承され、理解されてきたが故の結果だろう。そんな本の雑誌マインドを守り続ける執筆者、編集者、そして売りに回る営業に拍手十発を捧げたくなる、営業効果も抜群の一冊でした。また日誌が溜まったら続刊を是非お願いしたい。

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌

読んだ本#40~奇界遺産~

 その昔下井草の図書館で一度見かけてからムオオッと惹きつけられながらも以後二度と見ることはなく(今でも見たことない)、タイトルすら失念していた本に突然高円寺のヴィレッジバンガードで遭遇。平積みの下の方から引っこ抜いてみたら続刊で、残っていた一冊を慌ててレジに持ち込みました。が、アマザンでは在庫がいっぱいあるようなんで、ただ単にその店舗で少なかっただけらしく、急いで買うことはないけどまあ買うなら早い方がいいと思いますよ
 奇怪遺産

 当時見るだけでめきょめきょ正気度が減っていった気がしましたが、再読してもやっぱり正気度が減りました。一読した際は斜め読みぶんの減少だったらしい。下手な挿絵よりもレン高原とかクン・ヤンとかクトゥルー神話の光景っぽいですサイケデリックとはこういうことを言うんでしょう。ドグラマグラ的とも表現できるかもしれません。『アート・オブ・クトゥルフ』にこっそり混ぜてもバレなさそう。なまじっかフィクションよりも現実の方が超自然的存在を感じさせるというのは人間の底知れなさを思い知らされたようで、なんか遠い目しちゃうな
 ところどころに漫☆画太郎先生のイラストを使用しているのもまた正気度薄めでいい(「くそしてねろ!」もあるよ!)。ここまでやるならトラックが衝突する恒例のシーンも使ってほしかった。
3e9406c7.jpg
いつもの
 適当にパラパラとめくっているだけでも名山鬼城とか人骨教会とかシナリオソースになりそうな魅惑の素材が満載(画像検索するとちゃんと出てきます。興味を持った方は本を買って確かめてネ)。良質なサプリで評判のクトゥルフ神話TRPGですが、それにも匹敵できる奇書と言えよう。参考図書に是非! この一冊があれば来年はシナリオに困りそうにありません。続刊も楽しみだ。

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌

読んだ本#40~島田清次郎 誰にも愛されなかった男~

島田清次郎 誰にも愛されなかった男

続きを読む

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

読んだ本#39~ジャック・リッチーのあの手この手~

 あの手この手、のタイトルにふさわしく、大小いやさ小微小の短編が詰め込まれている。一篇一篇は短くとも、こんだけ詰め込まれていると記録をつけるのになかなか骨が折れる。本書だけでもこんだけ量があるというのに、ジャック=リッチー先生が生涯ウィスコンシン州をほとんど出なかった、という解説には仰天した。一州に留まっていながら、あれほどにヴァラエティに飛んだ話を書けるものなのか。

 ジャック・リッチーのあの手この手

続きを読む

テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

読んだ本#38~洋梨形の男~

 奇想コレクションシリーズで中村融氏編訳にハズレはない。この自説は再び裏付けられたぞ。
 作者は大河ファンタジー『氷と炎の歌』シリーズの作者だそうだが、そんなメガヒットの親とは思えぬほどキモくてグロい話が多い。で、私はというとこういうキモくてグロい話が大好きである。とある映画の出演者が「神様でなければエログロ好みは人間の本質。それを隠さずに追求する○○監督はエライ」とコメントをしているのを見て、しずかにうなずいたもんな。エログロバイオレンスナンセンスってのは悪戯にひけらかすもんでもないけど、躍起になって排斥するというのもそれはそれで病的だと思うんよ。まあそのコメントがあった映画ってのが『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』ってのもまたそれはそれでどうなんだ、って思うけど。

 洋梨形の男

続きを読む

テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

読んだ本#37~物しか書けなかった物書き~

 河出書房新社から出ているKAWADE MYSTERYを図書館でちょくちょく借りてきている。小品の傑作・佳作が多数収録されていて、小気味良く読み進められる。その代わりただでさえ物忘れのひどい筆者のこと、悲しいことにばんばん忘れていってしまう。今回は珍しく時間に余裕をもって読み終えられたので、備忘録として記しておく。
 作者はミステリ・マガジンの常連でありながら、現在行方は杳として知れないという経歴通り、なかなか人を食った作品群である。

 物しか書けなかった物書き

続きを読む

テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

読んだ本#36~もう少しむこうの空の下へ~

 椎名さんから離れてからも、暫くはちょこちょこ出版された書名をチェックしていたものだが、この本は全然聞き覚えが無かった

 もう少しむこうの空の下へ

もう少しむこうの空の下へもう少しむこうの空の下へ
(2000/07)
椎名 誠

商品詳細を見る


 最近(この「最近」とは10年ぐらい前までを含むおじいちゃんの「最近」である)出た本なのだろうか、と思って初出を見てみたら、なんと一番古い作品が1995年でびっくりした。『自走式漂流記』の出る前ではないですか。確かに『白い馬』が「新しい映画」と表現されているから、その時分でもおかしくはないんですが。98年あたりまではまだ追っかけていたのだがなあ……と首をひねっていたところ、第一刷は2000年だったと聞いて納得。毎回20枚と少なめの分量に、ほぼ隔月のペースなので時間がかかったんでしょうか? 確かに最後の作品は1997年の8月号に掲載、とあるから、本にまとまるまで3年のスパンがあることなんて不思議ではない……のかな。出版業界の事情は全然知らんので何とも言えませんが。
 それはさておき、椎名さんの文章は読んでいるとなんか心が優しく落ち着くものがある。思い入れがある、という贔屓目を差し引いても、つまんないことですぐに荒れたり浮ついたりするいささか情緒不安定気味な筆者の精神を静かに大人しくセンチにしてくれる、というのは、これは作家の力量というものではないかナ、と素直に感服したい。
 本書は時期的に先ごろ紹介した『春画』、鬱期を前にしてなのか、文章に哀切が漂っているのであるが、その哀切が程よくてしみじみと良い。「暗い私小説」はちょっと暗過ぎて時々大丈夫かなあ、と心配してしまうこともあった(それ故迫真の重苦しさがあるのですが)けど、この『もう少しむこうの空の下へ』は、寂しさを臭わせながら、それに沈み込まないバランス感覚がある。物語は椎名さんが海べりの街へ旅立ち、そこで出会う人々の話。大きな事件があるわけでもなく、(創作も混じっているので本人というわけではないが)椎名さんが見たまま感じたままを訥々と語っていく。島でひとつになりそうな男女をひそかに期待を込めて見つめながら、後にもう一度訪れた時結局そうはならなかったことを、気を落とさずに「人の生き方はそれぞれだから……」と、ただしずかに眺めている。目の前を過ぎ行く事物を観察する作家としての視点と、それを処理する自己の内面、その距離感が私小説路線の中でも特に巧く表現されている気がするのだ
 このひとつになりそうでならなかった男女の話、そして去りゆく女の話、最後の『そこにいけば……』は本書の中でもトリを飾るにふさわしい出色の出来。前日譚『花火のまつり』を踏んでからのこのラストからは、人生のままならなさへの嘆き、苛立ち、そして所詮は他人事という諦め、いろんな感情を見て取れる。全体的に静かで、何が起こるでもない、起きても穏やかに流れる語り口調が続いていたのが、最後の最後で激しい女性の人生に迫りながら吐露された様々な感情の波には、完全に不意を突かれた。称賛していた絶妙な距離感がここでは敢えて破られ、万物流転諸行無常、人生なんてそんなものと物思いながらも現実を俯瞰で見ていた作者の視点が、一歩踏み込むのを感じた。それだけにこの感情の噴出は強烈な印象を残してくれた。去りゆく女の話の後に、海を眺めて東京で一旗揚げることを決意し、猛烈な仕事量をこなしてついに実現した居酒屋の経営者の過去を置くことで、「別れ」にそっと希望を添えて「旅立ち」に仕立てる構成も心憎い。この二篇だけでも、筆者には当分忘れ難い一冊になりそうだ。
 仕事上のいさかいや友人の死、不眠症の気配など鬱期の片鱗を窺えることもあり、「明るい私小説」から「暗い私小説」への橋渡し的な意味でも、価値ある一冊と言えましょう。
 それにしてもこのタイトルは美しい。『さよなら、海の女たち』『かえっていく場所』に並んで、椎名さんの著作の中でも屈指の名タイトルではないでしょうか。

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント SW2.0 APG ACG MM カードゲーム ザ・ペナルティメイト・トゥルース モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド 音楽 エッセンシャル 大槻ケンヂ UC 筋肉少女帯  ブレイド・オブ・アルカナ MTG 一発ネタ 風神録 漫画 Season8 PU SF キン肉マン UE ジョジョの奇妙な冒険 覚醒篇 中堅PC バカゲー GM 野望のルーツ ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes Season6 Season4 永夜抄 Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary UM PHB クトゥルフ2015 伊藤勢 Season11 椎名誠 妖々夢 天羅万象 R&R 死の国サーイ 真・女神転生 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC 世紀末古代災厄公社伝説 シオドア=スタージョン Forge 奇想コレクション バキ Season12 フィリップ・K・ディック 荒野に獣慟哭す 空中庭園エリュシオン UA コードウェル城奇譚 好きなTRPG レッド・ノベンバーを救え! ナイトウィザード シャドーオーバーミスタラ タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト 番長学園!! フンタ 電車 レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) CRB 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード