TRPGこぼれ話#291~○(好きな数を入れて下さい)人集ネーミングのTRPG的使い方~

 四天王とか三闘神とか五虎将とか十傑集とか八卦衆とか魔導八仙とか好きかい? 俺は大好きだ。

最後が分かったお兄さん、なかなかのマニアだね。
 具体的な人数に適当な字を当てるだけで威厳と強大さと幹部っぽさが出るから日本語って凄いよね例えその実態が将来裏切る棒術使いとお母さん思いで現役復帰のために離脱するボクサーと闘牛士のヒゲホモだったとしても。一番最後はネタキャラ扱いにされた方針転換の犠牲者という気もするが。バッシュやタン先生もそうだけどなんかあの時期からSNKはキャラの扱いがおかしくなり出したような。
 この手のネーミングはTRPGに取り込んでも絵になるもので、PCを前に「我ら○人集!」と幹部級が勢揃いでバァアZ_ンッと名乗りを上げる光景なんかは演出効果抜群、想像しただけでカームエモーションズなマスターも多かろう。しかしこの手法、マスター道を志す者にとっては諸刃の剣であることを自覚せねばならない
 まず具体的な人数が示されているということは、それだけの人数にそれぞれ個性と見せ場を物語中に与えなければならないという縛りがそれ自体に含まれている。実は当たり前のように見えるこの制約がまた問題だ。TRPGとは水物の遊びであり、その話の流れはまさに水流のように如何様にも変化する。PLのオトボケで思いもよらない方向に話が行っちゃうなんてのはまだいい方で、プロでもなければ普通お話はマスター一人が考えるもの。編集者と言う優秀なブレーンがいるのでもなければ第三者の目が介在するのでもない、つまりはアマチュア以前がひねくり出したストーリーなんざぁその方向性はコロコロどころかハイパーコロコロ気分や体調で迷走する危険性があり得る。穴だらけの設定と揶揄される週刊少年漫画以上にその足場は不安定なものとなるだろう(『北斗の拳』を笑えなくなったら君も立派なマスターだ!)。また、参加者の環境によってキャンペーンの長短は変わってくるもので、環境の変化に非常に弱いという点も忘れてはなるまい。
 長期的な構想があるのならともかく、どう物語が動くのが見通しが付かない状態でこういう数字を出してしまうのは非常に危険だ。設定はしたけど何人か十把一絡げで消えていくなんてのはいい方で、結局人数分のキャラクターが思いつかないまんまキャンペーンの終盤まとめて在庫処理とかソードマスターヤマトをリアルにやらかす羽目になるから、ハッタリかますからにはある程度裏で計算しておくのが望ましい。最低でも、キャンペーンの全体像が見えて、残り何話で終わるかの見通しがついてからにすべきだろう。話数が見えれば、あとはそれに人数を割り当てていけばいい。裏テクとしてはこういう集団の存在を匂わせておいて、具体的な人数を出さないという手もある。アニメ的に例えるとマスターシーンでラスボスの前にひれ伏している連中はいるが黒塗りで顔かたちや人数が判別できないみたいな演出だな。そしてネタが思いつきお話にも見通しがついたら順次登場させていく方式。具体的な数字や顔ぶれを先延ばしにしつつ存在を匂わせる手法として便利だ。登場するごとにOPで黒塗りだった奴が次々正体を現していくわけだな!(そして死ぬとOPに出なくなる)

ガンソードは死んだ奴が黒塗りになるんだっけ?
 もうひとつのポイントはあんまり多くの数字を設定しない事。多ければ多いほどキャラクターを設定するのも消化するのも大変になる。何十回も同じメンツで頻繁にセッション出来るような環境なら兎も角(羨ましい)、メンツを揃えるだけでも大変だと一回一回のスパンが開いて、幹部を次々登場させてウケを取るどころではなくなってきて、せっかく出しても「コイツ何人目だっけ? そもそもコイツら何人集団なんだっけ?」なんて非常に切ないアンニュイな反応を受け取ることに。そうでなくてもPLの記憶力はRGガンダムmk-Ⅱの腰バズーカラックぐらいゆるいものと心得るべし。相当きっついキャラクター設定でもしてなきゃ間が空くと平気で忘れられてしまう。幹部集団の人数は可能な限り少なく絞ってインパクトは可能な限り色濃く、を念頭に置きたい。トミチンもエルガイムで十三人衆を持て余していたし、夢枕獏先生も『荒野に獣慟哭す』で「十二人は多過ぎたなあ」と反省しとるんやで。あの中の何人か、結構長い話にも関わらず出番すらなく死んでった奴いるからな(つまり漫画版の因達羅や伐折羅はあれでも見せ場を与えられた方なのである。あれでも)。
 
 そして登場する機会があるなら、可能な限り速やかに消化する=退場させるべし。先の見えないキャンペーンにおいてもったいぶりは最大の敵だ。しかも具体的な数字を提示しちゃったというなら尚更である。一生懸命考えた設定のキャラクターをとっとと抹殺するのはマスターとして心苦しいかもしれないがそれは逆だ愛情を持っているからこそ容赦なく抹殺するのだ! 下手に感情移入してズルズル生を延ばすよりは散るべき時に華々しく散らせることこそ真のマスター的愛! 理想を言うなら数を提示した次の回でその中の一人が死ぬぐらいが望ましい。まあ惜しければゾンビ化なりサイボーグ化なりで延命手段はいくらでもあるんだし。シャドウランでも「憎々しい悪党はそう簡単に死んではならない」と書いてある。あ、双子とかコンビを組ませるのもいい手段だな。一気に二人分数を減らせるからな。
 具体的な数字を提示した集団はプレイヤーに与えるインパクトも強烈なら、それをひねくり出して完走する苦労も並々ならぬものがいる。幹部級がPCにブッ殺されて「ふうこれで肩の荷がまた一つ下りた」とそいつの名前に×を付ける会津七本槍を仕留めた柳生十兵衛よろしくY十Mごっこをするのも、これはこれでなかなかの解放感と愉しみである。お試しあれ。

スポンサーサイト

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

魔獣使いの少年少女#07~魔獣使いの少女TRPG~

 ドラゴンコミックスから900円(税込)で絶賛発売中の『モンスター・コレクション 魔獣使いの少女』は最高の六門世界の資料だな! 値段まで言っちゃったけどもう絶版ぽいからいくら叫んだってステマじゃないよ。と思ったら、今じゃKindle版で買えるんですね。しかも値段は半額以下。面白い漫画がこうした形で手に入れられるとはいい時代になったし、コレに目をつけた人も偉い。今でも六門世界が大好きな人、ブシロード版遊んでる人、みんな買ってね!
 ほんじゃもっちゃこの漫画を参考にしようとすると、たまにルール上疑問であったり、明らかに矛盾していることがある。今回はそうした要素を無理矢理ルールに合致するように解釈・再現してみよう。

1.カッシェは何レベル?
 ロビンの最も若い弟子、19歳のピッチピチギャルであるが、物語冒頭からグリフォンは呼び出す、同時にグレイ・ウルフを呼ぶ、太陽を睨む天使やバジリスクを支配する才女ぶりである。Mサイズの召喚獣を支配するのに3レベルまで指をくわえて待たないといけない2Eのサモナーからすればお前何レベルやねんと何故か関西弁でツッコミたくもなるだろう。
 さてカッシェが召喚獣を行使しているシーンを見ると、意外と複数のモンスターを同時に呼んでいるシーンは少なかったりする。序盤のグリフォンとグレイ・ウルフぐらい? ミッドナイト・バットとも同時召喚してたかもしれんが、一度送還したとも見えるな。
 グレイ・ウルフ、ミッドナイト・バットの群れを操っていたのはどうなのかという問題もあるが、感覚共有できていたのはいずれも一体だけなのを見ると、ルールに当てはめれば「《◎召喚》したのは感覚共有した一体だけ」「他は大雑把な命令で独自に動いているので、《◎召喚》の対象に含まれない=フレーバーもしくは召喚獣の成長の演出」ということだろう。
 また、作中呼び出した大型モンスターはグリフォン、太陽を睨む天使、バジリスクの三体。天使はデータにないが、残り二体同様Lサイズと見てよさそう。また、太陽を睨む天使を呼ぶ際にはかなり疲労していた。カッシェといえども大型サイズのモンスターを呼ぶのはそれなりにリスクを生む行為なのだろう…一方バジリスクの場合はそれほど苦労していないようだが、これは同じ属性の場合得られる行為修正+1のためか? カッシェの属性は明言されていないものの、ナス、コルボと相性がいいところを見ると火属性であっても不思議ではあるまい。あとはグリちゃんと仲もいいから風属性かな。
 以上をまとめると、「同時に召喚できるのは2体まで」「モンスターのサイズはLサイズまで」、これらの条件に合致するサモナー・レベルは最低で5レベル、キャラクター・レベルだと4レベルになる。経験枠11個を埋めたとあらば、十分納得できる数値ではあるまいか。
 ところで本編だと「魔術師のくせに存外体力のある」と言われたり、斬鉄剣を振り回したりしているのを見ると、経験枠を使って身体能力を上げていたんだろう。HTやDX、〈運動神経〉ならともかく、STとか〈攻撃力〉を上げてたりしたら「そんなヒマあるか」とパーティから怒られそうな気がする

2.ナスターシャをどうやって支配していた?
 ラミアのナスターシャはカッシェと契約して以降ずっと登場しているが、これは《◎召喚》のルールと明らかに矛盾している。どんなに良い評価でも、1日までしか呼べないからだ
 だとすると、彼女は召喚術以外の方法で存在していると見た方がいい。つまりは、《◎召喚》で呼ばれたからそこにいるのではなくて、最初からそこにいた六門世界の住人として登場しているのだ。《◎召喚》で呼ぶ時は、恐らく現在の勤め先のカフェーからカッシェの元へすっ飛んでいくのだろう。
 真の名を掴んで、かつ個人的に親交のあるモンスターを傍に置いているというのは十分にありうることでないか。サモナーの行使するモンスターとしては許可されるべきではないけど、異種族PCやモンスターをプレイヤーが扱う場合には、こんな処理もアリじゃないかしらん。サモナーって要するに複数のPC運営してるのと同じだしな。

3.暗兵組織解体令の時期が一致しない
 コルボの所属していたヴジャドの解散、そしてデュランが悪鬼と化した重要な転機、暗兵組織解体令。コミックスのコルボの証言によるとこれが発令されたのは2年前。しかし六門世界ワールドガイドでは10年前。この8年間の差はどうしたことか?
 コミックスの頃は単に設定が固まってなかったと言えばそんだけなんだけど、かといってワールドガイドの説をそのまんま採用するとおかしいことになる。19歳のカッシェより幼い、と見られたコルボが10年前に暗兵やっていたとなると、ひとケタでロビン家に泥棒に入ったキン肉マンマリポーサか家庭内暴力振るってたアタル兄さんぐらい超早熟小ゼルになってしまう。
 この差については、コミックスの時期とTRPGの時期が違う説を推しておく。コミックスでは具体的にアフターリコル(AR)何年か明記されていない。よって、暗兵組織解体令から10年のTRPGは設定通りのAR50年。そして2年のコミックスはAR42年。ワールドガイドなどに収録されているカッシェやロビン先生は8年前の姿っちゅーワケ。
 ルールブックの扱う時代とズレがあるってのはいろいろ問題あるが、AR42~50に具体的にどんな事件があったかよくわがんねし、ルールブックだとAR50だけど今回はAR42だよ! と言い張ったって誰もその違いを気づくまい。たぶん安田社長以外知らないよ何が変わるかなんて。てなわけでコミックスを資料にするオレが六門世界やる時のはAR42年です。夜露死苦。

4.おいちゃんがLサイズのオーガブレードを二刀流しているのはどういうこと?
5.おいちゃんがファイア・ジャベリンを叩っ斬ったのはどうやって?
6.おいちゃんがガルガリンの指輪経由でも召喚術を使えたのは?

 ……えー……GMから許可もらったか、GMが作ったオリジナルデータなんだよ。


モンスター・コレクション(3) 魔獣使いの少女 (ドラゴンコミックスエイジ)モンスター・コレクション(3) 魔獣使いの少女 (ドラゴンコミックスエイジ)
(2012/11/13)
伊藤 勢、安田 均 他

商品詳細を見る

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

魔獣使いの少年少女#04~あんなこいるかな~

 コミック『魔獣使いの少女』を読んでいると、意外なモンスターがちょこちょこと、しかも元の絵に合わせて描き込まれていて感心する。原作ものはあーだこーだとかいつも通りの愚痴っぽさと説教臭さをここでもタレ流してるものの、キッチリいつも通りの素晴らしい出来で仕上げてるのがおいちゃんクオリティですかな。
 1、2巻の巻末解説とはっきり名前が載ってないモンスターを列挙してみると、こんな感じ。

(1巻)
・ネクロ・ゴーレム:まだカード化されてませんでした。
(2巻)
・ブラウニー
・ピクシー
・虹の雫の精霊
・フェアリー
・空に舞う天使
・ドライアド
・エルフ森林遊撃隊:おいちゃん好きそうな眼帯ねーちゃん。青髪の娘はその片割れ?
・珊瑚の王女
・サキュバス:ここまで全員冒頭のカラーページに登場。女っ気の薄い話で貴重なギャルギャルしい絵になっとるでよ! 拝んどけ!
・ミッドナイト・バット
・ガーゴイル
(3巻)
・アレックス:モンスターではないが、“呪われた召喚術師”というフレーズと風貌から彼しかいない。
・ラブスター:六門世界では超上級者向きのモンスターと噂のモンコレのアイドゥ。食われました
・ギルマン
・クリムゾン・ウイング
・フライング・エストック
(5巻)
・ワイバーン?:頭の形がまんまギャオスだが、形状からしてコレだろうか??
・クリムゾン・クイーン
・ベヒモス:実は1巻の天体図? にリバイアサンと一緒に出ていた。
・アース・ドラゴン?:頭部のディテールからすると一番近いけど、翼があるようなので違うのかな?
・フェンリル
・ジャッジメント:モンコレの顔役(笑ってはいけない)もこっそり出てました。
(6巻)
・ドワーフ
・オーク
・コボルド
・ミノタウロス:デュランが今際に見た知識にて登場。伊藤勢版の貴重な異種族カット。

 六門世界に登場させる時は、是非ビジュアルの参考にしたいと思います。
 あー黒い翼の天使がセカンド落ちしたのが実に惜しい…。


モンスター・コレクション(1) 魔獣使いの少女 (ドラゴンコミックスエイジ)モンスター・コレクション(1) 魔獣使いの少女 (ドラゴンコミックスエイジ)
(2012/11/13)
伊藤 勢、安田 均 他

商品詳細を見る

テーマ : TRPG
ジャンル : ゲーム

好きな漫画#34~ひとり伊藤勢祭~

 先月末は個人的に伊藤勢関連の大攻勢で喜ばしい限りでした。

●『荒野に獣慟哭す』再開!→コチラ
basara.jpg
 こんな感じのテンションになりました。
 いや~宮毘羅クン、毛深くなったね! これが一番最初に覚えた感想。
 原作ではそってもそっても生えてくるヒゲに悩まされてたので、アレでもまだ大人しい方なんですが。独覚兵に向けて一歩前身だ。額が見えなくなるだけでも全然キャラの印象変わりますねえ。
 法山は小鼻をはっきり描かれるようになってますな。今までの宮本武蔵と比べて、野太さがアップだ。
 兄羅こと皇さんもまたデザインが変わった。エイリアンっぽい頭部から蛇っぽい隆起ができて、さらに今回はドラゴンのようなヒレがくっついている。普段壁にはりついてジッとしてる割にはどうも落ち着かない人だ。個人的に一番最初が最もバケモンちっくだったので、ちょっと悲しい。ってか喋れるんだ! 皇さん!(あああ、本編と同じツッコミだ) 寡黙なだけだそうだが、あのツラで「飲み過ぎたんでウコンの力買ってくる」とか言われたらどうしよう。
 もっと悲しいことになったのは御前こと姐さん。スター・システムとは言え前作のヒロインポジションをバッサリやるか! 流石こうゆう線引きには容赦ない。さらば姐さん、最期に見せてくれた複乳を俺は忘れない。うっかり安底羅も舌をジャック戦のアライjr.状態にされて退場か、と思ったが、なんとか生き残れたようだ。姐さんにトゲタックルと告白ができたんだから、本望だろう。
 最後のサイボーグ、英姫もやっと実戦。独覚兵だけに通用するハウリングを披露して、法山から一本奪う金星を見せてくれた。ゼノビアといいオードリーといいどうもサイボーグ連中はやられ役のイメージがあったので、彼女とコルボ君(違)の行動には注目したい。あ、コルボ君もハウリングに反応したってことは、独覚兵? これはコルボ=招杜羅=5巻の隻眼のサイボーグ、が確定か? 私全然気付かなかったんですが、一部のファンは隻眼、とゆう時点でかなり早い段階から予想していたそうで。みんな深読みスゴイなぁ。

●闇狩り師 キマイラ天龍変 2巻
闇狩り師キマイラ天龍変 2 (リュウコミックス)闇狩り師キマイラ天龍変 2 (リュウコミックス)
(2010/05/13)
夢枕 獏、伊藤 勢 他

商品詳細を見る

 1巻に続いてやっと発見。
 よし! ちゃんと完結しているぞ! と一安心。
 う~ん、でも内容はもう一歩踏み込んで欲しかった! キマイラとガツガツ殴り合うシーンの少なさのせいかな? 李教主との対決もかなりアッサリしてたし(どうも因達羅といい私の見たいシーンは漫画で描かれない傾向にあるようだ)。パンモンから借りた刀で、「殺す!!!」と決意した瞬間、落雷で水が入ってしまったのもカタルシスに欠けるところか。個人的には、人間九十九乱蔵とキマイラの激突をもっと見られればなぁ…あと後半ほとんどギャグが入りませんね。数話にまたがってギャグがないのは珍しい。
 しかし画としてのイソパクトは相変わらず比類無し。1巻に続いて暴虐を撒き散らすキマイラに、対峙する不動明王の如き乱蔵の姿は、伊藤勢節ここにあり、で圧巻です! 最も衝撃的だったのはしわぶくれオランウータンこと老師の功力拳! 笑っちゃうけど衝撃的だ!

●羅喉伝
羅【ゴウ】伝 (1) (ドラゴンコミックス)羅【ゴウ】伝 (1) (ドラゴンコミックス)
(2002/12)
伊藤 勢

商品詳細を見る

羅【ゴウ】伝 (2) (ドラゴンコミックス)羅【ゴウ】伝 (2) (ドラゴンコミックス)
(2003/08)
伊藤 勢

商品詳細を見る


 打ち切り漫画を買う時の心得、「画集と思えばいいんだ」←安彦漫画でも同様。
 しかし何故これが打ち切られねばならないんだぁっ! 雑誌で浮いてたから? まあ、そりゃそうだ(今の『ドラゴンエイジ』の表紙を眺めつつ)。でも『斬魔剣伝』より画力、キャラクター造詣、全てがパワーアップしてるのに(前作ヒロインの扱いは除く)、こんだけ面白そうでイカした漫画を手放すとは、世の中難しいもんだ。葛葉なんておいちゃんの漫画で珍しいロリキャラだったのになあ…シーラバドラも転生先では活躍もなくオー! ロンサム・ミーしてしまったし。ヒディムバとの決着に、デュラン様顔にイケメン整形した服部半蔵の暗躍も見たかった。思えば欲求にキリがない、嗚呼、合掌。

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

好きな漫画#33~闇狩り師 キマイラ天龍変~

 やっと1巻を見つけたぞ! 僻地の地元ならともかく、なんで都心くんだりで探し回らなきゃいかんのだ!

闇狩り師 キマイラ天龍変 1 (リュウコミックス)闇狩り師 キマイラ天龍変 1 (リュウコミックス)
(2009/12/16)
夢枕 獏、伊藤 勢 他

商品詳細を見る

 伊藤勢の『魔獣使いの少女』以来の完結した単行本とあらば買わざるを得ない! 内容について心配すべきことは、ちゃんと終わってるかどうかという事実確認だけ、それさえクリアしていれば安心のおいちゃんクオリティだッ!
 今回の主役は九十九乱蔵、身長2m、体重145kgの威丈夫だけあって、珍しく小山のようなマッチョ体型(っていうか大体コルボだから)。夢枕獏調の何もかもがぶっとい情景描写を髣髴とさせます。ここまで男クサい主人公も、今のご時世珍しいぞう。流石はリアリティのない創作をクサさずにはいられない反骨体質。気の弱い方なら男でも妊娠しそうなほどの筋肉描写を満喫できる。
 ヒロインもカッシェとは違うタイプのシャモン…猫又の上に霊体なんでヒロインと呼んでいいのか悩みますが…猫耳美少女と新しい分野。絶対作者がイヤがりそうな路線だ(実際劇中で“たまには止めろよ”と原作者にツッこんでいる)。多分冗談で「ネコミミ美少女でどうでしょ」とか言ったら「それ、いいねえ」って思いの他好評でひっこみつかなくなったんじゃないのか。毛深いのは一線を守ろうとした結果だったりして。
 李教主にパンチャジャーニの面影がある以外、今回スター・システム要素は薄い。雪蓮もデュラン様ほど鼻梁太くないし。新しいキャラクター像がこの画力で次々生み出されていくのは快感である(しわぶくれオランウータンのうなじがセクシー)。ぜひとも、もっとその機会が増えますように!
 1巻の見所は雪蓮のキマイラ化。「超獣合神した御門君かよ!(6巻)」と『荒野』読者なら誰もが思ったはずだ。飛行シーンなんてまんまメッツァボック化した御門君だし(4巻)。岩の上で物思いにふける、肉と毛と爪の塊がド迫力の見開きは必見。こりゃ2巻もたーのしーみだー。
 あ、例によって食事時には見ない方がいいっす。序盤の食事シーンで腹が減るかもしれないが、それは罠だ!

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

好きな漫画#31~荒野に獣慟哭す 1巻と原作の比較~

 今回は、漫画版の記事で触れていた、『荒野に獣慟哭す』の、原作との相違点について
 前回で語ったように、漫画版はおいちゃんこと伊藤勢氏独自の解釈、アレンジを随所に加えてある。それこそ、一部エピソードなんかは、まるで別物になってるぐらい。
 この手のオリジナル展開は、何故だかアニメになると原作ファン・アニメファン・売り上げと誰も幸せにならない(一部作り手は除く)人知れぬ散華となるもんだが、幸いなことに本作では原作も漫画も両方面白い。故に、漫画だけ取り上げては惜しいので、併せて原作の展開についても語ってみたい。
 なお、話題にしているのはキャラクターやストーリーの相違点や比較考察。固有名詞の違いなどはwikiの方を参照してみて下さい。

続きを読む

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

好きな漫画#30~荒野に獣慟哭す 1巻~

 再開予告もされたことだし、この漫画について、あらためて語ってみたい。

荒野に獣 慟哭す(1) (マガジンZコミックス)荒野に獣 慟哭す(1) (マガジンZコミックス)
(2004/10/22)
伊藤 勢

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

好きな漫画#29~『荒野に獣慟哭す』再開発表~

 かつてマガジンZに連載されていた未完の大作・『荒野に獣慟哭す』再開決定!原作者の夢枕獏先生公式ブログでも取り上げられています)
 心配していた通りの結果にマガジンZがなっちまい、そのまま泣き寝入りかと思われたが、いやあ長生きはするもんです。
 つっても、予定の9月になっても再開はされてないらしいんですが。ま、音沙汰がなんにもないよりいいじゃないっすか。なんせ、再開が報告されるまで2年以上もの時間を要したんですから、今更少しぐらい遅れても気にしやしませんて。我輩は信じる! ヤツの生存を…(byソドムのZERO3ED調)。 
 伊藤勢先生つながりで、『魔獣使いの少女』のシン・メーンの元ネタが“新免”宮本武蔵と今更気付きました…。

荒野に獣 慟哭す(9) (マガジンZコミックス)荒野に獣 慟哭す(9) (マガジンZコミックス)
(2009/02/23)
伊藤 勢

商品詳細を見る

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

魔獣使いの少女発見

 伊藤勢氏の『モンスター・コレクション 魔獣使いの少女』を古本屋でようやく発見。
 この人の漫画で完結してるのは珍しい方だから、できるだけ集めておきたい。
 『ドラゴン・ロアーズ』ぐらいか? コレ以外だと。内容はカッシェとコルボとシン・メーンのドラゴンをめぐる話
 何? 『斬魔剣伝』も『羅喉伝』も『荒野に獣慟哭す』もそうじゃないかって?
 それは言わない約束でしょ。

 さすがに『荒野~』と見比べると、10年の技術力の差ちうもんを感じますが、それでも当時から画力に関しては抜群なんだよなあ、この人。特に筋肉と爬虫類の描写が絶品。線と白黒でバシッと魅せる漫画ってイイね。
 これで掲載誌さえ間違えなければ…マガジンZの次がコミックリュウって、今一番休刊フラグが立ちまくってる雑誌じゃん…

 『六門世界TRPG』で考えると、コルボ君はモンク・シーフか。すげえぶっころし系
 カッシェは割とマジックアイテムの使い方がうまいのと、探索能力があるので、サモナー・トレジャーハンター? 共感能力過多は、召還術にポイントを割り振りすぎて、〈我慢強さ〉を取り忘れたのか? 自前で外科手術から屍毒への抵抗、3分間の無呼吸運動のできるコルボは多分5レベルぐらいあるんだろう。とうぜんナスターシャは0レベルだ
 HTは誰もがいつかは上げないといけないステータスだから、スペルユーザーでもおろそかにしちゃいかんぞ(実体験)。

 しかし、これほど見てて痛そうな主人公の漫画もひさしぶりだ。作者曰く、召喚術師って自分の痛みといちばん縁の遠いキャラクターじゃん、と試行錯誤して描いたそうだが、もう2巻目からして超痛い藤木源之助もまっさおの鼻血っぷりでございます。というかこの主人公、よく鼻血流すな。やっぱり主人公は痛みに耐えながら歯を食いしばって戦うぐらいが、俺の嗜好にはちょうどいい。

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters 初期PC TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント SW2.0 APG ACG MM カードゲーム ザ・ペナルティメイト・トゥルース モンスター・コレクション メタリックガーディアン N◎VA パラサイトブラッド 音楽 エッセンシャル 大槻ケンヂ UC 筋肉少女帯  ブレイド・オブ・アルカナ MTG 一発ネタ 風神録 漫画 Season8 PU SF キン肉マン UE ジョジョの奇妙な冒険 覚醒篇 中堅PC バカゲー GM 野望のルーツ ウォーハンマー Princes_of_the_Apocalypes Season6 Season4 永夜抄 Season7 アニメ リプレイ サタスペ 東方領土研究会 クトゥルフ2010 パズル EXTRA 紅魔郷 DMG ゲーム Bestiary UM PHB クトゥルフ2015 伊藤勢 Season11 椎名誠 妖々夢 天羅万象 R&R 死の国サーイ 真・女神転生 NEXT スパロボ ガンダム 地霊殿 PSYCO-GUNDAM スティール・ボール・ラン 機動戦士Zガンダム シナリオ Season3 ファンタズム・アドベンチャー Season9 Season5 MC 世紀末古代災厄公社伝説 シオドア=スタージョン Forge 奇想コレクション バキ Season12 フィリップ・K・ディック 荒野に獣慟哭す 空中庭園エリュシオン UA コードウェル城奇譚 好きなTRPG レッド・ノベンバーを救え! ナイトウィザード シャドーオーバーミスタラ タイム・オブ・ティアーズ・アゲン キャッスル・レイヴンロフト 番長学園!! フンタ 電車 レジェンド・オブ・ドリッズト 特撮(バンド) CRB 五つの風 UCa リボルミニ パンデミック サタスぺ ジョジョリオン Expeditions 特撮 プロモカード Volo's_Guide_to_Monsters 映画 ダンジョン・コマンド Temple_of_Elemental_Evil 快傑ズバット ACG 機甲猟兵メロウリンク FEAR アリアンロッド メガテン シャドウラン 異色作家短篇集 手塚治虫 ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ d20モダン 雑記 東映特撮YouubeOfficial 即大休憩 真夜中の探偵 レイトショウ T&T 三国志 アルフレッド=ベスター ラス・オヴ・アシャーダロン ラクラク大統領になる方法 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア ジャングルスピード ドラスレ Pit 東方領土研究会会報 Out_of_the_Abyss 異色作家短編集 セブン=フォートレス MM2 VGtM モンスター画家 ウルトラマン 当方領土研究会 三上寛 クソコラ 鉄腕アトム ラフカディオ・ハーンと四つの顔 パラノイア 魔獣使いの少女 ガントレット・オブ・フールズ コズミック・エンカウンター 革命万歳 アーカム・ホラー 絶体絶命 キテレツカップリングパーティ 刺青の男 レイ=ブラッドベリ キャット&チョコレート ログ・ホライズンTRPG そっとおやすみ バイブルハンター ミストグレイヴ 島本和彦 火の鳥 スティーヴン=キング クトゥルー神話 ストーンオーシャン ポケットの中の戦争 イベント 都筑道夫 幻想少女大戦 カットスロート・プラネット フレドリック=ブラウン 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード