読んだ本#30~ペット・セマタリー~

R&R123号掲載のクトゥルフの呼び声TRPGシナリオ『暗い森で眠らせて』、そのイメージソースとして紹介されている作品を読んだ。

 ペット・セマタリー

ペット・セマタリー〈上〉 (文春文庫)ペット・セマタリー〈上〉 (文春文庫)
(1989/08)
スティーヴン キング

商品詳細を見る

ペット・セマタリー〈下〉 (文春文庫)ペット・セマタリー〈下〉 (文春文庫)
(1989/08)
スティーヴン キング

商品詳細を見る


 キング先生らしく、何の救いもない実に胸クソ悪い話であった
 しかし同時に、物凄くつらくて、悲しくて、切なくて、やるせない物語である。こういう感情の巨大なうねりを呼び起こせるということは、やっぱり名作なんだろうな。猛烈に悪趣味なのも認めるけどね。
 分類としては違いなくホラー小説であろうが、怪奇要素、超自然的描写は、分量に比べてごく僅かである大半が主人公ルイス=クリードの、“死”という概念に対する考察と自問で埋め尽くされている。この煩悶が、怪奇要素よりも数段怖い。下巻でルイスが愛息子を失ってから、文章のほとんどはいよいよ彼の悪夢のような思考に費やされるようになる。息子の埋葬された墓を掘り返しながら、あるいはペット共同墓地を踏み越え、ミクマク族の秘境を目指しながら、ルイスは己と読者に問い続ける。
 目の前に、死者を蘇らせる手段があるというのに、何故それを使ってはいけないのか? 仮に蘇った者が、元のそれとは少しばかり違っても……多少の知恵おくれであるとか、成長不良であったなら、自分は愛せるのか? 愛せるはずだ。親子であることは変わらないのだから。どんな姿になっても愛しい息子は息子だ。しかし、世間にどう説明すればいい? 妻や娘たちと、蘇ったそれはどう付き合っていけばいいのか……
 愛によって盲目となったルイスは、これら倫理や常識に基づく問題全てを、狂った論理で片付けていってしまうのだ。ココが一番恐ろしい。この狂人の理知たるやまさしく鬼気迫る。筆者のボルテージがぐおんぐおん上がっていったのは、この胸焼けがするようなルイスの思考の堂々巡りが延々、本当に延々、墓暴きから再度の埋葬まで続く箇所であった。むしろ息子が戻ってきてからの対決、ルイスの精神崩壊まで来ると「いかにも」って感じでかえって冷めてしまった。個人的な好みで言うと、このまんまルイスの独白がずっと続いて息子の死体が帰ってこないで(あるいは帰ってくるだけで)終わってもよかったぐらいだ
 そしてルイスの人物造形や取り巻く環境がキング先生自身の人生を反映されているとあれば、これはルイス=クリードの口を借りた、キング先生の“死”に対する激白と思ってもいいだろう
 現代社会において、“”とはちょっと病的なまでに、さながらルイスの妻レーチェルがそうしたがごとく、人々の目から遠ざけられている。子供はおろか、下手をすると大人にさえ見せないように、神経質に覆い隠されている。にも関わらず、日々少なくない人が不可解かつ理不尽な暴力で死んでいる。創作の中でさえ惨たらしさの演出のためだけに、“死”がツールとして手軽に利用されている。この歪さはなんなのだろう。
 “死”というのはどこにでもある。電車の隣の席に座っていることもあれば、ビルの上から降りてきたり、コーヒーカップの中にさえも存在しうる。本書ふうの言い方をすれば、『オルのらいまおう』のように、至る所に潜んでおり、いついかなる時でも出くわす可能性は否定できない。そういう概念に対してはフタをできるもんでもないし、嫌がっているのに無理に見せたりするのも間違っている。個人的な考えを述べれば、“良い”“悪い”で判断するのではなく、ただもう「そこにあるもの」として認識するのが正しいような気がする。そして、我々が知り、教えるべきなのは、そこにある“死”とどう付き合っていくか、ではないかと思うのだ。
 事実は小説より奇なり、という言葉通り、長い人生、小説と同じかそれ以上につらいことに遭遇する時もあるだろう。本書のようなつらくて悲しい物語というのは、そんな出来事と出会った時の予防接種になる。つらい時、人はどんな反応をするのか、どんな対処をしていくべきなのか。本当に悲しい事に見舞われた時、こわれてしまわずにその先の生をどう進んでいくのか、予行演習を見せてくれる。自己と同一視して充足を得るという小説本来の役割のほかに、つらくて悲しい話には、そんな立ち位置があるのだと筆者は考える。
 いわんやルイス=クリードが味わったのは、事故で愛息子を眼前で喪うという、この上ない悲劇である。それが目前でなくとも、事故でなくとも、身内の死とは、生きていれば避けられない体験だ。親しく愛おしい人を喪ったことがあるならば、どんなに狂ってはいてもルイス=クリードの行為に共感を示せない者はいないだろう
 今日もどこかで無数の人が死んでいる。その「無数の死」とはただ統計上の死ではない。10人が死ねば10通りのまったく違った人生が終わったということであり、そして10人の死の背後には、遺された家族や友人が抱く、10通りのルイス=クリードの煩悶があるはずだ。そう考えた時、はじめて“生命”や“死”とは軽々しく扱う問題ではない、という意識が生まれると思うのだ。

 付記。
 『暗い森で眠らせて』は本書を確かにイメージソースにしているものの、登場人物の構成や「埋めた死体が甦る土地」という要素を頂戴しているに留まり、テーマとしてはまったく別物である。まあ、こんな死生観と人倫にまつわる話をTRPGでやられても、プレイヤーは困るだけだよな。
 また冒頭の南極探検の話は、勝手にKPが盛り込んだエピソードで、原文には影も形もない。これを知った時は「やりやがったなぁ」(コンバット越前調)と、してやられた口惜しさと讃嘆を交えた呟きを漏らしたものです。
1402312155273.jpg
こんな気分
 こういう刺激を受けるとシナリオ執筆&セッション参加への意欲が即座に沸いてくるからじゃんじゃん与えてほしい。
スポンサーサイト

テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

銀河アズマ

Author:銀河アズマ
頑張りましょうと言えないのがとても残念です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

D&D Pathfinder PC作成 5e 4e Encounters TRPG クトゥルー クトゥルフ神話TRPG 初期PC キャンペーン 六門世界 東方ドミニオン ARG レポート 3e 読んだ本 ボードゲーム 迷宮キングダム 小説 サプリメント SW2.0 MM ザ・ペナルティメイト・トゥルース モンスター・コレクション カードゲーム メタリックガーディアン ACG N◎VA APG パラサイトブラッド 音楽 エッセンシャル 大槻ケンヂ  筋肉少女帯 MTG 一発ネタ ブレイド・オブ・アルカナ 漫画 PU 風神録 Season8 SF キン肉マン ジョジョの奇妙な冒険 中堅PC 覚醒篇 UC バカゲー 野望のルーツ Princes_of_the_Apocalypes GM ウォーハンマー Season6 リプレイ Season4 永夜抄 Season7 アニメ 東方領土研究会 サタスペ クトゥルフ2010 EXTRA 紅魔郷 ゲーム DMG パズル Bestiary UE PHB Season11 妖々夢 伊藤勢 クトゥルフ2015 天羅万象 R&R 死の国サーイ 椎名誠 真・女神転生 ガンダム スパロボ UM 地霊殿 PSYCO-GUNDAM NEXT Season3 機動戦士Zガンダム ファンタズム・アドベンチャー スティール・ボール・ラン Season5 シナリオ Season9 MC 世紀末古代災厄公社伝説 バキ シオドア=スタージョン Forge 奇想コレクション 好きなTRPG UA コードウェル城奇譚 フィリップ・K・ディック Season12 レッド・ノベンバーを救え! 空中庭園エリュシオン 荒野に獣慟哭す キャッスル・レイヴンロフト シャドーオーバーミスタラ 番長学園!! ナイトウィザード タイム・オブ・ティアーズ・アゲン 五つの風 特撮 Volo's_Guide_to_Monsters Expeditions サタスぺ 特撮(バンド) フンタ パンデミック 電車 レジェンド・オブ・ドリッズト ジョジョリオン リボルミニ 映画 CRB UCa プロモカード 異色作家短篇集 レイトショウ ダンジョン・コマンド アルフレッド=ベスター アリアンロッド シャドウラン 三国志 手塚治虫 雑記 ACG T&T ダークブレイズ 装甲騎兵ボトムズ Temple_of_Elemental_Evil 即大休憩 機甲猟兵メロウリンク ラス・オヴ・アシャーダロン 東映特撮YouubeOfficial FEAR 真夜中の探偵 快傑ズバット d20モダン メガテン Pit Out_of_the_Abyss スティーヴン=キング セブン=フォートレス モンスター画家 ジャングルスピード ラクラク大統領になる方法 ガントレット・オブ・フールズ MM2 異色作家短編集 東方領土研究会会報 レイ=ブラッドベリ 刺青の男 クソコラ 島本和彦 鉄腕アトム ポケットの中の戦争 ゲーマーズ・フィールド エンゼルギア パラノイア 三上寛 イベント キャット&チョコレート カットスロート・プラネット ストーンオーシャン クトゥルー神話 バイブルハンター キテレツカップリングパーティ アーカム・ホラー 革命万歳 フレドリック=ブラウン 都筑道夫 ウルトラマン コズミック・エンカウンター 火の鳥 ドラスレ 絶体絶命 幻想少女大戦 当方領土研究会 VGtM ラフカディオ・ハーンと四つの顔 ミストグレイヴ 魔獣使いの少女 ログ・ホライズンTRPG 

リンク
FC2カウンター
D&D5e
Pathfinder
クトゥルー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード